2013 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2013 12

時間 って何だろう 1

 【10//2013】

物理学者でも、時間って何?と聞かれたら答えるのを躊躇するでしょうね

恐らくは、物理数学的な見知からの解答であったり、具体的な、例えばこの原子の振動が云々と言った話になるのかもしれません

でも、恐らく、それは普通の人が求めている解答じゃないですよね
知りたいのは時間っていったい何なんだ?って所でしょう

wikipediaによると

1.ある時刻と別のある時刻の間(時 - 間)。およびその長さ。
2.時刻。つまり、時の流れの中の一点のこと。
3.(哲学寄りの概念)空間と共に、認識のまたは物体界の成立のための最も基本的で基礎的な形式をなすものであり、いっさいの出来事がそこで生起する枠のように考えられているもの。

との事
あとは、これらの微妙な解釈の仕方で色々な意見があるという感じでしょうかね

単位とか長さとかそういう方向での解釈になるとそれほど意見の相違は無いのだと思います
基本的には学者も一般人もあまり変わらないと思います

最も様々な意見が出るのが、時間の「流れ」についての解釈です
これは学術的に明確な定義が確定されているわけでもないので
それぞれの価値観や感覚的なものが多いのだと思います
時間観、時間に関する感覚という事ですね


学術的な見方ではなくて、概念や認識的な方向で考えたいと思います


西洋的な輪廻転生のような時間が循環するような感覚は私にはありません
自分は仏教的な諸行無常の感覚に近いですね

物事はすべて移ろい行くものであり、不変な存在などない(諸行無常)
アビダルマ「すべての存在は極分化された一瞬にのみ存在し、瞬間毎に消滅する」(刹那滅)
・・・wikipediaより

ここら辺に近いと思います


アウグスティヌスは時間を内面化して考えた。
時間は心と無関係に外部で流れているようなものではない。
過去、現在、未来と時間3つに分けて考えるのが世の常だが、過去とは《すでにないもの》であり、未来とは《いまだないもの》である。
ならば在ると言えるのは現在だけなのだろうか。
過去や未来が在るとすれば、それは《過去についての現在》と《未来についての現在》が在るのである。
過去についての現在とは《記憶》であり、未来についての現在とは《期待》、そして現在についての現在は《直観》だとアウグスティヌスは述べる。・・・wikipediaより

今回、自分の考えを整理するために色々調べた範囲では、このアウグスティヌスの解釈が最も自分の解釈に近かったです


カントは、時間、空間の直観形式でもって、人間は様々な現象を認識すると考えた。カントにおいて経験的な認識は、現象からの刺激をまず外官(外的なものからの刺激を受け取る感覚器官)によって空間的に、内官(内的なものの感じをうけとる感覚器官)によって時間的に受け取り、それに純粋悟性概念を適用することによって成立する。空間は外官によって直観され、時間は内官によって直観される。・・・wikipediaより

カントのこの解釈も、私の人に関しての認識と時間との間を繋ぐ部分として、非常に同意できる部分が多いです


(続く)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 俺論

Theme: 俺論

Genre: その他

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

スマホ 経由 で 録画操作ができる 配信向けゲームレコーダーが登場 PC不要、実況音声を加えた録画も可能

 【10//2013】

スマホ経由で録画操作ができる配信向けゲームレコーダーが登場 PC不要、実況音声を加えた録画も可能
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131109-00000008-impress-sci

スマートフォンをリモコン代わりに使えるAVerMediaのゲーム向けHDMIキャプチャユニット「AVT-C285」が発売された。PCレスで使用でき、HDMI出力端子も備えている。実売価格は19,980円(詳細は「今週見つけた新製品」参照のこと)。

■ プレイ中のゲーム画面に実況音声を加えて録画することも可能

 AVT-C285は、PCなどに接続せずに、本体のみで映像編集やYouTubeへのアップロードも可能というビデオキャプチャユニット。

 本体には、録画映像の保存用として2.5インチHDD/SSDが内蔵可能。前面のUSB端子に接続したHDDやUSBメモリにも保存できる。録画ファイルフォーマットはMP4(H.264/AAC、最高1080p/30fps)。

 手持ちのスマートフォンなどAndroid/iOS端末がリモコンとして使えるのも特徴。専用アプリ「GameMate」が無償公開されており、アプリでは録画の開始/停止などの操作や、録画映像のリスト表示、アップロードなどが行なえる。なお、製品には専用リモコンも付属している。

 映像入力端子はHDMIとコンポーネントの2種類を装備。映像をリアルタイムにテレビなどに出力できるというHDMI出力端子も備えている。対応入力解像度は480i/576i、480p/576p、720p、1080i、1080p。このほか、LAN端子も装備する。

 また、本体前面にはヘッドホン端子とマイク端子が装備。ヘッドセットなどを接続することで、プレイ中のゲーム画面に実況音声を加えて録画できるという。

 本体サイズは幅190×奥行き152.5×高さ33.5mm、重量は421g。付属品はACアダプタ、HDMIケーブル、ゲーム機接続用ケーブル、リモコン、単4形電池2本(リモコン用)。なお、ゲーム機接続用ケーブルは、PlayStation 3の映像を録画する際に使用できるという。



---
これ、実況する人欲しかったと思いますよ

実況しなくても他にも使い方あると思います
まぁ、ゲーム画面限定なんでしょう、一応
あれをあれするには、途中にあれをかます必要があるでしょうねぇ(笑)
関連記事

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

スマホ 手袋 「アイスグローブ」 “極寒対応” 雪の中でも快適操作

 【10//2013】

“極寒対応”スマホ手袋「アイスグローブ」 雪の中でも快適操作
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131110-00000002-it_nlab-sci

スキーやスノボをしながらその場で写真をネットに投稿したい――そんな人に“極寒対応”スマホ手袋「ISGloves」(アイスグローブ)はいかがでしょうか。雪が降っているような極寒コンディションの中でも快適にスマートフォンを操作できるそうです。価格は6800円。

 インナーが導電性素材の五本指手袋となっていて、タッチスクリーンでの繊細な操作が可能です。さらに、高機能断熱材などを使ったマフィン型のアウターも付いているので、スマホを操作をしないときは指にかぶせて寒さをシャットアウトしましょう。手のひら部分は滑り止め加工付き合成皮革を使っており、スキーのストックもつかみやすいとのこと。

 シンガポール国立大の学生ベンチャーFIETT社が開発しました。同大からスウェーデンに留学していた際、冬のストックホルムで従来のスマホ手袋の防寒性や操作感にいら立ちを覚えた経験が、アイスグローブの開発につながっているそうです。冬季のサイクリングや工事現場など屋外での仕事にも良さそうですね!



---
ああ、確かにね
手袋とらないと操作がつらいね
今はみんなでスマホビジネスにのりこめ~^^って事ですかね

まぁ、それはそうと、スマホってどのくらいの製品テストやってるんですかね
極寒の地でも普通に操作できるんでしょうか
あと、防水面とかね
関連記事

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る