2014 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 06

AVオープン2014 エントリー作品発表 & 予約開始(5/30) (発売は7/1~)

 【31//2014】

AVオープン2014 OfficialSite
http://www.av-open.jp/top.html





当初、あんまり興味はありませんでしたが
エントリー作品をざっと眺めてたら、色んな意味で興味が沸いてきました



単体ものか、企画ものフェチものか
要するに単体で勝負するか、企画で勝負するかという状況ですが
基本的には企画ものが多いですけど

前回から7年でどう変わったのか?みたいな煽りがありますが
AVグランプリから数えても5年ですから、5年でどう変わったのか?という所でしょ

結局、4回とも、女優が強いというか、そういう結果でしたよね
つまり、いい女をしっかりとした企画できっちり撮りきれば、鉄板だという事ですね
ただ、しっかりとした企画をきっちり撮りきるっていうのは結構難しいんですよね
殆どの場合、企画やカメラ、演出、編集などのつめが甘く、不満が出ることが多いですから

個人的な感覚では、これは何年たっても変わらないという風に思うんですよ
つまり、企画とかフェチとかいうものはマイノリティだから成り立つのであって
それがメジャーだったら、それはもう企画ものという範疇じゃなくなってるはずなんですね

こういう流れだからこそデマンドとしては2007年についつい魔が差してしまったんじゃないでしょうかね
近年SODがSODstarはじめ単体に力を入れているのもそういうところから来てるはずです
ただ、やっぱり、SODとしてはそこじゃないだろと
がなりさんも戻ってきた所で、色々想いがあったのではないかと
確か4月?くらいにSODファン集めてミーティング?みたいなのを開いて意見収集してたと思いますが
そういう意見が多かったのでは無いかと予想したりするんですけど

で、こういう状況だからこそ、急に結果に少々興味が沸いてきたんです


SODCreateのサンプルは笑いました、サンプルだけでも必見です
S1とプレステを煽りすぎ(笑)
最初のバンジーと爆破でビートた○しのお笑いウルトラクイズかと思いましたよ(笑)
制作費5300万!伝説の企画を復活!嘘かホントか社員のボーナスつぎ込みました!って事で
ああ、デマンドってこんなだよなってなんか思いました
因みに、デマンドが勝手に対立軸にしてましたが笑
S1は単体、プレステは人気シリーズの拡大版、デマンドは選りすぐりの企画を人気女優のオムニバスでっということで
一応、三者三様、それなりの対立軸になってましたね
まぁ、AVはプロレスですから(笑)

ということで、こういう企画内容勝負のもの
単体女優の力で勝負の鉄板もの
人気シリーズをお祭り的に撮ってみました的なもの
人気女優を複数集めてみました的なもの
その他、各メーカーそれぞれの特色に合わせたものを人気女優呼んで撮ってみました的なもの
こんな感じで、それぞれ、特色は出てるとは思います
企画系のもの眺めてると改めて日本のAVってエンタメだよなぁって思いますね
総合エンターテインメントっていうかね


で、まぁ、一応、世間的にも注目なのが、ニュースにもなっていた
小向美奈子のBNAなんでしょうかね
でも、これ、こういうの好きじゃないと結構見るのきついとは思うんだけどね
これ最後飲むじゃないですか、あのシーンはキツイ(正直あれはコーヒー牛乳入れた疑似であって欲しい思うくらい)
色が茶色に濁ってるじゃないですか、いやぁキツイ
スカ苦手な私はちょっと見るのキツイです、お好きな人と話題性でどれだけいくかでじゃないですかね
No.1になれなかったらやめるって言ってますが、本当かなぁ?(笑)

あとは、今回、新企画をもってきたところは良いですね、折角だから面白いの作ろうっていうのがね
SODは5千万といってますが、それぞれのカテゴリーがどのくらいの制作費で別れてるのかわかりませんが
まぁ、それぞれの予算で色々試行錯誤って感じなんでしょうか

そういえば、シルクラボがエントリーしてますよね、ちょっと面白いですね
ま、一般には公表されないでしょうが、こういう状況でどのくらい女性層に市場があるかというのがちょっと興味ありますね

前にも言ってましたが、これでかなり正確な市場データが取れるんじゃないかと
参加メーカーに全部の市場データを渡すってだけで、参加するメーカーの意義はあるんじゃないかと

特に、たぶんですけど、よくある特典みたいなものが一切ないですよね
まぁ、そういうの付けちゃうと、特典内容で不公平が出ちゃいますからね
流石に、一回やらかしてますから、ちょっとでも疑われるような事はしないと思います

AV買う人ならわかると思いますが、結構、初回特典とかそういうので売れ行き変わったりしますからね
特に、店頭の場合は特典内容が全然違いますからね
正直、東京とその他の地域の格差は酷いです(笑)
価格も特典も全然違うしイベントもないのに地方で買ってるユーザーを褒めてやって欲しい笑

ですから、そういうの一切無しにしないとある意味正確なデータってとれないですよね
まぁ、流石に、価格までは統一できなかったようですが
少なくとも、販売方法や販売店等々については統一できてるようですね
DMMの予約は実はもうめぼしいものはしましたが、どれも、BDも無いですし
DVDと通常のストリーミング&DL販売のみですね、HDのDLも無しのようです
特典も何もないようですし、そういう物質的差は今のところつかないようになっているようです
そりゃね、特典とか画質とかそういう事になると、金もってるメーカーが有利って話になりますからね

あー、まぁ、購入した人には、500円の紹介DVD?あれ付けて欲しいですね
どうせ諸経費代だけでしょうし、発売の頃になったら1ヶ月前の紹介DVDなんて買う人いないでしょ
見て面白そうなのあったら買いますから
そもそも、AVオープンだから!って思って買う人って、少ないと思うんですよ
各女優のファンは買うと思いますが、女優本人におくられる賞でも無いですしね
何も販促物無いならそういう共通のものならどうすかね
正直今回は初回特典無くて損した気分ですし(笑)



ん?
あれ、、、よくよく考えると、この大会、昔、私が書いてた話に近いな・・・
ま、世の中似たような事を似たようなタイミングで考える人は大勢いるって事ですかね


まぁ、人によってはちょっとラインナップ見て微妙と感じる人もいるとは思いますが
個人的には、結構、どのメーカーも試行錯誤、これ!っていうものエントリーしてるような気がしますけどね
だからこそ、実売がどう動くかなんて予想できないです
販促活動無しの場合、実際、作品だけの力でどういうものがどれだけ売れるのか?っていうのは
市場データとして結構価値あるものだと思うんですよねぇ

ということで色んな意味で興味が沸いてきたAVオープン

個人的には、昨日も書きましたが、宇都宮しをんが今回かなり良さそうなので期待してます
最近ずっと不満の残るものが多かったですから
メーカーも気合い入ってる(入ってて欲しいが)こういう機会に傑作を作っておいて欲しいです
関連記事
スポンサーサイト

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AVオープン2014

 【29//2014】

AVオープン2014 OfficialSite
http://www.av-open.jp/top.html


AV OPEN 2014 開会宣言動画


AV OPEN 2014プロモーション動画








この前の小向美奈子のニュースは何だかなぁと思って見てましたけど
小向美奈子がAVオープンの発表に出てきたの見て
ふと、小向美奈子の関係者に入れ知恵したのがなりさんじゃねーの?(笑)って思いました
開催発表時に何か話題欲しいですしね

さて、私自身前回前々回の開催時は特に興味も無かったのでよく知りません(キッパリ
あー、デマンドが不正したのはニュースか何かで見ましたけどね
あと、松井秀喜氏?さん?選手?選手じゃないか
国民栄誉賞の松井秀喜さんでお馴染みですけどね
もう国民栄誉賞=松井=AVマニアというイメージが先行し(ry

というか、なんか一回ケチついたんだから、デマンドとCA協賛で
別名義の大会作り直したら良かったのにと思うんですがね
というか、まぁ、協賛は協賛でしょうけど
つーか、サポートガールの紗倉、つぼみ、あやみ・・・三社合同懇親会、、ああ、なるほど

まぁ、で、正直、ググると前の不正がついてまわるでしょ
自分で言うことで自虐で笑い飛ばしたつもりかもしれませんが
そんなもんその会見の記事読まないとみんな知らないですよ

あと、AVオープンって聞いて、AVメーカーの作品ガチンコ対決って分かります?
わかんないでしょ?
ヘビー級とかの付け方もよくわかんないし
名前って重要ですよね
で、そんな名前つけるからなんかプロモが格闘イベントみたいなノリになってるんでしょうね
あー、まぁ、でも、ノリって重要ですからね
このノリで全部押し切るっていうのもありっちゃーありなのか
華やかさなんて必要無いと、ガチで勝負やみたいなね
じゃ、サポートガールのイメージビデオはなんや・・・ま、いいか、細かい話は

ということで、大会趣旨は凄く良いんですが、なんかちょっとずつ詰めが甘い感じがします

とりあえず、明日?ぐらいから各メーカーの作品の発表とかあるみたいなので
そういうの見てからですかね

Moodyzからは小向美奈子がBNAで出ることが確定してるっぽいですが
他はどうなんでしょうね
イメージガールとして出てる3人は何かしらでるんでしょうかね?
ということは、プレステはあやみ、sodは紗倉、wanzはつぼみ?
でもwanzはスーパーヘビー級にはエントリーしてないっぽいんだけど
というか、同じメーカーから何作もエントリーしていいのかね?
公式HPにのってる情報が少なすぎっていうか、詳しいレギュレーション載せなさいよ(笑)
まぁ、明日ぐらいには作品発表あるし、詳しくのせるのかな

S1から既にエントリー作品の女優として発表されてる宇都宮しをんですが
個人的には、デビュー時からずっと注目してる女優ですので、非常に楽しみです
最近少々物足りない作品が続いてますので、そういった不満を吹き飛ばす出来を期待したいです
関連記事

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

安齋らら 「神の乳」降臨 (週刊現代2014/06/07号)

 【29//2014】

全然知らなかったー
っていうか、グラビア誌ってわけでもないでしょうから気がつきもしませんでした
月曜発売でしたか・・・

ま、良いか

今回はどうやらプロフィールがのってるらしく
週プレでは謎の人状態でしたが、一応、週プレの掲載が終わって他の誌面では若干情報を出していくって事なんでしょうか
それとも最終的なネタばれまでやるんですかね
その辺はよくわかんないですね、終わろうと思ってたけど、オファーがきたからとりあえず需要があるうちは出ますよ的な事ですかね

とりあえず、写真集とフィギュアも残ってますから、それまで話題がちょっとでも続けばという所でしょうかね
関連記事

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

大物AV女優 の 流出騒動 あれこれ その後・・・

 【22//2014】

東京BREAKINGNEWSという私が比較的好きで読んでるのがあるのですが
こんな記事が

麻美ゆま、瑠川リナ、佳山三花...人気AV女優を突如襲った「無修正版」大量流出騒動

「荒井さ、GWにAVの流出あったじゃん? あれで死人出てんだよ」
「あの事件さ、CAも訴えると息巻いて調査してたんだ。そんで3D加工の外注を出してた会社だってとこまで解ったんだよ。
だけどそこの社長が死んじゃってて、いまCAは振り上げた拳をどうするかで悩んでるみたい」


詳しくは、本記事で


ま、一応、ソースが有名業界関係者ですので、かなり信憑性はあると思います

だいたい、最初にここでも書いていた通りの状況のようではありますね
まぁ、死人まではどうかなぁと思ってましたがね・・・ぶっそうだからあえて書きませんでしたけど
ただ、その点に関しては、どういう因果関係かまではわからないようですが

まぁ、ねぇ・・・鉄砲玉になる覚悟と引き替えに数千万(多く見積もってですが)を手にするか
死人とまではいいませんが、自分と自分のあらゆる関係を全て捨てる覚悟と数千万円が釣り合うとはちょっと思えないですけどね

はい、ということで、ま、ぶっそうな話を書かなくてもですね
客観的に見て、流出なんて誰も得しないものですからね
個人的興味は別として、論理的には賛同しかねる事案ではあります

ただね、私が最初に書いたとおり、CAはじめ業界の管理体制っていう点に関しては再検討の余地はあると思いますし
何より、流出ともう一つスチール撮りが漏れた事案は別事案ですからね
更に言うと、今回GWということもあって、一気に話題になりましたが
JULIAさんに関しては、随分前に既に漏れていますから
じゃ、この時は業界はどうしてたの?って話になりますからね

・・・ま、この辺の感覚がねぇ
これ以上は別に私は関係者でもなんでも無いので考えるだけ無駄ですが
ただ、組織としてはまだまだこの業界甘いなぁという感じはしますねぇ
一応表の商売してるのにまだまだアウトロー気分が抜けないんでしょうねぇ


ただ、今回この記事自体には色んな意味で賞賛したいと思います
ざっくりとした事の顛末ということでね
既に終わってるでしょうが、一応、体裁としても騒ぎがこれでおしまいになればなと思います
関連記事

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

安齋らら 『神の乳、結実。』 (週刊プレイボーイ 2014 No.22 より)  写真集の次はフィギュア化!?

 【20//2014】



安齋らら 『神の乳、結実。』


水中に浮かぶ巨乳ってちょっと興味ありますね、動画なら


さて、今回で11回目の掲載だそうで
半年でこの扱いというのは週プレ史上初だとかなんとか

とりあえず、今回で打ち止めということで、恐らく最後の掲載のようです

このプロモのやり方は一昨年の謎の美女YURIちゃんの時と同じだなぁという感想は
最初の掲載の時にここで書いた事ですが
既にデビュー済みの人がこういうやり方をやるというのはあまり無いでしょうね
しかも既に売れている人がね

ただ、明らかにこれで知ってVの方に興味が移った人は大勢いるだろうし、そういう点では成功なんでしょうね
出版社的にも、雑誌も売れて、あとは、写真集も売れてくれれば万々歳でしょう
amazonではですが、今のところダントツの一位という感じでは無いにしろ、3~4位ぐらいでそこそこいけてるようです


で、以前から少々気になっていた、今後どうしていくのだろうか?という点ですが


※担当P イワタ氏のブログより

安斎らら、週刊プレイボーイとDMMとのタイアップ企画”リアルグラビア化計画” 進行中。


ウエスト細くしすぎ、後は結構良い感じかな
フィギュアは、つぼみとか吉沢明歩とか最近ありましたが・・・
まぁ、「フィギュアのような」というのは一つのキーワードにもなっていましたからね
で、CA的にはつぼみに引き続きこっちもという事なんでしょうか
DMMは3Dプリンタ事業もやってますしね、DMMで買ってねーって事ですかね

ただ・・・どうなんでしょう
これ欲しい?・・・あ、いや、DVDの初回特典に付けてくれるなら欲しいけど・・・
つぼみファンならフィギュア欲しいと思う思考は理解できるんですが
そういう方向か?・・・まぁ、そういう方向というよりも
そこに3Dプリンタ事業があったからと考えた方が自然ですかね

最近、色々お騒がせの3Dプリンタですが
コピー機が普及しはじめたときも、様々な方向性の犯罪などが出てきましたし
技術進化に伴う問題の方向性というのはいつの時代も同じかなという風に思います
ま、それはさておき、3Dプリンタの話題の時に前に書いたとおり
昔、コピー機が出始めたときに、みんな自分の顔とか手とかをスキャンしてコピーしたと思います
そういう感じで、3Dプリンタ自体もスキャンが気軽に高性能に使えるようにならないと
一般に普及しないかもな、というような事書きました
つまり、まぁ、なんというか、こんなのは最初は頭の悪い使い方から普及していくもんだという事で
何を言いたいかというと、、、

フィギュア作るくらいなら、実物大のおっぱいの方が良いと思う
まぁ、なんというか、うん・・・
実際会う事なんて今のところできないわけですから、どう考えても実際どれくらいなのかみんな気になってるでしょ
出来れば上半身像が良いのですが、まぁ、顔も入れて全部実物大だとちょっと巨大すぎると思うので
せめて、おっぱいだけでも・・・
自分で書いててなんですが、いくつになってもアホは治らないですな・・・
・・・いや良いんですよ、彼女に関してはみんなやっぱり乳が気になるわけでしょ?
で、トップレスが良いに決まってますが、問題あるなら着衣状態でも
ほら、やっぱり自分の手のひらの収まり具合とかね・・・
でも、大人のおもちゃ売ってるくらいだから
DMMならR-18DMM3Dプリンタで良いじゃないですか、ねぇ・・・


それにしてもCAは彼女をどうしたいんでしょうか
私ならもう少しAV女優力を鍛えてもらって、次世代のCAの看板にしたいと思うんですけどね
今回のグラビア活動でわかるように、素材は天下一品なんですから
gdgdしてると機会損失じゃないですかね
関連記事

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

AV女優 の 売れるとか売れないとかの話

 【11//2014】

私が小さい頃は、タレントのヘアヌードなんてのが出始めた頃で
出版業界のドル箱で、世間もそういう話題で一色の感じでしたね
今では、タレントがヌードになるなんて特にそれほど騒がれなくなりましたし
ヌードになったり、映画などで濡れ場をやったからといって
それほど何か言われることもなくなりましたし
タレントさんの意識も違って、ハードルが低くなってきたと思います
昔で言うヘアヌード写真集出すことが、今ならAVに出るぐらいの違いですかね
いや、それは大袈裟という感じもありますが
当時だと、それくらいのインパクトはあったと思います
やっぱり、世間の認識の変化には、10年、20年単位の時間が必要のようです

そんなAV業界ですが、今、AVで売れるって大変なんですよね
もう供給過多でね
一昔前なら、ちょっとあり得ないようなレベルの女性がAV業界に入ってきます
それでも、売れるかどうかはわかりません
しかも、ギャラは一昔前の1/3ぐらいまでに落ち込んでいるにも関わらず
ここら辺の問題と因果関係については、以前に書いてますので割愛

で、そんなAV業界ですが、その人がビジネス的に上手く回っていないと続けることすらできませんので
どうやってビジネスを維持、拡大していくかって事が大事なんでしょうけど・・・

で、前にも書きましたが、AVだけじゃないですが、こういう人気商売の人って
目の前(自分が物理的に目に見える範囲)のパイだけしか見てないから
ビジネスが広がらないんだと思うんですよね

結局、全てが東京中心じゃないですか
関東の人口が3000万人ということで、日本のかなりの人が集まってることは確かですが
逆に言うと、1億人近くがその他の地域に住んでるという事も言えるんですよね
その集まってる人達だけを相手にしてると間違いますよと
っていうか、これだけネットと流通が発達した時代に、今時その考えはないと思います

よく関東だけで流行っているとか関西だけで流行っているとかってあって
結局、全国的には全然流行ってないっていうのがあるんですよね
だから一発屋的な人やものが増えるんだと思いますが

じゃ、ネット使えば良いんだな?って思うとそれはそれでよくよく考えておかないと肩すかし喰らいますよと

以前、あるメーカーの女優じゃなくて制作の中の人のニコ生があって、そこで2点指摘したことがあって
・視聴者、買い手に多くを望みすぎ
 もしも、店舗で迷ったときに選んでくれたら良いな程度の気持ちが必要
・結局知名度、御社の女優の放送が地上波で放送されてたら売れてる
っていうことコメントして、ある程度納得されてる所もあったのですが

基本、視聴者の1%でも来てくれたら、お金落としてくれたらラッキーというぐらいに思わないとね
一見たくさん興味もってくれてるように感じて勘違いしやすいのですが
これはtwitterやblogも同じで、フォロワーやアクセス数が多いからと言って
その数字がダイレクトにビジネスに反映されるかというとそうでも無いという
ただし、何もしなければゼロですし、地道な努力をしなくても良いのは大手広告代理店主導の大衆扇動だけです

あと、結局、知名度なんですよね
その辺はもう仕方ない所で
それはmutekiのようなメーカーがある時点でよくわかる話ですね
あと、マスカッツって事だけで売れるじゃないですか
そういう事ですよね

ま、かといって、最近は、色々メディアの規制が多くて
AV関連って出るの厳しいですよね(ギルガメの頃はよかったなぁ・・・)
ま、そういう意味で既存メディアは捨てて、ネットに移行していくのは当然ではあるのですが
ただ、TV等々と違って視聴者が近いという事で少々勘違いしやすいというのは、理解しておかないといけないですね


AV女優ってある意味、自分の価値を切り売りする商売という見方もできます
というか、意識的にかどうかはわかりませんが、基本的にそういう感じです

前ちょっと書いた片桐えりりかのニコ生でもありましたが
やはり、制作側はNGを解禁させたがるんですね
要するに、色々撮ったら、もう、次は、新しいものを撮るしかないわけで
目新しいものじゃなければ、ユーザーの食いつきも悪いわけです
「またあれと同じか」という事になりますから
ですから、新人デビューが盛んなものそういう所にあります

自分の価値の切り売りっていうのは、AV女優だけじゃないとは思いますが
AV女優が顕著だなぁという風に思います
特に、価値って簡単に創造できないんですよ、しかも体で一つで作る価値ですから
AV女優として出来ることは
「価値の上積みする努力」と「既存の価値を保ち続ける努力」
です
前者はあまり出来ないです、それこそ整形とかそういう話になりますから
やれることは、演技やテクニック的なこと、後はまぁ、痩せたり太ったりぐらいですかね
そういうことで多少ニーズへの対応に幅や変化を持たせることはできるかもしれません
最近は、AV以外の色んな事にチャレンジして自分へ付加価値を付けていってる人も多いですね
ただ、私はやはり重要なのは後者の方じゃないかと感じるんですね
NGも一つの価値なわけですね、一つNGを解除するとそれで一時は盛り返せますが、しばらくすると飽きられます
この辺のさじ加減で価値を長く保てるかどうかになってきますね
また、既存の自分の価値を落とさない努力ですね
年齢を重ねるとどうしても価値が落ちてしまうこともありますからね、そういった部分への努力でしょうね
ということで、重要なのは自分の価値をどういう風にコントロールしていくかなんじゃないでしょうかね
まぁ、そのさじ加減を間違うと、売るタイミングも間違う事にもなるんですが
そういった意味では、事務所や専属ならメーカーのプロモーションっていうのは重要なんですね
これを見誤ると全てが台無しですからね
仕事という面で見るとやはり大手の方が仕事のチャンネルは多いでしょうが
その分一人一人の対応はおおざっぱになりがちというのもあるでしょうし
ただ、以前、某女優の引退番組の時に、駆けつけたある女優さんが
大手だとこういうのやってもらえるからなぁ、うちは弱小だからな
という旨の事をぽろっと言ってましたので、事務所選びというのも一般の芸能界と同じように重要なようです

他には、今だと所謂フリー(キカタン)なのか、専属(単体)なのかって所もよく言われますね
昨今はやたらとキカタンが注目されますが
確かに、稼ぐにはキカタンの方が良いかもしれません
専属の月一の撮影でのギャラを恐らく人気の人だと3本ほどの撮影で余裕で越えてくると思いますから、人気ならばですが
ですが、当たり前ですが、体力が無いと持ちません
専属デビューだと右も左も分からない状況ですので良いとは思いますが
その辺は専属の誘いがあっても敢えてキカタンにいくかどうかは難しいところでしょうね
成功例、失敗例はありますし
ただ、個人的にはもう少し専属に頑張って欲しいかなという気がします
専属ということは少なくとも何かひかるものがあったということで
つまりは、それが作品にいかされてないって事なんでしょうねぇ
月一の撮影なんだからもうちょっと気合い入れてという風に思わなくも・・・
ま、キカタンはキカタンで、色んな現場渡り歩いて毎日が充実してて楽しそうですけどね
ただ、キカタンは価値の消費が激しいです、それだけはきちんとコントロールしないと大変だと思います
専属は価値を月一ということで強制的にメーカーと一緒になってコントロールしてるという状況なんです
ですから、メーカーでやり尽くしたら他のメーカーへ移籍するんです
目先を変えて新しく価値を捻り出していくわけですね

あと、これは個人的な感覚なんで、違うかもしれませんが
一般的に女性の方が綺麗とか可愛いとか思う理想像と
AV購入層の理想は違うと思いますよ
前者なら同性からの支持は多いかもしれませんが、あまりビジネスには結びつかないですよね
わかりませんよ、勝手な意見なんで
ただ、個人的には所謂モデル体型のガリガリの子供みたいな体はちょっとという感じですけどね
それを圧倒的に凌駕できるほどの美形ならまだしもね、そういう人って業界に一握りでしょうから
やっぱり、健康的でホルモンバランスの良さそうな女性らしい体つきが良いに決まってると思いますけどね
一応、スカパーとかDMMとかで受賞してる人ってそんな感じでしょ?

で、目指す方向としては、マンネリが許されるほど長く活躍し、大きく強固なファンを獲得するという所かと思います
大きく強固なファンというのは、つまりは、もう何があってもずっとついてきてくれるファンって事ですね
ここまでくると、基本、この固定ファンだけで全ての活動がペイできますから
仕事は自分が辞めたくなるまで続けられます

もう一つは、短期間に荒稼ぎするって方法ですね、もう何でもやるっていう感じで
ただし、うまくいくかどうかは別というか
思ったように稼げなくずるずるいってしまうとキツイですね
比較的成功してるのは元某アイドルグループだった方々とかですね
あれはもうデビュー時から半年とか契約を決めてて、もう最初に6本とか決めて早々に撮り終えて
金もらって後はもうあっという間に姿を消すって感じですね
一時的に金だけ稼ぎたいならこれが一番理想ですが
最近は、金だけのためにAV業界に入る人は少ないですからね


で、こういう話しになると何度も書いてる話ですが
マスカッツってなぁ・・・っていう話になるんですよね
いや、良いんですよ、それ自体は、何度も書いてますけど
要するに、これによる世間への効果ですよね
それも含めて考えると全面的に、100%支持出来ないというか、のりきれないというかね
そういう部分が出てくるって話です
確かにあれのおかげでかなり世間の性産業へのハードルは良い意味で低くなったと思います
ただ、それに対して、業界も含め体裁が整っていないんですね
華やかな感じばかりに目がいき、実際のリアルな現場、シビアな業界への覚悟が出来ていないというか
で、業界側も入りたいと言われれば二つ返事でOKですからね
なんせ新人需要というのは必ず一定量ありますから
で、採算取れなくなったら、契約解除と・・・
現状、業界のギャラは、出演料ということで払われていて
本人に映像の著作権はなく、更には肖像権すら本人にありません
未来永劫いくらでも残って販売されつづけますが
一度契約してギャラが支払われると本人にはどうにもなりません
この辺の業界の構造的問題については以前書いているのですが
とにかく、今の社会通念では、未来永劫残るということは
きっちり本人の中で覚悟と論理的な思考が確立されていないと
実際問題厳しいものではあるとは思います
片田舎でひっそり死ぬまで暮らせば問題ないという言い方もできますが
どこにでもAVファンはいるものですし、何とも言えません
メイクと髪型を変え、整形まですると良さそうですが、既に整形済みだと再整形は厳しかったりもしますね

つまり何を言いたいかというと、AV業界も一般の芸能界と同じくらい厳しいですよって事です
しかも、現状の社会通念では一度業界はいると後が大変ですよと
マスカッツ見てると華やかな面ばかりが見えますが
実際の現場はリアルなんですよと
そういう覚悟は最低限もっていなきゃいけないし
気軽に承認欲求を満たしたいだけで入ってきては大変だという事です
もう脱げば誰でもチヤホヤしてくれるという時代ではなくなったんですね
一昔前まではスカウトが主流でしたが、今や自分で事務所へ応募してくる人も多いようですから
それはもう競争は激化してます
同じルックスなら、まだ一般の芸能界よりもチャンスはあるとは思いますけど、厳しいの事には変わりないでしょうね
blogやtwitterなど眺めてるとね、そりゃもう、みなさん必死ですよ
テキスト媒体だけじゃなくて、最近じゃ、ニコ生、ユースト、ツイキャス等々映像媒体も入ってきて、大変です
元々、AVのターゲット層は30代以上(あ、これ結構重要w基本おっさん以上ばかりなのでそこは理解しておかないとw)なので
基本的にはアクティブな市場規模はそれほど大きくないです
潜在的な市場規模は当然大きいですけどね、性産業への需要は絶対的にあるわけですから
ただ、最近は、ほら、ネットで気楽にエロが手に入るじゃないですか、良い悪いは別としてね
そうなると、アクティブに金を落とす層って本当に少ないんですよね、潜在的な需要に比べるとね
30代以上っていうのはつまり、そんなエロに金と時間をかけられる人はそのくらいの年代からという事です
要するに、この小さいパイの取り合いなんですよね、ですからみんな必死です
逆に、必死にならないとあっという間に忘れられてしまうと言うか、おいていかれますから
想像するだけで大変さがわかりますよね、更には、自分磨きも日々しなきゃいけないわけで
ファンはちょっと太ったり、肌が荒れたりするだけで敏感ですからね(笑)
前にも書いてて繰り返しになりますが、売れないグラビアタレントを続けて、後になってAVに来てももう遅いです
明らかに旬は過ぎてるでしょうし、それなら最初からAVいった方がましです
こういう感じで供給過多で競争激化してる業界なんですね


話変わりますけど、ふとこんな事書き出したのもきっかけがあるわけでして
某ライターが仰々しくインタビューしなくても、こんな事は前から誰もが言ってる事なんですよ
で、このブログでも前に書きましたが、元AV女優の話しとかはよく某掲示板とかに自分語りとか書かれたりしてるんですよね
また、引退していく女優のブログとか見てると、結構悲痛な話とかは以前からあります
本当はblogに書こうかなと思った引退女優の話とかありますが、あまりにも悲惨なのでやめたのとかあります
ライターとやらが仰々しく取り上げなくてもね、そんなものAV好きの人は前から知ってますよと
取り上げられた人だけが特別じゃないんですよ、山のようにいるんです
しかももっと悲惨な人も山ほどいます

でも、この辺の厳しさって一般の芸能界も同じでしょ
その辺はAV業界が特別とかそういうのは無いはずです

逆にライターとか言ってる人がこういう所に今まで気がつかない、もしくは見て見ぬふりをしていたって所が気になりますね
結局そういうことでしょ?って話でね
まぁ、、、ライター業ですしね、その辺は仕方ないですけどね
・・・ライター業の話しても仕方ないですね

いや、なんかね、正直業界に近い人間が今更仰々しくあんな事書かれてもね・・・
私も屑野郎かもしれませんが一応人間ですので、多少思う事がありましてね・・・

まぁ、こういう事って業界関係なく、どんな業界でも言える事だと思うのですが
その業界で飯を食って世話になっておきながら、一線を退いた老害が無責任な発言をして自分だけ悦ってるっていう状況も嫌ですが
業界の太鼓持ちをやってる癖に、たまに中途半端な批判をして体裁を繕って立ち位置を調整してる人も好きじゃないです
どっちも結局業界人の立場を維持しながら無責任な事を言って、なおもその業界に居座るというね
本当に問題意識があるなら、改善のために具体的に何か行動して欲しいですね
少なくとも今でも業界に世話になってるわけでしょ、有形無形問わず
ならばその業界のためになるような事をして欲しいですね、具体的にね
賞賛するにも批判するにも


少々話がずれていってしまいました

とにかく、AV業界大変だなぁと思う話ばかり強調して書いてますが
私はそれでもね、AV好きですし、みなさんもそうでしょうけど、昔からお世話になってきましたから
なんとか良い方向に行けば良いと思ってますよ
供給過多ではありますけど、それでも新しい人材が入ってこないと楽しくないですし
きちんと状況を理解した上でやってやろうという気概がある人はどんどん入ってきて欲しいです
今は20~25ぐらいが旬ですから、迷ってるうちに時間は過ぎていきますしね
ただ、私はこのハイリスクな状況に見合うだけのものは、生き残った人達には得て欲しいなとは思っています
そういう方向にいけばいいですね

ということで、AVってもう脱げば金になるとかそういう時代じゃなくて、非常に大変な状況なんですよって話でした
関連記事

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ファン には なりきれないなぁ・・・

 【11//2014】

以前、ファンって何だろう?って事で少し書いたこともありますが
未だに今の人のファンというものの認識がイマイチよくわからないです
好きだったら、好感を持ってたら、もうファンなんですかね
どういう人がファンなんですかね

ファン(英: fan)は、特定の対象に対する応援者、愛好者のこと。「狂信者」を意味するファナティストの略。

との事です
ほー、応援者、愛好者ですか
語源は狂信者ですか

なるほどなるほど


少し前に、某ニコ生アダルトの番組であるAV女優さんの引退番組がありました
正直、こんな大々的に見送られるAV女優さんなんて殆どいないんじゃないかと思います
サプライズゲストも含めて、今回の制作はがんばったねぇという風に思ったのですが
まぁ、全体的には「よかったね、卒業おめでとう めでたしめでたし」という感じで良かったのですが
そういう事は置いておいて、一つだけちょっと気になる事がありまして

最初に敢えて断っておきますが、別に、否定的に批判してるわけじゃありませんからね
あくまでも色々思うきっかけの一例という事に過ぎませんから


番組の最後にこういう旨の話をされてまして

「イベントに関して、地方だからこれない、イベントがないからいけないという事じゃなくて、近くの地方で開催されたらそこに行って、みんなが集まることで、また自分の地元でイベントが開催される可能性が広がる。だから、イベントに行って欲しい」

と、こういう感じの話がありまして

一見誰もが「ああ、なるほどね」と感じると思います

ただ、実は彼女以前にこういう事もtwitterでつぶやいてまして

地方だろうが仕事だろうが最後の舞台は駆けつけてくれるガッツが好きだよ。
上っ面で頑張れって声よりもなんも言わずチケット予約してくれている事実があたしの背中を押してくれるよ。
だって最後なんだから

○○の卒業式とあたしの卒業式どっちも参加すばらしい!!そういう方のために最後の仕事に映像じゃなくて生身の仕事選んだんだよ


これ以前にも、引退宣言直後ぐらいに、チケットが売れないとか、それが自分の実力だなと自嘲気味に語っておられました

こういった話しを前提として、今回の生放送での話を聞くと非常に感慨深いものがあります
特に、上記の引退宣言直後に語っていた、自嘲気味な話が非常に印象的で、全てが凝縮されていた感じがします

この人、デビュー直後はともかく、その後も比較的ネットでは知名度は高かったんです
まぁよく出演されていたそのネット番組の力もあると思いますが
で、その効果が晩年は実際の売り上げ等々にはあまり反映されなかったという事なんでしょうね
でも、正直な話、どちらかというと様々な効果、チャンスもあったのに、結局売れなかったという言い方が正しいと思います
他の同業者に比べたらかなり恵まれていたはずです

で、ここで少々思うことがありまして、私のようについつい何でも斜めに見てしまう人だから余計にそう感じるのですが

言い方は悪いですが、上記の例の場合
リアルでチケットを買ってくれたりイベントに足を運んでくれる人が自分にとってのファンだという事を意識的にか無意識的にか、言ってしまってます
往々にして気持ちを文章で表現することは非常に難しいことではありますが、状況や前後のその他の発言も鑑みて、そう受け取られても仕方ないと言わざるを得ません

番組の最後に視聴者や番組スタッフへの感謝を述べられておりましたが
視聴者の中で実際に彼女のイベントに足を運んだ事がある人は1%もいないでしょう
つまり、残り99%の視聴者に対しては実際どう思っていたのでしょうか
その視聴者のために番組作りをしているスタッフへはどう思っていたのでしょうか
私は以前からtwitterで漏らしていた話を知っておりましたので
今回敢えて特別な場でそういう話をされて、ちょっとドキっとしましたね

以前にも少し書いた事がありますが、やっぱり、現実はこれなんですね

リアルでイベントに足を運んだり、金を落としてくれる人
で、実際に顔が見えるファンが、本人にとってのファンという事なんですよね

その気持ちよくわかりますし、否定も出来ません、当然そう思っても仕方ないかと思います
というか、誰しもがみんなそうだと思うんですよね
自分に対して、金も時間も労力も使ってくれる人が大事に決まってます
ただし、公の商売として、こういう事を公言するか墓までもっていくかは人それぞれですが

ただ、以前東京にいて、今、かなり辺境の地にいる身だからこそ余計に思うのですが
気持ちだけではどうにもならない事ってあるんですよねって事も思うんですよ

昔なら、「地方に住んでたって好きなら参加できるだろ?参加できないということはその程度だって事だよ」的な事も思ってました
まぁ、実際はそうじゃなくて、地方だと参加できなくて可哀想とか、自分は参加できる優越感という感じが殆どでしたけど
で、東京離れてみると、しかもかなり辺境の地にいますとね、言葉で言うほど簡単ではないなと感じます
まぁ、半年に一回とか年に一回とか、大型連休中に所用を全て蹴った上で1回とか
そういう感じで東京まで出ることはできるかもしれませんが
どうなんですかねぇ、フットワーク軽くそこまでやれる人ってどのくらいの割合で存在するのでしょうか
例え東京じゃなく、比較的近くの地方でイベントがあったとしても、そもそも仕事の都合で、家族の用事等々で無理なものは無理って人は大勢いると思うんですよね

よほど色々な好条件が重ならない限り無理なものは無理なわけで
どんなジャンルでもそうでしょうが、地方のファンの人って心身とも大変だなぁと思います

逆に、そういうこと関係なくても、ファンってそれくらいの覚悟?犠牲?が必要って話ですよね

だから、私、好き嫌いはあっても、ファンだとかそういうのはあまり言わないようにしてるんですよね
○○が好きとか、○○を支持しているとか、そのレベルですね
対象に対して金を落とし、その対価を得る事はあっても、それ以上入り込まないようにしています

ファンとして求められることを続ける自信も無いし
そんな覚悟も無いので
第一私自身がそれだけの代償を払って得る対価に満足できないと思います
・・・なんかつくづく私って嫌な奴ですねぇ(笑)


あと、逆の方向からの見方として
例えば、先日ある人気AV女優さんのこんなツイートを見かけました

○○のことを一途に愛して応援してくれる人には
○○も同じくらいの愛で返したいです。


この方、最近、寂しいのか、先行きの人気に不安を抱えているのか、何なのかよくわかりませんが
こんな事よく言うようになって、他にも

「○○ちゃんが一番って言ってたのに、他の女優さんに変わってたりすると悲しい」
「みんなに一番好きって言ってる人は嫌」


というような事も言ってました

これ、まぁ、こういう風に思うのは非常によくわかる話ではありますが
やっぱり、どうしてもここら辺で違和感を覚えるのは
リアルの恋人以上に一途に愛して応援したとしても、結局、一ファンに過ぎないですよね
私どうしても何でもギブアンドテイクと言いましょうか・・・
やっぱり、私世間の人とずれてるんでしょうかね
ボランティアとかは別ですが
こういう事に対して、無償で何かするっていうのがどうも理解に苦しむんですよね
本当にそういう人ってどれくらいいるんですかね
逆に、それで満足できるということは、つまり
「ファンとして尽くしている自分が好き」
という、ちょっと危ない方向にいってる人なんじゃないかと思うんですよね
だって、どんなに一途に、時間もお金も労力も尽くしたとしても
友達になったり、付き合ったり、結婚できたりなんて出来るわけが無いですよね
でも、本人は「一途に愛して応援して欲しい」と思うわけでしょ?

で、こういう事全部ひっくるめて考えると
やっぱり自分は「ファン」っていうものにはなれないなぁって思うんです

これが好きあれが好きっていうのはあったとしても
おいそれとファンになれないし、ファンを自称できないなと

普通の人はどうなんでしょうか・・・私がおかしいんでしょうかね
私も以前のように東京に住んでたら、当然、余裕があれば色々イベント等々に参加すると思うのですが
それは、要するに、自分の中で、イベントを楽しむという事とそのためにかけるお金と時間と労力が釣り合ってると感じるからであって・・・

ま、でも、結局は、その人それぞれって話でしょうけど・・・

だから、ある意味何の見返りも無しでファンをやっている人達って本当に凄いなと感じます
私には分からない何かを得ているんでしょうねぇ・・・


やっぱり、私には、今のファンという人達の心情が理解しきれないようです

応援者、愛好者、支持者にはなれますしわかりますが
元々の語源の、狂信者にはなれないです

※因みに、ここで言ってるファンって普通の有名人に対するファンって事で
世界的なスーパースターというかそういうレベルになってしまうとまた話が違ってくるんでしょうけど
関連記事

Category: サブカル

Theme: ひとりごと

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ファミ通 “生” 町内会 復活!?

 【08//2014】

月刊ファミ通feat. プレ放送


月刊ファミ通feat.は、『ファミ通』各誌が結集した最強総合ゲーム生放送!
家庭用、アプリ、アーケード、PCオンライン、インディーズ、なんでもありの長時間生放送。
ファミ通編集者やゲストが注目ゲームの魅力をたっぷりお届け!
月刊ファミ通feat.は、毎月1回放送です。


★初回は、プレ放送として5月9日19時スタート

■プレ放送のラインナップ
・編集部おススメタイトルピックアップ
・最新ゲーム情報
・バラエティ企画 …など 


■出演者
ブンブン丸、ゲーマーズエンジェル、大塚角満 ほか多数



<月刊ファミ通feat. 今後の放送予定>

 プレ放送  5月9日(金)
 5月号   5月30日(金)
 6月号   6月27日(金)

 …以降毎月最終金曜日19:00~

新作インプレッションやクリエイター対談、ゲーム大会ファミ通カップ、
インディーズゲーム発掘、バカ企画などなどモリモリ考え中、
ここでしか見られないバラエティー企画満載でお届けします!




----------
なんだこれは・・・
とりあえず、ブンブンとマンジェルは生き残ったか・・・
っていうか、芸人削って月一放送で経費削減っすか
体裁だけ整えたってやつですかね

そして、ここに生町内会のコーナーができるのか?って所ですが
普通に1ヶ月分やったら3時間かかりますからね、ちょっと無理でしょうね
しかも、暫定かもしれませんが、一応、ネット投票も始まったばかりですし

お時間ある方は、コメントで、「生町内会復活しないなら、もう見ない」的なコメントしよう
うん、完全にたち悪いけど、仕方ないね、それぐらいしか俺らやることないから
関連記事

Category: サブカル

Theme: ゲーム、アニメ、その他

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

大物AV女優 の 流出騒動 あれこれ (2014/05)

 【06//2014】

基本的にはこういうのはあまり話題にしないのですが
まぁ偶然流れを全部見ていたので


2014年、GW中にかなりの数の大物AV女優の流出が相次いだ事はご存じの方も多いかと思います
色んなところで拡散されてましたからね

個人的には、まぁ、私も所詮ゲス野郎ですので
「うわああああ!」ってなもんで興味津々で見ていたのですが
そんな個人のアホみたいな感想を書いても仕方ないので客観的な話でも
あくまでも個人のゲスな思いは別としてね、聖人ぶるつもりは全くありませんので


まず、そもそもの発端は、流出業者の宣伝からはじまりました
事の発端になったAV板の裏関係のスレに、業者がURLを張って宣伝にきたんです
ただ、その時は、いかにも怪しいURLですし、そのリンクを踏むことすらちょっと躊躇う感じでした
確かに、そのサイト自体には、それっぽいものが掲載されているのですが非常に怪しく
皆、スルー気味でした

そこで、次の日、業者が、一般人を装って、流出動画のキャプチャ画像をいくつかアップするという宣伝方法に切り替えました
これで本物だと確信した住人はこの時点で大騒ぎでした
ただ、まぁ、その怪しいところから購入しなければならないので
誰か人柱で購入するのを待つか、それが転載されるのを待つかという感じで
一旦は収束しかけてましたし、この時点で騒いでいるのは元々のスレ住人のみでした

ところが、ここで某所にその流出動画がアップされた頃から状況が変わり始めます
あらゆる所に転載され、他のコミュニティにも拡散され、あっという間に動画と共に拡散されていきました
ネット上ではちょっとした祭状態でしたね、やっぱみんなエロには弱いのです
そういえばこの数日前に嫌儲が同じくエロ画像に釣られてウィルスファイルを開いてしまい被害にあってましたね
情強を自称する嫌儲でも結局エロには勝てないわけです、ハニートラップって古典的ですがいかに強力かわかりますね

さて、ここで、更に、状況が一変します
ここまでは、所謂他の流出騒動と特に変わりないのですが
ある人が、今回の流出動画のお礼と称して、アップし始めます
どれも今までの流出ものとは違い、AVではありません
どれもパケ撮りか何か、スチール撮りでスタッフが撮影した動画です
こんなレアなものがアップされたことで大騒ぎになります
色んな所から人が集まってきて、もはや裏AVを語るスレではなく
単にその人がアップする動画が欲しい人で騒いでるという状況です
こんなに勢いがあったのはAV板史上はじめてかもしれません

一応、現在の所、もう新しいものを出すつもりはないようですので
状況は収束していくようには思います
が、当分は、スレが元のように機能することは無いんじゃないですかね
そもそもあの板ではファイルのやりとりに関する話題はLR違反なんですがね
残念ながらこの気配じゃ数ヶ月は荒れたままでしょう

以上が、今回の騒動の流れです
特に変わったことは無いですが、後半は今までとは違う方向のものが起こってました


一応、今回、流出したAVは以下の女優です

JULIA、瑠川リナ、佳山三花、春菜はな、麻美ゆま

基本的に
商品ジャンル情報:3D
http://www.s1s1s1.com/works/-/list/=/article=genre/id=74/

にある、3D作品のものが流出しています
また、JULIAに関しては
3D×JULIA 完璧なボディと超立体映像
http://www.rookie-av.jp/works/-/detail/=/cid=rki111/

別メーカーですが、同じく3D作品のもが流出しています
実は、JULIAに関してだけは、昨年一回同じものが流出しております
が、その時は、流出業者がサイトを立ち上げて2,3日でサイトは潰されています

動画自体は3Dではありませんし、恐らく3D編集過程のもので
SD以下の画質のものです、VHS程度の画質しかありません


また、スチール撮りが漏れてしまったのは以下の女優です

並木優、希志あいの、水谷心音(藤崎りお)、大橋未久、みひろ、羽田あい

どれも数分程度で、見えていると言っても、フルヌードの個撮程度ですが
画質はかなり綺麗ですし、よくあるAV作品の流出という事ではありませんので、衝撃度はこちらが大きかったです


さて、上記のことで分かることは、まずAVについては
・どれも2011年制作の3D作品である
・どれもCA系の内部メーカーの作品である
という事がわかります
ということは、もしかしたら同じ3Dが作られた西條るりや吉沢明歩もこれからあるかもしれません
スチール撮りに関してですが
これは色んなメーカーの撮影が混じっていますね
ファンの方ならどの作品か特定できるでしょうけど、ちょっと私には全部特定するのは無理です


AV作品の流出に関して
まぁ、そもそも流出なんて滅多に起こるものではありません
通常、映像は厳重に管理されていますし、基本、こういう処理するメーカーは
昔からある老舗というか信頼あるいくつかの会社に委託しているでしょうし
もし問題が起これば企業としては死活問題ですからね、まぁ、最近はあまり聞かないです
そもそもこんな事、法的にも少々まずいでしょうからね
公の株式会社としては儲け度返しで考えなければいけないものです
では、何故、今回流出してしまったのか、色々と陰謀なりを言うのは簡単ですけど
あくまでも想像ですが、3D作品というのが一つの着眼点だと思う人は私だけではないでしょう
3D作品ってもう殆ど作られてないですし、実は、その2011年の一時期に作られて以降、全く作られていません
要するに、世間がちょっと3Dブームだったから作ってみたという感じですね
で、制作段階で問題になるのは、3D化をどうするのか?という所です
撮影自体は、ある程度の知識と機材があれば可能でしょうが
いかせんそれを3Dソフト化する経験がなかったのでは無いかと
当然ですね、今までは、編集して、後は、モザイク屋に委託するという感じだったでしょうから
3Dソフト化を委託する企業を探さなければいけません
ただ、流行ものですので、それほどやってる所は多くなかったでしょうから、選定はなかなか大変だったとは思います
で、新規の取引先に委託したと
この新規の取引先の作業途中でコピーが取られたのではないかということは、想像するのは容易です
(ただし、業者のサイトにはそれ以外の作品もありますので、そこから別の既存企業にたどり着くかもしれませんけど)
逆に言うと、こういう新しい作業が起こらない限り、流出って今はあまり起こらないのでしょうね
全部CAの内部メーカーで同時期に制作されたものということで
恐らく関連する全作品同じ会社に委託していたのではないでしょうか
これに関しては、今までと違うビジネスということでその点に関しては、難しい状況であったとは思いますが
どう言い訳しようが、企業の選定と管理、並びに作業プロセスの監視等々
当時の管理者、関係者の監督、管理能力不足が問われてもしかたありません
CAは、当時の検証と問題点の摘出、並びに、今後の再発防止策など十分に検討、議論し
メーカー横断で徹底すべきですね

次に、スチール撮りに関してですが
漏らした人は、同一人物、もしくは、同一会社かなと
そもそもスチール撮りも専門の制作会社が多いですしね
これに関してはよくある作品の流出とはちょっと違います
今までの映像管理では防げなかった事案になりますね
個人が漏らしていますから
メーカーがきちんと検証すれば、誰が漏らしたか?は特定することも可能でしょう
ただし、スチール撮りですから、色んな人が出入りしてますからね、検証は大変でしょうけど
結構、色んな時期の撮影に携わっているようですから、かなり顔が知れている人じゃないでしょうか
まぁ、まず、メーカーがやることは特定と事情聴取ですね
そして、今後は、作品の映像データだけではなく、
こういった現場に持ち込まれる機材のデータに関してもどうやって管理するかについても検討すべきでしょうね

ということで、今回の事でメーカーがまずやらなければいけないことは
当然、流出元の特定は大事ですが、今後の再発防止が重要ですね
特にCA系は関連メーカーが多く、激しく影響が大きいですから
検討した対策は、横断的に全メーカーで共有されるべきかと


最初に書いた通り、聖人ぶるつもりはありませんし、騒いでる間は私もゲスな顔して見てはいたでしょうが
そういう事とは別としてね
まぁ、客観的な話をすれば、嬉しい反面、状況としてはあまり好ましいとは言えません

まず、スチール撮りのものは別としても、基本流出系って
業界に金が回ってこないでしょ
これだけであまり支持しにくいですね
普通の海外販売の裏系は、少なくとも女優と事務所や関連会社には金が回ってきますから
それだけでも流出系は業界の衰退に荷担しているという見方ができます
また、こういう事は、女優、事務所、メーカーの信頼関係を損なう可能性もあります
そうなっては、良い作品も作られにくくなるでしょう、これも良い影響とは言えませんね
更に、こんな事が起こってしまったら、女優さんの中には嫌になって引退を考えてしまう人も出てくるかもしれません
それこそもう業界の損失ですね
願わくば今回の事でそんなことを考える女優さんが出てこない事を祈ります

で、つまり、喜んでるのは流出業者と、我々のようなゲス野郎のみという事です
ただでさえ、今、金の周りが悪く、苦しい業界でこんな事は百害あって一利なしですよ
我々のようなゲス野郎は、次もっとこい!と思ってしまうのですが
まぁ、客観的になって落ち着いて考えてみると、願ってしまうのは仕方ないですが
実際に起こってしまうと、複雑な心境になるはずです、少なくともAVが好きな人はね


まぁ、かなりの量ですが、一旦拡散してしまったものはどうにもなりませんね
恐らく業者は他の3Dのももってるとは思いますが、さてさて続きはあるのかないのか
来て欲しいと思いつつも、無い方が良いなと思ったりと、微妙な心境です
半分来て欲しいと思うところが、所詮私はゲス野郎という事です
関連記事

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る