2014 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 09

龍が如く 最新作 「セクシー女優人気投票」 結果発表

 【25//2014】

『龍が如く』最新作の「セクシー女優人気投票」
http://ryu-ga-gotoku.com/sexy/








みなさんの推しの子はどうでしたか?
10位以内に入った人、おめでとうございます
11位~30位だった人、モブかもしれませんが、とりあえずゲームに出られてよかったですね
どうせモデリングするなら、課金で11~30位の人も攻略できるようにしてあげたらどうですかね
というか、ちょっとでも金の匂いするならやれば良いのに



本件に関しては、過去散々指摘していますので、今更掘り返すことはやめましょうか
まぁ、女優本人もそのファンもだいたい納得されてるようですし

今回、うまい対応だったと思います
どうせたくさんモブは必要だったはずで、一人一人個性的なキャラクターをモデリングする方がリアリティがあがります
そのサンプルとして、下20人を使うというのは、合理的な選択です

少なくともAVファンの間ではそれなりに話題になっていたことですから、下手な対応はできなかったでしょうし

現状は本件の問題に関して言及してる人は少なく、広まってはいませんから
結果に対する不満でそのネタとして問題が広まる事は恐らく回避できたと思います

私は自分で検証しているので、自信を持って、問題がある、疑わしいと書いていますが
まぁ、客観的に見た人は眉唾物で見てるでしょうし、こういう風に実際に自分で検証した人は少ないでしょうからね
もしも下20人の女優とそのファンをモブでゲーム登場という事で丸め込まなければ、違う方向での反響が大きくなっていたことでしょうから
話さえ広まらなければ、今回のイベント自体大成功と言えます

そういった点で、今回の投票自体には疑義がありますが、その後の対応の仕方としては非常に手慣れており、良い対応でした
まぁ、最初からそこまで見越してのやり方だったのかもしれませんけどね


さて、AV女優が出るからPS4と本ソフトの売り上げがあがるかと言われれば・・・まぁ、微妙な所でしょうねぇ・・・
でも、そんな感じだと、ね、、、、今後、別のゲームだとしてもAV女優が関わる機会が少なくなるかもしれませんので
せめて、10位以内に入ったファンの人は、まぁ、本体まで買えとは言いませんが、持ってる人はソフト買いましょうよ

因みに私はこの総合PのNさんは、昔からあまり好きじゃないので、この人が関わってるゲームはやったことがありません笑
この人が前面に出てくる前までのセガは好きでしたけどね
関連記事
スポンサーサイト

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

橘梨紗 AV復帰!? その2

 【24//2014】

どうやらパチ屋のイベントは無事行われたようです

詳しい話などはブログに書いてる人もいらっしゃるようですので、興味ある人は検索してみてください

昼から3カ所回る
MCがいて基本的にはトークなど無かったが
店内回ってうってる人と写真とったりと、撮影タイムがあったり、普通のパチ屋営業だった模様
本人は最初緊張していたが、徐々にノリノリになってきて、ご機嫌だった模様
パチ屋営業って基本何喋っていても店内が五月蠅いのであまり聞き取れないんでしょうけどね
最初、司会の人が「今日限り」と言っていたのだが次の店舗に行くときには「次回は」的な話をしていたとのこと
また、客から「復帰するの?」との質問があった時は、司会の人が「復帰はありません」と何度も言っていたとのこと

個人的には、復帰に向けて動くのかどうかは、実際にこのイベントが開催されるのかどうかだと思ってましたので
開催されたということは、何らかの動きが本人と周囲にあるということだと考えます

前回と重複の話もありますが
パチ屋のイベントは代理店か事務所が受けないと始まらないので、現在、どこかの事務所に所属していると考えられる
名前をそのまま使っていることから、引き続きAV事務所にいる
もしくは、大手AV事務所が引き取って、前事務所から全権利を買い取った
弱小事務所では違約金等々払いきる余裕が無いから
引退して一年以上たって、パチ屋のイベントだけのために表舞台に戻ってくるとは考えにくい
一切表舞台に出なかったのはそれ相応の理由があるはずで、たかが一日のために出てくる理由が無い
司会は今日限りと言ったり次回は~的な事を言ったりしてるということは、その辺は結構適当だと思われる
しかしながら、復帰に関してはずっと否定するということは、
これに関しては関係者からレクチャーを受けて明確に否定するように言われているということかと
つまり、今後、何らかの仕事はしていくが、まだ、ハッキリAV復帰に関しては明言出来ないという事だと思われる
ただし、AV復帰が全くあり得ないならば、何故今もAV事務所にいるのかという疑問が出てくる
復帰に否定的な可能性としてあり得る話は、ほしのあすかの例に近い可能性はある
本人は歌を歌っていたいので、引退しても引き続き事務所にいてタレント活動をしていきたい
今更、他の一般事務所が権利も含めて色々処理してくれるところは皆無だから
ただ、この場合、本人が明確に歌を歌いたいからAVもやったという経緯があったからで
橘さんの場合は、全くその兆候は無かった
そういうタレント活動的な意志があるなら、最初からバリバリその方向でデビューしたはず
ですから、少なくとも、今回急に表舞台に戻ってくるような理由に繋がるものは無かったと思います
今、現在、AV事務所にいる理由は、AV復帰以外に考えにくいんじゃないかと思います

逆に、AV復帰しないのに、何故今更こんなこまいイベントをやったのか?という最大の疑問が出てくるんですね

たった一日3店舗回ったところでいくら入ってくるんだろうかと
事務所と折半したとしたら本人に入ってくる収入なんて微々たるもんでしょ、ちょっと海外旅行にいったら消えますよ
本人が承諾したということは、本人がまた表舞台に戻ってきたいという意志があるということで
事務所は、表舞台に戻したいという意図があるということです
復帰を否定したのは、実は、もう色々決まってて公式に情報解禁されるまではハッキリとしたことは言えないか、
もしくは、まだ契約交渉の途中で何も言えないか
または、本人と事務所からの今後仕事してくつもりですよというメーカーへのアピールであり
偶然、事務所に来ていたパチ屋からのオファーを利用した形なので、今の状況を濁しておきたいということかと
今でも人気がありますよという事は重要で、メーカーに対する強烈なアピールになりますから
ギャラ交渉では重要ですからね
つまり、実は、ファンが復帰への期待を大きくすることがギャラアップへと繋がるんですね(←これ重要)
実績は十分ですが、問題は2年近く空いてるので、今復帰しても売り上げどうなのよ?という不安がありますから
それを後押しするのはファンの期待の声だけなんですよねぇ、他に基準が無いので

私は、もし、もう話が進んでいるのなら
年内か年明け発表、デビューした月と同じ2月に2年ぶりに復帰
今から話が進むなら、来年の春から夏ぐらい、引退から2年ぶりに復帰
こんな感じで見てます
ええ、勿論、感ですが、なんか丁度区切りよくて良いでしょ

因みに、SODとはかなりgdgdな感じで終わりましたから
今回もし復帰するとするとなると本人も含めて双方が相当かっちりとした意志と契約になるんじゃないかと


ということで、私も変に期待せずに、何となく朗報を待つことします
関連記事

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ビジネス人権屋 性産業に目を付けはじめる

 【23//2014】

AV出演を強要される被害が続出~ 女子大生が続々食い物になっています。安易に勧誘にのらず早めに相談を(伊藤 和子)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/itokazuko/20140816-00038321/


※本文は、元記事を参照してください


さて、以前からずっと主張してきた、こういった輩が性産業に目を付けるのは時間の問題ですよ
という話ですが、いよいよといった感じがしてきました
予想よりちょっと早いですが
児ポ関連の時から予感はしてました、これを機にやってくるだろうなと
児ポどうのこうのというわけじゃなく、彼らはこれで様子見してるわけですよ、世間のね
これに関してどういう風に社会が動いていくのかというね
で、結局、訳のわからない改正に動いて、政治も社会もそれで良しとなっている
一部のネットの声とか関係ないですからね

で、この伊藤という人が書いてる記事は、はっきり言って、2ちゃんの落書きをコピペしたの?っていうレベルです

人間同士がやってる商売ですからね、業界問わず色んな事はあるでしょうし
今はともかく、業界の黎明期には色んな事があったでしょう
世の中理路整然と正義や理性だけで全て片付く世界じゃないって事は日々生活してて嫌と言うほどわかるでしょ
人間なら日々、怒ったり泣いたり笑ったり、嫉妬したり憎んだり、時には復讐心に燃えたりすることが人間ってもんです
そんな欠陥にも思える生命体が人間というもので、その欠陥のある人間同士が集まればどんなところにも問題が発生するんです

こういった輩は、こういう一部の現象を、さも全体であるかのように世論形成して、ビジネスしていくような連中です

因みに、この伊藤とかいう人の肩書きはこちら


伊藤 和子
弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長
1994年に弁護士登録。女性、子どもの権利、えん罪事件など、人権問題に関わって活動。米国留学後の2006年、国境を越えて世界の人権問題に取り組む日本発の国際人権NGO・ヒューマンライツ・ナウを立ち上げ、事務局長として国内外で現在進行形の人権侵害の解決を求めて活動中。同時に、弁護士として、女性をはじめ、権利の実現を求める市民の法的問題の解決のために日々活動している。ミモザの森法律事務所(東京)代表。


この人のブログ等々を見てみましょう、非常に香ばしいですし、どういう人間かよくわかります

更に、このヒューマンライツ・ナウとかいう団体に名を連ねてる連中をググってみてください
いかにもな連中ばかりが集まっています、やはり同じ穴の狢です

こういった連中が本気で人権など考えてると思いますか?
人権と金なら、金を脊髄反射で選ぶような人種でしょうよ
金が欲しいから至る所に火を付けまくって、消化剤や消火活動で金を稼ごうとしてるわけです
差別利権はある程度やり口が決まっているので先行きの見通しが立てやすいんでしょうね
まるで世界中で紛争を起こしてる金融マフィアのようです、根が同じですから思考が似るわけですが




正直、最近は一般の芸能界よりも真面目だと思いますけどね
まぁ、業種が業種だけに色眼鏡でしか見られないでしょうけどね
今でも一部おかしな話も伝え聞こえてきたりすることはありますが
最近はかなり業界内の意識が変わってきてることは事実です


「性産業」4社が早稲田で就職説明会
http://careerconnection.jp/biz/studycom/content_1629.html



この4社に関しては実際にこういった事をやってますし、業界の健全化に前向きだという印象をうけます
特に、SODは寄付等々社会貢献にも積極的だったりします
確か、大金を児童関連の基金に寄付したが、世間体から表向き寄付リストから削除されたりしましたね
そういうの関係なく寄付したり、社会貢献に積極的だったりするんですよね
たしか、こういう業界だからこそ、そういった社会貢献のような事に積極的であるべきとかなんとか
他にもAIDS関連だったり関連する事項に関しては皆積極的ですね

非常に正しいことで、以前から主張してるように、業界は一切の隙を見せたらいけないんですよ
敢えて目立つようなことをする必要はありません、常に隙を見せないようにしていたらいいんです
当然、政治的な面も含めて様々な方向での根回しは常に必要ですが
業界内部の本気の自浄作用というのは必要で
もし何か問題が発生したらきっちり内部で自浄できる状況と雰囲気の醸成が必要なんですね
人間のやることです、どんなに頑張っても必ず綻びや問題が発生しますから


ただし、最近、一般的にも暴露ブーム?でしょ
馬鹿が意気揚々と内情暴露して、一時の承認と若干の収入を得ることで、気持ちよくなってる例のやつです

これ性産業にも言えるんですよね
ネタにしやすいですからね

この前、AV女優の給与暴露みたいな番組ありましたが
あの馬鹿構成作家が関わってる時点で全部台本で信用する点など微塵も無いですし
実際、適当な金額やまつわるエピソードを語ってるんでしょう
もうね、こういう一つ一つが大衆におかしなイメージを付けていくことになるんですよ
一番組ぐらいという話じゃないです、積み重ねなんですよ
どうせ何かやるなら良い話しろと、面白いから何でも良いっていう安定した業界じゃ無いでしょ
折角、マスカッツがある程度認知度をあげ業界のイメージアップをやってきたのに台無しです
マスカッツに関する問題は以前書きましたがそれは内的な問題ですからね、外向けの話ではないです

前にも書きましたが、
何か問題があって主張したい業界人、ライターなどの関係者や、元業界人の人
もし何か言いたいなら、その問題解決や業界の発展のために、最後まで責任持ってくださいよ
中途半端に、一時の金や名声のために、世話になってる業界を売り飛ばすような事はやめましょうや
ビジネス人権屋と同じですよ

普段から意気揚々と内情を喋って気持ちよくなってるような業界人はどうしようもない
最近は、ブログ、ツイッター、ツイキャス等々で何でも言ってしまうでしょ
喋るにしても、もっと気を遣って慎重に言葉を選びなさいよ

何を言っても悪く取ろうとする人はいるんですから(これ重要)


ちょっと話はそれましたが、とにかく
ビジネス人権屋が手を出してきた
ということを重々認識しておいた方がよいです
こんな事ぐらいたいしたこと無いと思ってるでしょうが
こういう輩は、こういうことを積み重ねながら各方面に人権という大義名分を振りかざして根回ししていくんです
気がついたときには遅いです


この煽りにのっかってもいけません、巻き込まれて被害を拡大させるだけですし、相手の思うつぼです
やれることは、内部で粛々と準備をしていくことだけです
そのうち必ず内部でマッチポンプに加わる人間が出てくるはずです
そんな人間が出てきても平気な状況の構築を
関連記事

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

富野由悠季 ガンダム Gのレコンギスタ 「大人が「G-レコ」を見る必要はない!」

 【23//2014】

大人が「G-レコ」を見る必要はない! 「ガンダム Gのレコンギスタ」富野由悠季に直撃取材&サインプレゼント!
http://akiba-souken.com/article/anime/21122/?page=1



富野さん好きだけど、ちょっとだけ物足りない気がしないでもない
見てみないとわからないけど

冒頭10分+メッセージの動画見ましたが、感じとしては、キングゲイナーっぽいの?って感じがします
キングゲイナーって富野さんが復活してからの作品で唯一?あ、ターンAもそうかもしれませんが
一般受けした作品だったと思いますが、そういう系統かなぁと思ったりしました
だとするならば、面白いものになると思います

ただ、まぁ、恐らく、富野さんをどっぷり見てきた人達にとっては
面白いけど、これが遺作になって欲しくないなというか(失礼な話ですが)

子供向けっていうのは常々言っておられることでよくわかるのですが
ここまできたらあんまり関係なくないですかね
自分達がそうであったように、何となく話がついてこられれば
その後何度も振り返ってる内にわかってくるものだから

公に対する云々って常々言っておられますが、その辺は特に強調しなくても富野さん作れば自然と出てきますから
無理にそういう思いを直接訴えなくても良いんじゃないかと

なんかね・・・言い方悪いけど、本気で作り込んでうける自信が無い事に対する言い訳に聞こえるよ、富野さん

次があるなら、もう色んな制限無しで敢えて作っていって欲しいね、仕事人としてそういうのは嫌がりそうだけど
でも、白くなった富野さんはもうお腹いっぱいなんだよね
黒富野を4クールぐらいでたっぷりと楽しみたいんですよ、最後はね


総監督は富野由悠季で、監督はUCの古橋さんで、最後取ってくれないかな
俺が設定原案書くのでそれを元に枠と原作を富野さんに作ってもらって総監督で作ってくれたらな・・・
因みに、そんな機会がもしあるなら、もの凄い大風呂敷広げた原案書くので、人生かけて風呂敷をたたんで欲しい
そしてたたむのが面倒になって全て放り投げる所までがみたい
富野好きにとっての夢です、はい
関連記事

Category: サブカル

Theme: ひとりごと

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

アイスバケツチャレンジってさ

 【23//2014】

体に悪いよね
東洋医学では体を冷やすことは良くないって言われてるしさ
夏場でも極端に冷たいものとか取らない方が良いよね
氷は余計じゃないかなぁ、水かぶるぐらいだったら暑いしよかったと思う

という感じで、私も同調圧力に負けてこんな感じでいつもの小学生並みの感想文を書いてみました

でも、なんかこれって傍観してる立場で見てると、色々となんか怖いね!恐怖しか感じないよ!
関連記事

Category: 時事

Theme: ひとりごと

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

宇都宮しをん 移籍?引退? その2

 【19//2014】

常々書いていますが、このブログは完全なる妄想によってなりたっていますので
書いてあることに一切の信憑性はございません


・・・すみません、トップページに名前が復活しましたね(笑)

9/19にベスト盤を出すようです
当然、収録は1~10作目まで
当然っていうのは、新作までは入れると編集が納期に間に合わないからですね

ただ、「おいおい、ベストって事はそういう事じゃね?」とかあるでしょうが
基本的に、12作品、1年ごとにだいたい8時間ベスト出すのが恒例のようですし

あと、このメーカー、引退や移籍などの理由でのベストの場合
「コンプリートBEST」とつくのが通例で
12作品毎とかの定期的に出すベストは○○○ベストのような結構自由なタイトルのようです

ただ、わかりませんよ
ゴールドの次ぎは、プラチナベストって感じで、未収録の2作品も含むコンプリートBEST出します!とか言い出すかも
・・・いや、流石に、そんな詐欺みたいなやり方したらダメでしょ笑
関連記事

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

橘梨紗 AV復帰!?

 【17//2014】

ここしばらく、AV好きの間で賑わせている話題があります

「橘梨紗がAV復帰する!?」


橘梨紗さんと言えば、昨年、元AKB研究生としてAVデビューし
わずか5作で電撃引退されましたが
以前も書きましたが、昨年のAV業界の上半期ははっきり言って
橘梨紗さんが全てもっていった感じすらする状況だったと思います
個人的な印象が過分に入っているとは思いますが、そうだったと感じます

元アイドルだとか元芸能人だとかは、他にも
やまぐちりこさんだったり今も活躍中の小向美奈子さんだったりが有名だと思いますが
確かにネームバリューとしても、話題性としても当然上でしょうし、
事実、売り上げも圧倒的にこの二人の方が上です

ですが、・・・まぁ、これも勝手な個人の価値観というか印象ですので、一般評価ではないのですが
私はAV女優としては橘梨紗さんの方が断然魅力的だと思っています

前者二人はまた見たいとはそんなに思わないのですが、橘梨紗はまた見たいと思わせるものがあり
それだけに、早期引退とわかったときは、SODの適当さに、憤った人は私だけでは無いはず


そんな橘梨紗さん
もう既に引退されて一般人として静かに暮らしてるんだろうなぁと思っておりましたが
先日、急に、こんな情報が・・・



http://www.p-world.co.jp/osaka/metalkingmax.htm



http://www.p-world.co.jp/osaka/n-nikoniko.htm




なんだこれは???

最初誰もが嘘だろと疑ったはずです

ですが、まぁ、過去にも色々イベントをやってるようで、公式ページですから、今のところ嘘では無いと
これはどういう事なのか・・・

少なくとも、パチ屋の営業の仕事はするようです、今のところ、予定ですがね
しかも、橘梨紗という名前でやるということは、引退していなかったのか?という話ですよね
橘梨紗さんてもうあっという間にいなくなってしまったので、事務所がどこなのかもわからず終いでした
まぁ、たった5本ですので個人で直接メーカーと契約していた可能性もありますが、真相はわからないですね
個人的には短期契約と言うこともあって単に表に名前が出なかっただけで、どこかの事務所のマネージメントはあったと思いますけどね
で、そうだとするならば、同じ名前を継続して使ってるということで、引き続き同じ事務所がマネージメントしてるんでしょうかね

ま、その辺はたいして問題ではないですね

まずは、上記のパチ屋のイベントが本当に開催されて、本人が本当にくるのか?という所ですね

もしも本当に営業に来たなら、AV復帰の期待が俄然高まるといったところでしょう

メタルキングマックスのブログ
http://ameblo.jp/metalkingmax/

ブログではもう来るのが確定のような扱いですね


早速、復帰するならどこのメーカー?的な話も出ていますが
偶然先日、S1がtwitterで10/7デビューの新人を顔だけマスクして公開してて
タイミングが良かったのと若干似てるのもあって、これじゃない?的な予想が出てしまうくらい
気持ちが先走ってる方が多いようです
まぁ、この写真に関してはなんか違うような気がしますが、この程度の画像ではなんとも
個人的には元AKBの逢坂はるなさんと競演とかすると楽しそうなので
IPとかでも良いんじゃないかと思ったりするんですが
そんな妄想はとりあえず色んな情報が出てきてからですよね

兎にも角にも、パチ屋の営業がきちんと行われるのかどうかですね
その先の話はこの仕事が履行されてからですね




・・・と言いつつも、若干気になることとしては、

こういったパチ屋の営業って、殆どは事務所がとってこないとやれないわけです
つまり、前はどうかわかりませんが、現時点でどこかの事務所に所属しているという事です
で、基本的には、店側も一回世話になった代理店(事務所)とは何度も仕事を依頼するわけで
その方が楽ですし、話が通じやすいので興行もやりやすいですからね
そういう観点で見ますと、このパチ屋のグループが過去にイベントした女優は
成瀬ここみ、明日花キララ、かすみ果穂、朝日奈あかり・・・
もしかしたらこれらの誰かと同じ事務所の可能性があると思ったりするんですが、どうでしょうかね
因みに、今唯一いる元AKBの女優である逢坂はるなさんは、成瀬さん朝日奈さんと同じ事務所です
さてさて真相はいかに

あと、何でパチ屋の営業なんでしょうね
これだけ人気のあった人の電撃復帰、例え、AVじゃないとしてもね
だとするならば、もっと違う仕事復帰の仕方があったと思うんですけどね
凄く理解不能です・・・うん・・・
まぁ、普通ある店舗さんのイベントしようにも作品が無いですからね
無いというか、もしも、V復帰まで決定してるなら、それがSODじゃないとするなら
前の作品でイベントしようがないですからね
だとすると、考えられるのは、既にV復帰が決まっていて
本人が今後はバリバリ仕事していく気持ちでいるんだが
V復帰に関連する色んな事が決まっているのでそれ関連の仕事は出来ない
結果、メーカーとの契約範囲で出来る仕事で事務所に来てる仕事のうち
すぐ出来そうな仕事はパチ屋のイベントだった・・・というのはどうでしょうかね、強引に筋を通してみましたが
そもそも、またちょっとV復帰して金稼ごうかぐらいの気持ちだったら、パチ屋のイベントなんてしないでしょ
前はあっという間にいなくなるような状況だったのに
勿論願望入ってますが、今回もし復帰するなら結構本格的にAV女優業やろうと覚悟してるんじゃないかと

・・・などとわけのわからないことを供述しており(ry
まぁ、なんか適当な妄想してる時が楽しいんですよ
関連記事

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

宇都宮しをん 移籍?引退?

 【14//2014】

なにやら動きがありそうな雰囲気がありますが・・・

メーカーの9/7発売分の情報に彼女の新作情報はありませんでした
まぁ、全員とは言いませんが、たまにお休み挟む人はいることはいますので、特別問題あるとは思いません
ただ、8月分で丁度1年、12ヶ月分ということで、契約的にはキリがよいので色々憶測を呼んでいるようです

まず、引退か?という話に関しては、現状では考えにくいなぁという感じです
というのも、もしも、引退なら、今月の作品が引退作となるはずで
こういった契約話は前々から決まっているはずですから
今月の作品は電撃引退スペシャル的な売り方になるでしょうし
これだけ売り上げた人が何事も無い無難な作品で最後というのは・・・
絶体とは言いませんが、メーカーとしてそれでいいの?という疑問が出てきますね
いくらなんでもそこまでメーカーも間抜けじゃないでしょと
普通なら、引退作として大々的に売るでしょうし
来月はお休みではなくて、引退記念ベストとかにするんじゃないかと
もしそういうことならAVOPENの売り上げも劇的にあがるでしょうしね

それともう一つ重要な点は、事務所の公式ページから削除されていないということです
http://www.8man.jp/models/utsunomiya/

通常、引退した、もしくは、引退が決定して、今後仕事が受けられない場合は
事務所の公式ページから削除します
所属タレント一覧はファンのためにあるんじゃなくて、あれは、クライアント向けに載せてあるものですので
仕事をしないのに載せることはないでしょう
特にこの事務所はクライアント向けのページなどが別途用意されてるわけではありませんから
そもそもパブ禁のまま引退なら事務所のHPからも即刻削除するでしょうからね

では、削除忘れてるのでは?という疑問もありますが
まぁ、通常、事務所との契約が切れた瞬間にどんな事務所でもリストから削除するのは急務なはずですが
万が一忘れていたと仮定しましょう、、、ですが、仮定しようが無いんですね
何故ならば、最近、事務所のHPを更新してるからです
しかも、相変わらず、TOPページで大きく彼女が所属している事をアピールしてます
ちょっと表現が前よりかっこよくなってます
更には、今回は新たに例のグラビアに関しても大きくアピールしてます
まるで別人の2人が所属しているようです笑
滅多に更新しないのに、最近こんな更新をしておいて、削除忘れていましたっていうのは筋が通らないかなと

ということで、客観的事実からは誰が考えても引退というのは無いんじゃないかと思うのですが
当然、こんな話全部ひっくり返した急展開になるかもしれませんが、そんな事言い出したら何でもそうですからね


では、移籍か?という話ですが、こちらに関しては、少々可能性があるかもしれません

まず、メーカーの女優紹介のトップページから名前が消えてます
http://www.s1s1s1.com/actress/

来月の発売が無いので、トップページから消えたという事はあるかもしれません

ただ、7月のAVOPENの作品はメーカーのトップページに今も紹介しています
まぁ、AVOPEN自体は11月までなのでそれまでは何があっても載せ続けるでしょうけど

ですが、以前にもお休み挟む女優さんとかいましたが、トップページから名前が消える事は無かったです
方針が変わったということもあるでしょうけどね
一応専属ですからね、契約が続いているのなら何故?という疑問は出てきますよね
因みに麻美ゆまさんの名前は今でもずっとトップに残っています

ということで、もしあるとするなら、移籍かなぁと思うのですが、もし何かあるとするならね

ただ、ここまで金かけた人を、しかもグラビアまでお膳立てしたのに、普通にCAが手放すかなぁという疑問が
あと、メーカーの規模とか格的に釣り合うところがそんなに多くないというか
ですから、移籍だとしても、どこ?という感じになるんですよね
そういういろんな前提無しで考えると、Moodyz、IP、SOD、アリス・・・ぐらいですかね
他だとちょっとそもそも条件面で折り合いが付かないんじゃないかと

移籍だとしても、急展開すぎるでしょという感じもなきにしもあらず
少なくともAVOPENにメーカー代表として出てるわけです
結果発表が11月ですよ
その前に移籍ってあるのかねぇという疑問はありますけどね
11月まで待つとかは時間が勿体なくてありえないですから
ただ、優勝は他がインパクトありすぎで難しそうな感じですけど
それでもねぇ・・・AVOPENに対して適当すぎだろと笑

あと、若干気になる事としては、何で急に事務所は例のグラビアに関してアピールしだしたのか?という所です
まぁ、事務所の営業力アピールといわれればそうでしょうが、何で今更?的な感じが
やるなら最後の、写真集が出た6月からやればいいのにと
で、これ、表向き最後まで「謎の人」っていう形を貫いてたのに、事務所自らカミングアウトしていくの?的なね
いや、当然、別人のような扱いにはなっていますが、ちょっとね・・・w
週刊紙にも書かれて、関係者はノーコメントっていう感じでやってるのに・・・w
ですから、敢えてこんな事をおおっぴらにやっていくのには
何か訳があるんじゃないの?と勘ぐってしまうわけですね

ここからは完全に妄想ですが
もしかしたらグラビア名義での展開があるんじゃないの?と
以前、どうせなら、W専属で、グラビア名義で別のメーカーの専属もやるのはどうだろうか?って書きましたが
移籍という形かどうかはわかりませんが、そんな感じの展開があるんじゃないの?と妄想したりするんですけどね

ということで移籍という括りで考えると、こんなことがあったら色んな意味で楽しいなぁと思うんですが・・・笑
一般的には、グラビア名義の方が名前が売れてるわけで
そっちで活動した方が、売り上げアップに繋がるかもしれませんしね
色んな立場の人が色んな事考えてるんでしょうけど
ここまで色々話題になったらこの話題を写真集発売だけで終わらすのは勿体ないと考える人もいるかもしれません


あと、全然違って、このメーカー毎月7日発売と19日発売と2回あるのですが
単に、7日発売から19日発売に変更しますってだけという事もあるかも・・・



ということで、結局、来月にならないとわからないですね・・・笑
普通に10月発売予定に名を連ねてるかもしれませんし、何か新しいことがわかるかもしれませんし
何があるかわかりませんが、来月の情報解禁まで楽しみに待つことにしましょう
久しぶりに目を見張る女優さんだったので今までずっと興味を持って見てきましたが、さてさてどうなることやら
プロモやメディア戦略などそういった面も勿論大事ですが
ユーザーとしては安定して良作を提供してもらうことが一番重要で
メーカーには、全部の所属女優に言える事ですが、監督共々もっと作品作りに力を入れて欲しいという事と
彼女には、AV女優としての力をもっと付けて欲しいという事が今望まれてる事であり、本音ではないでしょうか
関連記事

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

朝日新聞 慰安婦捏造 問題

 【09//2014】

朝日新聞『慰安婦検証』与野党が批判の大合唱 (産経新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140809-00000502-san-pol



色々な批判が出てますけど、まぁ、昔からわかっていたことで
ジリ貧状態でしたから、破綻は時間の問題だと思ってました
とりあえず、今後も糾弾されつづければ良いんじゃないかなと思います

個人的には、そこよりも、「今更よく認めたな」という所じゃないかなぁと

一般的には
「産経等々の追求が激しくなり、言い逃れ出来なくなってきたから」
「このままでは国会に呼ばれる可能性も出てきた」
「朝日新聞が反日であるというイメージが定着し、売り上げに影響してきたから」
等々いろいろ言われています

どれも正しいとは思いますが、個人的には、コリアとの何らかの阿吽の呼吸があったと思ってますけどね
もう反日一辺倒ではどうにもならなくなってきたコリアの情勢
しかもコリア国内でも一部疑問が出るようになってきた、経済も厳しい
日本の反コリアの意識の改善はこのままだと何十年かかるかわからない
こういった状況の中で、そろそろ軟着陸させる所を模索していた
それと、朝日の状況も相まって、今回のような発表があったのだと思います
まぁ、それでも自称エリートの朝日ならではの記事でしたが

ただ、重要なことは、こういう輩って簡単に引き下がったりしませんよ
っていう事です
つまり
「次の金づるのメドがたったから、古い方を捨てた」
ということです

慰安婦なるものの次のネタのメドがたったのだと思います

次ぎはなんでしょうねぇ・・・
コリアやチャイナが絡めそうなネタというと・・・


という見方で眺めてると、メディアとか政治とか楽しいですよ
関連記事

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る