2013 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2013 12

小笠原諸島 に 新しい島、海底火山噴火で

 【21//2013】

小笠原諸島に新しい島、海底火山噴火で

海上保安庁(Japan Coast Guard)は20日、東京都心から南に約1000キロの小笠原諸島周辺の海上で、海底火山の噴火によって小さな島が出現したことを確認したと発表した。島から白い噴煙が上がっている様子を、同庁の航空機が上空から確認した。


---
噴火の動画

news動画


すげぇー、良い資料映像だ
資料映像と言えば、、、不謹慎なのでやめておきましょう

まぁ、もっと活動的に噴火してもらわないと直ぐ消えそうですけどね
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

カントリーマアム (いちご大福) を発売 - 不二家

 【21//2013】

いちご大福風の「カントリーマアム」や「ミルキー」を発売 - 不二家

不二家は12月3日、「カントリーマアム(いちご大福)」(参考小売価格315円)、「いちご大福ミルキー袋」(参考小売価格210円)、「ルック(いちご大決戦)」(参考小売価格105円)を全国で発売する。

○カントリーマアムとミルキーは和風に

カントリーマアム(いちご大福)は、生地にいちご果汁、チョコチップ、いちごチョコチップ、こしあんを入れて和菓子の「いちご大福」を表現した。和風のカントリーマアムに仕上げている。

いちご大福ミルキー袋は、二層構造仕立てになっており、外側の白いミルキーで内側のいちご果汁と小豆のフリーズドライ入りミルキーを包んでいる。いちごと小豆の上品な味わいを楽しめるとのこと。

ルック(いちご大決戦)は、2種類のいちごを使ったデザートをイメージ。イチゴムースをイメージした「あまおう」には、あまおうソースとあまおうムースが入っている。いちごのショートケーキをイメージした「とちおとめ」には、とちおとめソースと生クリームムースを入れた。


---
なんて俺得
おっさん的には、甘いものはあまり好きじゃないのですが
カントリーマアムだけは好きなんですよねぇ
食感と丁度良い甘さがたまらないのです
で、いちご大福ですか・・・いちごと小豆ですか・・・完璧じゃないですか

12月3日かぁ・・・まだまだ先だけどしばらくは毎日買いそうな予感・・・
関連記事

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

艦これ キーボード 5種 を 発売 サーファーズパラダイス

 【21//2013】

サーファーズパラダイス、あられもない“大破”姿の「艦これ」キーボード5種を発売

 サーファーズパラダイスはこのほど、ブラウザゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」のイラストをプリントしたUSBキーボードを発表、2014年1月に販売を開始する。価格はいずれも1万500円(税込み)。

 「艦これ」に登場する“艦娘(かんむす)”の大判イラストをプリントしたUSBキーボードで、製品ラインアップは「金剛」「島風」「愛宕」「榛名」「大和」の5タイプを用意。いずれも大破姿のイラストが用いられている。

 キーレイアウトは日本語配列を採用。本体サイズは約440(幅)×129.5(奥行き)×24.3(高さ)ミリだ。


---
艦これ自体には興味無いのですが、1万円ですか

版権ものの力強さを感じざるを得ません
これ、プリントが無ければ1000円以下のキーボードですよ
関連記事

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

インフルエンザ ワクチン接種が最も効果的

 【21//2013】

<ヘルシーリポート>インフルエンザ ワクチン接種が最も効果的

 インフルエンザの季節がやってきた。自衛のための予防知識を、今から知っておきたい。10月末、東京都内で開かれたセミナー「今年のインフルエンザに賢く対応する」では、3人の専門家が講演。特定の乳酸菌飲料の摂取が、ワクチンの接種効果をより高めるという興味深い研究結果も報告された。

 ◇風邪と異なる重い病気 R-1乳酸菌摂取で効き目向上/欠かせぬ手洗い、うがい

 インフルエンザはウイルスに感染して起きる感染症。38度以上の高熱、筋肉痛、関節痛、倦怠(けんたい)感など症状が重いのが特徴だ。セミナーで講師を務めた免疫学の第一人者、奥村康・順天堂大医学部特任教授は「インフルエンザは風邪とは全く異なり、神経症状などが伴う重い病気。死に至る場合もあり、軽く見てはいけない」と話した。

 「インフルエンザの予防で最も効果的なのはワクチン接種」と訴えたのは、インフルエンザとワクチン接種に詳しい鈴木宏・新潟青陵大看護福祉心理学部教授。ワクチン接種は病原性をなくしたウイルスの一部を皮下注射し、ウイルスを撃退する抗体を体内で作る。ただ、ワクチン接種で血液中の抗体は増えるが、ウイルスが侵入する鼻やのどでの感染を完全に防ぐことは難しいという。

 それでも、鈴木教授は「重症化を防ぐ効果は大きい。特に高齢者や妊婦、呼吸器などに疾患をもつ人はワクチン接種が望ましい」と強調する。

 ◇マスク着用、心がけよう

 手洗いとうがいも感染防止に欠かせない。

 なぜ手洗いが大切なのか。

 階段の手すりやドアのノブ、電車のつり革、パソコンのキーボードなどはウイルスが付着している場合がある。無意識に触って、手にウイルスがつき、その手で口や鼻を触れば、感染の可能性がある。こうしたウイルスを洗い流すのが手洗いだ。

 洗う際は、せっけんをよく泡立てるのがポイント。鈴木教授は「少なくとも20秒はかけて、指の間もくまなく洗ってください」と呼びかけた。さらに帰宅後、うがいをすれば、のどのウイルスを流すこともできる。

 インフルエンザがはやり始めたら、人が多い場所への外出は、できるだけ控えたい。また、マスク装着も心がけよう。ウイルス感染を防ぐことはできないが、せきのしぶき(飛沫(ひまつ))を周囲に飛び散らさない効果があるからだ。

 ◇生活スタイルも大切

 竹田和由・順天堂大医学部准教授(免疫学)は「R-1乳酸菌」の免疫増強効果を報告した。

 竹田准教授は今年1月までの4カ月間、同大の男子学生40人(18~25歳)を2グループに分けて調査。一方にはR-1乳酸菌入りのヨーグルト飲料を毎日1本(112ミリリットル)、もう一方には「R-1」が入っていない偽の乳酸菌飲料(プラセボ)を、それぞれワクチン接種前に3週間、接種後に10週間、飲んでもらった。

 どちらのグループで免疫力が高まるかを国際的な評価基準で比べたところ、R-1乳酸菌飲料を飲んだグループが平均して抗体値が高くなり、ワクチンの接種効果をより高める結果が出た。

 今回の調査結果は、リンパ球の一種のB細胞を通じて抗体が増えたと考えられている。竹田准教授は「R-1乳酸菌が抗体産生を通じて、免疫力を高めているという結果は新しい発見だ」と述べた。

 すでに、人やネズミによる試験で、R-1乳酸菌はリンパ球の一種「ナチュラルキラー(NK)細胞」の働きを活性化させることも分かっている。NK細胞はウイルスに感染した細胞やがん細胞を攻撃する働きがあり、感染防止に役立つ。

 このほか、免疫力(NK細胞活性)を上げるには、適度な運動、バランスのよい食事、十分な睡眠、体を冷やさないことなど規則正しい生活スタイルも大切だ。過激な運動は逆に免疫力を低下させることがあるので、ジョギングをするなら、軽い走りがよい。物事を悲観的に考え過ぎるのも免疫力を落とす。いやなことがあっても、くよくよせず、早め早めにストレスを解消する方法も身につけておきたい。


---
予防接種やった方が良いのは分かるのですが、なかなかそこまで腰が上がらないというかね
まぁ、いい歳こいて注射も嫌だっていうのもあるんですが
注射の方法もそろそろ注射針が無いやつ?スタトレで言うとハイポスプレーですが
いつになったらああいうのが実用化されるんでしょうかね・・・

インフルエンザはもう10年ぐらいかかってませんが、冬は必ず風邪をひいてるんですよねぇ
暑い季節は嫌ですが、寒い季節も嫌だ
春秋がずっと続けばいいのに
関連記事

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る