2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

恵比寿★マスカッツ 「人気芸人対マスカッツ!ポロリ100%!夜の水泳大会 極楽とんぼKAKERU TV」を見て思い出されるマッコイさんの話

 【03//2017】

人気芸人対マスカッツ!ポロリ100%!夜の水泳大会 極楽とんぼKAKERU TV





250万来場者ですか
まぁ、前が24時間で350万?ということで
時間とか、ワンコンセプトの番組という事を考えると
一応、大成功と言うことになりますよね



とりあえず、今回のマスカッツ
一言で表現すると
「頑張ってた」本当に頑張ってた
もう、みんな褒めたって、体張ってたよ



ただ、当初、ちょっと不安だったんですよね

というのも、選出メンバーが、芸人で言うところの
「前で張っていくタイプ」
の人が少なかったからです
どちらかというと、殆どが受け身のタイプですよね

で、そこを、やっぱり、スタッフ上手いなぁと思ったのが
企画内容、事前の台本というか、打ち合わせできっちり補ってましたね
そういうことが目立たないようにね

流石って思ったのが、蒼井そらを呼んだこと

前から蒼井そらについて書いてる事を言い換えると、蒼井そらは
「前で張っていくタイプ」の芸人ですから

それをオープニングに一緒に登場させて、最初のつかみで
勢いを付けさせましたね
やっぱり、なかなか、前で張っていく人って少ないですからね
蒼井そらは勢いは信頼できますから、折角の機会なんで
そういう背中を見て欲しいなと思いました

ただ、それでも、与えられたことをきっちりやっていくだけでも
凄いと思います、頑張ってた
一応、ネタというか、一くだりあるものは、やっぱりみんなきっちりできてましたね


頑張ってて、概ね良かったと思うし、殆どの人がそういう感想を持ったと思いますが

私のようなひねくれ者は、楽しかったねー、よかったねー、では終わらないんですね



みんなそれぞれ体を張って頑張っていたし、本当大変だったろうし
ご苦労様です、という感じなんですが


私、ちょっと、一つだけ、しくじったなぁと思ったのが、夏目花実

結構、出番を与えられていて、あのメンツの中では頼りにされてかなり頑張っていた方なんですが

一点だけ、凄い気になるシーンがあって、
これは、見てる方もみんな反応に困っていたところなんですが

ニギータの下りで謝罪するところがありましたが
あれを見て、
以前、マッコイさんが夏目に苦言を呈していた事が、実感としてよくわかりましたよ

当時、マッコイさんの苦言に対して、私も、言いたいことはわかるけど
言い過ぎ、ちょっと可哀想だと言っていました
夏目は夏目で頑張ってると思うと

ですが、今回あの謝罪の下りを見て、マッコイさんの言ってることがわかった気がしましたよ

あの時は、加藤さんが、帰れって話で、上手く拾って、場を繋げてくれましたが
腕が無い芸人やMCだったら、あれ、放っておかれて、とんでもない空気になってましたよ
帰れって話になるまで、一瞬の間がありましたし、周りの芸人の一瞬凍る、引きつる空気ありました

しかも、もう一回チャンスもらって、もう一回謝罪させられる所ありましたけど
結局、天丼ぐらいしかなくて、とりあえず、場つなぎぐらいにしかなりませんでした
そもそもニギータ自体が偶然加藤さんがスローVを見て拾ってくれただけなんですけどね


あそこで、最後だけふざけて謝罪するっていう事をするところに、
マッコイさんも思うところがあるんだなと、感じました

確かに何もしないより良いし、あそこで一ボケやる度胸もあるし、良いんですけど
結局、ああいう空気止まりというか、
まぁ、今後、滑り芸で行くっていうならそれでも良いんですけどね
ただ、本人が、結構、バラエティ慣れしてる感じがあって
恐らく、こんな感じにやっとけば良いんでしょ?感っていうのが見てる方に伝わるんですよね
なんか、60点ぐらいの、今のバラエティ的に無難な回答やっとけば良いんでしょ?感がするんです

この感じが、マッコイさんに夏目つまんねー、一つも面白くないって言われるんじゃないかと思うんですよね

マッコイさんってそういうの期待してない人なんですよね
そういう無難なもの嫌いなんですよ
無難なものというか、普通なもの?
普通っていうのが何かっていうのが難しいですが
何だろうなぁ・・・要するに、そこらの面白大学生レベルのもの?
っていうのは、まぁ、素人レベルならそれでも良いかもしれませんが
それじゃ、マッコイさんは納得しないんですよね

だから、元から芸人では無い子達に望むのは、まずは、がむしゃらにやるって事なんでしょうね
そこから、何か、新しい面白いことが生まれてくるかもしれないと
それを見いだして拾っていくのが自分(マッコイさん)の仕事だと
そういう風に考えるんだと思います

勿論、台本通りの予定調和的な所もあると思いますが
一番望んでいるのはそういうところなんだろうと
例え台本でも期待と予想を超えてこいよと

で、その中でも、夏目っていうのは、ちょっとバラエティ慣れし過ぎてしまっていて
どれも60点レベルのもので納めようとしてしまっていると
そこを越えてきてようやく爆笑が生まれると
夏目自身がそういう慣れた感じで、
小さくバラエティをまとめようとしてしまってるんだと思います

だから、マッコイさんは夏目に名指しで苦言を呈したんだろうと思います


で、今回これに、ハッと気がついて
過去、私が、マッコイさんの苦言に対し、夏目を擁護するような事を書いたのを恥じましたね

こういう何でも許してしまうファンが、タレントを潰すんだろうなと

ちょっと例えが違いますが、
AV女優さんがよく「太ったかも?」とか言うと
ファンがみんなして「大丈夫だよー」「そんなこと無いよー」「寧ろ今の方が良い」とか言うじゃないですか
で、その気遣いやお世辞を真に受けて、そのままどんどん成長してしまって取り返しがつかないことになり
仕事が減っていき・・・っていうパターンを何回も見てきましたが

全く状況が違いますが、私も似たような事をやっていたんだなと

私、別にファンではありませんが
まぁ、一応、マスカッツに関しては、誰のファンというよりも
マスカッツ箱推しみたいな感じですので
そういう擁護するような書き方になってしまっていたんですが
ちょっと反省してます


まぁ、夏目だけ色々言うのも良くないですが
それだけ他のメンバーよりも優遇されて使われてるんですから
逆にそれだけ批評の対象になるって事は仕方ないわけで
他はよかったと思いますよ、頑張ってたと思いますが
良い悪いというか、どちらかというと台本通りだと思いますから


だから、こういう一つ一つの事を見ていくと
やっぱり、おねマスメンバーの凄さがわかるというか
安打率もそうですが
追い詰められてからの一絞りが出てくるというかね

切り込み隊長 蒼井そら、かすみ果穂 +泣き芸の麻美ゆま
4番エース安打製造器 Rio
仕事人 希志あいの
天然キャラ 里美ゆりあ

基本的に必要な役割がほぼ網羅されてるこのメンバーは
改めて奇跡的な巡り合わせなんだなぁと
・・・比較するのは辞めよう、ダメだ



でも、マスカッツメンバーには、
もうちょっとバラエティというか、お笑いを見て欲しいなとは思います
マスカッツには「前で張るタイプ」の芸人が少ないって話ですが
「明石家さんまのお笑い向上委員会」は見るべきだと思いますよ
自分らも普段雛壇芸人的な事、ガヤ的な事することが多いでしょうし
MC的な事や、回しをすることも多いでしょうから
色々勉強になると思いますけどね
あの歳でも全力で笑いを取ろうとする明石家さんまは当然ですが
笑いのあらゆる面が見えてくるはずで、当然、閉店ガラガラの部分は完全にネタ見せの部分ですし
ずっと見てるとわかるのですが、今田耕司の凄さというのが実感できるようになって欲しいなと
今の今田耕司は前で張るタイプの芸人としては最高峰だと思います
まぁ、マスカッツは芸人じゃないですけどね





次回から、また、水泳大会をするのかどうか?というのがね
難しくなってくるかもしれませんね
これを定期的な恒例としていくのか
それとも、また新しいことをやっていくのか

私は、3回同じ企画やるのはそろそろ厳しいんじゃないかと思ったりしてるんですけどね
次から大変だなと
結局、2回目までは、同じ企画や、同じ展開、流れがあったとしても
視聴者は許容できるじゃないですか
ただ、流石に3回目、4回目となると、厳しいですね
キャスティング変えるとかやると、じゃ、マスカッツ以外で誰がやるんだという話になりますし


例えば、前回3月にやって、今回9月ということで、まぁ、約半年に一回やってる感じになってますよね
これを例えば、夏のこの時期、年に一回という事にすれば
なんとか同じ企画やネタになっても許容できるんじゃないかなと

で、可能ならば、この手の特番って、四半期に一回欲しいです

なので、その他は、同じテイストでいくなら
往年の深夜エロ番組からネタを引っ張ってくるのが良いんじゃないかと思ったりします

どちらにしてもまたやって欲しいなと思いつつ
同じ企画で行くなら厳しいなぁという相反する気持ちです


でも、これからもマスカッツを使って欲しいです、使ってくれれば何でも良いです笑









スポンサーサイト

Category: マスカッツ

Theme: 恵比寿★マスカッツ

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ナマイベルト 全国イベント終了&MC卒業 AVOPEN2017直前SP終了 ~約2年の放送を振り返ってみる

 【31//2017】

イベルト全国イベントも終了し、AVOPEN2017直前SPも終わりました
まだ、ご覧になっていないかたは、タイムシフトが残っているうちにご覧ください



イベルト全国ファン感謝祭 in TOKYO 生中継! 出演:加藤純一、大槻ひびき、三上悠亜、高橋しょう子、初川みなみ、伊東ちなみ


イベルト全国ファン感謝祭 in TOKYO 生中継! 出演:石川典行、大槻ひびき、三上悠亜、天使もえ、橋本ありな、日菜々はのん


イベルトpresents!ナマイベルト!AVOP2017発売直前SP! 出演:石川典行、白石茉莉奈、高橋しょう子、橋本ありな、横山緑、こくじん、いけだてつや、友田彩也香





私、当初、ナマイベルトは、第二のみんなのおもちゃになれるのか?と題して書いたこともあり
結構、期待をして見ておりました

やっぱり、AV女優のネット配信の場所は必要で
みんなのおもちゃが無くなったあと、どうにかしてそれを
細々とでも良いから繋いで欲しかったからです

ですから、色々と思うことがあっても、とりあえず、暫くは様子を見ましょうという話をしていました

その後、1年ほどたったときに
色々あるとは思いますが、私的な意見をここで書き散らしても意味無いので
一回、公式で視聴者アンケート取ってみて欲しい
と言っておりました
恐らく、同じような感想を持つ人が多いだろうと思ったからです



さて、今回、MCの加藤純一さんが卒業という事になって
今後、ナマイベルト自体がどうなっていくのだろうか?MC交代?
等々、色々あるんですが

その前に、
一応、一区切りということで、
この2年弱のナマイベルトはどうだったのだろうかを考えてみたいと思います


まず、スタッフが優秀だったと思います
忙しい中色々考えて頑張っていたと思います
番組の内容も含めて、毎回試行錯誤されていたと感じます

前にも書いたことですが、MCに加藤純一さんを選んだのも、色々あるとは思いますが
私は一定の効果は合ったと思います
やっぱり、いきなり番組はじめても、最初、そんなに大勢が見なかったと思います
最初から数万人の視聴者なんてなかったでしょう
ですから、ニコ生でやるなら、ニコ生で人気の人を呼んでやるっていうのは
合理的な判断ですし、良かったと思います

また、昨年からはじまったナマイベルトの全国イベント
これは、要するに、しばらくナマイベルトをやってみてわかってきた
現実的な問題に対応しようとした結果じゃないかと思うんですね

つまり、ナマイベルト自体は面白いかもしれないが
そもそも何でこんな番組をやっているかというと
店舗に足を運んでAVを買ってくれる人を増やしたいからですね

ただ、こんな番組をやっていて、果たして店舗に人が増えたんだろうか?という点については
計りようが無いっていうのもあって、よくわからないんだと思います

加えて、AV女優のイベントに行かない人の多くは、
行ってみたいけど、ちょっと躊躇するっていう人が多いんだと思います
で、イベントへ行くときの紹介動画を作ってみたりしてるんだと思いますが
ナマイベルトの一番のやるべき事は、AVイベントにまだ行ったことない人にAVイベントに来てもらう
って事であるということだと思うんですね
そのためにニコ生という客層の違うところでPR活動をやっているわけで
つまりAV女優イベントに行ったことない人にアピールしてるという話になります
未だにそうですが、殆どの人がそうだと思いますが、
AV女優に興味があるのに、AV女優イベントに行ったこと無い人は
行きたくないんじゃなくて、行ったこと無いから、
よくわからない、怖い、不安、近くで開催されない、、だから行かないんですね

この解決策として、全国イベントというのがはじまったんだと思います

これは、結構、各地で客の入りが多いようで、好評とのことで、大成功という事になるんじゃないでしょうか



このように、良かった点っていうのは多くあると思います

ただし、その裏で、問題点もあったとは思います


まず、当初、配布していたチラシにもあったように、月に二回の放送という事で始まりましたが
月に二回放送した期間はあったのかなぁ・・・まぁ、そのくらいほんのわずかだと思います

で、1年弱で、とりあえず、そのスタイルは辞めて、
そして、全国イベントがはじまるんですね

全国イベントが始まると、スタッフもそれの対応が大変で
殆ど、放送やってる暇が無い状況になりましたね

ですから、昨年からは殆ど普通の放送が無くなり
所謂、全国イベントの時に、全部じゃないですが、
イベントの模様を垂れ流しで放送するという事が多くなってきたと

これじゃもう、ニコ生でやる意味ってあんまり無いんですよね
別に、YoutubeLiveでも、なんならツイキャスでも変わらないわけです

そうなると当然、MCの加藤純一さんも、別に・・・という判断になってしまうと
何故ならば、加藤純一さんの役目は、言い方は悪いですが、ニコ生的な客寄せパンダ
つまり、ニコ生の視聴者層を番組に引っ張ってくるのが役割でしたから

現に昨年から、ニコ生を入れないイベルトのイベントとか、全国イベントでも
当初は、加藤純一さんがイベントのMCも全部やってたのですが
最近は、シャバダバふじさんがやるようになってましたね


やはり、あれですよね

加藤さんのファンの人には怒られると思いますが
下手ですよね、MC
当初から、普通に台本読むのもままならず、大事な告知等々はスタッフが説明してましたから

まぁ、ふじさんは、ベテランですからね、イベントMC
色々わかってらっしゃるので、かなりの部分をお任せできるし、スタッフも楽ですよ
当然、MCも上手いし

今だから言いますが、
やっぱり、加藤さんのMCは聞いててヒヤヒヤするというか
いつも不安になって聞いてました

MCの技術的な事じゃなくて
やっぱり、女優さんに結構失礼な話とかをグイグイするじゃないですか
女優さん怒らないかなとか、マネージャーとかメーカーが怒らないかなとか
いつも、ヒヤヒヤしながら見てました
ぶっ込んだ話で、爆笑が起きて女優さんも関係者もみんな笑い話にできる
そういう良いぶっ込んだ話なら良いのですが、必ずしもそうじゃないと

そういうことで、やっぱり、加藤さんにはいつも、見てる方が心配になりながら見てました

あと、これは、仕方のない事なんですが、
やはり、メインの視聴者が加藤さんのファンの人なんですね
つまり、視聴者の殆どの人が加藤さんにしか興味が無いんですよ
本当はメインのはずの女優さんが、おまけ
言ってしまえば、加藤さんを盛り立てる存在でしか見てないという事です
勿論、非常に、よく状況を踏まえたきちんとしたファンも大勢いらっしゃると思いますが
多数はそうじゃないと、言わざるを得ないと思います

そうなると、番組自体がどうなるかというと、もはやAV女優の番組じゃなくて
加藤さんの番組になってしまって、結局、加藤さんのファンしか残らなくなるんですね
AV女優さんのファンは定着しずらいです
だって、コメントも番組も雰囲気が場違いになっちゃいますから
新規のお客さんが次も見ようと思いづらいです

これは、私、みんなのおもちゃの末期にも一つの問題点としてあげていたことです
みんなのおもちゃの末期でも、何が問題だったかというと
女優さんメインの番組のはずが、MCのカジさんのファンという人が増えてきてしまって
女優さんよりもカジさんばかりに興味がいってしまって
視聴者が女優さんを蔑ろにしはじめていたんですね
で、それを、実は、当初、カジさんもプロデューサーも深刻な問題として捉えていなかったんです

女優さんが脱いだりしてパフォーマンスしてる最中っていうのは
実は、カジさんとかは、当初は、コメントを見たりして、次のコーナーへ備えたりしてたのですが
番組の末期頃になると、たまに、そういう最中に、別のチャンネルで、裏の放送とかをやり出したんですね
そうすると、本来ならば、女優さんがパフォーマンスしてるところに視聴者が集まるはずが
結構な人数、その別の放送に移動してしまって
頑張ってる女優さんに人が注目していないところで馬鹿みたいな感じになってしまっていました
当初はこういうのが面白いと思って、プロデューサーもカジさんもやっていたんだと思いますが
やはり、そういう原則を忘れてしまうと、悲惨な結果になるという事です

あくまでも女優さんがメインです
そして、女優さんも、そこに派遣してる事務所やメーカーも、単にギャラをくれるから出てるのではなく
ある意味、女優を売るために、そして作品、イベントのPRとして出てるわけです
そこの微妙な関係性を、まぁ、当たり前のことではありますが、良く理解しておかないと
番組自体がおかしな方向に進んでいくんですね

ただ、そもそも、ニコ生の視聴者層を引っ張ってくることを目的として
MCを加藤さんにしたわけで
視聴者を引っ張ることには成功したのは確かなわけです
ですから、良かったか悪かったかは非常に微妙な判断になると思います


次に他のMCとなると、今の流れだと、石川さん?っていう、同じくニコ生で人気の人になるんでしょうかね
何回か今までイベルトで拝見しましたが、面白いかどうかは別として
一応、台本通りにきちんと進行はできる、上手い下手は置いておいて
そういうのはできる人なんでしょうかね、第一印象としてはですけど

ただ、ナマイベルト自体がどうなるかもイマイチハッキリしていないですよね
定期放送になってくれるのかどうか
下手したら、もう、放送殆ど無くなるのかも・・?


上記にも書きましたが、そもそも、イベントをするだけなら、ニコ生で人気の人を使わず
シャバダバふじさんとか、ベテランの信用されてるMCの人を使えば良いわけで
定期的に放送しないなら、使う必要が無いんですよね

で、結局、集客力のために、ニコ生で人気の人を持ってきても
加藤さんの時と似たような問題が発生するなら、変えた意味が無いです
結局、集まって楽しんでるのは女優さんのファンじゃなく、加藤さんのファンばかりというね

このイベルトの放送をずっと見ていて、
こくじんさんが、意外ときっちり仕事できる人なんだなと思いました
まぁ、妻帯者ということもあって、一応、色々空気呼んでやるべき事はきっちりできる人なんだなと
そういう意味で、敢えて、ニコ生で有名な人で選ぶなら、こくじんさんかなと思います
本当は芸人のいけだてつやさんなら安心なんですけどね

もしも冷徹に、客寄せパンダ的にするなら、
もう、全国イベントのMCを定期的に変えていく事で良いんじゃないでしょうか
それでいくらか色んな人がイベントに来ることになるとは思います

それこそ、あれですよ、ユーチューバー使えば良いじゃないですか
イベント垂れ流しのみなら、もう、ニコ生の必要も無いでしょうから
ラファエル?さんでしたっけ?最近ちょっと色々炎上してますが
あの人なら最近色んな女優さんと競演してますしね
まぁ、あくまで例え話ですよ
そんな危なっかしい人と競演するリスクは避けるべきですけどね


だから、現実問題と、色んな事が上手くかみ合ってないんですよね

面白い番組をやっていきたい
AV女優イベントにみんな行って欲しい

これを両立させるのが凄い難しいんだと思います

そもそも全国イベントという企画もそこから来てるわけで
イベルトの予算がどこから出てるのかわかりませんが
予算元からすると、放送とAV女優イベントの集客とが結びついて欲しいわけで
もしも、予算に、全国の店舗さんからのいくらかの協力があったならば、
余計に出資元からは不満が出るでしょう


ということで、非常に難しい問題だと思います

ただ、結局、みんなのおもちゃが続いたのも、協力してくれる人(Moodyz、ティーパワーズ)と
プレミアム会員への誘導効果という事で予算を出し、場を提供していたドワンゴがいたから成立していたわけで
現実的な状況で対応していくとなると、こうなってしまうんじゃないかと思います

しかしながら、私の実感としてあるのは、みんなのおもちゃが、
昨今まで続いた、所謂、キカタンブームを支えていたのは確かであって
こういうものは、目先の損得じゃなく、
ある程度の投資をしないと何も始まらないものであると、私は思いますよ
先々への投資無しに何も起こりませんから、今儲かる儲からないじゃないんですね


また、当初、懸念していた事の一つに、ネットの人気配信者に対して
「途中で首にした場合のファンの反応」というものがあって
今回、加藤さんが卒業となったわけですが
案の定、ファンは、イベルトへの不満を持つ人が多かったですね
中にはきちんとしたファンも当然いるんですけどね
加藤さん自身がこの不満の納め方を上手くやってくれるなら良いのですが
上手く行かなかった場合は、イベルトのみならずAV業界全体へ矛先が向かうかもしれません
こういうのって本当に難しいですね
つまり、例え、直接的な攻撃か何か無かったとしても
そういったファンの人は、一生、何の理由も無く
イベルト並びにAV業界に対してアンチの立場になってしまう可能性があるからです
アンチというのはちょっと言い過ぎですが、少なくとも良いイメージを持って貰えないかも知れないです
だって、先日の全国イベントの時も1部の放送終了後、2部の放送中に裏で自分の放送はじめたとかなんとか
これじゃ、明らかにもう終わったから知らないって雰囲気ですよね
そうなるとファンもそういう風に感じるでしょうし
こういうのもやっぱり人を使うときの難しさですね



はじめてニコ生に出る女優さんの感想で良く聞くのは、ニコ生は怖いって思ってた言うんですね
やっぱり、出たら、酷いこと言われまくるんじゃないかって思うらしいんですね
知らない人が見るともの凄い物量でコメントが流れてくるとちょっと怖いですよね
しかも、それが好意的じゃないものだと、恐怖と不安しか無いでしょう

先日の放送なんて、最前にいる人は、もう、IDが真っ赤な人ばっかりですよ
NGスコアが高い人が殆どです、ゼロの人を探すのが難しいくらい
みんなのおもちゃなんてNG入ってる人が珍しいぐらいでしたからね

収録中はわかりませんが、後で本人や関係者がタイムシフトで見る訳じゃないですか
そういう人達で埋められてるコメント欄を

それ見てどう思うかって話なんですよね

その点みんなのおもちゃは例えMCのカジさんに対してそうであったとしても
一時期の問題のある視聴者がいた時期を除いては、
基本的には女優さんに気持ちよく楽しんで帰ってもらおうという姿勢でしたよ
身も蓋もない話ですが、コメントを見て喜んだり笑ったり楽しんでもらおうと
女優さんの気持ちがそれで上がってくれればと
視聴者はそういう風に、ある意味、番組の放送を重ねるうちに、自然と皆が訓練されていきましたね
それは、番組全体で、女優さんをきちんと大切に扱っていたからです
MCだけじゃなくて、スタッフもみんなね
それが視聴者にも伝わりますし
何よりMCがそういう風に明に暗に視聴者を誘導してましたね
だから、結構、みんなのおもちゃも無茶ぶりすること多かったんですが
どの女優さんも楽しんでそれに答えてましたよね
それは、スタッフとカジさんや視聴者に対して信頼関係があったからなんですよね


例えば、先日、三四郎の小宮さんが言ってましたが
よく、営業とかで、普通に初対面の素人さんに滑舌の悪さとかを弄られるらしいんですね
TVとかのノリで
そういうのはやっぱりちょっとカチンとくるらしんですよ
つまり、お互い信頼関係が構築できてはじめて弄りや無茶ぶりが成立するんだと

それは女優さんも同じですよね

これは、マスカットでも言えて、
よくね、マッコイさんの演出とか、色々キツイと、そういう事言う人多いじゃないですか
でも、マッコイさんも同じ事言っていて、やっぱり、無茶ぶりやキツイ演出っていうのは
その行為に愛がなければ、それは単に虐めてるだけになってしまうと
マスカッツもそうですが、マッコイさんとの信頼関係があるから
どんな無茶ブリがあっても、みんなそれに答えていったわけですね

そういう意味で、真の意味で、番組作りって難しいんですよね
で、トーク番組というか、そういう番組において
MCっていうのがいかに重要かって話なんですよね
本当は、素人じゃなくてやっぱり芸人さんが良いと思うんですけどねぇ
もしくはもう一つの選択肢もあるんですが、まずは、優先度的には芸人さんかな




ということで、色々言おうと思えば言えることはたくさんあるんですよ

ただし、現実問題として、それにどう対処していけばよいか?となると
いくつか選択肢が出てきて、
結局は現場の判断になるんですが
最良と思って選んだものが、必ずしも良き結果を生むとは限らないわけで

当初、ナマイベルトが、第二のみんなのおもちゃになればという思いを持っていましたが
現実には、色々問題がありまして、今、こういう状況であると


とりあえず、今回の全国イベントは終了ということで
また、来年以降、こういうイベントがあるのかどうか
で、今後、ナマイベルトというものがどうなっていくのか

イベルトガールも今回で終了ということで、一区切りなんでしょうけど
さて、今後どうなっていくのか


ニコ生という事を念頭に置くならば、
私は、今一度、R-18について、ドワンゴと話あっても良いんじゃないかと思うんですよね

abemaTV見てみろって話でね

あそこは、まぁ、R-18のようなものは無理でしょうけど
ただ、限界ギリギリできる限りエロぶっ込んでますよ、普段の放送から
それでアクセス稼いでるんですから
しかも、ほぼほぼみんなのおもちゃの企画をパクってるような番組とかもありますよ

これじゃね
abemaTVがどこまで我慢できるかって話もありますが
完全に、客をabemaTVに食われる日も近いんじゃないでしょうかね

・・・ま、そんな単純な話じゃないでしょうけどね笑



みんなのおもちゃを復活しろとは言いません、同じものが受けるとは限りませんし
そもそもカジさんがね、再度やるつもりはないって言って終わったのでね
ま、今はどう思ってるかはわかりませんけど

ですから、今、色々厳しい状況のドワンゴの、起爆剤の一つとして
勿論、ニコニコ動画自体も変革すべき事は色々あるんですが
公式R-18ニコ生の復活と、みんなのおもちゃの後継番組の制作
それにイベルトが協賛する
色々考慮すべき点が山ほどありますが、そこへチャレンジしていけないものかと
それで、なんとか、場と紐づいた予算という状況ができると思うんです
イベルトが協賛することで、みんなのおもちゃ、ムームーTVとは違い
メーカー等々を越えた様々な状況に応じた番組制作も可能ではないかと
・・・うーん、まぁ、でも、同じように毎週放送とかなると
イベルトだけで女優さん手配とかキツイよなぁ・・・
みんなのおもちゃっていうのは色んな事が重なって上手くできあがってたんだよなぁ

今なら同じ話abemaに持っていったら二つ返事だろうなぁ・・・
エロはある程度制限されるが、あっちの方が客に垢がついてないし、視聴者数も多そうだしね
あ、でも、既に競合しそうな番組あるか
週末にマスカッツの水泳大会もやるしねぇ・・・メンツがちょっと不安だなぁ、大丈夫かなぁ・・・
まぁいいや

とりあえず、今一度、これを提案して、ひとまず、ナマイベルトの反省会を終わりたいと思います





トップページ - AVオープン2017公式サイト

ジャンルから探す - AVオープン2017公式サイト



投票について [ベストパッケージ賞] - AVオープン2017公式サイト



AVOPEN2017-THE DIGEST- 全90作品をギュッと濃縮!!出るまで待てない!! - アダルトビデオ動画 - DMM.R18











Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVOPEN2017 ベストパッケージ賞 投票締め切り迫る(~ 8/31 11:59) エントリー作品発売は9/1から

 【26//2017】

トップページ - AVオープン2017公式サイト

ジャンルから探す - AVオープン2017公式サイト



投票について [ベストパッケージ賞] - AVオープン2017公式サイト





ベストパッケージ賞の投票締め切りが迫っています

まだ、投票していない人は早めに投票しておきましょう


因みに、本編の投票は実際に発売される9/1からですが
本編の投票と違って、ベストパッケージ賞は投票したからといって
特に、何か投票者に抽選でプレゼントとかありませんので
あくまでも、みなさんの心意気で投票してください







AVOPEN2017-THE DIGEST- 全90作品をギュッと濃縮!!出るまで待てない!! - アダルトビデオ動画 - DMM.R18



Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

恵比寿★マスカッツ zepp東京ライブ 「夏のペロペロ祭り2017」ニコ生独占放送(タイムシフト有り) ・・・と色んな話

 【23//2017】

恵比寿★マスカッツ ライブ「夏のペロペロ祭り2017」独占生中継





ライブ前半の企画というかちょっとした出し物的なものは
半分は権利関係で何やってるかわからなかったのでよくわかりませんでした
三上さんのやつは、映像すらNGということは、カスラック以外にも問題があったということでしょうかね

後半は一通り曲を歌って、例の水着に着替えるシーンがあって、セクビを歌って、一端終了
その後、アンコールが1時間近く続いて、グランドフィナーレ


まだ1ヶ月ぐらいは、上記タイムシフトが残っているので、まだ見てない人は
プレミアム会員に入って、タイムシフトをご覧になってください




ニコ生で独占配信とか珍しい?のかな?

今、プレミアム会員減って減って大変みたいですね
私もそろそろもう辞めようかなと思ったりしてたぐらいですから
まぁ、もう課金が始まった時からの会員なので、そういう部分で辞めないでいるだけなんですけどね

やっぱあれでしょ?みんなのおもちゃが終わってからでしょ?プレミアム会員減りだしたの
因果関係は確かじゃないですけど、減少が言われはじめたのはその頃ですよね
だって、当時のみんなのおもちゃのプロデューサーが、番組のプレミアム会員への誘導力で
社長賞か何かもらってたはずです

それがカドカワ合併の余波で駆逐されてしまってね
結局、ドワンゴも落ち目に、そして、アダルト業界も大事な発信場所を失う事に

プレミアム会員で年齢確認させることできっちりゾーニングできてるし何の問題もなかったはずなんですけどね
一つの読み間違いで、全てを破滅にまで追い込むことになるんですね

正直無駄な所に金をかけなかったら予算的に合併せずとも何も問題なかったはずで
誰がそんなに無駄な所に金使ってたんでしょうな

因みに、abemaと違って、ニコ動はコメントが主体ですから
そういう意味で、youtubeに対抗できる手段があるのは、abemaよりもニコ動であるとは思っています
あくまでも、可能性の問題ですが

abemaはyoutubeに純粋な動画として勝てると思ってるうちは苦戦し続けるでしょう
いっそのこと動画部分の戦略を捨てないと
私なら、動画部分は捨てて、配信の質と量を上げることに注力しますけどね
つまり、配信と番組制作に注力
動画はyoutubeを使う事で、動画部分の無駄な経費を全部番組制作につぎ込むと
必要のない再開発は無能のすることなんですが

ま、いいか、サイト一つ潰れればまた違う山師が出てくるでしょうから
私には関係ないっすね






今回のライブ見てて思ったのはやっぱり全国ツアーも終わって
みんなこなれてきたなぁという感じです、ダンスも歌も

あと、いろんな人が目立っていて良かったんじゃないでしょうか
まぁ、おかげで、やっぱり得手不得手というのが明確になった気がしますけどね


ただ、アイドルとかあんまりよくわからないので何とも言い難いのですが

歌に関しては、ソロパートが当たってる人はもっと練習して欲しいよなって思います
発声も音程もリズムもきっちりしてるのは、神咲さんぐらいです
流石長くme-meで軍隊のような練習してただけありますね
川上さんも良いのですが、実は、発声と声量で誤魔化してる部分があります、安定はしてない

見てる人がどこまで見てるのかわかりませんが、全員が一定水準以上無いと
曲の途中でさめるんですよね、私だけかもしれませんが

ダンスはもうみんな時間あれば毎週レッスン受けてるのでみんなちゃんとできてるんでしょうけど
そういう上手くなってきてるから、なれてきてるから、最近気になることは
全体の質の部分?

例えば、全員で片腕を上に上げる振り付けがあったとして
その腕を上げるタイミングや、腕の角度、手の高さ
こういうの意外とバラッバラなんですよね
連続で歌って疲れてるっていうのはあるとは思いますが

だから、きちっと踊ってるという印象よりも、シンクロしてないので
全体としてふわっとした印象を持ってしまいます

昔、me-meで佳苗るかさんが言ってたんですけど
自分が他の人よりも小さいから、手の位置とか全体として段差ができてしまうので
普段から大きく表現したり、手の位置をなるべく他に合うようにやってると言ってました

まぁ、よくわからないですが、全体で踊るってなるとそこまで気にするんだなと
いくら大人数で大変と言っても、動きにシンクロ性が無いと、やっぱり何事も綺麗に見えないんでしょうね

よくわかりませんが、世の中で評価されてるようなアイドルグループってそこまでやってるんじゃないでしょうか
ハロプロとか
ああいう研究生とか養成所的にきっちりしまくってるグループってそこまで徹底されてるんじゃないでしょうか

アイドルとかよくわからないですが、昔流行った女性ダンス&ヴォーカルのグループとかの人達って
ダンスのキレとか全体のシンクロとか凄かったですし、メインの子の歌唱力とかも良かったですからね
昔ロックマンの主題歌とか歌ってたBuzyとか凄まじかったです、アニソンとか歌ってるのに
あのくらいのパフォーマンスに・・・


まあ、マスカッツがそこまでやる必要があんのか?という話ですけどね

目指してるところがそこじゃないなら、ある程度の所で良しという感じなんでしょうね




うーん・・・


前からこれ書こうかどうか迷ってた事なんですが、折角の話の流れなんで書いておきますと




雑誌サイゾー2017年6月号に、三上悠亜さんのインタビュー記事が掲載されていて
まぁ、概ね特に当たり障りのない話なんですけど
1点気になる事を言っていて

要するに、

自分はハロプロ大好き、ももち大好きの根っからのアイドルオタクだと
で、そのアイドルオタクの自分から見ると、

マスカッツってアイドルじゃない

らしいんですよね

だって、自分みたいに脱ぐ商売の人がアイドルっておかしいでしょ?
私が思うアイドルは脱いだりしません笑

って事みたいです

まぁ、ももち引退に際しアイドル論について熱く語るインタビューだったので
恐らく、自虐的な意味があって、自分みたいなのがアイドル活動やってるなんて
っていう事じゃないかと思いたいですが

ただ、こういう発言するということは、要するに、
心根の奥底では、マスカッツをアイドルとして見下してるって事なんですよね

正直、これからマスカッツで頑張って欲しい人から
こういうマスカッツを卑下するような意見を聞くのは悲しかったです

結局、マスカッツは、ビジネスか何か、ステップアップか何かであって、
思い入れがあって、本気でやってるわけじゃないって事なんですよね

確かに、世間的にはそうでしょうね、見下されてる存在だと思います
正直、「所詮、AV女優でしょ?笑」って言われてるのは事実でしょう

ただね、私がどうしても気になったのは、
そういう見下された存在だった所からここまでにした
初代のメンバーやスタッフの努力や功績をも、見下してるって所です
自分達のやってることを自分でどう言おうが、それは勝手かもしれないですが
これに関しては、流石に私も残念でなりません



結局、その程度の認識、覚悟、思いだったなら
まぁ、パフォーマンスも、ある程度のところで良しとするのかな?という事なんでしょうかね

これだけ人数が多いと、それぞれの思惑とか思いとかっていうのは
なかなか一致しないものなんですね






あと、今回、メディアの発表によると、来場者は約900人ということでした
やっぱり、今だと1000ぐらいが限界なんでしょうか
だいたいツアーファイナルが1000ぐらいですからね

これで舞浜とか大丈夫かなぁ・・・


あのー、恐らく、2018年4月8日(日)舞浜アンフィシアターだと思います

2018年4月8日って、丁度、マスカット放送開始&マスカッツ結成、10周年の日なんですよね
で、丁度、日曜日なんですよ

この日に、初代のメンバーも交えて、大イベントしない手は無いですよね?
やらなきゃプロデューサーとしてどうかと思いますよw

だから、今年の全国ツアーのファイナルに、初代を登場させたんですよ
だって、急に初代が絡む流れとか変ですからね
今から地ならししておかないと

私が最初から言ってるように、初代とか二世代目とかそういう隔たりを無くす方が良いと思ってるので
こういう流れは大いに結構だと思います


ということで、恐らく、今後は、それに向けての色々な動きがあるんじゃないかなぁと思ってます

副キャップのポジションはどうなるんだ?
年末までにリーダーは変わるのか?舞浜までは変わらないのか?
新規メンバー加入はあるのか?

年末にまたイベントがあると思いますが、恐らく、そこから4月までは
10周年舞浜に向けた色んな仕掛けが始まるんじゃないかと思います


ということは、新曲やら、新規メンバーやらは、その前後ぐらいですかね
ただ、新規メンバーに関しては、そろそろ入れておかないと、なれないですし
バタバタした状態でイベントに突入すると大変でしょうね

なんか皆さんも思ってると思いますが、キララのギックリ腰から
ずっと川上さんの役割を古川さんがやってるので、
何か役割が与えられるとしたら古川さんなんじゃ?と思ったりするんですけどね
だとすると、初SODから役職付きということで、昔なら考えられない事ですね

新規メンバーに関しては、実は、現在でも25名ということで、別に少なくは無いんですよね笑
新規が無いなら無いでも構わないですが、どうしてもマンネリ感が出ちゃうんでねぇ
あと、今後の事も考えるなら、若い子入れていかないとね
結構、いい歳にみんななってきてますから笑
キララ、来年一応公称29歳でしょ、完全に番組ではババア扱いになっていきますよ
他にも今後抜ける人がいるかもしれませんし

今、各メーカーがこれぞという人材をマッコイさんとプロデューサーに推薦してる(た)ところだとは思いますが
さてさてどうなることやら




最後に、番組的な事ですが、
春からやってた夕焼けニャンニャンっぽい雰囲気の放送形式を
キララのギックリ腰をキッカケにあっさりやめちゃいましたね
まぁ、当初から言ってたように、一長一短である意味大変な部分もありますからね
面倒になったんでしょう
衣装も前のに戻っちゃいましたしね
あの衣装って全国ツアーPRで着てただけって事なんでしょうね
私はあのケツがプリプリしてる衣装好きだったんですが

ただ、HRも無くなって、放送開始の口上もなくなってしまって
全く放送に映らない人とかも出てきちゃってますよね
やっぱり、HRと番組開始の口上は必須だと思うなぁ

番組自体は良くなってきてると思いますけどね

ただね、やっぱり、なんかねぇ

例えば、この前、朝まで馬鹿テレビ?ってやってたじゃないですか
まぁ、あれはあれで、面白いとは思いますが
単に、喋ってるだけなんですよね、面白い部分もあるから良いんですが
これ、誰がどう見たって、朝まで生テレビのパロディですよ
だったら、普通に議論するんじゃなくて
朝まで生テレビで起こりそうな事、言いそうな事、雰囲気
そういうのをできるだけ再現しようとすべきなんです
見てる人が、あーあるあるっていう流れを作ったり、議論にしたりね

まぁ、今回のお題は難しかったかもしれませんが
今後も、こういうパロディものってやっていけば良いと思うんですね
ただ、その場合、やっぱり、それになりきるっていうか、
完コピするぐらいの気持ちが参加メンバーに欲しいですよ
昔で言うと、おねだりヌーボとかね、やるからには再現性を高くしないと

あと、総選挙の野次はイイネ
昔の記者会見ネタを思い出しました
初期の記者会見はもっと辛辣な言葉やシュールな野次が飛びまくってましたからね
毎月やるって言ってますが、いつガチ人気投票になるんでしょうかね、もっと疑心暗鬼にさせないとダメですね


そして、夏なのに、今年も、浴衣放送とか、水着放送とかそういうの一切無しで終わっていきそうです
何やってんだか・・・


そんな感じです






久しぶりなので、マスカッツについて色々ダラダラ書きすぎました

まぁ、何を言いたいかというと


頑張れマスカッツ




DMM.com [独占無料配信!『マスカットナイト』] バラエティ動画




DMM.com [恵比寿★マスカッツ/喜怒愛楽(A盤)] CD通販




DMM.com [恵比寿★マスカッツ/喜怒愛楽(B盤)] CD通販




DMM.com [恵比寿★マスカッツ/喜怒愛楽(C盤)] CD通販




DMM.com [【VR】バッキャロー] バラエティ動画


Category: マスカッツ

Theme: 恵比寿★マスカッツ

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

M○odyz智○プロデューサーにみる昨今のAV業界あれこれと今後

 【17//2017】

先日、ニコ生でこんな放送をやっていまして


ハートの部屋(仮)~特別編~【鍋立ちて“D”~NICO動畫食堂~】





ここで番組後半ぐらいに、Moodyzと、今は本中が中心なのかな?
のプロデューサーの智子プロデューサーが出てきて、色々語っていたのですが
非常に興味深かったですね


一番興味深かった発言が、

同席してた元AV女優のしじみさんが、智子Pがこの前こんな事を言っていたという話で
「次はどの女の子を一番にしようかなぁ~」と言っていたと

二村監督曰く
「今のAV業界を作っている人」だと


そうですね、そう言えると思います

「上原亜衣を作った人」
という言い方も出てましたね
それはそうだと思います

これは上原亜衣引退時にも書いた事ですが、上原亜衣はある意味作られた存在なんですね
だから、上原亜衣自体の評価は、私は、端的に要約すると「頑張り屋さん」なんですよ
なんでかというと、上原亜衣は作られた存在だからです、その制作に頑張って応え続けた頑張り屋さんなんです
だから、誤解を生むと思いますが、最近はそうでもないですが、引退直後ぐらいまでの
上原亜衣を変に神格化したような扱いをしていた業界に非常に違和感を覚えていました
実は私が興味があった頃の上原亜衣はイメチェン後から売れるまで、ギリDMM取る前までなんですよ
というのも、DMMの少し前ぐらいからこの作られた上原亜衣が顕著になってきて、逆に興味が無くなってきたんですよね
「あ、もうこのラインにのったんなら、特別視しなくても、売れていくなぁ」っていう感じになりまして

ま、昔の話は良いとして、

年間300本AVをプロデュースしてるとのことで、
まあ、恐らく、日本で一番稼いでる、働いてるプロデューサーじゃないかと思うんですね
基本的に、専属じゃなくて、企画単体です
数的に企画取らないと300なんて数字になりませんから




で、もう一つ気になる話が
何故、AVのプロデューサーをやりつつ、DMMのエロゲーのプロデューサーもやってるのか?という話で

「今後のためにも何でも知っておかないといけない、何でこういうものに何万人と人が集まるのか?を知りたい」

二村監督曰く
「今後、AVだけやっててはダメ」


DMMの18禁カードゲームのハレパイ(智子Pがやってるゲーム名)は、もう3年?ぐらいやってるはずですが
それでも、その答えが出てないと・・・?
うーん・・・


二村監督の意見はごもっともです
これは、今や、どんな業界でも当てはまる話で、その業界だけで小さくまとまってては話にならないって事です
というか、こういうある意味メディアミックス的な、そういう戦略って、もう20年以上前から他の業界ではやられてることでして
今更、声に出して言う必要もない事ですね
もし今更気がついたならば他の業界よりも何十週遅れの話ですから


智子Pの疑問に対して、一つの答えとしては
IPもののゲーム化と同じですよ
意味わからないかなぁ・・・わかりやすいと思うけどなぁ
例えば、ワンピースのゲームが例えつまらなくても何故売れるのか?
という事を疑問に思う事と同じくらい、私的には疑問に思うことが疑問というか

だから、自分がゲームのプロデューサーしてるならわかると思うのですが
売れる、課金が多いカードって、有名単体女優ばかりなんじゃないですか?
そういうことですよ

まぁ、もう一つは、私がガーディアン・ミストレスをやってる理由なんですが
AV女優も好き、ゲームも好き
だけど、つまらないゲームをやる暇は無いし、そのつもりもない
その中で、最もゲームとして優れているDMMの3次のエロゲーが、ガーディアン・ミストレスって事で
単純にゲームとして面白く、そしてキャラがAV女優だからっていう理由ですね
殆ど同じ意味なんですが、ちょっと違いますね、ゲーム性が一番最初に来ています

こんな感じですかね




さて、やはり、気になるのは
「次はどの女の子を一番にしようかなぁ~」
ですよね
まさに、AV業界のキングメーカーの発言

二村監督曰く「この人の目利きで、次、売れる女優が決まる」と


ただ、どうでしょう
上原亜衣まではそうだったかもしれませんが
その後はどうなんでしょうね

×上原亜衣スカパ→○上原亜衣DMM→△上原亜衣AVOPEN100人中出し→○AVOPENバコバスで2連覇→×?

たぶん、智子Pの思惑では、?の部分は、以前ちらっと書いた話でもありますが
「AIKAがDMM取る」だったと思います
つまり、AIKAに取らせたいっていうのは智子Pの意向であったという事ですね

でも、ダメでしたよね

AIKAさんはその後離れて、事務所も変わって、スカパー取りましたね


今は、誰を推してるのかというと、麻里梨夏という話でしたね
その前は、椎名そらでしたね
だから、昨年から椎名そらがバカバカ作品出してて
今は、麻里梨夏が怒濤に作品出してます


まぁ、麻里梨夏さんはどうかわからないですが、
椎名そらさんはあそこまで作品出してる事もあってDMMもノミネートされましたが
流石にNo.1にはなれませんでしたね、AIKAさんに続いてキングメーカーとしては失敗でしたね

あと、他にも今、色々回りくどいやり方でごり押ししてる人いますよね、誰かとは言いませんがね
私だけじゃなくてみんな気がついてると思いますよ、だから、思ったように数字が上がらないのだと思います

こういう状況を見ると、もしかしたら、今年のAVOPENにMoodyzがでないのも
智子P絡みの話なんじゃないかと思ったりしますね



私の感覚から言いますと、最早、ごり押しは流行らないと思います

上原亜衣ははじめてだったから上手く通ったんです、当然、本人の努力もありますが
今だったらどうかなぁと、時代とタイミングがぴたりとあったからでもありますし


AV業界に限らずですが、ごり押しが通用しなくなってきてるんですよ

どんなジャンルでも、ユーザー、受け手の目が肥えてしまってるし
今や情報が光の速度で展開し拡散し認知される時代ですから
そういう、不自然なごり押しに敏感になってきてるんですね
敏感というか、あれ?おかしいぞ?と、誰かが気がつくと一斉にその疑問が広まる

ごり押ししなくとも、結局、受け手が作品だけじゃなくAV女優としてどう評価しているかが重要であって
例えば、椎名そらを智子Pが見いだして、良い女優だと思ったとしても
それは、身近でよく見て仲良くなり、親密な関係を築いた智子Pだから感じることであって
受け手の誰もが認める存在(受け手は直接知り合うわけでは無いので究極的には見た目や自分が見た作品だけで判断する)
であったならば
DMMは椎名そらが取ってるはずです、あれだけ作品だしてるんですし

でも、結果は全く違うでしょ


つまり、売れるってことは
一般人が買ってくれないとどうにもならないわけですよ
当然の事ながらね
じゃ、その受け手側が、誰もが認める、良いと理解できる存在じゃないと売れないと言うことです
昔と違って皆いろんな媒体を通じて無数の情報を仕入れるわけですから
売れるには、それ相応の理由や、正当性、必然性が必要だってことです
何故ならば、理由も無いのに売れるわけがなく、
既に、ごり押し、メディアのイメージだけで売れる時代では無いからです
それらはあくまでも補助的なものであって、メインになることは無いです


これは、前から言ってる私のAV女優の公式で言えると思います

素の期待値(純粋なルックス、体) x ブースト値(ギャップ、肩書き、設定など) = 売上(結果)

これは現実的な数値を現しているのではなく、考え方のイメージです
ごり押し的な部分は、ブースト値に入ります
つまり、いかに優秀な企画やプロモを打ったとしても、それを担保する素の期待値が無ければ、結果に繋がらないということです

そして、ここで重要な事は
素の期待値は、一部のマニアが出すのではなく、普通の一般人が出す数値だと言うことです

ブースト値はいくらでも変えられますが、素の期待値は誤魔化しがききません

ですから、以前から私は、この素の期待値の重要性を説いているわけです
素の期待値が高い状態で、高いブースト値をかければ、結果が出やすいという事です
ブーストだけ高くてもどうにもならないです
逆に素の期待値が高いにもかかわらず良い結果が出ない場合は、ブーストをかけられないメーカーが悪いという事になります



ということで、色々と智子Pには失礼な事を書きましたが、
私は智子Pは嫌いじゃないですよ、寧ろ、リスペクトしていますが
今の状況では、キングメーカーとは言えない状況であると思います

時代は変わってるので、最早、智子Pの思惑通りに進まない状況になっているんじゃないかと思います


私は、智子Pには、今までと違った仕事をしてみて欲しいですけどね

キカタンを見いだして売り出すっていうのは、主に中小メーカーの手法ですよね
今や、泣く子も黙るCAの大プロデューサーなわけで、大権力者でもあるわけですよ
だったら、好みじゃなくとも、金のかかった、素の期待値の大きい、そういう新人を
普通に売れる女優から、爆売れする女優に持っていくために
今まで培った様々な経験や企画力、プロデュース力を総動員して、成功にもっていく
そんな仕事をやっていって欲しいですけどね

やっぱり、専属は作品の企画や、プロデュース力が、各メーカー頭打ちになりがちなんですよ
で、売れ行きが停滞してしまう事が往々にしてあるんですよね
そこを、智子Pの力で打破していくっていうもの、一つ大きな仕事であると思うんですけどね


以前から言ってるとおり、今後は、キカタン時代から、専属が中心の時代になっていくと思います
それは、昨今の様々な社会的状況も踏まえて、そうなっていくのでは無いかと思っています
であるならば、その時代に合わせて、仕事の方向性も変わっていくべきじゃないかと

ただ、その時代がずっと続く訳じゃなくて、また数年たつと状況も変わってきて
また揺り戻しが起こる可能性はありますからね
そしたら、また、やり方を変えれば良いわけで

残念ながら、エロいAVを撮ればそれが正義だと言えないような時代になってきてる気がするんですね
昨今は、女性がAV見るじゃないですか、で、普通にアイドルのDVDを見るのと同じ感じで
可愛い子を見たいから、見るっていう話を良く聞くじゃないですか
そういった需要も現在はあるって事ですよね

AV側だけで見るとエロい作品撮ってれば正義っていう事で良いんですけどね
今や、DVDが売れない時代になって久しいこの状況で、今後どんなビジネスを行っていけばよいのかと
まぁ、ここら辺、何度も語ってるので改めて書きませんが
そういう単純な話では無くなってしまってると思っています




ただし、最後の最後でこんな事いうのもあれですが
あくまで俯瞰した総合した、AV業界のビジネス、今後の発展、様々な事を考慮しての話であって
個人的な話を言えば、どうでも良いから、黙って、俺の好みのいい女で抜ける作品を作ってくれてればそれで良いわけですが笑



あと、番組の話ですが
ディープスが去年のAVOPENでS1が落下傘で優勝かっさらったことに、若干思うことがあったようでw
そのことが聞けて面白かったですw
ですよねーwww
まぁ、こんな糞ブログ見てないと思いますが、私が昨年のAVOPENのエントリー時点で既に
素人部門に対して、懸念していた事に
共感、ご賛同いただけていたのでは無いかと思います



ということで、ニコ生で面白い話を聞きましたので、それにまつわる事を書いてみました

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVメーカー ランキング 2017 上半期 あとがき

 【14//2017】

今回、kmpがVR特需の効果が出てましたね

それ以外は、それほど業界の勢力図が変わった感じはしませんね
ただ、ぽつんぽつんと中小メーカーがいくつかヒット作を出してるんですよね
良い傾向だと思います


あと、以前集計したときと比較して目立つのが

Moodyz、エスワンの好調ぶり

これは、明らかに、高橋しょう子、三上悠亜のおかげです

間違い無いです

それほど、今のAV業界でこの二人の影響力が大きいということです
今後もまだまだ続くでしょう


特に、去年から言ってることですが、高橋しょう子は、まだ2年目ですから
来年以降もまだまだ売上の中心にいるでしょう
これが今までのような普通の元芸能人ならそうでも無いんですけどね
高橋しょう子はAV女優としての意識が高いです
最近は、更に体に磨きをかけようとしてますからね、今後も他の追随を許さないでしょう
殆どの人は、売れると、やっぱり体型等々色々崩れていくんですよ、この人はそれを許さないですね
昨年、軒並み、AVライター達は高橋しょう子をあまり評価してませんでしたが、今頃、後悔してると思います笑
まぁ、バンドなんてやってるし、元芸能人だし、MUTEKI出身だしって事で
プロのAVライターとしては真正面から評価するのは恥ずかしかったのかも知れませんがね
それを見て私は、売れたものが正義、良いものは良いと評価しなくちゃダメだって、書いてましたが

今後の楽しみと言えば、この高橋しょう子のレベルを越える人材が出てくるのかどうかという所でしょうね
年齢を考えると、少なくとも後3年はスペックが落ちることは無いでしょうからね、普段も努力してるようですし
このレベルの人材に努力されるとねぇ・・・今のところ本当に誰も追いつけないと思いますよ、うん
結局、後は好みの部分でケチを付けるしかなくなってしまいますからね
AV女優としての意識が落ちない間は不動の強さを誇ると思います

このスペックを越える人材、もしくは、例えば鈴村あいりのようにスペックだけでは計れない部分から売れていく人材
そんな人材の出現を楽しみに
私は今後も新人チェックをしていくんでしょうねぇ・・・笑



Category: ランキング

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVメーカー ランキング 2017 上半期 総合

 【14//2017】

AVメーカー ランキング 2017 上半期 総合

順位 メーカー名 ポイント
1 ムーディーズ 2983
2 エスワン ナンバーワンスタイル 2332
3 プレステージ 1978
4 MUTEKI 1588
5 SODクリエイト 873
6 ケイ・エム・プロデュース 586
7 アタッカーズ 559
8 アイデアポケット 485
9 kawaii 422
10 E-BODY 370
11 アリスJAPAN 288
12 ナンパJAPAN 176
13 未満 157
14 えむっ娘ラボ 138
15 オーロラプロジェクト・アネックス 135
16 痴女ヘブン 129
17 SWITCH 100
18 マドンナ 100
19 Hunter 98
20 お夜食カンパニー 97
21 ミニマム 90
22 JET映像 89
23 ブロッコリー/妄想族 88
24 S-Cute 87
25 溜池ゴロー 82
26 エムズビデオグループ 81
27 綜実社/妄想族 74
28 FuuTube 68
29 マックスエー 64
30 OPPAI 63
31 FAプロ 61
32 First Star 61
33 Fitch 60
34 TMA 58
35 マキシング 57
36 PoRO 55
37 チキチキカマー/妄想族 52
38 ディープス 52
39 無垢 45
40 プレミアム 42
41 KIプランニング 34
42 アロマ企画 34
43 クリスタル映像 31
44 MERCURY(マーキュリー) 30
45 はじめ企画 26
46 ピンクパイナップル 26
47 鈴木みら乃 19
48 ミルキーズピクチャーズ 15
49 AROUND 7
50 Aircontrol 3
51 レアルワークス 2














※参考元データ
2017年 上半期ランキング特集 - アダルト通販 - DMM.R18

Category: ランキング

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVメーカー ランキング 2017 上半期 動画部門

 【14//2017】

AVメーカー ランキング 2017 上半期 動画部門

順位 メーカー名 ポイント
1 ムーディーズ 889
2 プレステージ 747
3 ケイ・エム・プロデュース 586
4 MUTEKI 532
5 エスワン ナンバーワンスタイル 524
6 SODクリエイト 366
7 Hunter 97
8 お夜食カンパニー 97
9 E-BODY 95
10 JET映像 89
11 ブロッコリー/妄想族 88
12 kawaii 84
13 未満 75
14 綜実社/妄想族 74
15 アタッカーズ 71
16 FuuTube 68
17 アイデアポケット 63
18 FAプロ 61
19 TMA 58
20 ナンパJAPAN 55
21 チキチキカマー/妄想族 52
22 ディープス 52
23 プレミアム 42
24 アロマ企画 34
25 MERCURY(マーキュリー) 30
26 はじめ企画 26
27 OPPAI 25
28 SWITCH 24
29 ミニマム 24
30 オーロラプロジェクト・アネックス 11
31 アリスJAPAN 9
32 レアルワークス 2













※参考元データ
2017年 上半期ランキング特集 - アダルト通販 - DMM.R18

Category: ランキング

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVメーカー ランキング 2017 上半期 レンタル部門

 【14//2017】

AVメーカー ランキング 2017 上半期 レンタル部門

順位 メーカー名 ポイント
1 ムーディーズ 1018
2 プレステージ 931
3 エスワン ナンバーワンスタイル 780
4 MUTEKI 331
5 kawaii 311
6 アイデアポケット 248
7 アタッカーズ 197
8 えむっ娘ラボ 138
9 痴女ヘブン 129
10 オーロラプロジェクト・アネックス 124
11 E-BODY 95
12 アリスJAPAN 92
13 S-Cute 87
14 溜池ゴロー 82
15 ナンパJAPAN 67
16 First Star 61
17 PoRO 55
18 ミニマム 54
19 無垢 45
20 マキシング 41
21 KIプランニング 34
22 クリスタル映像 31
23 ピンクパイナップル 26
24 Fitch 23
25 鈴木みら乃 19
26 ミルキーズピクチャーズ 15
27 SODクリエイト 8
28 AROUND 7
29 Hunter 1












※参考元データ
2017年 上半期ランキング特集 - アダルト通販 - DMM.R18

Category: ランキング

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVメーカー ランキング 2017 上半期 通販部門

 【14//2017】

AVメーカー ランキング 2017 上半期 通販部門

順位 メーカー名 ポイント
1 ムーディーズ 1076
2 エスワン ナンバーワンスタイル 1028
3 MUTEKI 725
4 SODクリエイト 499
5 プレステージ 300
6 アタッカーズ 291
7 アリスJAPAN 187
8 E-BODY 180
9 アイデアポケット 174
10 マドンナ 100
11 未満 82
12 ムズビデオグループ 81
13 SWITCH 76
14 マックスエー 64
15 ナンパJAPAN 54
16 OPPAI 38
17 Fitch 37
18 kawaii 27
19 マキシング 16
20 ミニマム 12
21 Aircontrol 3










※参考元データ
2017年 上半期ランキング特集 - アダルト通販 - DMM.R18

Category: ランキング

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る