2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

るろうに剣心作者書類送検騒動にみる綺麗事と欺瞞 ロリータコンプレックスとマスメディアの関係性

 【23//2017】

法に触れる事をし、検挙されたならば、然るべき処置を受けるべきであり
特に、公に影響力のある人間が、軽率な行動を取った事は問題であり
社会的地位の失墜など、その報いを受けるのも当然であり、仕方がない事
ダメなもんはダメなんです



しかし、そんな当然な話はどうでも良いですね

私は、基本的には、表面的なくだらない議論とかはあまり興味は無いので
本質的な話でも、と思って書き始めます


私、前から書いてるとおり、ロリコン趣味は全く無いです
だから、ロリ売りの女優とか私、個人的な評価を書いたこと無いと思います
全く趣味じゃないので
ただし、そういうのが好きな人を否定はしないことも書いてると思います
因みに、私は、ゲイやホモも実はもの凄い苦手です
本当の事言うと、マツコのような所謂ビジネスお姉キャラであっても、凄い苦手です
TVに映るとチャンネル変えてしまいます

でも、これらの趣向の違いをとって、表立って、他人を非難することはしませんし
このブログでも、何にも無いのに、批判したりすることもありません
人それぞれ、他人がどう思うかなんて、
それこそ神になったかのように他人がとやかく言う権利は無いですから
私は、戦前の秘密警察のように、思想犯扱いし、他人の思想まで入り込んで断罪し思想統制するような
悪魔の如き所業を行うつもりはありません




さて、今回のような騒動があると、決まってロリコン批判が巻き起こります

まぁ、そうでしょうね

私は本心から言うとロリコン趣味とか到底理解しがたいですよ
そんな幼児体型でどこで勃起すんねんと
重ねて言いますが、普段はそんなこと言いませんよ
こういう話題の話なんで、今、”敢えて”書いてますけど


ただ、一応、法的には、何が問題かというと
児童虐待に繋がるものを所持していたため、逮捕という事になっています

つまり、法的には、ロリコン趣味自体に対して、何も否定はしていないわけです
上記にも書いた通り、それは思想統制になりますから

映像なり画像なりは「児童虐待をして撮影されたものであるから」その単純所持はいけない
と、そういうわけですね、法的な思考ロジックとしてはね




で、ここで、ロリコン自体をよくよく考えてみないといけないと思うんですよ


以前も書いたことではありますが
所謂ロリコン、ロリータコンプレックスが世の中に出始めたのは、近代の日本では
SFが流行りだしてからだと言われています
当然昔からそういう癖というのは存在していますが、よく言う近代的なロリコンという意味での話です

SFマニアって、ちょっと、思想的に偏ったところがあるんですね
今は知りませんが、昔のSFマニアとかはそういう所が見受けられます
旧ドイツの、ゲルマン優性種的な
つまり、自分は優れている、おまえらとは違うんだ、という意識ですね
知的エリートと言いましょうか、SFマニアはそれだけ普通の人よりも普段から様々に知識を蓄積していっているので
そういう状況だと、どうしてもそういう無意識にも差別意識的なものが生まれるのは人間にサガです
ですから、女の趣味に関しても、世間一般の趣味とは違うんだと
そういう方向に行きがちです

つまりは、実は、ファッション的な所から始まってるんですね

ですから、本当の意味でのロリータコンプレックスでもなく、所謂、海外で批判されるような、
ペドフェリアとか、そういう類までいくまでもなく
ファッションですよ
ですから、彼らも本気でそういうのが好きなんじゃないんですね
全員とは言いませんが、多くの人はそうだったわけです

殆どの人が本当はおっぱい大きいエロいお姉ちゃんが好きなんですから

ただ、最初はそうだったとしても、ずっとそういう状況が続くと
その中で、ホンマモンが出てくるわけですよ

何故ならば、そういうのが良いという空気ができてしまうからです
そういう状況を作ると、ファッション的な空気から、どんどん先鋭化されていく人も出てくるわけです
本気か冗談は別として、そういうものが良いものだという空気ができると自然と先鋭化するものです

ただし、昔はそれでも、そういう事や状況は、マニアの間だけで収まっていたわけです




では、現在はどうでしょう


今に始まったことでは無くて
これは、90年代から始まってることなんですが

所謂、今に続く、現代のアイドルブームが
一つ大きな要因としてあると思います
モーニング娘。からAKBに至る現在まで
当然、漫画やアニメの影響というのはあるとは思います
ただ、漫画やアニメが本当の意味で一般化したのは00年以降ですし、漫画やアニメは2次元ですからね
ある程度、その世界で収まってるものです

今、所謂、売れてるアイドルの子ら見てみましょう
私の個人的な感覚だと、殆どがみんな子供ですよ、見た目も体型も
例え、年齢が18歳以上であったとしても
で、17歳以下なんて、ザラでしょ?
下手したら12歳とかもいるでしょ、小学生とか

これが、所謂マニアの間だけで広まっているならまだしも
今や、TVや雑誌でアイドルの子らを見ない日なんて無いでしょう

この状況で一つ言えることは、メディアがアイドルブームを下支えしていると言えると思います

いやいやいや、そんなわけは無い、メディアなんて関係ない、彼女らの実力だと言う人もいるでしょうが
実際、TVや雑誌が、一切、アイドルを扱わなければ、世の中こんなアイドルブームなんて起きていないでしょうね

ネットの影響力云々を言われる昨今ですが、
だとしても依然として、既存のTV、新聞、雑誌等々の既存メディアの影響力は強く、
未だにマスメディアが世間の空気を作っているんですね
つまり、アイドル、「未成年者を中心とした若くて可愛い女性には価値がある」と、
毎日、マスメディアは大衆を扇動しているわけです

そういう状況が続くとどうでしょう?

やっぱり、今よりも若くて可愛い子っていう風に、更に若い子、更に可愛い子と
大衆の趣向が向かっていく、もしくは、
向かう人が多くなるのは必然です

因みに、西洋の方がロリに厳しいのは、西洋人の趣向が日本人よりも直接的でもろ性的虐待だからでしょうね
今回の件はちょっと違うようですが、日本人の殆どのロリって、
まぁ、殆どが、ちっちゃい可愛い子見て、ああ可愛いって愛でる程度じゃないですか
西洋の方の本場は違いますから、最初から、性的虐待までが目的ですから
ですから、西洋の方がロリに意識的に厳しいわけですよ
だからこそ、西洋の美的センスっていうか、特に、アメリカとかそうですけど
日本人の感覚から言うとケバいじゃないですか、ちょっとキツイというか
でも、そういうのが良いんだ、社会全体でそういう雰囲気や趣向のスタンダードを
メディアも一緒になって作っていかないといけないと自覚してるからなんだと思います
最近、日本の文化が世界的に浸透していっていますが
そのうち世界から何かの拍子に日本の文化が非難の的にされる日がくるような気がしてます+


話を戻すと、より若くて可愛い子っていう風な方向に行くって言うことですが
どんなジャンルでもそうですよね?
例えば、野球ファンが、プロ野球好きから1軍見てるだけでは飽きたらず2軍や若手ばかりに興味が行く人が増えたり
甲子園が大好きで、全国の高校球児を追っかけてるうちに、それでは飽きたらず、
全国の中学生や小学生で有望な選手まで追っかけるようになっているじゃないですか
ですから、どんなジャンルであっても、人が集まれば、それだけ、先鋭化するのは避けられない事だし
人数が増えれば、理性がきかずに、犯罪に手を染める人も出てくるのも避けられないことですね

よって、ロリータコンプレックスの発生割合を高めているのは、マスメディアであると言えるんじゃないでしょうか

そして、そのメディアが、今回のような事が起きると、自己責任から逃げるわけですね

メディアは決して本質の議論はしないですから
因みに、本質議論を決してしないのはメディアの性質上、仕方ありません
本質議論をしてしまうと、大衆を扇動することで地位を築いているメディアとしては
自己否定に繋がる可能性がどんな話題においても大きいですから
ですから、メディアはどんな場合でも決して本質議論はいたしません
本質議論が当たり前になってしまうと、何より視聴者が賢くなってしまって、騙せなくなりますからね
そういう点でも困ってしまうからです



しかし、私は、これがダメだと言ってるわけじゃないんですね
寧ろ、別に、それで良いと思ってます
仕方ないですよ、メディアには公益性など無く、単に利益追求をやってるだけですから

何にも悪くないです

可愛いものは可愛いですからね、何が悪いんでしょうかね

世の中若い人間の方が価値があるのは当然でしょう、誰も否定なんてしないですよね
最年少○○なんて言うじゃないですか、この言い方が既に価値があると認めてますから

そして、頭の中で何を考えようが、それは自由ですから

ただ、そこまで入り込んで思想統制しようとする事、既に今なっていますが
これ自体に疑問を、そして、危険を感じないといけないです
非常に警戒すべき世の中になっていると思うべきじゃないかと思いますけどね

今の世間の雰囲気は危ないですよ
このロリータコンプレックスという心のありよう、問題を
児童虐待とごっちゃにして、一緒くたにして、ロリータコンプレックス叩きを良しとするならば
それは、平然と綺麗事と欺瞞がまかり通る、非常に危険な社会であると思います


ただ、この児童虐待というものも、一筋縄では語れない話なんですね

何故ならば、今も昔も、ロリータ系の出版物、映像作品等々は
親が積極的にやっていた過去がありますし
何なら、今なら、お金欲しさに、中高生が自ら積極的になってる事実があるからです
これを綺麗事で片付けているところがあります
これを物証としては児童虐待と言うのかもしれませんが
虐待の事実は無いわけです、自ら進んでやっていて、しかも、対価までもらっているからね
第三者が介入してる事で辛うじて児童虐待として扱えますが
これ、全部、当事者がやってたら、どう取り扱うんでしょうかね、どこにも虐待してる第三者がいないのに
例えば、出演している未成年者に商売のノウハウを教えるコンサルタントだけして、第三者はコンサルタント料だけもらい
未成年者が自ら商売して販売してる場合、児童ポルノ法違反の元々の大義名分は形骸化してしまいますね

つまり、児童ポルノ法自体が既に、欺瞞だらけの、本質が抜け落ちてる、劣化法案だと言えます
元々が「児童虐待」に対する法律のはずが、某フェミ団体、人権団体によって、単に
彼女らが気に入らないものを社会的に抹殺したいという思想・信念を達成するための私法になってるんですね

「未成年者は無知で弱い存在である」という綺麗事を前提にしなければ、自らの欺瞞を隠すことができないんですね



更に、もう一つ言うならば、

ロリータコンプレックスという心の問題を
何故、LGBTという、同じ境遇の人達、心の問題を問題視している人達は、擁護しないんでしょうか?
別に、事件と心の問題を別として語れば、擁護しても問題無いはずでしょ

つまり、これも、欺瞞だからですね

結局、自分の利益だけ
ですから、私は、最初から、LGBTは、単なる政治問題だと言ってるわけです
どこにも現実問題は無いわけです、彼らにとってのLGBTは目的達成のためのネタに過ぎないのですから
これをとってみても、いかにLGBTを口にする人達がいかがわしいかがわかるでしょう
私が、最初から、
AV業界は人権マフィアにのせられてこの単なる政治問題に荷担してはいけない
と、口を酸っぱく言っていた正当性がまたも証明されていますね



そして、こういう世間を賑わす事件などがあると決まって行われるのが
当人に関連する作品などの自粛ですね、もしくは、販売の禁止

気持ちはわからなくもないですが、全部が全部そうしなきゃいけないことは無いでしょう
作品に罪は無いです
例えば、るろうに剣心という作品の中で、
児童虐待を賛美、もしくは、そこへ扇動するような表現が多数見られるのでしょうか
彼の作品で、そういうものが多く見られるのでしょうか
全ての事件で問題ないとは言いませんが、時と場合によるんじゃないでしょうかね
そういう真っ当な判断ができないから、一律禁止ってなるんでしょうけどね
こういうときにキチガイじみたクレームを入れる人達って、政治的な意図でやってるのが殆どでしょうに

もしもロリコンの作った作品が悪だとするならば
そうですねぇ・・・ルイス・キャロルも極度のロリータコンプレックスとして有名ですから
不思議な国のアリスなどの作品も全て発禁処分にすべきですよね



今回、第一報にて、
書類送検された作者が「元々興味があった」と言っている
という言葉だけが一人歩きして
何の生産性もないくだらない議論が繰り返しなされていると思いますが

今回の事件と別に関係無いんですね
そういう趣向を持っているかどうかは、警察は問うてないんですから
所持していた事が問題なんですから
例えば、私は、そういうの大嫌いですけど、持っていたら捕まるわけで、私が寧ろ嫌いだったかどうかは関係無いわけです
例えば、銃を不法に持っていたら、捕まるのと同じです、銃の好き嫌いは関係ないですね

つまり、真っ先にそういう話を流して印象操作をしなければ、メディアを中心とした世の中の欺瞞を隠せないという事を
ある意味、自白してると言えるでしょうね


そして、もう一つ、児童ポルノ法ということで、色んな所でそれを大義名分として、
社会的に圧力を強めた事で、あらゆる所で忖度が進み、
ある意味、そういう、アンダーグラウンドの世界を大きくしてしまっている事もあると思います
だって、表の所では、一切、触れられませんからね
そういった人々は、より地下に潜るしかありません
今回たまたま芋づる式で見つかっただけで、そんなもの氷山の一角でしょう
逆に、反社会的な資金源が実は、言わないだけで、伝手は増えてるでしょうね
まぁ、国内勢力ならまだしも、今、最も問題になってるのはチャイナマフィアですからね
バックがそれなら、最早、警察にとっては本末転倒ですが、それすら認める勇気は無いでしょうね




個人的な意見を言えば、自分が好きでもない趣向についての話なんて、別にどうなっても良いんですが
色々見てたら、呆れてしまってね・・・なんなんでしょうね、この世界は笑
そういう不満だけをエネルギーにして、ここまで書きましたよ





スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

児童ポルノ根絶活動の講師 児童買春の疑いで逮捕

 【16//2016】

児童ポルノ根絶活動の講師、中学生にみだらな行為容疑:朝日新聞デジタル

児童ポルノ根絶活動の講師、中学生にみだらな行為容疑
2016年10月6日11時42分

 女子中学生にみだらな行為をしたとして、警視庁は、教育コンサルタント会社長の平川貴之容疑者(35)=さいたま市大宮区上小町=を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで逮捕し、6日発表した。「15歳と知っていた」と容疑を認め、「他の子にも同じことをした」と話しているという。

 石神井署などによると、平川容疑者は元小学校教諭で、児童を性被害から守るために東京都が警視庁と連携して保護者や教職員向けに開いている講演会「ネット等の性被害(児童ポルノ)根絶等の啓発講演会」で昨年6月~今年3月、講師を務めていた。

 逮捕容疑は9月4日、練馬区のホテルで、都内の中学校の女子生徒(15)が18歳未満と知りながら4万円を渡す約束をし、みだらな行為をしたというもの。現金を受け取れなかった生徒が110番通報し、発覚した。2人は前日にツイッターで知り合ったという。

 平川容疑者が社長を務める会社のホームページによると、平川容疑者は、小中学生や保護者らを対象とした情報モラル講座などを開く事業をしている。







この事件をとって、鬼の首を取ったように

「ほら、見てみろ、こんな事やってるやつの正体なんてこんなもんだよ」

なんて、言うつもりはさらさらありません




人間だもの

何だってありますよ


何でも0か1かで物事を白黒つけないと気が済まず
白じゃなければ徹底的に完膚無きまでに他人をたたきのめす、そんな世知辛い世の中ですが

大事な事は、それも人間であると内包した上で
物事を考え、次に繋げることができるかどうかという事だと思います






Category: 時事

Theme: ひとりごと。

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

安保法案騒動にみる教育の重要さ

 【18//2015】

安保法案特別委で可決 自民、公明など賛成多数 鴻池委員長解任否決の直後に採決 (産経新聞)



法案自体にはそれぞれ色んな意見があるでしょうから、それはどうでも良いです

採決に至るまでの様子を見て、国民は何を思うのか
単に、国会で何やってんだよ!と言うのは簡単ですが、問題はそこでは無いのかも

問題は、結局、それがパフォーマンスに過ぎないというところでしょう
ハチマキまでして・・・なんでハチマキする必要があるんですかね・・・
審議中にも、プラカード掲げて、他の議員にアピールしてるのかと思いきや
中継に入っているカメラに向けている時もありましたね
これもパフォーマンスなわけです

政治家のパフォーマンスが何が悪いのか?
それは、国民、一般大衆なんて
「パフォーマンスで簡単に扇動できる阿呆だと思われている」
という事です
全く議論にもならない内容の薄い事でもTVや新聞で連呼すれば、簡単に扇動できると思われている

しかし、実際に、扇動できてしまっているんですね
今回、安保法案に関して、まともな議論なんてTVで見たことなかったです
国民、一般大衆は、バカだと思われているという事でしょう、視聴者はバカにするなと怒った方が良いです

政治家が政治じゃなくて、パフォーマンスをし出す事に対しても
教育は重要だと感じますし
また、国民や一般大衆がそんなものに簡単に扇動されてしまう状態に関しても
教育は重要だと再認識させられます
バカにされてることにすら気がつかないんですから
いかに酷い状態かということです
当然、国会周辺で騒いでる人達にも言えましょう

真っ当な知識と論理的思考、最低限のリテラシー
これが備わってはじめて議論が進むわけで
改めて教育の重要さを感じます

民主主義は最低な政治システムの中で最善なシステムなわけですが
最低というのは、それは大衆とは所詮愚かであるといった所からきているんでしょう
ならば、大衆など、余計な知識を付けさせずに、より馬鹿なままにしておき
一部のエリートによって扇動されていた方がより良いんだという、エリート官僚によくある発想だろうと思います
SFマニアにありがちな選民思想にも近いように感じます
ですが、所詮、大衆とはそんなものだと諦めるのはいかがなものかと思うのです
確かに、国民全体が、最高級のインテリジェンスを身に付けるなど不可能かもしれません
最高級のインテリジェンスを身に付けている一部の知識人の方々には
我々一般大衆は愚かでまともな判断など出来ないと思われているでしょうし
事実、そうなのかもしれません
しかし、そこで思考停止状態に陥ってはいけない
最低限のインテリジェンスを身に付けさせる努力をしていくべきだと思います
そういった底上げが成されないなら、いつまでたってもこんな政治パフォーマンスが続くのではないでしょうか

教育って本当に大切・・・





Category: 時事

Theme: 今日のつぶやき。

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ろくでなし子の再逮捕、北原みのり逮捕に見る、業界にとっての害悪とは

 【03//2014】

ろくでなし子容疑者また逮捕 女性器の3Dデータ配布容疑
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141203-00000529-san-soci


女性器の3Dデータを配布したなどとして、警視庁保安課は3日、わいせつ電磁的記録記録媒体頒布などの疑いで、東京都世田谷区野毛、漫画家、ろくでなし子こと五十嵐恵容疑者(42)を再逮捕するとともに、女性器の石膏(せっこう)型を展示したとして、わいせつ物公然陳列容疑で、文京区本駒込、作家でアダルトショップ経営、北原みのりこと渡辺みのり容疑者(44)を逮捕した。
同課によると、五十嵐容疑者は「女性器はわいせつなものではない」などと容疑を否認し、渡辺容疑者は黙秘している。
同課は7月、女性器の3Dデータを全国で初めてわいせつ物と認定し、3Dデータの送信容疑で五十嵐容疑者を逮捕したが、証拠隠滅の恐れがないなどとして同月、釈放されていた。
五十嵐容疑者の逮捕容疑は5月、新宿区の個展で自分の女性器をかたどったボートの模型の購入客17人に、無料で自分の女性器の3Dデータを記録したCDを配ったなどとしている。
渡辺容疑者の逮捕容疑は五十嵐容疑者と共謀して昨年10月~今年7月、文京区本郷のアダルトショップで、五十嵐容疑者が作成した女性器の石膏型を展示したとしている。




前回ろくでなし子が逮捕された時、かなりのアダルト産業関係の人間が擁護する発言をしていました
「アート」「芸術」という言葉に弱いんですよ
何故ならば、そういうと権威がつくように錯覚するから
だから、そういう方向に持って行かれると、擁護するしかなくなるのです

芸術っていえば何でも許されるならスリも芸術だっていってるプロのスリも容認するんですかね

そういう問題じゃないって話です
個人の感覚がどうとか価値観とか、そういう問題じゃないんです
情報が高速にリンクされ共有される今の世界は大きな村社会
そして、社会、共同体無しに一人で生存できない存在が人間
ウダウダ言う人は、一人で無人島購入して独立国でも作れば良い
所詮共同体が作ったインフラ無しに人は一人では何もできないんですよ
都合の良い時だけインフラを使い、都合が悪ければ批判するのは卑怯者じゃないかと

一見、こういう人達が業界の理解を深めるような活動をしているように見えるかもしれませんが
全く違います
単なる馬鹿にしか見えません
馬鹿ならまだ良いです
業界のイメージを低下させる、立場を悪くするマッチポンプにすら見えてきます
しかも、この北原みのりとか、あれな所と繋がってるでしょ
業界関係者は、あれな人達を利用しつつも、一歩引いて、冷静に見ておかないといけないですよ

んー・・・精神的構造というかね、価値観、思想というかね
発言や行動見てれば、どういった人種かわかるでしょ
以前、ビジネス人権屋が性産業に目を付けはじめたという話を書きましたが
みんな同じ穴の狢なんですよ

必ず内部から破壊する人間が出てくるんです
意図的か、無意識かはわかりませんが
無意識といえども、根拠はあるはずで、それが本人が元々持ってる価値観や思想が関係することが多いんです
つまり、悪気は無くとも、元々持ってる人間性として、今自分が得をすれば、後はどうなっても良いと思う人ならば、どんな行動でも取れるでしょう
今、自分が得すれば、他人がどうなろうと、この国がどうなろうと知ったこっちゃない
こんな人が、思想が、そこにいる人々と世界を破壊していくんです
そして、こんな人に限って、困ったときは、そのどうでも良いと思ってる世界のせいにしたり、頼ったりするんです

自由と自由奔放は違う
馬鹿が望むのは自由ではなく、奔放であり
自由とは、枠、ルールがあってこその自由
奔放とは、北斗の拳のモヒカンがヒャッハーっていってる世界と同じ


業界人は、理解しつつも戒める方向でいかないとね
決して一方的に擁護する事のないように
そういえば、4月の沢井事件の時は、擁護する同業者が多かったですね、あれと同じ


業界にとってどういう人間が害悪か、冷静に見ておく必要があり
だからといって、必ず防げるわけでもありませんので
こういう事があった場合の備えをしっかりしておくことです
そういう組織作り、根回し、そして業界人のリテラシー向上が必要じゃないですかね

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

納谷六郎さん 死去 冬はスタトレ声優が・・・

 【18//2014】

声優の納谷六朗さん死去 「クレヨンしんちゃん」の園長先生役など
http://news.livedoor.com/article/detail/9479246/



良い役者さんがまた一人・・・


またスタトレ基準で申し訳ないのですが

一般的には園長先生なんでしょうけど、やっぱり私的にはスタートレック DS9の初代ウェイユンです
2代目ウェイユンはスタートレック エンタープライズでタッカー少佐もやられている内田さんです

DS9を撤退する話の前後で、色々な制作側のゴタゴタで、日本語吹き替え版の制作が遅れて
その影響で、スケジュールが合わなくなった何人かの声優さんが入れ替えになったんですよね
で、その時に、六郎さんも合わなくなって内田さんに変わったんです

それぞれ素晴らしい演技でしたが、六郎さんが作ったウェイユンを壊さないように内田さんが演技されたという感じを受けました


冬はもの凄く不吉な季節です

一昨年は、エンタープライズでジョナサン・アーチャー役の谷口節さん

昨年というか、今年ですが、DS9でオドー役の加藤精三さん

そして、今日、DS9でウェイユン役の納谷六郎さん


私は、オリジナルよりも、日本の声優さんも含めたスタトレが好きなので
亡くなられるとキャラクターまでも無くなってしまいそうな感覚になって非常に寂しく思うんですよね

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アイスバケツチャレンジってさ

 【23//2014】

体に悪いよね
東洋医学では体を冷やすことは良くないって言われてるしさ
夏場でも極端に冷たいものとか取らない方が良いよね
氷は余計じゃないかなぁ、水かぶるぐらいだったら暑いしよかったと思う

という感じで、私も同調圧力に負けてこんな感じでいつもの小学生並みの感想文を書いてみました

でも、なんかこれって傍観してる立場で見てると、色々となんか怖いね!恐怖しか感じないよ!

Category: 時事

Theme: ひとりごと

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

朝日新聞 慰安婦捏造 問題

 【09//2014】

朝日新聞『慰安婦検証』与野党が批判の大合唱 (産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140809-00000502-san-pol



色々な批判が出てますけど、まぁ、昔からわかっていたことで
ジリ貧状態でしたから、破綻は時間の問題だと思ってました
とりあえず、今後も糾弾されつづければ良いんじゃないかなと思います

個人的には、そこよりも、「今更よく認めたな」という所じゃないかなぁと

一般的には
「産経等々の追求が激しくなり、言い逃れ出来なくなってきたから」
「このままでは国会に呼ばれる可能性も出てきた」
「朝日新聞が反日であるというイメージが定着し、売り上げに影響してきたから」
等々いろいろ言われています

どれも正しいとは思いますが、個人的には、コリアとの何らかの阿吽の呼吸があったと思ってますけどね
もう反日一辺倒ではどうにもならなくなってきたコリアの情勢
しかもコリア国内でも一部疑問が出るようになってきた、経済も厳しい
日本の反コリアの意識の改善はこのままだと何十年かかるかわからない
こういった状況の中で、そろそろ軟着陸させる所を模索していた
それと、朝日の状況も相まって、今回のような発表があったのだと思います
まぁ、それでも自称エリートの朝日ならではの記事でしたが

ただ、重要なことは、こういう輩って簡単に引き下がったりしませんよ
っていう事です
つまり
「次の金づるのメドがたったから、古い方を捨てた」
ということです

慰安婦なるものの次のネタのメドがたったのだと思います

次ぎはなんでしょうねぇ・・・
コリアやチャイナが絡めそうなネタというと・・・


という見方で眺めてると、メディアとか政治とか楽しいですよ

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

女性器3Dデータ掲載 逮捕事件

 【15//2014】

女性器3Dデータ公開、逮捕の自称芸術家の女「自分にとっては手足と一緒」 (産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140714-00000527-san-soci




 インターネット上に自身の女性器の3Dデータを掲載し、ダウンロードさせたとして、警視庁保安課は、わいせつ電磁的記録頒布容疑で、東京都世田谷区野毛、自称芸術家、五十嵐恵容疑者(42)を逮捕した。同課によると、「わいせつ物とされるのは納得がいかない。自分にとっては手足と一緒」と容疑を否認している。

 3Dデータをわいせつ物と認定して立件するのは全国で初めて。データは数字や文字が並んでいるだけだが、3Dプリンターで形状を再現できることから、同課はわいせつ物に当たると判断した。

 五十嵐容疑者は「ろくでなし子」のペンネームで活動。3Dプリンターで作成した自身の性器の模型を使ったボートや人形などの作品を作成し、個展を開催していた。昨年10月以降、活動資金を寄付した男性ら30人以上に性器のデータを送付していたとみられる。

 逮捕容疑は3月20日、ネット上に自分の性器の3Dデータを掲載し、香川県の男性(30)らにダウンロードさせたとしている。

----------
関係ないかもですが、こんなニュースも

アダルトDVD送りつけに注意を NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140714/k10015997881000.html




まぁ、3Dで何作っても良いとか、警察的に困るから、警察的に何らかの基準くれよ!って感じじゃないかと思いますが

こういうの厳格なルールなんて作れないよね
いつも言ってるように共同体はグレーゾーンが無いと崩壊するから

旧来通りのグレーゾーンを維持することが大事じゃないかと
必要以上に騒いでる連中はこれで飯を食おうと思ってる連中だと思いますよ
騒げば騒ぐほど、厳格なルールを作らざるを得ず
それって、全体的に見て、非常に面倒な事になるでしょ

で、DVD送りつけのニュースも、別にアダルトとか関係無いでしょ、送りつけるなら何でも良いんだから
結局、アダルトっていうの強調したいだけなんじゃないの?って勘ぐりたくなりますよ

児ポ関連以降、なんだか嫌な感じで動いてますよ、世の中
だからいったこっちゃない
隙を見せると食いつぶしにかかってくると
連中にとって飯の種になれば後はどうなっても構わないんだから
関連する業界も変に意識した発言は控えて、大人な対応で終わらせておいて欲しいものです
のったら思うつぼです

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

児童ポルノ 問題 の 違和感

 【29//2014】

児ポル再修正案 漫画アニメ規制外へ
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20140428-00035978-r25


4月23日、みんなの党の山田太郎議員が、継続審議となっている児童ポルノ禁止法修正案に、山田氏の意見に基づき手を加えた再修正案を自らのサイトで公開。そこで提示された案では、マンガやアニメなどが審査対象から削除されていることが明らかになり、ネットで話題になっている。

児童ポルノ禁止法改正案は、2011年に自民・公明両党によって提出され(その時は衆議院の解散により廃案)、昨年5月に自民・公明、日本維新の会が再度提出。しかし「児童ポルノ」の定義が曖昧であることや、表現の自由の確保などの観点から批判が相次ぎ、継続審議となっていた。

昨年5月に改正案が提出された際には、山田氏が、自らと同じ「山田太郎」という名の主人公が活躍する『ドカベン』内の幼女の入浴シーンを例にあげ、「こんな本も発禁になる可能性がある」と、国会で質問。架空のキャラクターを表す「非実在青少年」というネット上で単語が話題となったが、マンガやアニメについては、判断基準があいまいなため、表現の自由を制限すると指摘されていた。

山田氏はさらに踏み込んで、「児童ポルノ」という名称を「子どもの性的虐待の記録」と改めるよう求めている。これは、同法の目的が、児童に対する性搾取および虐待を防ぎ、権利を擁護することにあるため、山田氏は「『児童ポルノ』には解釈が生まれる余地があるが、『性的な虐待の記録』であれば解釈の余地が生まれない」と説明している。

ただし山田氏は、マンガやアニメが対象外としたことについて、党内で今後話し合いをするため、「付帯決議等でどのようにマンガ・アニメが取扱われるかはまだ不透明な状況です」と断っており、今後審査対象に入る可能性を示唆している。同法案を巡ってのせめぎあいは、まだまだしばらく続きそうだ。

http://taroyamada.jp/wp-content/uploads/2014/04/c7b432165a4353fd2783f4aec9ea8820.pdf







------------
以前から、この児童ポルノ問題に関して、凄く違和感を感じています

とりあえず、漫画とかアニメとかも入るのか?的な、よく議論になっている事がありますが
そういったことに関しては、上記一部の議員さんの努力もあってか
理不尽な内容にはならない方向にいきそうな気がしますので
その点に関しては良かったなと感じます

ただ、この児童ポルノという事に対する社会の状況に違和感を感じるのです

まず、児童って何?っていう定義が曖昧だと思うのですが、一応、今のところこんな感じです


児童 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%90%E7%AB%A5


法制度における呼称

「児童の権利に関する条約」・「児童福祉法」・「児童虐待防止法」・「児童買春・児童ポルノ禁止法」
における児童とは、年齢が「満18歳に満たない者」をいう。


18歳未満は全部児童という事ですね
JK以下は児童なんです

ここで最大の違和感が出てくるのです

「メディアに、18歳未満のアイドルがバンバン取り上げられているのに、児童に性的興味を覚えてはいけないとはどういう事なのか?」

AKBも18歳未満の子がいますよね?
で、たまに、水着なんかのグラビアも掲載されますよね?
AKBなんて国民的とか、政治的にも利用されたりしますよね?
つまり、18歳未満のアイドルは、国家、国民全体として、問題無いという事になっています

おかしくないですか?

18歳未満の女の子、しかも、最近の子は成長が早いので、もう13,4歳ぐらいになれば成人女性と見分けが付かないような子もいますよね
で、そういう子をメディア、国家、国民をあげて持ち上げておいて
一方で、そういったものに対して性的興味を覚えてはいけないと

色々な細かな矛盾点に関して頑張ってらっしゃる事は良い事だと思いますが
ここが一番の問題でしょうよ

だからといて、私アイドルがダメとかは思ってませんよ
私が言いたいのはこのダブルスタンダードに関してです

世間全体を見てもそうです
「みんな若い子が良い」っていう論調じゃないですか
若さこそが正義、若ければ若い程良いと

こういう論調、認識の中で、18歳未満のアイドルをバンバン推し
ましてや水着などのグラビアもバンバン紙面を飾るような状況を作れば
一般大衆の興味も、より若い子へっていう風になるのは当然でしょうよ
興味とは先鋭化していくものです

私は、この問題に関しての議論の本質はそこにあると思っています

この法案の目的は、おおっぴらな問題に関しては取り締まれればそれでよいという所ですよね
結局、どうしても収まらない人達は、ネットの地下深くに潜り込んでしまいますからね
一般大衆を押さえられればそれで良いというだけのものです
ですから、基本的には一応社会の体裁としてはこれで良いのかもしれません

ただし、私は、この社会の欺瞞に対しては、もの凄く違和感を感じるという事は言っておきたいです
アイドルがダメだというわけではなく、社会全体のダブルスタンダードに関して疑問を呈しておきたいという事です

で、こういう違和感って結局社会の力関係の問題なんですよね

例えば、日本人にとって、飲酒の方が喫煙よりも数倍体に悪いにもかかわらず
飲料業界の方がたばこ業界よりも圧倒的に力が強いため
タバコ業界がスケープゴートにされ、一方的に悪物扱いにされました
今では、ドラマやアニメ等で喫煙シーンを放送してはいけないという所にまできましたね

本当に社会的に悪なら、タバコ並に徹底的にメディアからも排除されるはずですね
でも、アイドル排除したらメディアが成り立たないですからね、排除できないわけです

因みに、未成年のイメージビデオ関係などは、基本、親が同意しないと発売されません
つまり、子供のああいった写真、ビデオなどは、親がやらせているわけです
昔からステージママなんていうのがいて、こういう事には親が積極的なんですよね

確かに、児童への性的虐待という事に関して、何かしらの抑止は必要だと思いますが
これらを議論する前に、上記に述べたようにあらゆる事に関しての横断的な議論が成されるべきです
そうすれば、まずは、メディアが児童への性的興味を増長させているという事に関して議論されるんじゃないですかね

私は、基本的にはロリ系は苦手なので、18歳未満っていうだけでちょっと引いてしまうのですが(いや、本当だよ!
ただ、気持ちはわかります
18歳未満のアイドルが可愛いっていうのもよくわかります
そういう事と、本来問題視すべき、児童への性的虐待への取り締まりと抑止という事とは少々違いますよね

また、少々勘違いされやすいのですが

児童への性的虐待 と ロリータコンプレックス(ロリコン) は 違います

ここも議論がすり替わってしまっている所ですね
もう、単純にロリータコンプレックスが悪みたいな流れじゃないですか

それって、もう、思想犯扱いですよね?

そういう思想をもってはいけないと

ですが、メディアはそういう若い子が良いと、若くて可愛いアイドルが良いと大衆を洗脳しますね
大衆を洗脳したら、ますます、ロリータコンプレックスの人が増えていくのは当然じゃないですか
ですが、そこは少々仕方ないかなという気がします
だって、若い子の方が価値があるっていうのは、どうにも反論しようが無いというか

で、ロリータコンプレックスを思想犯扱いにするということは
例えばですが、電車乗ってて、前に座ってる子が、「ああ、この子可愛いなぁ」と思ったらもうダメって話になりますよ

だから、世間の言ってるその方向がムチャクチャなんですよね
ロリコンが一部の人から不愉快だと言われるなら
私は、所謂おねぇキャラというか、ああいうタレントは嫌いです、見たくもありません
その人個人がどうこうというわけじゃなくて、生理的にそういうのは苦手です
でも、私は、そういう人達を公に非難したり、社会から排除しようとは思いません
思想は自由ですから

ちょっと話がループしてしまってますが
要するに、ある意味社会が思想犯を作っておきながら、思想犯を取り締まろうとしてるという事です

とにかく、大事なところは、思想犯の問題
思想犯を取り締まるってね、もう、それいつの時代の話ですか?って事を考えた方が良いです
そして、一回メディアがこの社会の欺瞞について議論しても良いんじゃないですかね
そうすれば、この件のように、本来の目的から外れた、便乗のようなヒステリックな批判が、安易に出てこなくなると思うのですが

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ソニー って消え去るの?

 【21//2014】

消え去るのはソニーか それとも“延命経営”か
http://diamond.jp/articles/-/51894



この記事ではまぁ現状の経営に問題があるような事を主張しているんですが
平井CEOがトップになったからどうという話では無いんですよね

知ってる人は知ってるというか、ソニーって平井がトップであろうかなかろうが関係無いんですよ
元々こういう会社なんです
あ、まぁ、元々という言い方はちょっと語弊がありますね
私が知ってるだけでも10年ぐらい前から、恐らく20年近く前からはこんな状況だったんですね

所謂ものづくりをしていたのは、80年代まで(のよう)です
90年代からのソニーというのは、所謂、開発メーカーというよりも、単なる商社になってしまっていました(ようです)
殆ど自社では開発を行っておらず、基本的に、企画だけして後は外部に丸投げという感じですね
だから、技術力なんて殆どありません、あっても子会社か請負ばかりです
しかも、ちょっとイマイチな社員の方も多かったですね
端的に言えば、プライドは高く、もの凄くお高くとまっているが、仕事が出来無い
こんな感じです

例えば、私の直接知っているだけでもこんな話があります
ソニーが先導したある規格がありまして、その規格の商品を作る事がありました
まぁ、当然、色々契約を交わして、そのためのロイヤリティーや技術料なども払い
いざ、開発という所で、衝撃的な事がありました
なんと、自分達が作った規格にも関わらず、仕様書が無いんです
びっくりするでしょ、無いんですよ
聞いたら、まだ作ってないと
じゃ、どうするの?って聞くと、仕様書できるまでは、テストしながら動作見て確認してくれと
普通考えられませんよね
でも、本当なんです
色々テストしてだいたいチップの仕様が把握できた頃に仕様書が送られてきましたが
素人が書いたような単純なものが送られてきました

また、こんな話もあります
みなさん、たぶんもう忘れていると思いますが、PSXなる、PS2に録画機能がついたものがあったのを覚えていますでしょうか
確か、社運をかけた起死回生の製品的な位置づけにもかかわらず、全く売れずに、あっという間に消えていった製品です
知り合いがその商品開発チームに配属になりました
開発は大変だという話を聞いていましたが、一応、社運がかかっていると言うことでやりがいも感じているようでした
しかしながら、結局、誰もが思ったでしょう
「こんなもん、誰が買うねん」
というように、全く売れずにあっという間に消え去りました
ここで誰もが思う事でしょう、開発チームは上から言われたものを何とか形にして送り出しただけ
問題は、こんなもの作ろうと指示した人達ですよね
こんな判断をした人間
ですが、上層部は責任を取らず、なんと、開発チームに責任を取らせたようです
因みに、その知り合いは、それが要因かどうかは定かではありませんが、その後解雇され、あまりのショックだったのか、消息不明になりました

もう一つ、有名な話に、ソニータイマーっていうのがありますね
これ都市伝説という見方もできますが、本当なんですよ、実際そうだと言い切れます
製品を開発する場合、ハードウェアの耐性というものを部品毎にチェックします
ある共通の製品のワークショップの際、お互いのスペックを持ち寄る事があり
その時に、個々の部品の耐久度も記入されていたのですが
なんと、ソニーの製品の耐久度は、他社のものよりも一桁足りないのです
要するに、例えば、普通の技術者なら1万回の耐久度がなければ製品としての信頼性は無いだろうと考えるとします
ちょっと厳しい企業なら2万や3万という厳しい基準の所もあります
ですが、ソニーはそれを千や二千程度の安物を使っているんですね
まぁ、他社の事ですのでそこまで口を出すことはありませんが
ここで確信しましたね、ああ、やっぱりねと
因みに、先輩などに聞くと、昔かららしいですね
つまり、そこで原価を削って、浮いた金をブランドイメージやマーケティングに金を使って売るという戦略です
真面目にものづくりしている所にとっては正直歯がゆさしかないでしょうね
自分達は真面目に作っていても、大衆はイメージとマーケティング戦略だけで、ソニーの方を買ってしまうのですから

更には、ゲーム関連での様々な悪質なマーケティング手法、セガをはじめ過去に色々ありましたね
ゲートキーパー事件や、昨今でもアフィブログと連携していた事がバレていますね

正直、表も裏も色々な事を実体験も含めて知っている人は、ソニーを支持できる訳が無いんですよね
どんなに良い物を作っていたとしても

技術力もない、すぐ壊れる、社内政治は腐っている、悪質なマーケティング手法
これだけ揃っていて、どう支持しろというのかと
経営手腕とか、そういうこと全然関係ないんですよ
因みに、こういう事に関して、社内で意見すると、出世に響くようです
人事も、基本イエスマンしか取らないようですね、変に意気込みがある人は切られるようです

私は、もうソニーは救いようがないところまで来ていると思います
それこそ腐ったものを全部吐き出して、一から出直す気でも無い限りね
でも、辛辣な事を言うような人は社内には入れたくないでしょう、アドバイザーであったとしても
結局、彼らにあるのは出世と保身だけですからね
会社なんてどうでも良い訳です

ソニーが再生するには、既存の社員全員総入れ替えする気概が無い限り無理だと感じます
既に問題意識がある社員はやめてしまっていますし
かといって、新しい人材でまともな問題意識があるような人間は、腐った人事によって採用されないからです
結果、腐った既存社員と腐った人事が気に入った腐った新規人材が集まるだけです


ただ、ここで、ソニー自身が
「ソニーって消え去るの?」
っていう新聞広告を出したらちょっとセンスを感じますが(笑)
まぁ、フラグでしかありませんよね(笑)

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る