2013 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 11

プラズマテレビ の生産を終了へ パナソニック

 【31//2013】

パナソニック、プラズマテレビの生産を終了へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131031-00000099-zdn_lp-prod

パナソニックは10月31日、プラズマディスプレイの生産を終了すると発表した。「事業環境の急激な変化と薄型ディスプレイ市場におけるPDPの需要減少などにより、事業継続は困難であると判断し、生産終了を決定した」(同社)。

 同社は2000年以降、大画面はPDP(プラズマ)、中小型はLCD(液晶)というパネル戦略でPCP事業を推進してきたが、LCDの急速な大型化に加え、2008年9月のリーマン・ショックを契機とする世界的な価格競争の中で苦戦を強いられてきた。パネル事業では非テレビ用途の展開や固定費削減など、さまざまな改革を進めてきたが、さらに抜本的な事業構造改革が必要と判断した。




うちのメインTVは未だに昔買った50インチプラズマTVなんですが・・・
まぁ、ゲームするには液晶より良いと思うし、普段TV見ないですし、良いんですけどね

プラズマTVって色々紆余曲折しましたねぇ・・・おつかれさまでした
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

スマホ を"自作"する時代がくる? モトローラが「Project Ara」構想を発表

 【30//2013】

スマホを"自作"する時代がくる? モトローラが「Project Ara」構想を発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00000159-mycomj-sci

Google傘下の米Motorola Mobilityは、組み立て式スマートフォンを作るための開発者向けオープンプラットフォーム「Project Ara」構想を発表した。Androidのようなオープンプラットフォームをハードウェア分野につくることで、スマートフォンの技術革新を加速させ、開発スケジュールを短縮させるという。



はじめて買ったPC以外は今まで全て自作PCばかり(ノートPC除く)の自分としては、何でも自作したいわけで
もし出るなら自作したいですが、ポイントとしては
・作成に特別な工具がいらないこと
・値段とスペックを比較すると、市販のものよりも良いものが作れること
・市販のものよりもハイスペックなものが作成可能なこと
・OSは最低限の所から組み込みが可能で最終的には市販以上のスペックがもてること
ここら辺が最低限でしょうか
でも、たぶん、部品が小さいこともあって、特殊工具は必要そうですけどね
できれば、精密ドライバぐらいで作れると良いでしょうけど
あとは、スペックの問題でしょう
圧倒的にスペックが高いものが作れることができないとね、意味無い
値段的にもそれにあうものじゃないと、結局、市販のもの勝った方が良いって話しになりますね
あとは、それにのるソフト次第でしょうかね
現状いらないものも結構あると思いますしね
カスタマイズしまくって性能向上、効率アップができればといったところでしょうか


ここまで書いて思うことは、たぶんダメそうだな・・・という印象です・・・
関連記事

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

地球の生命、高温化で28億年後に死滅?

 【29//2013】

地球の生命、高温化で28億年後に死滅?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000002-natiogeog-sctch

今から28億年後には地球上の全生命が死滅に追い込まれるという、厳しい現実をつきつける研究結果が発表された。

 現在、地球に住む生命にとっては快適な温度が保たれているが、今後の進化の過程で、太陽は温度を上昇させるとみられる。今後50億年以内に、核融合に必要な燃料を使い果たした太陽は「赤色巨星」と化して膨張し、我々の住む地球もいずれ飲み込まれるという。

 しかし、現在地球に生息する生命体は、太陽が赤色巨星の段階に達するはるか前から、上昇する気温に影響を受けるとみられる。



太陽の寿命が50億年ぐらいっていうのは広く知られている話しで、それに関連して地球もそれくらいで終わると認識してる人多いと思いますが
よくよく考えてみるとその前から地球の生命体には影響与えますよねって話ですね

この手の話しで妙に不安になる人もいるかもしれませんが
1億年でも途方もない時間ですから、25億とか意味が分からないと思います
その頃には、もう人間の原形をとどめていないかもしれませんしね、進化で
まぁ、普通に他の惑星に移住してるでしょう

ただ、太陽系外にいけばいいかと言えばそうでもなくて、我々がいる天の川銀河って、お隣のアンドロメダ銀河と引き合ってるんですよね
近づいているんです
で、そのうち合体するんですねぇ
その衝撃で、たぶん、お互いの銀河系内の星々は一回全部ガラガラポンされちゃいますね
もう一回惑星とか作り直しですねぇ

まぁ、人類の進歩速度を考えると、1億年後には、もう現在の人間とはかけ離れた状況になってるでしょうから心配する必要も無いですね
元記事の最後にも書かれていましたが、そんな気が遠くなる話しだと逆に安心して良いのだと思います

関連記事

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

夕焼け の 科学

 【29//2013】

ちょっとためになる話を転載
たぶん中高生ぐらいの科学で習ってそうだけど
みんな正確な所は忘れてるよね




なぜ赤い? 夕焼けの科学
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000003-natiogeog-sctch

真っ赤な夕焼け空を見ると自然にカメラを構えてしまう、という人も多いだろう。だがここで、ある疑問が湧いてくる。うっとりするほど美しい夕日の日もあれば、そうでもない日もあるのはなぜなのか?

 米国海洋大気庁(NOAA)の気象学者で、色彩に富んだ夕焼けに関する論文を発表しているスティーブン・コルフィディ(Stephen Corfidi)氏に、光の見え方について話を聞いてみることにした。

◆きれいな夕焼けが起こる仕組みを簡単に説明してもらえますか?

 まず、人間の眼で見ることができるのは、太陽から発せられる電磁波のごく一部にすぎないことを頭に入れておいてください。太陽放射の波長は広範囲にわたりますが、人の眼で感知できるのは可視波長と呼ばれる範囲に限られます。色はそれぞれ異なる波長を持っています。

 光が地上に到達する際の条件によっては、可視波長が人の眼に届かないこともあります。光の一部が大気に吸収されてなくなってしまうのです。

 つまり、きれいな夕焼けというのは毎日起きているものの、かならずしも地上から見えるわけではないのです。

◆ほかの時間帯に比べて、夜明けや日没時の空がオレンジや赤に近い色に見えるのはなぜですか?

 太陽光線が大気中の微粒子にぶつかると、“散乱”と呼ばれる現象が起こり、一部の波長が四方八方に散らばります。このような散乱が数限りなく繰り返された末に、日没時に太陽の光が人の眼に届くことになります。

 大気中の微粒子の主なものは酸素と窒素ですが、これらは極めて微小で、太陽光の波長の1000分の1ほどしかありません。つまり、色の中でも波長の短い青と紫から先に、これらの粒子にあたって散乱していきます。昼間、空が青く見えるのはこのためです。では、昼間の空の色が最も波長の短い紫に見えないのはなぜでしょう。それは、光に対する人の眼の感度が、スペクトルの中間に位置する緑(紫よりも青に近い)で最高になるからです。

 ですが、日没時には、太陽が真上にある日中に比べて、太陽光が大気層を通過して人の眼に届くまでの距離が長くなります。つまり、波長の短い青は、地上に届くころにはほとんどが散乱してなくなってしまうというわけです。アメリカ西海岸では光線中に青が含まれていたのが、東海岸に到達するころにはほとんどオレンジと赤しか残っていないというようなことも考えられます。

◆では、西部のロッキー山脈と東部のアパラチア山脈のどちらにいても注がれる太陽光は同じで、基本的に日没時に東部に届く光は西部の残りもの、ということですか?

 そのとおりです。多くの人はおそらく気づいていないと思いますが。色の見え方は、光が地上に到達する距離と、対象物がその光をどう反射するか、さらにはその光に対する人の眼の感度によって変わってきます。色の見え方に絶対的な基準などないのです。

◆ちりや大気汚染が原因で夕焼けが美しくなるということはありますか?

 いいえ。よく耳にする話ですが、下層大気における一般的な汚染に限って言えば、これは俗説にすぎません。実際はむしろその逆で、大気の下層に大量の粒子があると、より多くの光が吸収され、全ての波長が多かれ少なかれ不規則に拡散されることから、ぼやけた色になる傾向にあります。つまり、ドラマチックな夕焼けは期待できません。

◆季節の違いは夕焼けに影響しますか?

 特にアメリカ東部では秋と冬にひときわ鮮やかな夕焼けが見られますが、これは太陽光が通過する大気が澄んで乾燥していることが多いためです。

 私は東部のメリーランド州ボルチモアで子ども時代を過ごしましたが、このことが気象に興味を持つきっかけになったと思います。今日の夕焼けはなんでこんなにきれいなんだろう。そんな疑問を抱いたものの、よくある天気の本を見ても答は一向に見つかりませんでした。これは天気予報というより、むしろ自然物理学的な問題なのです。

◆予報と言えば、「夕焼けは船乗りを喜ばせ、朝焼けは船乗りを用心させる」という英語のことわざがありますが、これは科学的に見てどうなのでしょう?

 夕焼けが美しいというのは、大量の澄んだ空気が西側にあり、それが翌日こちらにやってくる可能性が高いことを示しています。

◆つまり逆に言うと、天気予報できれいな夕焼けを予測できるということですか?

 はい、ある程度は予測できます。ですが、このような情報を有難がるのは、おそらく映画監督かカメラマンくらいでしょう。ほとんどの人は、明日雨になるかどうかが分かればそれで十分なのではないでしょうか。

◆夕焼けが見えるころには、太陽はすでに沈んでいるというのは事実ですか?

そのとおりです。実際には、我々が日没を目にする1分ほど前に太陽は沈んでしまっています。見えているのは一種の幻影です。屈折効果により光が地平線付近にたまっているのです。

◆夕焼けに関する科学的根拠は多くあるようですが、夕焼けを見るというのは非常に主観的な体験でもあるのですね?

 はい。人間の眼は太陽光の波長スペクトルのごく一部しか感知することができず、このことが周囲の見え方を決定づけています。生物の中には紫外線域を見ることができるものもいるようですが、人間には世の中で起きている事象のほんのわずかしか見えていないのです。
関連記事

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

東京ドーム、2014年のプロ野球「ボールボーイ」「ボールガール」募集開始

 【29//2013】

東京ドーム、2014年のプロ野球「ボールボーイ」「ボールガール」募集開始
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000059-mycomj-life

京ドームは、2014年度プロ野球シーズンの「ボールボーイ」「ボールガール」の募集を開始した。採用予定数は、ボールボーイ9名、ボールガール5名となっている。

応募資格は、2014年度セントラルリーグ開幕時に18歳~22歳までの学生(高校生、フリーター不可)。勤務日は、2014年3月上旬~11月末まで(一部翌年1月まで)の野球開催日。都市対抗野球や野球関連イベントなども含まれる。



世間は日シリでしょうが、敢えてこんな話題を
どうせなんかわからないけど、楽天勝つ雰囲気なんでしょ?世間的には
その方がメディア側が話題が多くて助かるからね
田中投手優勝を手土産にメジャーとかですかね、その流れでみんな(メディアが)丸く収まるんじゃないかな


さて、ボールガールですが
んー、、、巨人だからあれか
野球は子供も見に来るんだもんね

いや、海外ばりにセクシーな感じのボールガールとかいても良いと思うんだけどさ
WBCの時の台湾のボールガールはかなり可愛い感じでしたよね
それで話題作りでも出来れば儲けもんじゃないかなと思うんですがね
NPB的には青少年云々でいかんでしょって話なんでしょうね
関連記事

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

テスラ に脚光、エジソンに並ぶ発明家

 【28//2013】

テスラに脚光、エジソンに並ぶ発明家
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131018-00000002-natiogeog-sctch

19世紀末から20世紀初め、アメリカで活躍した電気技師ニコラ・テスラ(1856~1943年)。先見性のある著名な発明家へのオマージュとして、ニューヨーク州ロングアイランドに新しい銅像が建てられた。9月23日、研究所跡地のウォーデンクリフで行われた除幕式で、出身国セルビアのトミスラヴ・ニコリッチ大統領は、「彼のアイデアは、時代のはるか先を行っていた」と献辞を述べた。

 かつての雇い主であるトーマス・エジソンの影に隠れて人々の記憶から遠ざかっていたが、テスラは才能あふれる科学者・エンジニアで、700件以上の特許を取得した電気工学の巨人だ。最も有名なのは交流電流の開発で、彼の仕事は後の無線通信、レーザー、X線、レーダー、照明、ロボット工学の発展にもつながった。銅像が設置されたウォーデンクリフ・テスラ科学センター(Tesla Science Center at Wardenclyffe)の所長を務める元教師ジェーン・アルコーン(Jane Alcorn)氏は、「テスラに興味を持つ人が最近増えている。懸命に努力を続けている無名の人々の共感を呼ぶようだ。彼が成し得た偉業が再認識されつつある」と語る。

 2003年、イーロン・マスク(Elon Musk)氏率いる新興電気自動車メーカー、テスラモーターズが社名をこの先見性に富んだ偉大な発明者にちなんだのも、評価の高まりの表れだ。




今更?的な感じはありますよねぇ
エジソンなんてただの政治家・事業家のような印象ありますけどね
科学者としての功績や才能なら、ニコラ・テスラが圧倒的に上だって言うことは誰もが認めているはずです
エジソンって名前だけが一人歩きしてますからね、まぁ、本人が一人歩きさせたのですが
ただ、晩年、虐げられた天才特有の、少々変人的なところが出ておりましたので、その辺で評価がされにくいところがあったのでしょう

気になる人は、ニコラテスラのwikiでもざっと目を通して見てはどうかと思う
できれば、ニコラテスラに関する本か番組なんか見れるといいですね
関連記事

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ヒトの皮膚から直接軟骨細胞 京大iPS研 変換成功

 【28//2013】

ヒトの皮膚から直接軟骨細胞 京大iPS研 変換成功
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131017-00000138-san-sctch

京都大iPS細胞研究所の妻木範行教授らのグループはヒトの皮膚細胞を軟骨の細胞へ直接、変換することに成功し、米科学誌プロスワンのオンライン版に17日発表した。けがや老化などで関節の軟骨が失われた患者の治療などへの応用が期待されるという。

 さまざまな組織や細胞になる能力がある人工多能性幹細胞(iPS細胞)は皮膚などの細胞から作る。今回はiPS細胞を経ず、臓器や組織の細胞に特定の遺伝子を加えるなどして別の細胞を直接作製する「ダイレクト・リプログラミング」という手法。

 妻木教授らは、ヒトの皮膚細胞に特定の3種類の遺伝子を加え、約2週間後に一部が軟骨の細胞に変わっていることを確認した。この手法だと、iPS細胞を経由する場合に比べ、培養期間を含めても半分程度の時間で軟骨の細胞を得ることができるという。

 妻木教授は、「将来的には、特定の遺伝子と同じ働きをする化合物を患部に注入し、人間の体内で細胞の種類を直接変換する治療が可能になるかもしれない」と話している。




iPS細胞関係の話題はワクワクしますね
この分だと殆どの部位は作成可能になったりするのでしょうか

因みに、スタートレックDS9の終盤で、Dr.ベシアがオドーに流動体生物の体のサンプルを少し分けて欲しいという下りの話しがあります
何故欲しがったかというと、今後激化が予想される戦争のために、多数の臓器移植に備えたいという事でした
そのためには、未分化の細胞がベストで、その研究に流動体生物の何にでも変化可能な細胞の研究をしたいという話しでした
いやぁ、まさに、iPS細胞のようですね(もしかしたら厳密には意味が違うのかもしれませんが)

肝心の宇宙開発はgdgdですが、医療分野はスタートレックに近づいているのかも知れません
関連記事

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

スタートレック データ少佐の人工頭脳は正しいのか?

 【26//2013】

以前、人って何だろう?ってタイトルで人についての考察を何回か書きましたが
それを前提に考えると

データ少佐は、自然に進化していった人工頭脳では無く、かなり意図的な強制が加えられていると言えます
あのような身体的能力を得た状態で生まれたならば、寧ろ、兄のローアの方が自然に成長した状態と言えます
つまり、人工頭脳として考えた場合、ローアの方がまともで、データやデータの母親の方が強制された人工頭脳と言えます
スン博士の陽電子頭脳は実は、ローアで既に完成していたのです
ですが、まともに作りすぎたせいで、ローアはあのような人格になったのです
しかし、これは、ローアが欠陥だったからではありません
あまりにも人間の頭脳に忠実に作ったばかりに、それに必要以上の能力を備えた肉体を与えた事で、あのような人格が形成されたのです

データの場合は、成長段階で、敢えて人工頭脳の成長に対して強制するような処理を施し
データの母親の場合は、最初から元々の奥さんの人格をトレースしたことで、ローアのような自然な人工頭脳とは違った人工頭脳の開発に成功したということになります

強制とは色々なやり方があると思いますが、良く出てくるのは倫理サブルーチンというやつですね

人工頭脳としては、ローアの方が正しい
しかしながら、理想と現実の間で、スン博士がとったのは、データの方向性であった
知性体を人工的に創造した創造主としての責任感としてか
それとも、知性体を創造していたつもりが、いつの間にか、自分のパートナー、友人、、、そういったものを作ろうとしていたのか
スン博士が純粋なある意味マッドサイエンティストなら、ローアの方向性で進んだでしょう
ですが、彼は、研究途中で奥さんと結婚していますし、その当たりで心境に変化があったのでは無いかと思います

例えば、EMHドクターを考えてみても、彼は余剰メモリを使って能力を拡張できることもあり、直ぐに増長するところがありましたよね
ですが、しばしば、倫理サブルーチンに助けられていますし、倫理サブルーチンを削除された時には大変な状態になっています
そういえば、生みの親のジマーマン博士もスン博士と似たような所がありますね
他にも、優勢人類なんかもそうでしたね
優勢人類は遺伝的に人格もあのような感じなのではなく、優勢人類という肉体を有しているから、人格がああなのです
因みに、人間と殆ど変わらない優勢人類のスマイクは普通の子でした
優勢人類に関しては、倫理サブルーチン等という便利なものが無いので、最後は自滅してしまいましたね
最後に、スン博士の先祖が優勢人類がダメなら、人工生命体やアンドロイドなら可能ではないかと
データやローアを示唆するあたりは、単に、データやローアを示唆するからワクワクするのではなく
優勢人類型の欠陥を訂正するには、人工頭脳しかないと行き着く思考に、私なんかは、ワクワクします

こういった例からも証明できるように、人は人の体であるから人の心を持っているのであって
別の体に人の心を再現しようとしても出来ないのです
そのために、必ず、何らかの強制、例えば倫理サブルーチンのようなものが必要になってくるということです

少し嫌な言い方をすると
みなさん、TNGやVOYにおいて、データ少佐やEMHドクターの成長物語的な側面で楽しんでいる所もあるでしょうし
徐々に人間に近づいていく感じは、感動するところでもあると思います
しかし、それは、実は人工頭脳的な視点で見ると、甚だ茶番であるという言い方もできるのです
結局、倫理サブルーチンで強制してるに過ぎず、純粋な知性体の成長とは違うからです
本来の人工頭脳と倫理サブルーチンのせめぎ合いで感動してるわけです
まぁ、こんな事言い出しても何の意味も無いんですけどね、物語として面白いのでそれで良いわけですから

人間は、生物的に飛び抜けたものがいない事と、社会を形成しなければ生存が難しい生命体であるため
生存本能により思考に対し間接的に抑制がかけられていますが
これは頭脳に倫理サブルーチンのようなものが直接ついているわけではありません
生存本能への刺激という経験の蓄積により、そういった蓄積データに結びつきやすい状態になっているということです
本来の頭脳の成長を再現し、人に近づけるならば、こういった過程で自然にデータの蓄積を行わさせなければいけません
ですが、生物学的に人と同じじゃないと、同じようなデータが蓄積されないでしょ
ですから、世にあるアンドロイドなどの話しは決まって、よくある話しに収束しがちなんですね
どんなことにも論理的な理由があるわけです


ということで、人工頭脳的な視点で言えば、データ少佐の人工頭脳は、正しく無いと言えます
関連記事

Category: スタートレック

Theme: 俺論

Genre: その他

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

山火事は「地球温暖化と関連」UNFCCC事務局長

 【25//2013】

山火事は「地球温暖化と関連」UNFCCC事務局長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131025-00000034-jij_afp-env

【AFP=時事】オーストラリアで1週間以上にわたり大規模な山火事が燃え広がる中、国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)のクリスティアーナ・フィゲレス(Christiana Figueres)事務局長は、地球温暖化と厳しさを増す熱波には「確実に」関連性があると語った。



温暖化がさきなのか、熱波がさきなのか

気候なんかの話しの時にいつも思うこと

・気候の観測しているところは基本的に人間が居住しているところが多いと思うが、人類は大半が密集してくらしていると思うので、寧ろ、観測していない所の方が多いんじゃないの?
・地球の70%は海ですが、海上での気象観測ってどれくらい行われてるんでしょうかね
・明らかに宇宙からの影響(太陽など)が多分にあるはずですが、宇宙科学との共同研究は当然行わないと、何を研究しようが意味は無いと思いますが、やっているような発表はあまり聞きませんね、どういうことなのでしょうか?
・そもそも詳細な科学的な気象研究はここ数十年、数百年の話ですが、もっと大きく見れば地球の気候なんて大きく変動しているわけで、そんな数度の違いで地球の終わりだ的な騒ぎ方するのはどうなってるんですかね

まぁ、こんな事を思う訳で
学術研究にはもう少し統合的な視点の学問?ジャンル?って必要だなといつも思います
関連記事

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

リコー、撮影者を取り囲む全天球イメージを撮影する「RICOH THETA」

 【25//2013】

リコー、撮影者を取り囲む全天球イメージを撮影する「RICOH THETA」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131025-00000017-bcn-prod

リコーイメージングは、一度シャッターを切るだけで、撮影者を取り囲む全天球イメージを撮影できる世界初の画像インプットデバイス「RICOH THETA(リコー・シータ)」を、11月8日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円台半ばの見込み。



こういう製品あるようで、今まで無かったんですね
かなり欲しいです
ただ、使うケースってかなり限定しそうですけどね
あと、画像なんですね
動画撮影出来たらちょっと面白いかもって思ったのですが
関連記事

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る