2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スカパー!アダルト放送大賞 2018 ノミネート女優発表、新投票方式採用される

 【16//2017】

トップ | スカパー!アダルト放送大賞2018





女優賞
波木はるか
南梨央奈
市川まさみ
美咲かんな
天使もえ
蓮実クレア

新人女優賞
あかね葵
栄川乃亜
榎本美咲
五十嵐星蘭

熟女女優賞

花咲いあん
真木今日子
KAORI
彩奈リナ



投票期間

ノミネート女優発表:11月15日(水)
投票期間:2017年12月1日(金)0:00 ~ 2018年1月31日(水)23:59
新投票方式

・投票する為には、本スカパー!アダルト放送大賞公式ホームページにて、ユーザー登録を行う必要があります。
※Twitterアカウント 又は Facebookアカウント 又は メールアドレスが必須となります。
・一日単位で一回の投票が可能です。
・一回の投票で1ポイントが加算されます。
・投票キャンペーン登録者は投票期間中のポイントが10倍になります!















詳しくは公式HPを見ていただくとして

ノミネートされた方に関しては、あくまでもスカパー!アダルトの放送網でのお話ということで
いつもの如く、ノミネートの妥当性等々は何とも言えません
あと、作品賞とか、そういうのも無くなったのかな

この時期に発表するなら、丁度、今、JAEが始まるんで
JAEの一イベントとして、ノミネート女優のお披露目とかやれば良いのにって思うんですけどね
ステージイベントとしてね、やれば良いのに
大人の都合であれかぁ


ただ、今回、投票期間が2ヶ月に若干短縮されて、日程も少し前倒しになった感じ

一番大きいのが、投票方式が変わったことですね

今までは、もう、誰でも投票という感じだったのですが、今後は、投票するにはユーザー登録が必要ということで
無料で登録でしょうから、特に、変わりは無いと言えば無いのですが
登録という手間で、若干投票の敷居が上がったかも知れません


あと、ビックリなのが、投票ポイント10倍になるっていうやつですね

やっぱり、何かしら利益になるものをやっていく必要が出てきてるって事なんでしょうね
発表当日の会場費やら人件費やら、色々捻出せねばならず、
今後もこれを続けていくなら、何かしら利益出すものを作っていかないと、という話なんでしょう

今までも配信系の賞とか作ったりしてやってたんですけど
結局、AV売れない時代っていうの相まって
実情はあんまり良い数字が出てなかったんでしょうね

で、今回は、直接、投票にボーナス付けちゃおうと
だったら、買う人出てくるでしょうと



どうなの?って思う人いるとは思いますが
私は仕方ないかなぁと思ったりしてます

実際、DMMだって、アカウント増殖して500円のDMMポイントそれぞれにぶち込めば
理論上一票500円で買えるわけでして
ただ、500円だけあるアカウントなんて、他のアカウントに譲渡することもできず、ほぼ使い道が無いので
完全に金をドブに捨てることにはなりますが

ただ、今までの受賞者と意味合いが違うという言い方をする人は出てくるでしょうけど
それは、その時々の話ですからね
一概に比較するようなものではありませんし



今回、この新しい試みでどういう結果になるかという話ですね
10倍って結構なポイントですからね
対象商品が基本、チャンネル契約で、2000~3000円
例えば、お金払う人が10人いれば、一般投票者の100人分ですからね
かなり大きいですね

どれだけお金を出すファンがいるかという感じになるのかも知れません
一人で多く出すじゃなくて、2,3千円ってDVD一枚分ぐらいですから
それぐらいのお金を出すファンがどれだけいるか?っていう話で

もしかしたら、下馬評通りにはいかないかも
これのおかげで全く読めない感じになる気がします


今回は、結果も含めて、どういう雰囲気や反響になるのかというところが注目ですかね

2ヶ月という長丁場ですが、女優さんもファンも頑張ってください







関連記事
スポンサーサイト

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AV販売 希望があれば最長5年で販売停止に 新団体「AV人権倫理機構」は人権マフィアによる新たな圧力団体に発展する可能性ありか 政治利用し、AV業界を政争に巻き込もうとする活動に要注意

 【03//2017】

AV販売、出演女優が希望すれば最長5年で停止へ…業界健全化に向けて大筋合意 (弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース

販売から5年経ったアダルトビデオ(AV)の作品について、出演した女優から要請があれば販売や配信の使用を停止にする方向で、業界内で調整がすすんでいることがわかった。早ければ来年1月から販売・配信の作品に適用される見通しだ。

AV業界の外部有識者団体「AV業界改革推進有識者委員会」(代表委員:志田陽子・武蔵野美術大学教授)が10月4日、活動報告会を開いて明らかにした。業界関係者によると、メーカー間では大筋で合意されており、近日中にAVメーカーなど200社以上でつくる業界団体で方針が決まるという。

●総集編制作時の「二次利用料」支払いなどの新ルールも

有識者委員会は、いわゆる出演強要などAV業界をめぐる問題を受けて、今年4月に発足した。AV女優など、出演者の自己決定権などを守ることに重点を置いて、業界の健全化を推進するために提言などをおこなってきた。この日の報告会では、次のような新しいルールの説明があった。

(1)メーカー・プロダクション間、プロダクション・女優間、女優・、メーカー間の共通契約書の作成・使用

(2)プロダクション登録時(契約時)において、女優本人が再検討する期間の明確化

(3)出演料やプロダクションフィーなど金銭面の女優への開示

(4)オムニバス作品(総集編)制作時における出演女優への報酬支払い(二次利用料の発生)

(5)作品使用期間の取り決め(最長5年、以降女優から要請があれば使用停止にする)

(6)通報窓口「ホットライン」の設置

同委員会には、メーカーなどでつくる業界団体「NPO法人知的財産振興協会」(IPPA)のほか、AV出演者の権利団体「一般社団法人表現者ネットワーク」(AVAN)、プロダクションでつくる「日本プロダクション協会」が加盟している。来年1月からの新ルール実施に向けて、業界内の調整をすすめているという。

●新団体「AV人権倫理機構」が発足

同委員会は「IPPAに加盟しているメーカーが制作し、正規の審査団体の厳格な審査を経て認証され製品化された映像」のみを「適正AV」と定義していた。

河合幹雄委員(桐蔭横浜大学教授・副学長)はこの日の報告会で、「(AV出演をめぐるトラブル)相談のかなりの部分がこれまで出演した作品を消してもらえないかというものだった」と説明。「作品販売から最長5年で使用停止」について触れて、最も重要なルールだと位置づけたうえで「かなりの被害・トラブルが減らせると考えている」と話した。

志田代表委員は報告会後、女優が出演をとりやめたときの違約金について、「委員会としては、出演強要になってしまうので、絶対にダメだと考えている。出演を取りやめたときのバラシ代(撮影セットの解体、人員の解散等の費用)のリスクもある程度メーカーが引き受けるべきだと考えている」とコメントし、今後の重要課題とした。

なお、有識者委員会は、発足から半年経った9月末に活動を終了したかたちとなった。10月からは、これまでの4人の委員と新たな有識者メンバーを加えた「AV人権倫理機構」として活動を引き継いで、業界の健全化に向けて活動を続けていくという。







今更、ちょっと古い話題ですが・・・





個人的な感想で言うと、これが落とし所だったのかなという感じがしています
結局、最初から言ってるとおり、IPPAが音頭とってやるっていう風にしないとどうにもならない話だったという事かなと
メーカーはIPPAが、事務所は新設のプロダクション協会が
ということで、一応、横の繋がりで一斉にやらないとねと言う話で
当初、AVANが一人でやろうとしてる所で無茶なやり方を強引にしようとしていましたが
結局、こういう事をやるしか道は無かったわけでね
最初からの予想通りの結果かなと




契約書の話はみんないっせいのでやるっていうなら何とかなりそうですね


販売5年で停止の件は
他のメディアからも少し指摘があったようですが、全体的にギャラは若干低下するでしょうね

5年って、今や、売れた女優は5年くらいやるの普通になってきてますよ
売れてる女優、長くやってる女優の売上が新作ばかりでは無いです
5年って、例えば、2018年の5年前って2013年って事で
つまり、今の感覚で言うと、以前記事にも書いた2013年デビュー組のデビュー作が
来年から順次購入できなくなるといわれれば、何となく感覚がわかるんじゃないでしょうか?
RION、鈴村あいり、白石茉莉奈、桜井あゆ・・・これらは見れなくなると言われれば
「5年って結構長いし、そんな影響なんて無いでしょ?」なんて軽く言っていますが
全然違うという事がわかると思います
実際は、来年からの契約だと思うので、2023年からそういうケースが出てくるという事になりますがね


で、インセンティブって言っても、支払いには個人情報を聞かねばならず
個人情報を事務所以外に開示するのはいやでしょう
ただでさえ、業界内、色々と適当な所が多いんですから
基本的には事務所通さないでやるのは厳しいかなと思いますけどねぇ
ややこしすぎです、その後、一般人として第二の人生歩んでる人もいるでしょうし
インセンティブが使われない理由はそれなりにあるんですけどねぇ


そして、ダクションの金銭面開示の話
これはね、、、揉めるよ
絶体に揉める

だって、昨今だと、なんか出家した人の話もそうじゃない
実際のギャラって単にメーカーが単価として払ってるギャラだけじゃないじゃない
事務所からしたら、色んな営業や広報、マネージャーの人件費、更には、事務所自体に運営費、更に、育成費等々ね
様々なものが入って、その事務所では、その金額っていう話になるわけで
単純にギャラ比較されて、高い低いで、事務所辞める辞めないって言い出されたり、ギャラ上げろだの言われたら
事務所としてはたまったもんじゃないでしょうし、メーカーも困るでしょ
事務所が洗いざらいギャラの内訳を開示してるって、一般の芸能界でも殆ど無いんじゃないですかね
だって、人によっては、開示されて、妥当だなと思う人もいれば、めっちゃ引かれてるって思う人もいるでしょうし
出家した人は、今まで育成費や売るために使った莫大な費用には目を向けず、現状のギャラの低さに文句を言ってましたが
同じ事が業界にも言えるわけでしてね
こうなるとね、大きな事務所の方が比較的ギャラを多く支払えると思うし、明確に開示も可能でしょう
そうなると、長い目で見ると、中小の事務所が淘汰されていきますよ
淘汰されなくとも、経営がより困難になっていくでしょうね
あと、メーカーのギャラも外部に漏れていって、メーカー側も大変だろうなと思いますよ
守秘義務契約とか結んでおかないと
どちらにしても揉める話ですね
AV業界にギャラ開示を強要するならば、まずは、一般の芸能界でやってみて欲しいと思いますがねぇ
すごいなぁ・・・一般の芸能界ってAV業界に比べてなんてブラックなんでしょうね(笑)


どんな決まり、ルールもそうですが、その新規ルールで締め付けをすると
現場が疲弊し、結局しわ寄せは、女優にくると思うんですけどね


それぞれに色々問題があると思いますよ

外部の人間が理想だけで語るのと訳が違うでしょうね
今回は仕方ないとしても、この手の人達が現場を見ずに理想だけでものを語ることで
良かれと思ってしてることが逆に潰すことになるって、良くある話ですよ

だから、今回は仕方ないですよ、これが落とし所なんですから、仕方ないんですが

理想だけで突き進むようなあの手の輩や、
やたら人権や平和や動物愛護を唱える輩を私は信用していないのです
自らの綺麗事を達成するために、現場を滅ぼすからです





まぁ、販売停止の話は、私がメーカーなら、上書きの契約を提示すると思いますけどね

このルールが基本としてあるなら、この基本のルールを放棄する変わりに、ギャラを上乗せするとかね
新人ならまだしも、既に覚悟を持ってお互い信頼して仕事できてる女優には余計なことでギャラ下がるのは勘弁でしょうし
お互い楽でしょ


とりあえず、今回の一連の馬鹿げた騒動が、このくらいの所で落ち着けば良いのかなという感じに思っています




しかし、一つ懸念事項としては、「AV人権倫理機構」という事で、外部組織が引き続き残るという話

前にも言及したとおり、この組織が最初に提言として出してきた文章は、非常に怪しいものです
状況からして間違いなく、怪しいものと断言できますし
怪しい人間が入り込んでると考えられます
そうじゃないとあんなだまし討ちのような提言書にならないです

組織を立ち上げるときにメンバーに関してどこまで素行調査をして選んだのかわかりませんが
あの中に、そういった事に業界を巻き込もうという意思がある人間がいた事は、確かです

今回の発表内容には怪しい内容は含まれていないようで、良かったと思います
(ニュース記事が発表内容の全てならばです、発表されてない、隠されている密約があるなら別ですが)

当時、速攻で、怪しいと私は書きましたからね、絶体に注意しなければいけないと
ちょっとでもその怪しい動きを制止できたなら、書いた甲斐があったというもので、よかったなと思いますが


で、この新しく再発足する組織ですが、同じメンバー+α新規に加わるということで
前回のおかしな提言書を作ったメンバーも残ってるという事になります

この組織は、業界できっちりメンバーを監視して活動をコントロールしないと
人権マフィアによる新たな圧力団体に発展し、この組織を政治利用し、
業界を政治問題に巻き込もうとする活動に発展するやもしれません

するとは言いませんが、その可能性はゼロではありません
前回出された提言書はそういう文書だったのです、そういう意図が丸見えだったのです

ですから、今後もそういったところも注意しておく必要があります





とりあえず、一連のこの馬鹿げた騒動は、今回の新ルールをキッカケにある程度収束していく感じはありますが


私は、業界よりも先に、世の中で一番最初に、あの手の輩の動向に関して、察知し、業界に問題提起をした人間だと思います
実際に騒動に発展する1年以上前にです

今でも、当時、私が実際に業界の人間で、直接注意を喚起し、
内々に対抗措置を執ることができれば、こんな大きな騒動にはならなかったのでは無いかと思っています

業界が社会的に厳しい状況に追い込まれているのを見て、何度、すぐにでも手助けしたいと思っていたことか
まぁ、今更、私みたいなただのおっさんはお呼びでは無いでしょうけどね
でも、ホントに何でも、ライターでも、メーカーの事務でも広報でも何でも良いんで、業界の仕事してればなぁと悔やみましたよ

それだけに、この騒動に関しては、ずっと、推移を注視しておりましたが
ひとまず落ち着ける方向が見えてきたのは良いことだと思います




ただ、私は、あの手の輩の執念を甘く見てはいません
まだまだ、隙を狙ってると思います

そういった意味で、
最近、業界、ちょっと気を緩み始めてるんじゃないかと思ってるんですね

春先までは、しっかり、業界全体で、一致団結して、頑張っていこうという感じがありましたが
その頃から少し先が見え始め、若干安心できる状況が見えてきて
そして、最近、ちょっと、緩み始めてるなと思います



で、最近、知り合いとAV業界の話などをしていて、ちょっと思うことがありまして

今までは、ある程度目を瞑って、業界を持ち上げるような事を書くようにしてました
あまりマイナスな事を書かないようにと
ただ、今は、気が緩んでるなと思う事もありますので
今後は、ちょっと、痛いところも含めて、言いたいことはハッキリ書いていこうと思っています
別に敢えて悪く言う事はしないですけどね、変に気を遣うことは辞めようという話です

まぁ、つまり

そもそも、私は別に業界人でも何でも無いのに、
何でそこまで気を遣う必要があるんだ?という話でして(笑)

今後、とりあえずこの騒動が落ち着くあるなら、別に何を書こうが構わないじゃないかと
所詮個人の日記ブログ程度のもんがと、自意識過剰すぎだろボケと

そういうことです


でも、私、結構ね、マスカッツ関連についてもそうだし、AV関連につてもそうですけど
意外と、未来を示唆するような事、結構書いてるんですけどね
現状分析に関してもそうそう間違ったことは書いてないと思います


今、今回の騒動と新ルールを踏まえたAV業界の現状と今後についての話を、書いてるところです
業界の人間はたぶん見ないふりしてる事について書いてます、別に悪い事じゃないですけどね
まとまったらまた投稿します





関連記事

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ファミ通“生”町内会~ニコ生やるよ!~ 11月号 11/7(火) 22:00~

 【30//2017】

ファミ通“生”町内会~ニコ生やるよ!~


■番組内容
日本一レベルの高い読者投稿ページがニコ生のファミ通チャンネルに進出!! 週刊ファミ通誌上にて連載されている“ファミ通町内会”のネタを振り返りつつ、雑談中心に進行していきます。番組の最後に視聴者の皆さんといっしょに、いちばんおもしろかったネタをチョイスします。

WEB版ファミ通町内会“コンピュータ町内会”はコチラ
http://www.famitsu.com/matome/chonaikai/

ニコニコ生放送(ファミ通チャンネル)とYouTube Live(ファミ通Tube)で同時配信中!

■出演
ポルノ鈴木 https://twitter.com/PORNO_SUZUKI
ナッツ https://twitter.com/Nuts_chounaikai
佐治キクオ https://twitter.com/sajiy1





来週の放送です、お忘れ無きよう・・・
私は明日だとちょっと勘違いしてましたけど




そして、放送日の11月7日って何の日でしょう?

そう、前回の放送でも言っておられましたが

ポルノ鈴木さんの逮捕記念日ですね

しかも、逮捕から10周年の2017年11月7日に生放送という、なんて凄い巡り合わせなんでしょうか!

今回は、ポルノ鈴木逮捕SPということで、逮捕時の映像をみんなで振り返りながらのオープニングとなるのでしょうか
たぶん、ならないでしょうけど



あと、前回、佐治さんがバックレたのは、流石にみんな、なれっ子になってるとはいえ
何かちょっとした謝罪なりなんなり、必要なんじゃないでしょうかね
もう佐治邸配信は有耶無耶になりましたし、他に何かありますかね





関連記事

Category: サブカル

Theme: ゲーム

Genre: ゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る