2018 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 11

AV業界から見るLGBT 知っておくべき事

 【23//2018】

もう何度も書いてるので今更書く必要も無いですが
断片的というか、ことある毎に書いてる感じですので
改めてまとめて書いておきます



まず、AV業界的に一番理解しておいた方が良い事はこれです

『AV業界を潰そうと今もなお活動を続けている人達が、今、力を入れているのがLGBTだという事実』

それらに関わった人物、団体の背景や活動状況を見れば一目瞭然なので、それだけで事実確認は十分なのですが

以前、AV強要騒動の時に某団体(現在販売停止の窓口をやっている利権団体)が
AV業界に要望してきた要望書のたたき台に、何故か
「AV業界はLGBT活動へ協力せよ」という文章が、全体の要望内容と何の脈絡もなく最後に不自然に付け加えられていました
強要とか全く関係のない話にもかかわらず、どさくさ紛れに上記一文が挿入されていました
ただ、幸いなことに、最終的な書類にはそういう言葉は無くなっていたので、その辺は安心なのですが
意味もなくそんな文章を付け加えるはずもなく、どういう意図があったかは明白です


ですから、よくよく気をつけなければいけません
あの人達は非常にずる賢く、合理的で、厚かましく
利益のためなら、何でも利用します
そのために、潰そうとしていたAV業界を利用してやろうと考えるのは普通です

自分達を潰そうと画策してる連中に、利用されるのは頭沸いてるとしか言いよう無いですね

よくよく考えて発言なり、行動なり、仕事なりをやっていってください

事実はこうなんですから


一番良いのは

『近づかない事』です

自分がどう思っていようが近づかなければどうってことありません








ここからは一般論になりますが


レズ(L)、ゲイ(G)、バイ(B)はAV作品として扱いますし
トランスジェンダー(T)の人で、色々な理由でAV業界で働いてる人も多いです

ですから、LGBTについて一番理解のある業界とも言えると思います

だからこそ利用されるんですがね



しかし、今やってるLGBT騒ぎは、客観的に見て、
世界的に広まっている、単なる人権ビジネスの一貫であると言えます
人権ビジネスを成立させるための、単なる政争なんです


何故ならば、LGBとTは全く違うものですよね

そもそも、LGBとT、どれに対しても、別に、誰も表立って差別なんてしてませんよね
特に、LGBなんて、お好きな人は、ご自由にという状況のはずです

ただし、Tに関しては、これは、社会的にも対応する必要があるものですので
対応できるものは、個別対応できるような社会にしていきましょう

この流れで良いですよね?何の不満も問題も無いですよね


しかし、世界的な人権ビジネスをやってる人達には問題なんですよ

何故ならば、これじゃ金にならんからです

だって、Tの人って圧倒的に数は少ないですから

Tを利用して、訴訟なりを起こして金儲けしようとしても微々たるものです


だから、どさくさ紛れに、人口が多いLGBと一緒くたにして、問題に仕立て上げようとしてるわけです


したがって、LGBTの問題に対して、賛成でも反対でも個人の考えなので何でも良いですが
必ず、LGBとTを別にして考えないと、
人権ビジネスの為に政争にしようとしている人達の思うつぼですよ
という事です

逆に、賛成でも反対でも、一緒くたに語る人がいれば、結果的に人権ビジネス側であるとも言えます


Tの人は全く違う問題ですよ

前にも書きましたが、私、昔、知人にTの人がいましたからね
男性の知人で、見た目中世的な人で、仲良くさせてもらってましたから
雰囲気や現実問題などは、普通の人よりは比較的状況は良く理解してる方だと思います

例えば、性転換までした人や医学的にも性同一性障害であると認められた人などは
当然、戸籍上も転換後の性別で普通に生活できるようにすべきで
それが可能な権利を与えるべきだと思います

しかし、LGBは差別は良くないと思いますが、LGBに何か特別な権利は必要無いでしょ
権利が必要な理由もありませんし
今でも各個人で自由にやってますでしょ
各自、レズ、ゲイ、バイの行動に法的制限でもかかってるんでしょうか
法的制限かかってるなら既にそんなAVは発禁になってるはずでしょ

じゃ、何故、一緒くたに考えたがるのか?

それは、Tって敷居が高いじゃないですか
つまり、例えば医師の診断書なり、手術なり、何か目に見える証明があるじゃないですか
でも、LGBって、ぶっちゃけ、自分は○○ですって宣言してしまえば済むんですよ
自己申告で済む話しです
要するに、自分のその時の都合でどうにでもなるとも言えるんですね
だから、LGBをどさくさにTと並列に扱うようにし向けて、問題の敷居を下げようとしてるんですね
これならば、全世界の人間が被害者になれます
被害者が生まれれば、そこに訴訟だなんだ、時にはそれを政争に利用するなど、ビジネスチャンスが膨らみやすいんですね



だから、もうLGBTの話は、簡単なんですよ

「LGBとTを別にして考えよう」

これで終わる話なんですね

もう、何周ループしてんだよって話です

逆、別にして考えさせないようにループしてんじゃないかと思うくらい
わざと馬鹿なふりしてるんじゃないだろうかと



よって、AV業界は、
こんなくだらない世界的に流行してる人権ビジネス、政争に巻き込まれないように
よくよく注意して普段の活動を行ってください

私が推奨する対応は、騒動に『近づかない』です







因みに、最近、なんで、世界的に人権、人権って五月蠅いかわかります?

人権は金になるからです
人権は大事と言いながら、北朝鮮の拉致や、チャイナの人権弾圧、民族浄化に何も言わない時点で
元々人権に対して真剣に考えてる人達なわけはありません
チャイナの金も大事なのでチャイナの人権弾圧には目を瞑るでは、最早、正体は明らかですね
金なんです

で、何故、人権なのかというと

一昔前は、戦争が一番金になったんですよ
だから、世界中で戦争ばっかりやってたんです
第一次世界大戦以前からずっとそうです
戦争は金を使いますし、何より、混乱はビジネスの元ですから

ただ、流石に、最近は、大規模な戦争がなかなかできないので
戦争で大儲けできる機会が少ない(因みに、テロや中東の戦争も全部金)
で、ここ10年くらいで目を付けられてきたのが、人権という誰も文句の言えない分野ということです
誰でも好きなように言えますよね
学があろうがなかろうが、政治家だろうが一般人だろうが、誰だって何でも言える分野なんです
人が集まればどこにでも発生するものですから、どんな状況でもビジネスにできる
しかも、政争にしやすい
政治家も無碍にできないし、話が通しやすい

戦争に比べたらこんな楽なビジネスはありません


世の中の出来事のカラクリは、9割方はこんなもんなんです
こんなクソみたいな世界なんです

こんな連中が腹の中ではクソほども思っていない人権を振りかざして金儲けしてるわけです



こんな奴らのためにAV業界がどれだけ苦しめられてきてるか


とにかく、よくわからない人は、世の中の難しい話には近づかないのが賢明です
訳がわかっていないことにつけ込んでくる輩もいますし
変なものに巻き込まれたり、利用されたりしないようにね


スポンサーサイト

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AV流出2018

 【24//2018】

少し前からちょっとずつそういうのがあって
ここ1ヶ月ぐらいでばーっと出てきた感じです

何年ぶりでしょうかね
こんなに大規模なものは
3、4年ぶり?

前回は速攻で特定されて、関係者ブチギレ状態
が、流出元の会社は既に潰れていて、社長さんは自殺済み
死んでる人にこれ以上責任は問えないという感じで
関係者みんな無理矢理溜飲を下げるしか無かった状況
それ以降管理体制が更に厳しく見なおされたとか

今回、主に某P社を中心に流出してるようでして
当初、P社のサーバがハッキングにあったとか何とか言われてたのですが
「いや、ハッキングしたところで・・・」って私は思っていました
サーバーに製品データ以外を置くわけが無いので
希に、サンプル画像とかでモザイクがずれてたりして慌てて差し替えとかはあるんですが
それは、納品時のデータにミスがあったという事なんで
そもそも公開サーバーに生のデータなんて通常置くわけ無いです

流出データを見る限り、編集前の撮影時の動画データが多いようです

普通、撮影時の動画データを元に編集して、編集したものにモザイクをかけ、出荷/納品ですが

大事なところは、編集時の管理

私はやったこと無いので、正確なことはわかりませんが
通常よく言われてる事を総合するとこんな感じ

編集部屋(区画なのか建物なのか色々)があって、その部屋を管理する人がいます
編集部屋への入退出は身体チェックを受けてから入退出が可能、恐らく何時何分に出入りしたっていう記録もあると思います
つまり、あらゆる機器、USBメモリや外付けHDD等々を外部から持ち込めない、持ち出せないようになってると
最初に編集する時に、作品の責任者が
編集部屋のスタンドアロンのデータサーバーに撮影したデータを全部入れて、それ以降は、誰も持ち込めないし持ち出せない
編集する人は、その部屋でしか編集できない
で、編集が終わったらその完パケを、同様な感じのモザイク担当に持っていてかけてもらって、
出荷/納品(DVDプレスするなら工場へ)という感じ

ですから、基本的に、きちんと管理していれば、流出なんてしないわけです
ただ、人がやっている以上絶体は無いですからね
昔からどうにかして監視、管理の目をすり抜けて持ち出そうと試みる人間がいるのも事実のようです
流出データを見る限り、編集部屋で再生してるモニターの画面をカメラで撮影したものもありますね

つまり、流出経路は明らかで、別にサーバーがハッキングされたとかそういうのじゃないと思いますよ
編集部屋に出入り出来る人が直接その編集前の生データを他の記録媒体に吸い出してその記録媒体を外部に持ち出したか
もしくは、カメラ等々の撮影機器で再生してる映像をモニターごと撮影し、
その撮影したデータを外部に持ち出したんでしょうね(データが暗号化されている場合は復号化しなくて良いので楽かも)
編集部屋への入退出時のチェックをすり抜ける方法を知っていたか
もしくは、偶然管理が甘いタイミングがあって実行したか
でも、まぁ、ソーシャルハックと言えばソーシャルハックなのか・・・

色々関係者に調査していけばわかると思いますが
その作品を編集してた人や編集部屋に出入りしていた人を全部洗い出して付き合わせていくと
もしかしたら特定が可能かもしれませんね

ただ、P社だけではないので、もしかしたら、メーカーという括りではなく
同じ制作会社の関係者という可能性もありますよね
たまたま、P社作品の制作時の管理が犯人にとっては都合の良い管理だっただけで
他の所でもやっている可能性はありますね

ただ、1,2作品ならなかなか特定は難しいかもしれませんが
これだけ複数あると、かなり特定されやすいんじゃないでしょうかね
恐らく、編集部屋の管理記録とかも残ってるでしょうし
共通する人物が浮かび上がるかもしれません
でも、中には5,6年以上前とか古いものもあるんですよね

小出しにしてるのは、特定を恐れてるからかもですね
もしくは、データが暗号化されてる可能性もあるので、その辺で苦戦してるのかもしれません
ただ、特定を恐れるという事は、特定されると困る所にいるということで
前回と違って意外とまだ業界周辺にいるのかも


特に最近の作品のもあるようですから
まぁ、もしかしたらもうある程度目星は付けられているのかも
中にはモニター画面をカメラ撮影してるものもあって、モニターに周囲や撮影者が反射してるのもあったり・・・



これがどこまで続くのかわかりませんが
今後、急にプロデューサや監督や制作会社で消える人がいたら
それが犯人かもしれませんね
関連作品のプロデューサーや監督の動向をチェックしてたら何かわかるかも



結局、VRやってる人は今儲かってるかもしれませんが
景気が厳しくなってる人も多いでしょうからね
小銭稼ぎに魔が差す人も出てきても仕方ないでしょうね
で、今回、長年こつこつと盗んでたデータを放出し始めたと


ただ、ちょっと異なる視点を言いますと

昨今のAV強要とやらの、人権屋に天下り先を提供するハメになるという馬鹿げた騒動によって、
色々現場が厳しくなってきているのもあるでしょうし
5年ルールのせいで、関係ない人も相対的にギャラが下がってる可能性もありますからね
そうなると、単に、メーカーや制作会社の問題だけじゃなくて
今後、女優側から問題を起こす人が出てくる可能性もありますからね
これって、普通にイメージすると同じ流れで対象を映像、画像データに搾ってしまいがちですが
情報ってそれだけじゃありませんからねぇ・・・
現場でのヒエラルキーを考えるなら、スタッフよりも女優の方がフリーハンドを与えられてるわけでね



色んな所で、人と物の管理というはきちんとしていく必要があろうと思います
そして、出来る限り、人為ミスが起きない管理システム、プロトコルを考える必要があるだろうと思います
あと、今回もパケのデータが流出してるんで、そこら辺も色々考えないといけないでしょうね


・・・しかし、人為的ミスって発生するものなので
必要なのは発生しても確実に追跡可能なシステムでしょうかね
プラス、昨今、何かと契約契約って五月蠅いので、
元データ、つまり、撮影に使われた動画、音声、画像等々のデータを扱う人に対して
これも契約書で罰金金額も含めてサインさせたら良いと思いますよ
流出したものを見れば誰が携わっていたか100%特定可能であって
法的拘束力のある契約書があれば、特定し身柄確保できれば必ず罰金を払わせることが可能
まぁ、身元があやふやな外人じゃなく日本国籍所有者のみが扱える事にしておけば
確実にしとめられるよね


今回は、残念な事が発生してしまいましたが
最低限このくらいのことはやってるとは思いたいですが、そうじゃないなら
これくらいはやらないとみんな納得しないんじゃないかなぁ


まぁ、とにかくこれ以上流出が続かない事を祈っています
前回みたいに流出元を特定したが責任者自殺してましたなんて悲しい事にならなければ良いですけどね



Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

キカタン2.0って何?

 【22//2018】

キカタン 2.0 - YouTube

キカタン2.0 - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
▼プロデューサーからのメッセージ

今の時代にまだアップデートをしない映像業界がある…。
そんなキカタン女優のコンテンツをさらに広げるためのオンラインサロンを開設しました!
女優の可能性をみんなで拡張していきたいと考えております。

<テーマ>

『キカタン2.0』

消費されるだけの女優の時代は終わった。
量産型市場にただ搾取されていくだけではない、彼女たちにしかできないコンテンツを目指す。
それが「キカタン2.0」です。

私とタイガー小堺と一緒にコンテンツ制作をしていくオンラインサロン。
作品の企画会議、イベント企画、運営、youtubeチャンネルの運営、グッズ制作…などな。
女優を次の時代に向けてアップデートしていきましょう!

毎月1回の交流会では毎回テーマを設定し、トーク・パトロンとの交流を予定しています。

第1回(7月)イベント:栄川乃亜さん *日程はパトロンのみご連絡します。
第2回(8月)イベント:あべみかこさん
第3回(9月)イベント:椎名そらさん

詳細はパトロン限定の活動報告にてお知らせいたします。
▼コンテンツ

<オンライン>
・Facebookでの直接の交流
・交流会は中継し遠隔参加可能
・メンバー限定生放送(アーカイブもご覧いただけます)

<オフライン>
・毎月1回の定例イベント(トーク、懇親会、イベント等)
・イベントのクリエイティブを担える※人数限定

<こんな方におすすめです!>
・楽しく交流したい方
・業界を一緒に盛り上げてくれる方
・キカタン2.0を運営してみたい方











「キカタン2.0」ってワードが流れてきて、何だそれ?って思ったら
まだ非常に漠然とした話ですが
要は、キカタンをもっと応援していきたいという事らしいです


そもそも、私、キカタンって言葉は本当はあんまり好きじゃ無いんですよね
これで通ってるから使わざるを得ないんですが
昔から、企画落ちっていう言葉があるんで、私としては非常にイメージが悪いんですよ
専属に対してフリーって言葉が使われるようになると良いなと思いつつも
私一人だけフリーって言葉使ってもなぁと言う感じで最近は諦めてます



さて、キカタン2.0って事ですが

志は良いと思うんですね
先日のDMMアダルトアワードの時にも書きましたが
3年ほど前までがキカタンブームの最後かなって感じで
実は、2013年ぐらいからキカタンブームは落ち着きはじめてたんですけどね
で、最近、ブームも完全に落ち着いてしまっていると
またキカタンが盛り返す状況っていうのはいつかはあるとは思うんですが
それがいつになるんだろうかと

で、そういう状況を打開するためだと思いますが
とにかくみんなで色々考えてキカタンをアップデートしていこうという感じらしいです

ホントに漠然とし過ぎててよくわからない笑


ただ、クラウドファンディングのサイトの内容見る限り
現状は、特に、新しいものは無いような気がします

これだけまとめて一緒にやろうというのは無いかもしれませんが
これって、もう既に、
個々でやってますよね、専属の人も含めて
ですから、今のところ、特に、何にも無くて
最近流行のもの全部詰め込んでみました的な感じに見えます


んー・・・何とも言えない



> 消費されるだけの女優の時代は終わった。
> 量産型市場にただ搾取されていくだけではない、彼女たちにしかできないコンテンツを目指す。


この部分とかモロずっと私が指摘し続けてる事だよなぁ・・・
個人的には全く新しくも何ともない
何故ならばもう何年も前から私が指摘してることだから


> 私とタイガー小堺と一緒にコンテンツ制作をしていくオンラインサロン。
> 作品の企画会議、イベント企画、運営、youtubeチャンネルの運営、グッズ制作…などな。
> 女優を次の時代に向けてアップデートしていきましょう!


これなんか、ずばり、私が何年も前に提言した
今後のAV業界の展望並びにそれに対するビジネスのあり方じゃないですか
オンラインサロンって所は違いますが、やることは同じ

しかも今どき2.0って・・・何年も前から私が提言してる話なので、古いっちゃ古いで合ってるのか


で、このぐらいの話なら、今、みんなやってますよね
バラバラにですけど


なんか、最初にこのワードを見たときに感じた印象と違うんですよね
こういうビジネスよりの話じゃなくて、もっと違う感じを期待してたんですけどね


だって、やってることは、最近、当たり前にみんなやってる
言い方悪いですが、集金ビジネスじゃないですか
これにSHOWROOM等々で投げ銭させればフル装備ですよ

ですから、なんかなぁ・・っていう


ま、何かするにはとりあえずお金が必要っていうのはわかるんですがね

野田さんって、昔ね・・・まぁ、いい人なんですけどね
一回書いたことありますけど、昔、3年前くらいかな
「業界の規制が多くて好きなことができない」って愚痴ってたんですよね
で、その後、CA退社するんですよ
そして、今、またこれで業界に復帰してきたって感じなんですが

私個人的には、無法地帯では何も生まれない、ルールの中から捻り出すから良いものが生まれると思ってる人なんで
単純に規制が多いからって泣き言言う人は、
好きにやって良いよって言っても良い物出てこないんじゃないかと思ってしまうんですよ
現に今みんな作品頑張って作ってるしね、誰も作れないって状況ならわかりますが

今回のも別に普通に一般的に行われてるビジネスじゃないですか


私が言ってる今一度キカタンブームが来る感じの事では無いんですよねぇ
まぁ、これでファンが盛り上がれば御の字なんでしょうけどね

ただ、ブーム、、、うねり、、、新しい勢い、、、
そういうものってこういう感じで生まれるものなのかなぁっていう
これ、だって、今のところは、単に集金してるだけですし



私的には、専属と企画の違いって何?っていう所とか
前回のキカタンブームは何がキッカケ?とか
まぁ、そういう色々な長所短所も含めた所から考えていくと

・・・まぁ、いいか
私の仕事じゃないし、書くの面倒臭い笑



とにかく、今後、これがどう発展していくんだろうかと
ここから何が生まれてくるんだろうかと
期待というか興味を持って見ていきたいと思います
ただ、基本、全部パトロンのみ、クローズドでって話なんですよね
その数十人のみ?かな





そもそもクラウドファンディングって蛸壺なんだよなぁ
蛸壺化とブームって正反対のような気がしないでもないんですよね

「全てのジャンルはマニアが潰す」
蛸壺化したらそのジャンルは衰弱していくんだよね




Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AV女優のセカンドキャリア

 【17//2018】

私、AV女優だけがセカンドキャリア大変だとか言いたく無いんですよ

他の職業だって大変な人は山ほどいますから
例えば、プロ野球選手とかも結構大変な状況になってる人って多いですよ
特に、高卒でプロ入った人で頑張ったけど20代後半になって契約もダメ
トライアウトもダメってなったらもう何にも無しですよ
お金もないし、手に職もない、学歴もなし、働いた経験すら無しですよ

ですから、我が身のことは誇張して言いたくなるのは理解しますが
AV女優も、ことさら自分達だけが大変だという感じで
言うのは世間的にも受け入れられにくいと思います
全員が全員それに対して同情的に思うかと言われれば、絶体に違います
この辺の微妙な感覚は持っておくべきだと思います


何で急にこんなお題で書いたかというと
最近このお題の単語を目にすることがあって
更に、某女優さんが引退するって事で、次何するのかなって思ったら
とりあえず風俗やるっていう話で
結構人気な女優さんですが、考え方は色々なんだなぁと思ったりと
色々考える事がありまして
それで、ちょっとAV女優のセカンドキャリアについて一言書いてみたくなったという感じです


一つだけ言いたいのは、引退後風俗やるって事に対してもそうですが
男性は女性に対してナイーブに考えすぎだと思うんですよね
女性は男どもが思ってるのと違うと思いますよ
もっと合理的で強かですよ
要するに若い内に出来ることでAVじゃなく一番稼げるのは風俗だからですよ
キャバ嬢っていうのもありですが、キャバ嬢はトークテクニックとか
色々その人それぞれの素質に左右される事が多いですからね
稼げるだけ稼いで次のこと考えた方が良いじゃないですか
それも一つの考え方ですよ


と、客観論を書いてみたところで
主観的な事も言いますと

正直な話ですよ、中には、ファン目線じゃなくて
お父さん目線の人も多いような気がするんですね
で、AV女優を引退するなら、とにかく幸せになって欲しいんですよ
幸せになるためだったら引退もやむなしと
正直、結婚して欲しいわけですよ
しかも、きちんとした、しっかり稼ぎもある、社会的地位もきちんとした人とね
まぁ、そういう人にとっては、辞めてもまたこっち側の業界かっていうのはあると思います笑



やっぱり今の世間の価値観の中ではセカンドキャリアが難しいって感じるのは当然だと思いますが
前にも書きましたが、ある程度有名な人は、
ぶっちゃけ、元AV女優というのをある意味強みにしていけば良いと思うんですね
例えば、ものによって、元AV女優方が説得力があったり、評判がよい仕事もあるわけですよ
何か物を書く仕事だとしても、名無しの人間よりも、元AV女優の方が絶体に良いわけです
逆に、あんまり有名じゃないならば、そんなに言うほど、普通の仕事に就くのは、今難しく無いと思いますよ
結構、普通にOLしてたとか、一般企業の受付してたとか、そういう人多いですよ
我々からしたら結構有名に思える人でもね
ホントかどうかは知りませんが、持田茜さんとか、かなり有名な女優さんですけど
辞めた後は、田舎に帰って病院?の受付やってたらしいですし
普通に医者の息子?かなにかに求婚されて断ったとかなんとか

確かに中には気がつく人もいるでしょうけど、気がつく人は若い人だろうし
今どきそんなんで急に偏見を持ち出す人とか少ないと思いますけどね
結局は、自分の対応次第って事だろうし

となると、普通に生活するには、一般人と大変さはあまり変わらないわけです


一番の問題は、現役時代の生活に慣れてしまうことでしょうね

やっぱり、大金を手にすると、贅沢しちゃうじゃないですか
その上姫様、貴族待遇ですからね
その生活レベルを落としたくないとするならば、そりゃ、引退して同じだけお金稼ぐの大変ですよ


例えば、田舎帰って質素に普通に暮らすなら別に言うほど困難な状況では無いと思いますけどね


んー、この辺、AV女優になりたい、なろうとしてる人向けの記事、一回は書いておいた方が良いのかね
ググってもあんまり出てこないでしょ
そういう人向けの、AV業界基礎知識というか、入る前に知っておくことというか、考えておくべきことというか
現状のAV業界の状況の説明とかね
業界人じゃないので、あくまでも、長年客観的に見てきた中での話しかかけないですが
割と正直にかけるとは思いますし
業界にいないとわからないことは、業界に入ってみないとわからないですから仕方ないとしても
入る前からわかってることは理解しておいて損は無いし
後からそれ知ってればねーってなるのって純粋に勿体ないじゃないですか

まぁ、今回の件にひきつけて言うならば
少なくとも、AV女優になるときの覚悟には、引退後の事も入れておくべきだと思います










以下、ちょっと違う話

働く=お金を稼ぐって事を考えた場合、それに対する考えは人それぞれ
お金が全てじゃないって言う人いますが
私は、お金は大事ですって思ってる人なので
お金より大事なものがあるのはわかるが、それでもお金(財産)も大事ですよって思うんですね

説明してしまうとつまんないですが
経済学的なお金って意味はちょっと違うんですが、単なる貸し借りの結果でしかないので
ただ、一般的なお金って意味で考えますと
お金って殆どの人や国で共通の価値なんですよ

で、スタートレックを例にSF的な話で言いますと
例えば、世界が統一され(統一されるには地球外生命体の地球攻撃などの人類としての脅威でも無いと無理だろうが)
初期スタートレックのような地球連邦政府が出来て、貨幣経済を廃止して
全ての人類が衣食住その他全てが無料で利用でき、その心配をしなくても良い世界がきたとしましょう
でもね、結局、基本的なものが満たされ
人類が働く意味は自己向上と人類愛だというわけのわからない、お花畑な事を連邦政府が言いだしたとしても
結局、スタートレックの世界でも、その他の取引には連邦クレジットというものが使われていますし
殆どの種族はラチナムという共通価値(希少金属)を使って取引してるわけですね
まぁ、正確には今のような金融経済とは違いますね、金本位制度ですからね、ラチナム本位ですか

結局、共通価値なんですよ、お金って
人それぞれ大事な価値は違えども、共通なものってお金だけなんですよ
勿論、自分の命よりお金が大事なんて事言うつもりはありません
しかし、人間、一人では生きていけないということは、共同体を作って生活するしか生存できないわけです
ある意味、他人と何らかの取引をしながら生きているわけですね
となると、共通価値が重要になってくるわけですよ
お金より大事なものがあるのは当然なんですが、それって人それぞれ違うわけですね
つまり、一人だけで生きていくならそれで良いわけですが
他人と共生していくならば、共通価値を見いだすしか無いわけで
つまり、共同体で生きていく上では大切なものだと言えるんじゃないでしょうか


Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

DMMアダルトアワード 今後の開催が中止に追い込まれる可能性 技術的問題点を放置し自らの首を絞める事務局

 【26//2018】

DMMアダルトアワード2018 授賞式 最優秀新人女優賞「桜空もも」 優秀新人女優賞「水卜さくら」 最優秀女優賞「橋本ありな」 優秀女優賞「高橋しょう子」 (&雑感、批評、考察・・・

先日、上記↑の狂ってる程の長さの長文記事を書きましたが
その中でも少し触れた話でもあるんですが、

上記記事投稿後、
色々な情報をいただいたり、聞いたり、見たり、調べたりという中で

この件について触れるべきかどうか迷いましたが
このままにしておく事の方が問題であると判断しました
有耶無耶にしてまた来年同じ事を繰り返し、問題を大きくしてはいけない
誰かがきっちり言わないといけないだろうと

色んな事実関係は、実際はDMMが調査しないとハッキリしないことですから
私としても、具体的な事は申し上げられません
奥歯に物が挟まったような事しかかけないのはお察しください
具体的な内容を記述する事に対して私は責任が持てませんので




今回のDMMアダルトアワード2018において、あまり良くない疑惑が流れていまして

共謀の疑義は明らかなようですが、ただ、実行に関しては
実際にDMMが調査しないと事実関係はハッキリしませんので
これに関しては、結果を公表するしないに関わらず
DMMは調査すべきだと思っています

正確には、今回既に主催はDMMではなく、デジタルコマースに移行していますので
主催のデジタルコマースが責任を持って調査すべきです
現在、業務を継承して間もない頃でドタバタしてる時だとは思いますが
今一番最初にすべき優先度の高い業務です

調査後、影響の多少に関わらず、関連する技術的問題点を洗い出し、徹底的に対策を講じるべきです



もしも、影響が大きかったとしても、私は今更結果を訂正する必要は無いと思っています

本当に、今更だからです
もう、各種メディアも報道しちゃってますし
そんなもの今更訂正したとしても、DMMが恥をかくだけです

ぶっちゃけ、訂正しようがしまいが、DMMが問題があったと認めてしまっては
結果を誰も信じなくなると思います
それは、今回だけじゃなく過去の結果もです
過去現在、真面目に取り組んだ人全てが、しらけるだろうし
今後の全ての大会で、インチキだと言う人が増えるに決まってます

ですから、あくまでも私の意見ですが、訂正する必要は無いと思いますし
問題があったことすらも認める必要は無いと思っています

AVOPENはSODの不正で一回中断に追い込まれたわけですが
今回は業界側が問題を起こしたわけでは無いのでそういう事にはならないと思いますが
ただ、「今更」という一言に尽きますので、これは内々に処理してしまって良いと思います




何故、私がマズイと思ってるかというと



DMMアダルトアワードってどういうものなんですか?


ってところなんですよ


何が重要なんですか?


それは、DMMアダルトアワードは「ガチ」だという点です


そもそも、世の中、色んな賞レースがある中、
お金の力でどうにかなったり、結果が不透明だったり色々あるわけじゃないですか
DMMアダルトアワードは、基本的に一人一票、ガチで投票して、今年のNo.1を決めようじゃないかと
そういうコンセプトではじまったわけですよ
何故クレジットカード登録が必要かというと
ガチを担保するためにクレジットカード登録が必要という、当初からの論法なのです

ガチだから、価値があり、みんなが熱くなり、そして、当日の感動を呼ぶわけですよ
そして、その感動が、また、次に繋がり、更なる発展を生むんです

つまり、投票が「ガチ」であるという点が最も重要な所なんです

これは、当初、アワードが発足した時点で分かり切ってることであり、
現在もなお揺るぎない根幹部分を成しているわけです


しかしながら、今は、その根底を揺るがしかねない状況になっています

今後の全てを否定されかねません
いや、今までの全てを否定されかねません


だから、私はアワード初年度の時に、技術的な問題点が無いかどうか色々調査していたわけです

そして、その時点で問題点が発見されたため
今一度、DMMは、システムを見なおして、不正な、規約に反する、そういう抜け道が無いか徹底的に調査するとともに
出来る限りガチを担保するようなシステムにするように希望しておりました

勿論、悪用の可能性があるため、具体的な事は言えないです
昨今は再調査してませんが、少なくとも初年度はシステムの欠陥は複数存在しておりました

つまり、はじめてハッキリと白状しますが、初年度(2014)の投票において
私は、不正な、規約違反な投票を複数回行いました
調査の過程で仕方なかったのです

私は、技術的な問題点に関して、早めに対応するように言ってきましたし
今回も少し技術的問題点について触れたわけです

問題はまだ改善されてないんじゃないですか?と


今回、その技術的欠陥を悪用された可能性があり
危機的状況だと私は思っています


何故ならば、
私の耳に入ってくるぐらいですから
世の中のAVファン、何百人、何千人は、技術的問題点を知っているということです
次回の開催時には、かなりの人達の間で悪用されかねない

それだけに止まりません
悪用可能な方法が存在すると知った人間は、次に何をすると思いますか?
もっと他の方法が無いか調べるということです
つまり、まだ未知の抜け道を発見する人が出てくるかもしれない

これだけファンが熱くなってるんですから、目の前にあったらみんなやりますよ
今回の件を見るだけでもそれが証明されています


正直者が馬鹿を見る世界は、危機的状況だと私は考えます




また、有償ポイント保有アカウントによる投票の問題もあるわけで
これも前から改善すべきじゃないかと言っています
AKBの総選挙が年々盛り下がってるのに、今更AKB方式は愚策です
出来る限りガチを担保するものになるようにすべきです



更に、会場投票の不正の可能性も出てきました

これも今回の投票数を数えて、入場者数に対する新人賞と女優賞の各総投票数に差異や問題があれば
不正が行われた可能性が高い事になりますから
この辺も、不正が出来ない会場投票の手続きを考えるべきでしょう
投票権を受け取ったその場で投票させないと、もしかして、投票権の売買が行われる可能性もありますよね
そういうありとあらゆる事を想定する必要があります




「ガチです」「一人一票です」「大切な一票」

こんな言葉が薄ら寒く聞こえる状況になってしまっては何もかもおしまいですよ
過去も含めて全てがおしまいです

こういう状況がいつかは発生するから、初年度から問題点として挙げていたわけです



もうね・・・

私が懸念したことはいっつも現実化しちゃうんですよ、残念ながら
この事もそうだし、AV強要騒動もそうだし、マスカッツもちょっとそういうとろありますよ
懸念が出た時点で対処しておけば、大事にはなってないんです


AV業界のこの危機管理の無さ、本質の見抜け無さ、先見性の無さ

どうなってるんですかね

AV業界だからこそ、こういうことは、必要以上に、公平で公正である必要があるんです
その意味が去年の騒動で嫌と言うほど骨身にしみているはずです、もうお忘れか?


問題が起きてからでは遅いんです
今年はついに表面化してしまったんですよ、もう遅いくらいです




とりあえず、各方面に色々影響があるだろうから、全て内々に進めて良いと思います

来年、色んな投票手続き、システム、会場投票等々の変化を見て
我々は対応の有無を察すれば良い事ですから




良いですか?
次回開催まで、あと10ヶ月はあるんですよ?

対策する時間はいくらでもあります

AVOPENに関しては売上がメインですので影響は少ないと思いますから
これに関しては間に合わなくても仕方ないでしょう


もしも、調査、対策を行わないとするならば

それは、自らの首を絞めることであり

過去にアワードに参加した全ての女優、全てのスタッフ、全てのファンへの冒涜です




Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AV業界視点で考える漫画村騒動 と 新しいAVビジネスモデル

 【03//2018】

私、漫画村がどういうものか実は全く知りません
というか、利用したことが無いのでよくわからないんです

ですから、漫画村自体に対する事はあんまり言えないです
「無料で漫画読める便利なアプリ、サイトなんだろうな」
ぐらいの認識しか無いです
まぁ、たぶん、その程度の認識で特に問題無いはず


で、今回、最終的には、特定サイトのブロッキングという事で、一応、落ち着いたんでしょうかね

政府が臨時手段としてブロッキングを決定した事に対して色々な議論があがっていますが
緊急措置ということであれば、仕方がないと思います

今後、ブロッキングの法整備などを進めていくということで、臨時的な対処としては仕方ないかと

一番広めたのはNHKですからね
NHKが違法じゃないと断言してしまったことで急激な広まりがあったものを更に加速させてしまいましたから
NHKはAV強要騒動に荷担したAV業界の敵であり、
何故か職員が毎年性犯罪を犯してしまう(先日もレイプした職員が地裁で懲役21年を求刑された)
価値の無いゴミクズメディアなので
馬鹿な事しでかしたとしても平常運転ですから、しゃーないです


しかしながら、現状、拡大し続ける漫画村の状況を臨時的だったとしても
被害を最小限に抑える手段はブロッキングしか無かったのは事実ですし
それを迅速に決定した政府は評価されるべきかなと

批判してる人は、例えば
現時点で日本に核ミサイルをロックオンしてる北朝鮮や中国やロシアから
突然、核ミサイルが撃ち込まれた場合、それへの超法規的対抗策に対しても
憲法違反だの法整備がなんだかんだと言いそうな気がします
そんなこと言ってる間に二発目打たれますよ、寧ろそういう人間が敵対国に利する事も計算に入れた上で打ち込みます
誰が守るんだって話、うだうだ言っていれば誰か守ってくれるんですかってね
世界警察なんて無いからねぇ、、、国連?
連合国軍の常任理事国にロシアと中国がいるのに無理ですし、日本は連合国軍の敵国指定が解除されてませんからね

著作権関連に翻ってみれば、知的財産保護の世界統一組織が無いですから
もしあったとしても、それを執行させる実行力(具体的に言えば軍事力)が無い、その組織が実行力を持ち得ないですから
外交力の背景が軍事力なのは常識ですね
日本は莫大なお金と主権の一部を米国に譲渡することで、米国の軍事力の威を借りてるとも言えますから

全世界が統一されれば別ですけど、
現時点で、各国で地域ごとに自治政府があったり
国家成立後随分たってるのに独立騒ぎがあったりする現状を見るに
どう考えてもそんなものは夢物語でしょう
理屈や損得では計り知れないどうしても埋められないものがあるから国境があるんです

話逸れましたが、こういった世界の現実を見れば
急激に異常な拡大を見せた漫画村の対策に
緊急措置としてのこの対応は許容範囲であるということです






さて、一応、落ち着きを見せている漫画村騒動ですが

ただ、
漫画やアニメ業界以外の業界からも同様な対応を取ってくれと言われるんじゃないかと思います

特に、AV業界もやってくれって思ってるでしょう
というか、思ってますよね?

AV業界もやってくれよーって


でも、私の感覚から言うと

「今は(そんなこと言うのは)やめておけ」

です



理由は2つ

まず、AV業界に政府側への働きかけができる人間がいない
もう一つは、世間から支持されない

前者は、昔から私が言ってることで、AV業界として法的に何か希望する、行動を起こそうとするならば
AV業界の利益代弁者として、国会に人材を複数送り込む必要があるからです
誰が立候補するのか?アダルト業界全勢力をかけて応援する必要があるが、その組織の構築は?資金源は?
等々、莫大な時間と数え切れないほどの問題があります

手っ取り早いのが、亀山さんか松栄さんを政府側の民間議員として参加させることですが
結局、後者の問題もあって、あからさまな主張や擁護ができないでしょう
個人的には、この民間議員っていう、選挙を通っていない非常に怪しい立場の人間が
政府や国会に多大な影響を与えるのはアンフェアで憲法違反だと思うので、大嫌いですが

後者の問題は非常に重要で、
昨年までのAV強要騒動がどんなにインチキな話であったとしても
ああいうことになってしまう現状を見ればわかりますよね
色んな意味で逆に叩かれてしまうことになりかねません
今は、言うだけ損です

ですから、私の結論としては、今はやめておけになります


よって

「今後、包括的な法整備が進む中で、AV業界も使える状況になることを待つ」

ということで良いんじゃないかなと思います



因みに、以前にも著作権関連の話を書いたときに言いましたが
AV業界の殆どの人は、一部の年配のきちんとした経験も知識も認識もある人は除いて
それほど知識や見識が整っていない人って多いと思うので
あんまり難しい問題について触れない方が良いですよ
非常にデリケートな業界なんですから、何をキッカケに炎上するかわかりませんし
過去に何の気無しにtwitter等々で言ったことを保存され
その後の何をキッカケに掘り起こされて、炎上の燃料にされるかわかりません
ですから、例えば、業界のトップのお偉いさんが何か問題について自己の責任を持って言及するならともかく
他の人は、スポーツやエンタメ等々の緩い話題以外は触れない方が良いです、世間の事件やましてや政治関連などもってのほかです
特に、業界でフロントマン、つまり、タレントや広報などやってると、チヤホヤされ、自我が拡大し、気持ちが大きくなって
色んな事を言いたくなるお年頃な人も多いと思いますが
所詮、そこらの一人間が、何万、何十万のその他大勢に対抗できるわけ無いですし
普段、仕事で忙しいんですから、そこで言論で勝てるほどの理論構築する暇なんて無いでしょう
ですから、やめておけと私は忠告しておきます

これは、要するに、普段の態度的な所もつながるんですが
昨年のAVバッシングでわかったと思うんですが
未だに、AV業界が何を言おうと
「AVの癖に!」「ヤクザなんだろ?」「社会のゴミ」
こんな言葉を無数に投げつけられるっていう状況ですよね
AV業界人同士、個々それぞれが、自分達の仕事に誇りやプライドを持つのは当然でそれで良いのですが
外に向かって言うことでは無いという事です
何故ならば、何を言おうが、上記のような言葉で一蹴されるに決まってますから
そして、未だ、そういう人達が多いということは、どんなに正論を言おうが
逆に「生意気だな」「調子のんなよ?」と、反感を買うのは目に見えています
ならば、別に、交渉をやってるわけじゃないんですから
普段は常に低姿勢でいる、謙って対応する
こういうことをしていて、得することはあっても、損はしないです

前に、ティーパワーズの今泉さんの話を紹介しましたけど
その時にも今泉さんが言っていましたが
「AV業界は世間から白い目で見られる業界」
なんです
それをきちんとわきまえているべきなんですね
自分が自分を誇るのは当然、だが、理解のない人間が今だ無数にいる外に向かってするのは間違っています
これが賢い対応です、世間が変わるまではね
いつ世間が変わるんだ?という話がありますが
世の中の価値観は革命でも起きない限り、そうそう変わることではありません
何十年もかけてそういうものは徐々に変わっていくものなんです
本当に徐々に変わっていっているんですから、その徐々に変わっている状況に水を差さないようにすれば良いんです


世のアダルト産業に対する強烈な蔑みと欺瞞を軽く見てはいけません
他者を見下す快感、綺麗事を言う自己満足・・・
こういった人間の暗部というのは、言葉では簡単に説明できない非常に根深い問題なんです
特に、昨今、コンプラやポリコレなど、非常に窮屈な世の中になってきており
誰もがその捌け口を求めている状況では、AV業界なぞ格好の餌食です
そして、こういう世の中だからこそ、自称インテリほどこの傾向が強く、たちが悪いです
平成の代が終わるというのに、未だに、精神的な部分は昭和なままの人が多いですね
スタトレでもそうですが、どんなに科学技術が発展しようが、人間は一ミリも変わらないんです







さて、これらの法整備が進めば、本当に
著作権関連全体にとって、幸せな状況が生まれるのだろうか?

幸せな状況っていうのは、つまり、
侵害されなくなって、今まで以上に儲かるような状況ですよね

そんな状況が生まれるんでしょうか?


私はそんなにうまくいくわけがないと思います

そもそも、こういうものは昔からイタチごっこになるだけですし
ブロッキングしたといっても迂回すれば何でもないですし
人の考えたものには必ず人が抜け道を考えるものです


ですが、漫画で言うならば、人気の雑誌、漫画、
例えば、ジャンプとかマガジン、サンデー等々の
メジャーな漫画誌は多少は売上は上がるとは思うんですね
でも、別に、漫画村等々が出来る前、スマホとかが普及する前以上にそれらが売れるとは到底思えないです
だって、そんなもの使ってた人って、無料なら読むけど・・・って人ばかりでしょうからね
いつもは買ってたけど漫画村があったから買わずに漫画村使ってたって人の分の売上は上がるでしょうけど

で、人気漫画とは言えない漫画は、ハッキリ言って少しも変わりはしないでしょう
そもそも、読みたくて読んでたと言うよりも無料なんで暇つぶしに読んでただけでしょうから
逆に認知度は下がるでしょうね、お試しに読む機会も無いんですから


この状況はAV業界でもさほど変わらないんじゃないかと思います

ただ、漫画とAVを比べてみた場合、決定的に違うのは
それぞれに対して求めてるものが違うという事です

色んな人がいますから一概には言えませんが、基本的には

漫画は、面白い漫画を読みたくて、読む
AVは、抜きたいから、見る

この違いがあります
当たり前かもしれませんが
因みに、漫画は暇つぶしに見る事はあっても、AVを暇つぶしに見ることはほぼ無いですよね


でも、この差って、とりわけ今回のような話において重要になってくるんですね

どういうことかというと、

面白い漫画って、面白い作品を生み出す漫画家(雑誌、漫画編集者)しかかけない
絶体じゃないですが、基本的にはそうです

でも、抜くのは、所謂、AV作品じゃなくても、抜けるんですよ
AV女優の作品じゃなくても良いんですよ
どこの馬の骨ともわからない人が映ってる動画でも何でも良いんですよ
有名な監督でも、メーカーでも、女優でも、そんなの関係ないんですよ
究極的に言ってしまえばね

だって、若い時なんて特に、AVじゃなくて何でも抜いてたでしょ?

もっと言うならば、明らかに犯罪すれすれのような動画でも良いんですよ、その人が抜けるなら何でも


面白い漫画って、人気で才能のある商業漫画家しかかけないとすると
やっぱり、面白い漫画を読むためには、購入するしかないんですね
ですから、ブロッキング等々も含めた色んな状況が整ってくると
程度の差はあれ、多少は良い状況になるはずなんですね、作家に寄りけりでしょうけども
(現実は、過去の歴史を見る限り、著作権の取り締まりで市場が拡大することはほぼ無いのも事実ですが)


ですが、抜くネタって、究極的には何でも良いわけでしょ
だったら、別にAVじゃなくても良いってなるんです

この辺、実は、漫画でもそういうところはあるんですけどね
上記に書いたように、暇で無料だから読んでただけで、有料なら敢えて読もうとしない
っていう面はあると思うんですね

ただ、AVの方がその度合いが大きいだろうという事です
抜ければ何でも良いわけですから


ですから、私が、以前から、主張している事でもあるんですが

AV業界は、盲目的に、違法ダウンロード"だけ"を問題視して思考停止していてはいけないと言ってるんですね



この辺の話は、以前、以下の記事↓で詳しく論じています

AVが売れない時代 再考 その1
AVが売れない時代 再考 その2
AVが売れない時代 再考 その3


上記は、今回書いた話の元になってる話でもあると思います




で、漫画村騒動の中でも語られたことですが

漫画業界も新しいビジネス形態を考えていくべきなんじゃないか?という点が頻繁に語られていました
サービス面等々の企業努力が足りないのではないかと

以前に私はAV業界に関しても上記の記事で、そういう事について書いてるんです



以前に書いたことの繰り返しになりますが、AV業界の新しいビジネス形態として

無料で視聴できるビジネス形態を作るべきであると思っています
詳しくは以前上記記事でも書いてるんですが


無料で視聴するのが問題だと思うならば、こっちも無料で視聴できるサービスをはじめれば良い

これが定着すると、違法動画を見るくらいなら、公式で無料で高品質の動画を見れば良いという風に
違法アップロードの動画は見ないという啓蒙活動にもつながると思います

ただし、これを実現するには、色々解決すべき問題があると思います
ですが、現時点でも、期間限定でもの凄い安値でバーゲンセールするときがあるじゃないですか
あんな事できるならば、実現は可能なんじゃないかと考えています

基本的には、広告収入等々ですね
常時表示でも良いですし、作品と作品の間でCM等々入れたり
ただ、誰がAVに広告出すんだよ?という問題があるんですが
今どきそういうこと気にしない企業とかはあるはずで、そういう対象を狙いたい企業もあるはずです


一応、表示するプレイヤー自体に、チャット、もしくはコメント機能も付随させた方が良いでしょう
評価システムなんかも

で、無料だけじゃなくて、課金サービスも用意しておきます
基本、DMMでサービスすることを想定して考えていますが
Amazonのプライム会員のように
DMMグループ共通のプライム会員みたいなのを作れないかなと考えています
これに入っておけば、無料動画をタイムシフト的に視聴可能だし、ウザイ広告も入らないし
例えば、他のDMMのサービスに関しても便利に使える
DMMの通販も送料無料とか
AV作品の追加の割引とか
そういうAmazonのプライム会員みたいな感じのものを付随させることで、お得感を出す
更に、基本的に新作は無料放送には使わない、早くて準新作までだが
会員専用の放送は、一部新作も見られるようにするとか


また、例えば、作品単位や女優単位への課金システム的なものなんか作って
配信されてる作品や出演女優に対して直接課金できるようにして
いくらかの上がりを徴収するとか

そのうち単なるAV作品だけじゃなくて、オリジナルの番組なんかも作っていくのも良いと思います
ニコ生がR-18を潰してしまってるんで、変わりになる番組作っても良いかも

ここまで作り上げると、今あるDMMの配信システムってかなり強化されると思うんですね
で、そうなると、今後、放送業界の改編があったときに
もしかしたら、放送業者としてDMMが参加する事ができるかもしれないと
そういう下地を作る事にもなるんじゃないかと
私は放送業界改編時に一つ噛んでおけるぐらいの下地は持っておくべきだと思います


で、他のサービスとのシナジー等々も入れ
これで何とか採算ラインにもっていけないかなと
ただ、私素人ですからね、実際は詳細に詰めないといけないことは山のようにあるでしょうけど




まぁ、一応、ここで書いた案は、マルシーつけておきますので
もしもパクリたいと思ったら一声ぐらいかけて欲しいです笑

前も書きましたが、以前、このブログで書いたこととかを
パクってる人、雑誌とか見かけたんでね・・・偶然かもしれないですが





というこで、漫画村騒動を通じてAV業界について考えてみました

単に、

「市場規模が小さくなってるので・・・」
「違法アップロードのせいで売れない」

とか、泣き言いってる暇あるんだったら、少しは真剣に戦略を考えてみようよ
批判や文句って子供でも言えるんですよ
ニヒリズムに走り、単に、絶望するだけのお偉いさんは、
自分が現役の間は安泰ならそれで良いと思っている卑怯者です

私が業界のフィクサーとして暗躍した方が良いんじゃないの?と
ちょっと嫌味を言いたくなった

そういうお話でした








Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

今年のAVを振り返って2017 印象に残ったトピックス、新人女優など

 【31//2017】

もう2017年が終わってしまいます
早いなぁ・・・



某騒動の話は、もう良いでしょ・・・
今まで散々書いてるし、もう、書くのもアホらしくなってきてますし
正直、現実の問題は無いに等しいわけで、つまり、もうこれは、
イデオロギー、思想とか、権力とか、政治闘争とか、利権とか、そういう全然現実とは別次元の話になってますからね
もう馬鹿馬鹿しいんですよ、本当に馬鹿馬鹿しい
エスタブリッシュメントとそれに群がる有象無象のおもちゃにされてるだけですよ
今後なんかあったらまた攻撃せんといかんなとは思いますけどね
今はそれ以外の話をしましょ





まぁ、そういうこともありまして
色んな状況的な事もありますが

今年は、色々な意味で「様子見」の年だったような気がします


ですから、全体として、それほど大きなトピックスも無かったですし
去年一昨年のように、三上悠亜、高橋しょう子のようなビッグネームが出現するような事も無かったですね

マスカッツの地上波打ち切りの件は個人的には最近のことですし大きい話だったかなぁと思いますが
この件に関してはまた別途





そんな中で、私の予想以上に躍進したのが、VR関連

今や、配信系のランキングはVRが殆どって言って良いぐらいの状況になってますね
ただし、VRは配信しか販路が無いので、他のAVと単純比較はできないとは思いますけどね

AVOPENでもVR部門が作られたりしましたが
これによって、企画系の女優さんもちょっとしたバブル状況になってたんじゃないかと思います
DMMの配信ランキングも軒並みVRに出演しまくった企画女優が上位にランクインしていますね

当初から言ってる話しですが、VRが本物なのかどうか?というところが今後の焦点でしょうね
VRがどれだけベーシックデバイスとして根付くのかどうか

ただし、一つだけ確かなことは、どうなるにせよ、今が稼ぎどきなのは確かなようです
そういった意味で、このVRブームはしばらく続くと思います

まぁ、これだけ出しまくってると、市場規模は一定なので
どこかで飽和状態にはなるとは思いますが
さて、それがいつくるのか


今年のVRで売れた作品1位、2位


【VR】価格改定 VR長尺 当然、勝手にAV化!イケメンの友達がほろ酔い状態の女の子を僕の部屋に連れて来た!女に無縁の僕にはそれだけで大興奮なのに超過激でHな王様ゲームが始まっちゃって…VR編 - アダルトVR動画 - DMM.R18



【VR】美咲かんな 生中出しスペシャル!! VRセックスだから、すごくリアルでしょ? - アダルトVR動画 - DMM.R18








今年、非常に印象に残ってる事として、女優のユーチューバー化があります

まぁ、ユーチューバーというとちょっと大袈裟ですが
平たく言えば、ユーチューブを利用した、PR活動ですね

昨年、丁度、この時期に同じように、1年振り返ってということで書いたときに
凰かなめさんが、ユーチューバーという事でデビューしたのは面白かったし
プロモとして非常に成功したと書きましたが

まさに、この例がキッカケであったと言って良いでしょうね
今年は、これを受けて、ユーチューブで動画をアップするのがかなり流行ましたよね

一時期、AV業界全体としても、動画をユーチューブにアップするっていうのは、
昔、みんな、ちょっと流行っていたんですよね
でも、まぁ、流行だからって事で、最初ちょっとやってたぐらいで
最近はみんなあんまりやってなかったんですよね

それが、今年になって、改めて見なおされて、みんな動画をアップするようになりましたね

本気で儲けが出るほどアクセスがあるチャンネルって殆ど無いでしょうから
なんちゃってユーチューバーということで、基本は、PR活動であるというのは、そういうことでして
今後もこれは続くでしょうね

別に流行だからじゃなくても、PR活動としてみんなやるべきだと思いますけどね
やっぱり、パブOKなら、その範囲でどんどんPRすべきです

以前、ティーパワーズさんがニコニコ動画で事務所のチャンネルを開設したって話の時に書きましたが
家でダラダラしてるぐらいなら、事務所にいって配信するなり
動画とってユーチューブにあげるなりした方が有意義ですよ

みなさん、個人事業主なんですから、例えギャラが出なくても、PR活動だと思ってやれば良いと思いますけどね
きちんと仕事として配信とか動画アップしたりって、ツイキャス等で個人で配信するのと全然意味合いが違いますから
まぁ、この辺以前書いてるので改めて書きませんけど

PR活動は今後も重要課題ですね






あと、台湾での活動が活発になった年であると思います

これは前から言ってる事でして、やっと、本格的に台湾での活動が多くなってきたなという感じがしてます
日本の市場が縮小した現状において、台湾という所は魅力的な場所だと思います
近いですからね、沖縄行くのと大差無いですし、石垣島から目と鼻の先ですから
日帰りも余裕でしょうからね
今後もどんどん台湾での活動を増やしていくべきですね
DMMかTISあたりが台湾での女優の活動支援の拠点とか作っていくべきだと思いますけどね
本格的に展開していくためのね
今は正規販売店とかがあるぐらい?かなと思いますので

台湾でうまくやるには、台湾人にどれだけはまれるかって所だと思いますが
例えば、現在第一人者の波多野結衣さんっていうのは、有名女優さんに似てるって所からはじまりましたけど
なかなかそういう上手い話って無いでしょうからねぇ
因みに、ちょっと違いますが、蒼井そらがチャイナで人気になったのは、丁度、チャイナの状況と
AV女優というチャイナ的には特異な職業の外国人が、たまたま言った発言が
一党独裁の中で生きる若者に共感を生んだという所があるでしょう
まぁ、皆まで言うのはあれですが、
そういう、各国の状況っていうのをよくよく理解して行動なり言動を行うと、所謂リップサービス的な事を行うと、
もしかしたら、大きくハマるなんて事があるかもしれませんね
その代わり状況によっては活動の幅が限定的になる可能性もありますけどね
ただ、女優本人はわからないでしょうが、関係者はそこまで考慮し、選択肢や知識として持っておくのは
売る側の責任として当然だとは思いますけどね












目立ったトピックスに関してはこんなところですかねぇ





では、次に、女優さんの話



昨年も書きましたし、上半期にも書きましたが

高橋しょう子、三上悠亜

この2大ビッグネームが今年も強かったですね


【数量限定】濃厚極上風俗フルコース 高橋しょう子 (ブルーレイディスク) 特典DVD付き - アダルトDVD通販 - DMM.R18



【数量限定】美乳がポロリ 国民的アイドルのラッキーおっぱいハプニングSP 三上悠亜 生写真3枚付き - アダルトDVD通販 - DMM.R18





動画に関しては、今、VRブームということで、企画女優さんの方が強いですが
まぁ、これを除いて考えると、今年もこの2大ビッグネームの強さが際だちましたね

まだまだこの勢いは続きそうです

ただ、これはあくまでも個人的な印象なんですが

高橋しょう子さんに関しては、今後、AV女優としてどう成長していくかということころが
課題になっていくような気がします
やっぱり、まだ、ルックスに頼ったところはあると思うんですね
今はそれで十分過ぎる状況ではありますが、
今後いろんな作品と撮っていく中で、
どう変わっていくのか、変わらないのか、注目しています

三上悠亜さんに関しては、良い意味でも悪い意味でも、こなれてきたなぁという印象を持っています
完全に、AV女優として、慣れてきたなと
作品によっては、それが吉と出る事もあれば、凶と出る事もあると
やっぱり当初よりも、今、どの作品見ても、余裕があるんですよね
余裕を持って撮影してると
これはどうしようもない事なんですが
撮影慣れしてくると、作品によっては、その余裕が、手抜きに見える事があるんですよ
当初やっぱりよくわからない事もあって、全部が全力で必死な感じが伝わってきていて
それが個人的には凄くよかったんですよね、肩書きとのギャップがね
今は、全部にやっぱり、AVの撮影に慣れてきたこともあって、たまに余裕と余力が見え隠れすることがあって
それが個人的には、たまに、今回外れだなぁと思うときがあると
これはどうにもならない難しい話なんですけどね

上記は、あくまでも私の印象なんですが、これによっては、
今後、また、状況が変わっていくかもしれないなと思ってます
が、そんなこと考えて見てる人は殆どいないと思いますので
この二人に対抗できる人が出てこないと、状況はそうそう変わらないでしょうね




全体としてはこんな感じになってしまうんですが、
上にも書いたとおり、この二人に対抗できる人が出てこないと・・・という所がありますので

次は、今年の新人女優の話にしたいと思います




まず、今年、一番、個人的にサプライズだったのが、仲村みうです


中出し4本番 芸能人MOODYZデビュー解禁SP!! 仲村みう - アダルトビデオ動画 - DMM.R18




実際、今年、MUTEKIのは売れましたし
今年の新人女優の中で、いの一番に名前が挙がるのは必然ですね

で、更に、もう、発売されてますが、
一応、1月1日付けでMoodyz専属ということで本格的にAV参戦と

今後、どう活動していくのかわかりませんけどね
本気でAV女優をやっていくのか、それとも一時的なものなのか
私は長く続けて欲しいですけどね
すぐ辞めても何のメリットも無いでしょうし
だって、もう顔は割れてるわけで、辞めてもそういう事を元に今後も仕事していくしか無いでしょうし
つまり、元芸能人で元AV女優という肩書きを利用して仕事していくって事ですね
10代の頃から芸能界にいて、今更、普通の仕事なんてできないでしょうから
なら、きちんとやりきって、
なんちゃってじゃなくて元AV女優と言える状況にしないとホント意味無いわけで
なんちゃってだと語れないでしょうしね、1,2回V出したぐらいで元AV女優として語られてもねぇ・・みたいな

ただ、最初から中出しって、短期決戦にしか見えないんですよね








基本、売上的に特筆すべき新人は仲村みうだけなんですが

ただ、それ以外で、MUTEKI系以外の新人として
今年、個人的な評価が一番高かったのは、アイポケの桜空ももです


Gカップグラビアアイドル桜空もも初ベスト 原石 (ブルーレイディスク) - アダルトDVD通販 - DMM.R18



【数量限定】リアルガチファン限定 デリバリーセックス あなたの自宅に桜空ももをお届けします 大ボリューム220分5本番+手コキ男潮充実の6コーナー 生写真3枚付き - アダルトDVD通販 - DMM.R18





今年もたくさんの新人がデビューしていきました
当然、売れてる売れるだろうなと思う人はたくさんいらっしゃるんですが
その中でも、客観的評価が一番高いのが
桜空ももさんですね

5月デビューですが、私7月の時点で既に、今年一番評価が高い、頭一つ抜けてると書いてました
どこかが飛び抜けて優れているっていう感じじゃなくて、どこも優れているので
結果として総合評価が頭一つ抜けると

ホント良い体してる、体が本当に綺麗
身長もそこそこあるので、立ってて絵になる
顔の趣味に関してはみんなそれぞれあると思うのであれですが
まぁ私の好みでは無いですが、普通に、十分に可愛いでしょうし
声も可愛い
この時点で、総合点が非常に高いんですが
これだけなら、私もそこまで評価してないんですけど
1作目、2作目見て確信しましたね
この子は凄く良い
単に見た目だけじゃない、新人離れしてると
あんなに、デビューして1,2作目から自分でイキまくる人なかなかいないですよ
特に、大手で専属デビューするような人ですと、なかなかね
更に、実際は知らないんですけど、イベントの対応も良いようですし
twittterの言動や動画で話してる感じを見ると、頭良さそうですし
パブもたぶん、ほぼ全開と

ということで、ほぼほぼ非の打ち所がないというか

ですから、ちょっと言い過ぎかもしれないですが
高橋しょう子に肩書きが無いとした場合、現在、高橋しょう子に肩を並べられるのは桜空ももじゃないかと思います
AV女優としてだけ見ると、今は、高橋しょう子よりも桜空ももの方が優れてると思います

そのくらい、今のところ、一回スイッチ入ったときの乱れっぷり、イキっぷりと、何でもこなす器用さ
これらが本当に新人離れしてるなと

やっぱり、これだけ見た目が良くて、大手でデビューとなると
最初は、持ってるものだけで、いきますよ、作品出していきますよ
だって、この体あれば、適当にやってても、そこそこ売れると思いますから
でも、その、持ってるものに胡座をかいていないところが、非常に好感を持てます

だから、桜空ももに関しては、後は、もう、周りの責任ですよ
どれだけ売り込めるか
パブ全開なんでしょうから、あとは、どれだけ知名度を上げて、売り出せるかにかかってるかなと

結局ね、知名度なんですよ、みなまで言いませんが
知名度だけで、全く評価されてないけど売れてる人とかいるでしょ
現実はそういうところがあってねぇ・・・
悲しいかな、売名だけでどうにかなるってケースもあるんですよね
個人的にはそういうやり方を評価したくないし推奨もしたくないですがね
まぁ、私だけじゃなくてみんな評価してないでしょうけど
でも、売名とまではいかなくても真っ当な知名度アップが必要なのは事実でして

今のところアイドル売りなんでしょうから、前ならマスカッツにっていう話なんですが
現状ああいう状況ですし
来年からはNEXTマスカッツ、ポストマスカッツを考えていく年になるんじゃないかと思いますが
その話はまた別の機会ということで

ということで、久しぶりに、MUTEKI出身じゃない新人女優で、期待の子が出てきたなと
一応、元グラドルって事になってますが、まぁ、あれはね
アイポケもRio、きっしー亡き後、ようやく核になりそうな子が出てきたんじゃないでしょうかね


まぁ、人によっては、何でこいつ?って思う人もいるかもしれませんが
それくらい、今年は、例年にもまして、どんぐりの背比べって言い方もできるし
みんなレベルが高くなってきて甲乙付けがたいとも言えますしね
あくまでも私の独断と偏見で点数を付けていった場合、一番点数が高い新人女優という事で





一般的には、AVOPENでグランプリとった吉高寧々さんとかを挙げる人が多いのかなとは思いますが


世界最高の新人グラドル風俗嬢 ご奉仕初体験フルコース 吉高寧々 - アダルトDVD通販 - DMM.R18



吉高寧々さんは、確かに、可愛いと思います
写真映りが悪いのか、実際に動いてる方がもっと可愛いです
AV女優全体を見渡してもかなり可愛い方だと思います
ただ、それだけなんですよね
良い体してるってわけでも無いんですよね
胸も無いのもあって、あんまりメリハリのある体ってわけでも無いですし
裸になってもあんまりエロくないんですよね、妙にガタイが良いですし
じゃ、撮影になったらどうかと思えば、特に、普通っていうか
新人ってこんなもんだよなって感じで、良くも悪くも普通って感じ
確かにAVOPENでグランプリとりましたけど、個人的にはあんまりぐっと来るものが無かったです
ですから、個人的な評価はそこまで高くないんですよね、ファンの方には申し訳ないですけど
ただ、それもあくまでも私の個人評価なので
今後、どう売っていくのかとか、どれだけファンがついていくのか
そういうところで、今後色々変わっていくでしょうし
折角、AVOPENで三冠取ったんですから、上手くいってくれるといいなとは思います






さて、2017年を振り返っての話は以上になります

私はこんな感じで振り返ってみましたが、みなさんはどうだったでしょうか

未だに某騒動の影がちらつき、怒りと憤りを感じてるファンもまだまだ多いでしょう
これに関しては本当に呆れるくらいくだらない話に帰結してるんだけれども
それでも、常に攻撃を狙っている輩がいると言うことだけは、
最低限、全てのファンと業界人が頭に置いておくべきことでしょうね

ただ、そんな後ろ向きな事ばかり考えててもしかたありません

来年はまた色々変わっていく節目の年になっていくような気がします
そんな中で、また新しい潮流が出てくることもあるでしょうし
またとんでもないビッグネームが出現する可能性もあります
そういう景気の良い話ばかりが続くように願っていると同時に
願っているだけじゃなくて、業界人のみならず、ファンも
出来れば、自分が推してる女優さんの事だけじゃなくて
やっぱり斜陽な業界でもあり、常に攻撃を受けている業界でもある、ということを意識して
どうすれば業界全体にプラスになるのかを考えながら
普段から、言動なり行動なりをとっていって欲しいなと思います

では、良いお年を




P.S.
こんな個人の日記ブログに関して、たまーに、非常によく言ってくださる、評価してくださる方とかいて
非常にありがたい話ですし、こんなもんでも暇つぶしに使っていただいて、恐縮してるんですが
あくまでも、お金をもらって書いてるわけでもありませんので
こんな事書いて欲しいだとか、色々要求いただいても、なかなか期待に添う事は難しいです
ある意味、ストレス発散で文章を書いてる節がありまして
思うがまま書いてるんですね
もしもお金出していただけるんなら何でも書きますけど笑
そういうわけにもいきませんでしょうから、今後も好きなように書かせてください
ただし、ある程度は考慮しますから
でも、本当にストレス発散で文章書いてるんで・・・笑
ただ、色々コメントいただければ、そして、そのコメントを公開してよろしければ、
答えられる範囲で返答などはしたいと思います
ただし、私、あくまでも、AV業界に忖度しますよ、ある程度は
業界に不利益になるような事を聞かれても答えるつもりはありませんので
昔、そういうことを、善意の第三者のフリをして余計な事聞いてくる人とかもいたんでね
私、無茶苦茶警戒心と感が鋭いですから





Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVが売れない時代 再考 その3

 【07//2017】

非正規AVとの関係をどう考えていくべきか


私がここ数年、陰に陽に書いてる様々な点に関する根幹部分にはこれがあるんですね


今後は専属が中心になっていくと言ってるのは、
非正規AVとの最大の差別化として、女優の質が大きいと考えるからです
それだけの質の女優を非正規AVにいかせないためには、
ひいては、アンダーグラウンドな世界に入り込ませないためには
専属として、好条件・好待遇でAV業界に来てもらう必要があるからです
当然、昨今の締め付けの影響で、スカウト活動が制限されることによって
新人の供給が減ると思われることもあります
新人の供給が減る=売れる、質の高い女優の出現確率が減る
よって、AV女優を使い捨てて回転数で利益を増やすような従来の売り方(短期間で消費させる)は難しく
売れる女優は専属で末永く活動してもらうことで、作品だけじゃなく
周辺事業も含めた総合的なビジネスでAV業界は利益を出していくことになるからです
企画で残っていける人ってほんの一握りですから
これは以前にも書きましたね

マスカッツを支持するのもそうです
安易に非正規AVにいかせないためには、AV業界のイメージアップが欠かせないからです
私がマスカッツを絶賛し、初代マスカッツの功績と影響に関してまとめた多くの記事を書いたのも
マスカッツがAV業界に与えた最大の功績は、業界が30年近くも達成できなかった
AV業界のイメージアップをたった5年で成し遂げた点にあるからです
このイメージアップという事はAV業界の全ての人間が普段から常に持っておくべき事ですね

AVOPENを支持するのは、最早、対峙すべきは非正規AVであって
非正規AVよりも魅力的な作品を世に出すには
単にメーカー同士を商売敵としてだけ見ていては、ダメで
非正規AVよりも圧倒的に魅力的な作品を生み出すように、
お互い切磋琢磨する状況、環境の構築が欠かせないからです
また、単に、AVを抜くためだけの存在として見てる人が多いと思いますが
そこだけに行ってしまうと、非正規AVとの差別化がより厳しくなるので
AVの見方というものを、総合的に底上げするためにも、日本の文化、サブカルチャーとして
様々な鑑賞の仕方を提示する上でも、多くのジャンルを世に紹介していくことは大事な事です

JapanAdultExpoを支持するのは、この場が単にAVファンだけのためではなく
AV女優のためでもあるからです
こういう華やかで、楽しい場というのは、AV業界にいるから関われるのであって
非正規AVに関わっていては、参加できないですからね
また、こうやって女優同士が同業者とふれあう機会を増やすことで
仕事に対しての意識やモチベーションにもプラスになり
結果として業界全体の好循環に影響するからです

DMMアダルトアワードやスカパー!アダルト放送大賞も同じです


全部繋がってるわけですね


これが全てっていうわけじゃないんですよ
勿論、今ある状況だってきちんと回っているし、業界を支えているものでもありますから
それはそれで頑張っていけば良いんですが
間違った現状認識をしたまま、今の状況を維持していくだけとなると、
それは後々間違っていきますよ、という事です





私が一つ考えていることがあって

非正規AVの中でも、やっぱり無料で公開されてるものとどう対抗するのか?という点に関して考えなきゃいけないと

単に、違法アップロードだけじゃなくて、出所不明のものも含めたら大量にあるじゃないですか
ですから、そういうのも含めて、対抗しなきゃいけないわけですよ

それで、無料動画には、無料動画で対抗するっていうのがあるんじゃないかと思うんですね

「いやいや、無料動画で対抗するっていっても、こちらが出せるのは、サンプル動画程度ですよ?」
っていうのがあると思うんですが、
それだとね、最早、対抗できないと思うんですね

なので、きちんと色々考えないといけない部分はあるんですが、
基本視聴無料みたいな事にできないかな?と思ってるんですね

要するに、経費の多くを広告料で賄えないものかと
例えば、月額課金、しかもかなりリーズナブルで、課金してもらうと快適に視聴できるが
無料の人は、バンバン広告とかCMとかは入ると

スポンサーがつくかどうかという話があるんですがね
あまり詰めて考えてないんで、これは一例であって、
どうにか、無料動画に対して、目には目を歯には歯をという方法論は無いものかなと
思ってるんですね
別に無料動画見ても良いけど、でも、画質も良いのが公式で見れるなんら、
わざわざ探さなくても、公式で見れば良いじゃんっていう風にならないものかなと

そうすることで、相対的に、所謂無料動画を衰退させられないものかと
そんな違法動画見るぐらいなら、合法的に無料で見たらいいじゃん?ってなれば良いわけで
実務的な事と啓蒙活動が合わさってるわけです

たまに、もの凄い安い値段でバーゲンセールしたりするじゃないですか
あんなのできるくらいなら、何とか実現できるんじゃないかと思ったりするんですよ

なんなら、例えば、ずっと、ワイプで広告流しても良いんですよね
ワイプの場所を視聴者が四隅のどこかにずらせるような機能があれば視聴に問題はないでしょうし

まぁ、広告を誰が出すんだよっていう話がネックにはなりますけどねぇ
そもそもそうなると、今までのフルプライスでのビジネスモデルはどうなるんだ?って話になっちゃいますからね


このように、単に、違法アップロードだけに焦点を当てた対抗処置じゃなくて
違う方向からの、非正規AV全体に対しての対抗処置も考えていくべきだと思うんです
無料動画に対して受け身じゃない対抗の仕方というか
そういうのを模索していかないといけないかなと思います



もう一つ、
別にAVに限ったことじゃ無いんですが
前にちょっと軽口をたたいて、DMMがドワンゴを買収して欲しいって話を書きましたが
その延長で、購入したAVにコメントを打てるサービスができないものかと
特に、企画ものとか、もの凄いコメント打ちたいんですよ
レビューじゃなくて、リアルタイムにコメント打ちたいわけですよ
こういう基本AVは一人で見るものですけど、
大勢で見るAVの鑑賞の仕方というのも提示してけば、また、非正規AVとの差別化になるんじゃないかなと
以前は、ニコニコ動画のR-18でやれたんですが、既に、R-18は崩壊してますし、何より今は画質が悪いですから
そのためにはドワンゴをDMMが買収して、DMMの技術も投入して問題になってる画質等も上げないといけないですし
今、R-18を規制してるドワンゴの状況を買収することで緩和させないといけないですね







単なる批判や分析だけで済まさないで、一応、対案、対抗策なんかも書いて
まともな記事にしてみました



前から書いてる事なんですが、業界全体としての目標、ビジョン、方向性、、、等々をたてるべきだと思うんですよ
もっと業界全体として意識を統一して、この厳しい状況を乗り越えていかなければならないと思います
みんな、目の前の利益だけしか見てないじゃないですか
個々の利益だけ
でも、それだと、この前の騒動みたいなことを事前に想定することもできないし
業界全体の方向性も決められないし、目先の事で混乱し右往左往する事になります
縮小傾向で厳しいと言われるAV業界を今後も発展させていくには
やはり、大局的な戦略が必要なんじゃないかと思うわけです
そういう様々な事を考える上でのキッカケにでもなればと



終わり









Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVが売れない時代 再考 その2

 【06//2017】

線引きによって、どうなったか?

事実上、

「AV と AV以外 の 対峙が明確になった」

という事になります


あまり、大きな声で言いたくない事ですが
この先の話をする場合、言わなければいけないことなので、敢えて触れますが


IPPAもインタビューで言っていたことで

「線引きをしないと、我々が関知していない事まで、AV業界の問題として扱われてしまう」

というのがあります

そりゃそうですよね
だって、どこの馬の骨ともわからない人間達が、勝手に作って勝手に商売してるものに対してまで
業界として、責任が持てませんって、当然の話ですよね

例えば、自動車を違法に製造していて、その自動車で事故が発生したからといって
じゃ、自動車業界が責任を取れと言われても「は???」って話ですからね

そういう意味で、今後のことも考えると、AV業界としては、線引きは必要だったわけです
我々が関知していない所で発生しているものは、一切知りませんと
寧ろ迷惑で、取り締まってもらった方が良いと

わかる話ですよね?誰もが、そうするだろう、そういう判断をするだろうと

で、AV以外として、インディーズ制作のものも入りますが
実は、海外配信もの、所謂、無修正の動画も入るんですね

つまり、日本のAV業界は、無修正の海外配信ものに対して、壁を作ったことになります

だって、よくよく考えると、海外配信ものに関して言えば、AV業界は、関係浅からぬ訳です、事実上はね
各事務所も当然関係があったわけです

にも関わらず、今回の馬鹿げた騒動の中で、警察側の意図が、
無修正、特に、
以前から警察側と闘争があったFC2の無修正配信の件
こういったことから端を発する、別件調査で行ったソープ摘発等の警察側の無修正関連情報収集用の摘発の動き
この一連の状況から、
AVというよりも、この無修正を摘発するという所に大きな目的がある事がわかった事で

AV業界はどういう判断をしたかというと、

今までは、関係が全く無かったわけではないこういった海外配信ものも含めたものを
非正規AVとし、AV業界とは全く関係がない、寧ろ摘発していくべきとして
排除する方向に舵を切ったわけです

しかし、日本が無修正を認めていない時点で、こういった判断になるのは、仕方のない事です

海外配信の業者も色々思うことは合ったとしても、状況的に仕方のないことだろうと思っているでしょう
そもそも、日本のAV業界自体が潰れてしまえば、将来の自分達の首を絞めることになりかねないですから

ただし、現実として、
AV業界は、海外配信その他をスケープゴートにすることで
事態の収拾を図った事は、事実です

ですから、某女優さんや男優が逮捕され、結果として不起訴となりましたが
あの見せしめ逮捕に対しても、全くノーリアクションだったんですね
あれは、警察からの警告であって、要するに、無修正には気をつけろよ?というね
だから、到底、起訴なんて不可能にもかかわらず、無理矢理、見せしめの逮捕をやったのです
見せしめだと断言できるのは、ぶっちゃけたいした話でも無いのに
事前にメディアに連絡しカメラに撮らせていたからです
因みに、ソープの件もそうですよ、あれも見せしめ逮捕です、同じようにわざわざ映像を撮らせてましたから
あんな別件逮捕であっても、警察は脅迫に使ってました

これだけ見せしめ逮捕でAV業界を脅迫し続ければ、もう、業界としてはどうにもなりません

ですから、スケープゴートにされた当人達にとっては気分の良いものでは無いと思いますが
理解できない話じゃないとは思います



さて、このように、AV業界は、
正規AVと非正規AVという区別をつけ
AV業界としては積極的に摘発すべきであるとした事で
事実上、AV業界と、AV業界以外とは、完全に対峙する状況になりました





これが、今のAV業界の現状や立場なんですね


整理すると、


正規AV(IPPAが認証した正規ルートで販売されているもの)

非正規AV(IPPAが認証していないもの全て。海外配信、インディーズ制作、素人制作、違法アップロード等々)

AV業界=正規AVである
非正規AVとはAV業界は一切関係が無い、不適切なAVは摘発すべき

AVが売れないのは
AVが違法アップロードされているだけでは無い
非正規AV全体の問題である
今後、AV業界が対峙していかなければいけないのは、この非正規AV


続く・・・








Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVが売れない時代 再考 その1

 【04//2017】

以前も書いたことありますが、
昨今様々な情勢の変化もありますので、再度、色々と考えてみたいと思います




一般的に売れない原因に、違法アップロードの問題を挙げる人が多いと思います

業界の人間でも、定期的にそれに対して怒っているツイートをする人を見かけます


確かに、それも一つの問題としてあると思います

ただ、私の感覚から言って、デジタルデータを取り扱い、また、ネットを媒介する以上
著作物の違法コピー問題は、生涯イタチごっこであると思っています

どんなに対策しようが、どんなに法規制しようが、イタチごっこであると
そもそも個人間の貸し借りを現実的に取り締まれない以上、完全に撲滅なんて不可能です

だからといって、追うことが無駄だと言っているのではなく、追わなければ無法地帯になってしまいますので
イタチごっこはずっと続けていく必要があります


ただし、私は、ある意味現状維持がベストであるとも思っています

何故かというと、私のようにネット黎明期からネットを使い、パブリックなものからアンダーグラウンドなものまで
あらゆるものを見てきた感覚から言いますと
あまりにも雁字搦めにしてしまうと、
最終的には、地下に潜ってしまい、外からは何もわからなくなる可能性があるからです

今ぐらいの、ある程度監視ができる範囲で、定期的に度が過ぎているものを摘発する、
そういう状態が、状況を安定させるには、ベストであると思っています

基本、人間の考えたものには、必ず人間が抜け道を考えるものです

ネットで言うならば、全員が地下に潜ってしまい、
個人間のやりとり等々の監視しきれないものが主流となってしまった場合
最早、どうにもならなくなってしまうでしょう
そういうコミュニティを構築するツールを作る人も出てくるでしょうしね
暗号化され地下に潜ったコミュニティツール、サイトまで規制することなどできません

ネット黎明期のほぼネットが無法地帯であった頃の事を思うと、今の方がまだわかりやすいですよ
例えば、今、動画が世の中、山ほどアップロードされてますし、アップロードできるサイトが山ほどありますよね
私ならデジタルデータを動画データに偽装する方法を考えますよ
つまり、動画データの中に、本来の違法デジタルデータを偽装して入れ、
一見、普通に、Youtube等で再生すると何の変わりもない普通の映像が再生可能であるが
実は、映像にデータが偽装されていて、複合ソフトに通すと、データを取り出すことができると
これ、今、誰かが開発して、ヤラレはじめると、まぁ、根気よく解析しまくれば何とか見つけることができるかもしれませんが
データを暗号化し、分割し、アップロード先も分割したりすると、最早、気の遠くなるような追跡になってしまいますよ
そもそもデータを分割・暗号化なんてすると、そもそも1個のサイトだけでは何のデータかわかりもしないし
復号キーなりパスワードなりを、地下に潜ったコミュニケーションでやりとりされると、状況の把握など不可能に近いです

ですから、今ぐらいの、調査しようと思えばできる、監視できる範囲で泳がせておくのが
ある意味ベストであると、私は思います

その上で、一般人には手を出さないような啓蒙活動を続ければ良いでしょう


よって、最早、違法コピーというのは、AVに限らずどの世界にも存在する問題であるので

問題の焦点をここだけに絞ってしまうと、思考停止になってしまいます





そこで、改めて考え直してみたいと思います

まず、AVが売れないっていうのは何故なのか?

AVが売れないからと言って、世の中、そんなに皆草食系なのか?と言われれば
それは違いますよね?

みんな、どんな時代でも、エロは大好きですから

今でも、例えばの話、最近よくする話で、AbemaTVなんて、無理矢理エロ要素入れて
視聴者数稼ぎをやってますよね
で、わかってても、まんまと見てしまうんですよ
つまり、草食系なんて言うのは、リアル行動についての話であって
頭の中まで草食系ではないと言えます

よって、AVが売れない理由は他にあるという結論になることは自然です


そりゃそうですよね、リアル行動として世の中草食系になっていたとしても
みんなオナニーはするわけですから


で、次に出てくるのが、無料動画の存在という事になります

みんな買わずにこういうのですませてしまってるんだろうなと


ここまでは、当たり前の話になります



ここで一括りに無料動画と言っていますが、
要するに、無料で見られるエロ動画全般ということで
この中には、上記の違法アップロードも含まれます


最初に、何故、違法アップロードのみに焦点を当ててしまうと思考停止になってしまうと書いたかと言うと
その問題は、多くの問題のうちの一つでしかないからです

そして、私は、今後は、それ以外の問題の方が大きくなっていくだろうと思っています


先ほど書いたとおり、

AV(デジタルデータ)の違法アップロードはイタチごっこであり、最終解決なんてしない問題であると

永久に付き合っていかなければならない問題である

これ以上、良くもならないし、悪くもならない

寧ろ、AVだけじゃなく、あらゆるジャンルの共通問題であるから

AVだけがそこに焦点を当てていては、思考停止で、先に進めなくなります




次に、考え方として、AVとはなんぞや?という事を決めておかないといけないです


AV、当然、日本で制作されたAVです

AVとは、IPPA等の認証団体により認可を受けた正規ルートで販売されているもの

と、定義します

これはIPPAも言っている話です


つまり、ここで言うAVが売れなくなってきているという時に指す言葉としてのAVは
このAVを指すのであって
これ以外は、全て、非正規AV、AVでは無いとします


AVの違法アップロードだけではなく、このAV以外の単なるエロ動画が
今後、AV業界が対峙すべき問題であると、私は考えています


このAV以外の単なるエロ動画には、所謂、無認可のインディーズ制作
つまり、素人が勝手に作ってるエロ動画も含みますし
本当に一般人が自撮りをして出しているものも含みますし
海外の所謂無修正エロ動画も入ります
そして、それらや、そのエロ動画の違法アップロードも入ります



私は、昨今の一部が騒ぎ立てたAV強要騒動によって出された

「AV業界の線引き」

つまり、

「ここからここまでがAVであって、それ以外はAVでは無いし、AV業界は関係ありません」

とした事で、この、AVとAV以外の対峙は明確になったと思っています


これがいけなかったと言うつもりはありません

私も、この方向性が出される随分前から、いち早く「線引き」の重要性を書いていましたから

ですから、この状況を収束させるための施策の一つとして

これはやらなければならなかったことだと思っています


しかし、結果として、あやふやにすることで保っていた状況に、境界線を引き、
ハッキリと隔てることになったと思います


続く・・・






Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る