2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

カテゴリ:未分類 の記事リスト(エントリー順)

| |

2015年

 【05//2015】

年が明けました

私、こういう節目節目に凄く鈍感で、頭ではわかっていてもなかなか気持ちがついていかないんですよね
とりあえず周りに合わせてるというか
ダメですねぇ・・・

因みに、このブログもいつの間にか1年以上もダラダラ書いています
こんな事にも気がついていないというね、ダメ人間ですなぁ・・・

それにしても、世間は色んな意味で楽しい状況なのに
個人的には全くツマラナイ日々です
だからこそ、こうやって適当な事を書いてストレス発散してるわけですが・・・

うーん・・・



「人生」

目を閉じているとあっという間に過ぎ去ってしまう

時には顔を上げて、周りを見るんだ

視野を広く持てば、そこに人生が見える

~Startrek DS9 より~



私の人生(といってもまだまだひよっこかもしれませんが)は
まさにこれを実証するかのような失敗ばかりでした
何かに夢中になるばかりで、目を閉じてしまい、無駄に過ぎ去ってしまったこともありました
後悔はしていませんが、そんなこともあって色んな事を見過ごしてきてしまったようには感じます
一つのことに集中することも良いですが、時には周りを見ることが必要だったと思うのです
今からでも遅くないかもしれませんが、世の中時が過ぎるほど機会が失われてしまうものです
そんなこともあり、今は出来る限り顔を上げて周りを見るようにしています
もう一度何か輝ける機会が無いものか、充足できるチャンスが無いものかとは思っていますが・・・現実は残酷ですね

ただ、若いときはこういったことは気がつきにくいものだと思うのです
その気がつかない事も含めて今の自分があると思うと少々複雑です


新年早々何か暗い話ばかり書いていますね



まぁ・・・なんというか・・・




どなたか、何か新しい事、面白い事、エキサイティングな事、そんな類の仕事に誘ってくれませんかね?(笑)



という、新年の抱負なのか何なのかわからない事から、今年のチラシの裏がはじまります
スポンサーサイト

Category: 未分類

Theme: ひとりごと

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

3.11病

 【11//2014】

当時、まだ東京の方に住んでいた
その日は前日から体調が悪く、家で寝込んでいた
起きても特にやることもなく、かといってずっと寝てるのもシンドくなってきたので
適当に、ネットなどを眺めながら、時間を潰していた

うちは比較的落ちてくるようなものは少なかったため
それほど被害は大きくなかった、まぁ、ある程度グチャグチャにはなったが
事が起きてからはなんだかドタバタしすぎてあまり良く覚えていない
交通機関が止まり、お店からものがなくなり、電気が止まり
余震が続き、TVは津波の映像を永遠と流し、原発事故を煽り、ネットはカオスな状況
不安で不安で仕方なかったことだけを覚えている

この時の経験で、といっても東北の人から比べると何でもない経験だが、
自分がいかにしょうもない人間かがわかった

口先では勇ましいことをいっているが
実際こんな事が起きるとオロオロし、不安で不安で仕方なく
実際に甚大な被害を被っている東北の人の事など、これっぽっちも考えてはいなかった
とにかく、自分が無事で、自分の周囲の環境が元に戻ればそれで良いと思っていた

恐らく、このどうしようもない、人道的には底辺の人間であるという事は
一生変える事はできないと思う、人間そう簡単に変わらない
実際に生死が関わるような状況ではなかったが
恐らく、極限的な状況では、私は
自己中心的で、卑劣で、他者への思いやりなどカケラもない、最低な人間なのだと思う

3.11を迎えるたびにこのことを思い出し、自分の本質を再認識させられ、辛い

だから、本当の事言う
周囲が3.11について色々な事を言う、このこと自体が嫌いだ
メディアも一般人も、皆が、良いことを言う
私も言う、表向きには
でも、本当の私は、あの時の私だ
偽善すらもやりきる事ができない私だ
だから、私は3.11が嫌いだ

Category: 未分類

Theme: ひとりごと

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

readme

 【26//2013】

いい歳になったが、それでも、飲み屋でくだをまくが如く
2ch等々のネットコミュニティで好き勝手な事を書いていい気になってる始末
いかがなものかと思いつつも、それでも一人語りしてしまうような状態

歳だけは人並みにとるが、まだまだ人間としては底辺に近い方だ
それでも、浅はかと知りつつ何か言いたいと思ってしまうのは仕方ないことなのかと思う

いつものように適当な事を書いてたら
「チラシの裏にでも書いてろ」と言われ「新聞取ってないし」と言うと「ブログ作って一人で書いてろよ」
と言われた
良くあるやりとりだが、改めて思うと一理あるなと感じた

ということで
どこにでもいるおっさんが垂れ流す妄想を書き留めておこうという事でブログを作ってみた
いつまで続くか分からないが、おっさんが、よりおっさんになった時に
「ああ、この時こんな事考えてたのか」と後々反省するためにも良いと思う
したがって、おっさんが垂れ流す妄想=ポエムの保管庫という事で始めようと思う

因みに、ネットなので他人が誤って見てしまうこともあるとは思うが
例え、気に入らないような事を書いていたとして、本気で反論されても
所詮、その辺にいる平凡なおっさんが書いていることなので
あまり必死にならずほどほどにね

Category: 未分類

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る