2015 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 04

SPYコレクション ~すぱコレ~ 耐久型イベント 「メナス・グレイト・スパイ」 反省会

 【30//2015】

SPYコレクション ~すぱコレ~







メナス・グレイト・スパイ

MGS・・・

これはまずいですよ!

N天堂さんに並んで怖い法務部でお馴染みでKさんが辞める辞めないで話題の
Kナミさんに目を付けられないことを祈ります・・・笑


ということで、徐々にこのスパイ組織はなんなんだ?という問いに答えてるような気もしないですが
とりあえず、こんな感じで徐々にバラしていくスタイルなんでしょうか


さて、今回のボス達はこんなのでした




どこかで見覚えがあるようなないような


Ex1~Ex3までは、まぁ、何となくでもクリアは出来たと思います
Ex1は何でもOK、Ex2はマジント、Ex3は罠あるので辻本入りでテキントかイミント
ボスもたいしたこと無い感じでした

Ex1


Ex2


Ex3




Ex4は若干道中強めといった感じですが、
それよりも、ステージが無駄に長くて長くて・・・周回してると心折れそうになるくらい長いですね
基本イミントOnlyでいけるので、とにかくステージが無駄に長い事が最大の敵だったと思います





Ex5は、ボスルートは道中はテキントでいけますが、ボスが変化しました
最初は、シギント系で、最後の戦闘はマジントに変化します









ですから、耐久度を0にする最後の潜入までは、テキント部隊
最後は、テキントを強化したシギント部隊でいけばよかったですね
全体的にシギントが弱点となっていましたので
スピードが早めのシギントでいけば、外さなければボスも含めてどの戦闘も1ターンで終わるぐらいでした
ここを道中も考えて無理にテキントでいこうとすると、ボスがテキントにも強いので一撃で終わらず
無駄なダメージをくらって、ケアに時間がかかってしまうという状況だったと思います



という感じで、最後はなにやら不穏なエピローグもあったりして、イベントではありますが、話が進んでいる感が出てきました
できれば、イベントじゃなくて、メインのコンテンツでやって欲しいですけどね
このペースでイベント連発してるとそういう余裕は無さそうですけど


で、今回、Ex4が無駄に長くて本当に辛かったです
このゲーム、自分の環境のせいかどうかわかりませんが、ずっと立ち上げてるとどんどん重くなるんですよね
これ、初期からずっと同じです
Ex4のような長いステージだと特に顕著に表れてきます
これがもう、やってるときは、苦痛で苦痛でしかたなかったです
当初、メモリリークでもしてんのかな?とか思ってメモリ観察してましたが、それほど変わりなくてですね
Flash系のゲーム作ったこと無いのでよくわかりませんが、何となく、描画のコマンドが積み上がったままなんじゃないかなぁとか思うんですよね
だから、長時間やってるとどんどん重くなっていくんじゃないかと
で、今回Ex4が無駄に長かったので、顕著に出てしまってるんじゃないかと
ん~でも、こんな初歩的な事しくじる訳ないと思いますので、、、謎です
言うほど、ド派手な描画をやってるようなものでもありませんし、重たい物理演算などやってる訳もありませんし
ぶっちゃけ、たいした処理でも無いように見えるのですが
確かに無駄だと思われるような通信が多いのは事実ですが、関係ないような気がします
通信と言えば、無駄な通信が多く、しかもかなり帯域を占有するので
裏で他のページのダウンロードなどやってると、コネクションエラーとかおこすんですよね笑
これもねぇ、、、本当にそれだけ大量にコネクション確立しなきゃいけないようなデータが必要なんですかね
画像等々のリソースとその他のデータがゴチャゴチャになってるんじゃないですかねぇ
だから、何か一つデータを問い合わせすると全部返ってくるみたいなね・・・
ま、今更改修するわけもないでしょうし、ずっとこのままなんでしょうね




ということで、今回はやってると心が折れるようなイベントでした
もうこういうの続くと本当にゲーム自体に心折れちゃいますよ



4月はもう一つタイアップAVが発売されるようです


秘密捜査官の女 徹底凌辱されるキリングマシーン 森はるら



★配信作品を購入の皆様に、「SPYコレクション」で使える強力スパイカード「森はるら」を先行入手!!


関連記事
スポンサーサイト

Category: SPYコレクション

Theme: SPYコレクション ~すぱコレ~

Genre: オンラインゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

コンテンツの権利はどう使うべきか

 【23//2015】

散々語り尽くされた事ですが、ネットの普及によりコンテンツの消費が加速度的に早くなっていますよね
どんなに時間と金と労力をかけて作り上げても、あっという間に消費され、過去のものになってしまう
現代社会は皆「時間が無い」と言われており、実際にそうだとは思いますが
それでも、コンテンツの消費が早いのは、ネットでの情報共有の速度が速すぎるからでしょうね

昔、そうですね・・・我々の世代だと、例えば、エヴァンゲリオンの頃

あの頃、Windows95が出て、一応、ネットが普及しだしたと言っても、一部のマニアしか使っておらず
まだまだパソコン通信が全盛で、今のように、情報の共有速度はそれほど早くなかったです
特に私ぐらいの若い人間でヘヴィーに使ってる人なんてあんまりいなかったと思います
色々な人がそれぞれの色んな場所でバラバラに議論している感じで
私なんて、エヴァンゲリオンの劇場版は、5,6回は劇場に足を運んだと思います
つまり、それくらいコンテンツの消費が遅かったんですね
それくらい見ないとネットでも議論出来ないというか、わからないというか
特に、エヴァンゲリオンのような議論したがるような作品の場合ね
で、1ヶ月ぐらい見てても、まだまだコンテンツとしては議論出来るほど新鮮だったわけです

ですが、今はどうでしょうかね
何か作品が公開されると、ネット上で速攻で議論されまくり
そのジャンルで所謂オピニオンリーダーのような存在の人がすぐに一定の感想を述べ
これらがまとめられ、見てない人もそういう感想を共有し
あっという間にコンテンツが終焉を迎える
こういう状況じゃないでしょうか

他人の意見をまとめるネットコンテンツにはそれなりの価値があるとは思います
特に、現在のような時間が無い時代には
ただし、それを利用する人は、あくまでも、面白い部分やまとめ作成者の意図により恣意的にまとめられたもの
つまり、新聞やTVがやっている事とたいして変わりが無いという意識をもって利用する事が利用条件になるとは思いますが

ですが、こういった所謂まとめサイトを利用して、あたかも自分が見て
しかも、そういうった結論を自分が出したかのような状況になってしまっていると思います
これが更なるコンテンツの消費を早めていると感じます
まとめサイトって、議論の過程がすっぽり抜けてるんですよね、結果だけというか
過程やその間の付属品が面白かったり重要だったりするのですが
つまり、コンテンツをじっくりと楽しまなくなっているんじゃないでしょうか
時間が無いし、一回見れば、あとは、他人の感想を適当に見て、自分の中で一定の結論を付けて終わりにしてしまう

こういった状況に対して、何か解決策があるとは思いますが、どうやってもこの状況を打破できる決定打を思いつきません
それこそ某AV監督じゃありませんが「ネットなんて無くなってしまえ」とでもならないと


では、この状況でどうやってコンテンツの寿命を延ばしていけばよいのか
全方位的な回答は思いつきませんが、ある一定の状況下にある作品に関しては良い例を発見しました

JJ版映画スタートレック公開時にスタートレックというコンテンツが今後も続いていくようにするためにはどうしたらよいのか?
という事について、以前、書いたことです
シリーズものの真の意味でのコンテンツの寿命をどうやって長く持たせるかという話です


現在、仮面ライダーの劇場版公開に合わせて、ニコニコ動画にて仮面ライダーや戦隊ものの過去作品の無料放送を毎日やっています
単純に考えれば、劇場版の仮面ライダー最新作の宣伝のために過去の作品を放送してるという事になります

ただ、私は、単純な劇場版の宣伝効果以上のものがあると思っています
・新規の仮面ライダーファンの獲得
・仮面ライダーから離れていた人達の呼び戻し
・過去作品の再評価
・仮面ライダー文化の定着
これらが付属の効果として出ていると思います

特に、最後の点が最も重要だと考えます
シリーズものはこれが無くなったらシリーズものの意味が無くなります
常に新規ものとして作らねばならず、シリーズものとしての利点が全くいかされなくなってしまうからです


スタートレック劇場版公開時に書いたことは、
今公開する劇場版のプロモーションを当たり前にするだけでは何の意味もない
今こそこの偉大なSF大作スタートレック文化を今の人達に根付かせる努力をしなければいけない
こんな感じの事書いていて、その時には、例えば、ニコ生で過去のTVシリーズを毎日生放送するなど
ということも書いていました
スタートレックのTVシリーズは全部で700話近くあるので毎日放送したとしても2年かかる量
しかも、今、BD化されており、過去のSD画質のもの価値は下がっているはずで
そんなものを後生大事に権利握ってても何の価値も生まないでしょう
ならば、少しでも効果を生み出し、年々減り続けているスタートレックファンを増やす努力が
今後の更に新シリーズや劇場版を作成するにあたって最も大きなプロモーションになる
こんな風に考えていたものです
特に、今、現役で活躍するクリエーターのSF的な素養の多くの部分は明らかにスタートレックからきており
視聴する今の若い世代がその原点を教養として身に付けておくべき事であるという風に感じます


と言うことを昔考えていたのですが、同じ事を今、仮面ライダーがやっているのを見て
非常に良い事なんじゃないかなぁと思ったりして見ています

シリーズものの強みをいかすには、通常のプロモーションに加え
常に、そのシリーズ全体の定着を計っていく必要があるんじゃないかと思います

ただ、やはり、権利関係を一定期間といえど解放するのは勿体ないと思うのは当然だと思います
しかし、ただ単に権利を抱え込んでいても、何の利益も生まないのも事実
しかも、近年のコンテンツ消費速度の速さを考えれば、1年過ぎればほぼ価値が無くなってしまうような時代です
だとしたら、少しでも古くなった権利は、こういった活用の仕方があるんじゃないかと思うのです

昨今、著作権云々で権利、権利と、そういったことに敏感な世の中ではありますが、
果たして、その大事に持っている権利を有効活用しているのでしょうか?日々腐っていくのに・・・
シリーズものに限った話ではありますが、一里ぐらいはあると思います

関連記事

Category: サブカル

Theme: ひとりごと

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

脚本における必然と偶然

 【22//2015】

脚本家ではありませんし、専門の訓練というか勉強もしてませんので
素人が勝手に言うことです、ですから全く的外れなことを書きます
ただ、作品というのはそういう素人が見るものですからね、一里ぐらいはあるんじゃないかと


自分が思う、というか、自分が好きな脚本って
全てが必然性の上に組み上がってる、もしくは、後々よくよく分析するときっちりとその必然性が描かれている
そんな脚本が好きなんですね

簡単に言うと、私が一番嫌いな脚本って、「トリックスター」的なるものが出てくる脚本なんですよ
トリックスターっていうのは要するに、物語をひっかきまわす、ちょっと突拍子もない行動を取る人物です
ご都合主義とはちょっと違います
ご都合主義と思えるような展開であっても、その展開になる理由がきっちりと描かれていれば
納得できるだけの説得力があれば、問題無いと思います

きっちりと物語を作る事が大変な場合、そういったキャラクターを入れておく、もしくは、
そういった性格のキャラクターを配置しておくことで、物語を増やしたり、進めたりします
これは、物語を考えるときに非常に楽なんですね

ですが、私はこの手法が出てくると、もの凄くがっかりするんです

あり得ないだろ?っていう行動を取る人が出てくるじゃないですか、映画でもドラマでも見てると
ああいうの見るとホントにがっかりするんですよね

「それ、偶然そんな突拍子もないような行動を取る人がいたから、物語が出来てるだけじゃね」

っていう


基本人間どんな人でもとっさに出る行動とか言動は変わらないものですよ
訓練を受けてる人なら、訓練を受けてる人なりの行動も変わらないです

例えば、具体的に言うと、突然、何かに襲われて、そこへ主人公が助けに入る
普通、襲われた人は、その場から逃げる、もしくは、十分安全な位置に隠れるでしょ
これは、訓練を受けてるとか関係なく、誰もが全員そうだと思います
その場にぼっ立ちして見てるなんてあり得ないです、襲われて恐怖を感じてるはずですから
で、最悪なのが、ぼーっとしてる間に再度人質に取られたりなんなりして
また新たなシーンが続くという感じ
安易な方法は子供を使うって手です、子供なら急に登場させて急に変な行動とっても許されるだろうっていうやつです
最悪ですね

映画やドラマなら一瞬で終わる所でも、実際は長時間経過しているはずで
その間、登場人物同士が当たり前の会話、最低限の情報共有をしているのは当然で
全く話が通じていない、意思疎通が出来ていないなんて事はありえないのですが
ドラマ部分だけ切り取って必要最低限の意思疎通が出来ていないという事にして
話が進むというやり方

こういうのを見せられると本当に見る気を無くすんですよね
リアリティが必要の無い、考える必要のない、そういうものだというなら、それで構わないのですが
でも、今ってどんなジャンルの作品もある程度のリアリティと論理性が必要で
誰が見てもある程度納得せざるを得ないクオリティに作り込む事が求められる時代だと思います

世の中、偶然はあります
ですから、偶然が重なって物語が出来ていくこともあるでしょう
サイコパス、コミュ障の人や、本当に変わった人も偶然いるかもしれません
でも、四六時中ずっと頭おかしい人なんていないでしょ、登場人物全員そんなわけないでしょ
人間、足下取っ払われたら、そんな些末な個々の差異なんて出てこないんですよ

私は偶然は信用できないんですよね
本当の偶然なんて万に一つしか無く、世の中の様々な事は必然の上に成り立っていると思ってます
末端の様々な小さな、ミクロな出来事には偶然がたくさんあるかもしれません
しかし、大枠の、マクロな出来事は偶然ではなく、必然で成り立っている
・・・なんか量子っぽいね
いや、量子っぽいっていうのは言い得て妙かも知れないです
世界も量子的に見ると同じっていうね

話はちょっとずれましたが、人がわざわざ創作している物語であるにも関わらず
偶然に頼ったような脚本は本当に嫌いです
物語が自然に、すっと、入ってこないんですよね、引っかかるんですよね、いちいち
必然でくみ上げられないような脚本家は、ああ、この人、物語を構築する力が無いんだなぁという風に見てしまいます

物語全体の構成は良いのに、脚本がホントに残念っていうものがありますね
あれですかね、映画やドラマだとやはり盛り上げるようなシーンを無理矢理にでも作らないといけないからなんですかね
それこそ、何分おき、ドラマだと1話毎に何回とかそういうノルマとかね
で、苦肉の策で、不自然な脚本を書いてしまうと・・・という風に思わざるを得ないです
あと、言い訳として、それをある意味この脚本家の”味”みたいな事言い出すのもちょっとどうかなと思ったりもします


・・・と、現場の脚本家の苦労も考えずに適当な事書き散らしてみました
関連記事

Category: サブカル

Theme: ひとりごと

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

ニコニコアダルトの生放送コンテンツが軒並み有料化してる件について その後・・・

 【21//2015】

有料化の流れがはじまってからそろそろ半年がたとうとしています
その時に書いた記事はこちら

ニコニコアダルトの生放送コンテンツが軒並み有料化してる件について

現在、有料化した番組は、視聴者数は少なくとも50%減はしているようです

先日、久しぶりにある番組を見ていたら、昔は多い時は2万人近くいた来場者が5千人未満にまでなっていました
しかもその殆どが無料客で、課金者は5人もいないようでした
流石にちょっとショックですね、ここまで減るのかと



有料番組の第一号は、大槻ひびきさんの個人チャンネルからでした
元々、大槻ひびきさんのチャンネルがはじまったとき
つまり、まだ、有料チャンネルの流れが無かったとき
何故、こういう有料チャンネルをはじめるのかという問いに対して
番組担当のドワンゴのN氏の話としては「コアなファン用」という見解がありました
これに関してだけは非常に的を射ていて、お金の大小は関係無いんですね
基本的に、別途お金を払ってまで見るという事は、ライト層は切り捨てるという事ですから
結局、「コアなファン」しかついてこなくなります
大槻さんのチャンネルに関しては元々そういう意図だったので現状で問題無いわけで
番組の方向性も大槻さんのコアなファンの拡大に主眼をおいていることがわかります
女優さんですからね、そういう方向で構わないとも言えます

また、有料に対する批判に対し、一部無料の部分もあるからという意見もあるかと思いますが
じゃ、あなた、TVの番組でオープニングだけ見れるけど、その後、半分以上見れなくなるような番組を毎週見ますか?
見ないでしょ?
みんな脱落していきます
心理的にそういうものです
ニコ生というコンテンツの特色を考えればよりそうなんですね、ドワンゴが一番よくわかってると思います
普通に考えて、毎回の話についていけなくなるでしょ?だから見なくなるんです

何事も現状維持とともに新規開拓を続けなければ、先鋭化していくのは世の常ですね
私が以前から書いている「全てのジャンルはマニアが破壊する」です

ただ、短期的にお金を回収するには良いですよね、まぁ、だからドワンゴが課金を進めているんだと思いますが
ですが、それで良いのですか?短期的には個々にとってはそれで良いかもしれませんけど

見てる人は「コアなファン」「暇な人」が主だと思います
「暇な人」は無料部分だけ見てる人です
つまり、金は無いが暇だけあるというタイプの人々です
ビジネスに結びつきにくいタイプの人達ですね、騒いでもらうには丁度良いですけどね
「コアなファン」はおいておくとしても、「暇な人」って想定している客層に当てはまるのかどうかという所ですかね
「暇な人」をどう扱うかという事とその効果などをあまりよく理解されていないんじゃないかなと感じます
これは女優さんで最近やってる人が多いツイキャスもそうなんですよね
AVは基本的に18歳以上が市場対象です、しかも、きちんと働いてお金がある人です
となると、ツイキャスをやるって事だけ取ってみても、どういう時間帯にやれば良いのか?等も正解があるんですよね
未成年者も取り込むことも考えると昼間やるのも間違いではありませんけどね
で、話を戻すと
ネットの発達と共にエロの価値が低くなってしまっている事に関しては何度も書いていますが
この事も真に理解されていないように思います
エロの価値が低くなっているのに、それに対してどのくらいお金を払ってくれるんでしょうか?
しかも、エロというのは十人十色、千差万別
自分のツボにはまるようなものなら支払いを考えるかもしれませんが、その可能性がある客は全体の何パーセントでしょうか

現代のように趣味や価値観が多様化する状況で、少なくともニッチな市場にはなり得ないジャンルの場合
先鋭化しそこに集中することでそのジャンルを破壊してでも焼き畑で利益を追求してしまうという事はできません
基本的には広く薄く利益を追求する方が効果的であると思います

一見、他のチャンネルも続々課金化していき、コンテンツが増えていて、華やかに見えるかもしれませんが、実情は全く何も変わっていないどころか
拝金主義に走った事への反感を生んでいるだけではないでしょうか

公式生放送が毎度10万~20万の来場者数があるほど、一般的な(あくまでもネット上ではありますが)認知度になれば別ですよ
今、1万~1万5千ぐらいでしょ、ライト放送が公式番組表に掲載されますが、それでもライト放送で4~6万が精々です
これでは結局、場が収束してしまいますよ

私はニコ生アダルトという場を、今、AV女優に残されている数少ないメディアの一つだと思っていました
TVはマスカッツ的なるものの復活が無い限り、今後益々出られなくなるでしょう
所謂、際物タレント的な扱いですね、そういう企画の時に呼ばれるみたいな
しかも、出られるのは一部のバックがついている女優だけ
そうなると、殆どの女優さんは出て行く場が少なくなり、結局、
R-18コンテンツというある意味一般客から閉ざされた空間でのみの存在になってしまいます
ニコ生アダルトは、R-18コンテンツでありながら、ライト放送ということで微妙に一般客にはみ出しながら放送し
新規顧客の開拓に成功していた場であったと思います
特に、ニコニコ動画のユーザーは若い人から中年以上まで幅広いですね
あまりAVには興味が無い人が多い、2次元の方が人気ありますからね
つまり、AV業界の抱える問題の一つの、ユーザーの高齢化と固定化という問題を打破する一つになっていました
本当はグレーな所だと思いますが、一般放送は、18歳未満でも視聴可能なわけです(私はR-15放送でもよいと思っています)
よって、未来のユーザーを開拓すると言うことも出来ていたのです
ですから、当初から私も期待して見ていたのですが・・・



視聴者数が減ることで、宣伝効果も薄れ、収入も減り、番組の質も落ちる
番組の質が落ちれば更に視聴者数が減る
予算が出ないので、番組放送回数も減り、その後消滅と・・・
こういう状況しか見えてきません
これは一つの放送だけの問題ではなく、全体にもかかってくることです
全体的なコンテンツの質も量も減れば、それだけ客も全体的に少なくなってきますからね
人がいないところに人は集まらないです

各放送の担当者は現状に四苦八苦しているように見えます
現状はどんな工夫をしようが先細りが見えているからです
放送が面白くないからだという指摘もあるかと思いますが
無いとは言いませんが、私は全体的な問題でもあると思います
以前は、多いときは、週に3,4回は公式放送があって、どれも最低2万人近くの来場者がありましたからね
つまり、それくらいの人が毎日参加していたわけで、そうなると番組自体の多少の善し悪しは影響しなくなっていて
夜になると何かしらのR-18放送をやってるということで、暇なときはR-18放送を覗くという人が多かったように思えます
そういう層が一気にいなくなった事も影響しているのではないでしょうか


収入面は大事です
ですから、以前提案したような、全体で一括課金するようなスタイルを目指すべきかと思います
それぞれがやるのではなく、しかも、ある程度皆が納得して気軽に払えるような金額で
R-18放送全体を最低限支えるような体制が必要ではないかと
そういう最低限の下支えが無い限り、個々でやっていくには限界があるでしょう

もう週一の公式生放送ぐらいしか、上記に述べたような期待ができるものは残っていないのかもしれません
今はムーディーズ様々といったところでしょうかね(色々スポンサーになってくれるメーカーありますけど、まぁ、ほぼ元が全部同じですから)



最後に一つ、嫌な事を言っておきます

私、ここまでニコ生アダルトを評価してる事を書いていますが
やっぱり言っておかないといけないことに、来場者数というマジックがあります
まぁ、散々言われてる今更の話ですけどね

ユーストリームだと、総数とアクティブ数が表示されますが
ニコ生はアクティブが表示されません
つまり、ザッピングして、チラっと画面を表示した人もカウントされています
リアルタイムで数人しか見ていなくても、総数としては来場者何百、何千と表示されます
公式が誘導と称して放送終わりに他の公式放送に画面を飛ばせているのも、来場者数を稼ぐためです
また、長時間放送すればするほど累積される来場者数を大きくなり、来場者数が多くなると
その数字を見て、ちょっと興味を持ってチラ見をする人も多くなるという効果もあります

公開されている数字で意味があると思うのは、コメント数、率だと思っています
来場者数に対してどのくらいのコメントがあるのか?という所に関しては、まだ、指標として評価できる点ではあると思います
チラ見の人はコメントなんて殆どしてきませんから
そして、その番組が面白ければ多少なりともコメントしたくなる、多くなるものですから
そういった意味で、コメント率に関しては評価できる基準の一つではあると思います
ただ、実際は、視聴者数が少ない場合は、コメビュなどでユニークID等も解析しないと正確な評価はできないのですが

まぁ、視聴者数が万を超えるような番組ならそれほど気になるものじゃないと思いますが
1000未満のような番組はその影響はかなり大きく、宣伝効果にも疑問が出てきます
それだとそもそもそれを知っているファンが一生懸命見てるだけで、その他の新規顧客はザッピングしただけでほぼ宣伝効果など無いみたいなね
だから、小規模の番組は直接課金に走るのだと思いますし、当然の流れだとは思いますが

私は、そろそろこの歪みがどこかで出てくるんじゃないかと思っています

つまり、万単位で客を呼べない番組での宣伝における、対費用効果にスポンサーが疑問をもつのでは無いかと
ただし、何もしないよりは絶体にマシですし、その番組や対象物に対する既存のファンを維持するという目的もありますから、ゼロではありませんが
宣伝という効果はその状況では小さいという事です、ファンは宣伝などせずとも知ってますからね

この現実も踏まえて、今後のニコ生アダルトを考える必要がありますし
ニコ生自体も、言われ続けているこの問題に対してどこかで決着をつけるべきでしょうね
このまま誤魔化し続けるのか、それとも何か対策を考えるのか

いずれにせよ、検討すべき事項は多いです
そして、前回最後に書いたように、私のような素人に
「ほらな」
と嫌味を書かざるを得ない状況にならないことを願うばかりです



関連記事

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

大人の趣味のあり方

 【20//2015】

趣味(しゅみ)は、以下の2つの意味を持つ。
人間が自由時間(生理的必要時間と労働時間を除いた時間、余暇)に、好んで習慣的に繰り返しおこなう行為、事柄やその対象のこと。道楽ないしホビー(英: hobby)。
物の持つ味わい・おもむき(情趣)を指し、それを観賞しうる能力(美しいものや面白いものについての好みや嗜好)のこと(英: taste)。調度品など品物を選定する場合の美意識や審美眼などに対して「趣味がよい/わるい」などと評価する時の趣味はこちらの意味である。



昔は、大人にもなって漫画やアニメ、特撮を見てるのは恥ずかしかった
未成年だとしても、そうですね・・・、中学生ぐらいから徐々に恥ずかしくなっていきました
だから、こういう趣味は個人や仲間内でこっそり楽しむものだった
一般的にはまだまだ子供が見るものという認識だったから当然の話です

今のように世間に公言する事もなければ、誇る事もない
子供が見るものを大人がまた違った見方をしてこっそり楽しむものだった

80年代ぐらいから所謂オタクと呼ばれる人達が世間に対してオタク趣味を誇りはじめた
「経済効果がある」「ニュースや新聞で取り上げはじめられた」等
世間に認知されたばかりか、我々がマジョリティであると勘違いはじめました

しかしながら、世間的には、マイノリティな存在であることは変わりなく
結局、そういった異常な主張の反動として所謂オタク趣味みたいなものがメディアでやり玉に挙げられる状況を生んでしまったのです
今はかなりそういった認識は改善しつつありますが、やはり一時期の異常な叩かれ方は自分達に原因があるのではないでしょうか

ただ、私は基本的には、そういった個々人の趣味に関しては、大の大人が公に誇るようなものでは無いと思います
かといって、別に卑屈になる必要も無く
その時の社会状況を見ながら、許される範囲内で、あくまでも趣味として楽しむものであると私は思います


この感覚は、以前、性産業に携わる人達について書いたことに似ているような気がするんですね
性産業に従事する人達も、自分で誇りに思う、プライドを持って仕事をすることは当然で重要で当たり前です
ただ、それを世間、公に向けて誇るものか?と言われれば違うと思います
ですが、一般人が逆にそういった職業に対し、蔑視するのも間違いであるとも思います
これは、お互いがお互いを尊重しあえる状況が前提で、その上で、お互いが状況を察した行動を取る必要があるということです
本心、個々の価値観まで統一なんて出来ませんが、少なくとも、世間、公に向けてはそういう振る舞いが必要です
下手に誇張し出すとやはりそれに対して反発したくなる人も出てくるでしょう
ですから、お互いが大人の態度を取る必要があるんですよね
現状は少なくとも、性産業に関しては、その重要性を十分に認識していても
世界共通して、大ぴらにして良いなんて大衆価値観は文明社会にはどこにも無いのですから

こういった所謂、差別と区別の違いの問題ってどこにでもあるんですよね
私は性産業と他の産業はきっちり区別すべきであると思っています
地上波のTVのゴールデンタイムにお茶の間にAV流しても良いとは思いませんよ
で、この考えが差別ですか?という話になるんですね、色んなジャンルで差別差別とすぐに騒ぐ人達に対して

そういう人達は差別を別の目的のために利用してるだけにしか見えませんからね
そう見えてる事にも気がついて無さそうですが


ちょっと話それますが、今、渋谷区の同性パートナーシップ条例関連について騒いでいる人達がいますね
生物的には未来永劫マイノリティには変わりないわけですが、誰もそれを拒絶したり排除しようとは思っていないでしょう
現状は問題の掘り起こしや議論がやり尽くされてもいない状況が問題であると思います
しかも、これに関しては人間が人間である以上、マイノリティであるという認識は変わることはないでしょう
まぁ、SF的な妄想までし出すとどうにでもなりそうですが、まぁ、そこまで生物的に弄ってしまうとそれは人間なのか?という問題も出てきますので
かといって、それを制限する事は間違いであるという、まぁ、非常に難しい問題です

そういった色々な問題を完全にクリアした上で、その妥当性を世間に認知させ、納得させる必要がありますね
こういった手続きを踏まず、単に、騒いで差別だとレッテル張りさえすれば
自分達の要求が通ると思うこと自体が問題であると気がついた方が良いでしょう
過激な行動を取れば昔のオタク叩きと同じような状況を生むだけです

そういう落ち着いた行動を取れないならば、性産業を潰そうとする人権屋やその取り巻きと同じような人種に見えてしまいます
その要求を通すと今後どういう儲け話が新たに発生するんですか?
と聞きたくなりますよ


ま、ちょっと話がそれました

確かに、自分の好きなものを周囲に布教したい、褒められたい、認められたいと思うのはわかります
ただ、人の価値観も十人十色、千差万別
皆同じ考えなんてありえない
例えば、私は、ここ数年よくTVに出るようになったお姉キャラの、ゲイ系のタレントは好きではありません
TVに出てくるとチャンネルを変えたくなります
ただ、これは私個人の生理的なものであって、これを他人に押しつけようだとか
目の前にそういったタレントさんがいたら、誹謗中傷しようとか
そういう風には思いません
ただし、私のような感じの人もいるでしょうし、中には変に視界に入ってくると脊髄反射的に攻撃的に批判したくなる人もいるでしょう
変にごり押しされると、特に何も思っていなかったのに、新たに嫌なイメージを持つ人も増えるでしょう
そういう次元の問題なんです
何をやるにもお互いの尊重し、何をやるにも加減、限度があるという事です
それが出来ないなら、子供の趣味です


人間は社会性の生命体で、社会無くして生きてはいけません
そして、趣味とは自由時間に楽しむもの
趣味は自由時間に趣味の範囲内で楽しむから趣味なんじゃないでしょうか

私も、この歳になっても、漫画だアニメだ特撮だSFだと見たりしてるどうしようもない大人です
ただ、自分の状況をわきまえる、律する、、、
そういう客観的な視点は常に持っていたいなと思います

関連記事

Category: サブカル

Theme: ひとりごと

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

SPYコレクション ~すぱコレ~ 踏破イベント「スパイ忍法帖」 反省会

 【10//2015】

SPYコレクション ~すぱコレ~







ついに、特撮まで・・・


ということで、今回新しく追加された職業ニンジャのお披露目イベントでしたね



こんなのがボスとして出てきて120階目指して上っていくといういつもの感じでした

100階までの難易度はまぁまぁって感じで、100~120は若干強いかなという感じ
最後の120階のボスは結構強かったと思います



ステータス見るだけでも強いですよね

私が120階のボスを倒したときの部隊はこんなのです



今回追加されたJULIAIIIがきいていますね(JULIAIIは無いんですかね・・・笑)
後は、そのうち今回追加された上原亜衣が手に入れられれば、マジント部隊的には完璧に近いものができそうです


120階以降に関してはですね・・・
正直、温すぎたんじゃないでしょうか?
もうちょっと難しくてもよかったと思います
というか、100~120階のままでもよかったと思いますけどね
当然、ボスは強すぎなのであれは出さなくて良いですが

温すぎというか、シギントステージ以外は、全部、最後2択でエレベータかハズレかという事になっていて
たぶん、全員、シギントステージ一択という状況だったと思います
シギントステージはエレベータ確定でした
更に、テキント特化部隊だけでクリアできるという状況で
100~120階だと、シギントも出てきてたので、単にテキント特化で良いというわけではなかったのですが
なんか、調整の仕方が極端だなぁ・・・

次回は来週の月曜からということで、もうはじまるのかぁという感じです笑

耐久型ということですが、ステータスアップキャラにピッキング持ち(並木優II)が入ってるので、探索?かと思ったのですが


あと、今回もそうですが、イベントに、ゲーム全体のストーリー?に関わるような話が少しずつ出てきてますよねぇ
つまりは、通常ステージは追加する余裕が無いから・・・という事なんでしょうか
なんか先行きが暗そうな感じがしてきます・・・



さて、4月もAVとのコラボ作品が発売されるようです


秘密捜査官の女 打ち砕かれた復讐心 緒川りお

★配信作品を購入の皆様に、「SPYコレクション」で使える強力スパイカード「緒川りお II」を先行入手!!

関連記事

Category: SPYコレクション

Theme: SPYコレクション ~すぱコレ~

Genre: オンラインゲーム

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

スカパー!アダルト放送大賞2015 結果発表

 【04//2015】

スカパー!アダルト放送大賞2015

女優賞 紗倉まな
新人女優賞 天使もえ
熟女女優賞 篠田あゆみ
作品賞 「こりゃたまらん!可愛い変態の萌え照れレズ 有村千佳&初美沙希」
東京スポーツ賞 有村千佳
FLASH賞 紗倉まな
週刊大衆賞 北川エリカ
夕刊フジ賞 篠田あゆみ
サイゾー賞 佐倉絆
スカパー!オンデマンドアダルト賞 水沢のの
男優賞 しみけん




結果発表がありましたが、どうですか?

長い長い投票期間を経て、女優の皆様お疲れ様でした
ファンの人も、いや、ファンの人がお疲れ様でした


まぁ、結果に関しては、だいたい予想通りでしたかね

スカパー!アダルト放送大賞2015 ノミネート発表 & 投票開始(2014/12/1~2015/2/10) まとめ


上記がノミネート発表があったときの私が書いたものですが
熟女女優賞以外はだいたいその通りという感じで
まぁ、仕方ないところでしょう
熟女女優賞も売り上げ的には篠田さんで順当といえば順当なんですよね
今思うと書いたときには自分の趣味が少し入ってしまってましたね

で、上記の記事でも書きましたが
この結果って360度、ファンや本人は別ですよ
でも、だいたいみんな幸せな結果なんですよね
初の二冠、CAから受賞者
これでSODもCAもニッコリって事なんですよね

そして、これがあって

今、深夜でミッドナイトザップっていう番組あるじゃないですか
これ、結構、CAから女優出てるんですよね、かなり供給してるんです
各放送局も昨年あたりから結構CA作品増えてるんですよね、実は

こういう流れが実は裏にありますよっていう事なんですね

丁度一年前の結果発表後に、ここで

「来年以降、女優のノミネートが大変ですよ」
「どうにかしてCAからも供給できるような体制作らないといけないですよ」

って書いてるんです、(で、その時点で紗倉まなさんのノミネートも予想してるんですけど)

まぁ、その通りの流れで来てるんですが

やはり現実的に考えてそういう状況に、必然的に、そうなってきているという事なんじゃないでしょうかね


私は良いと思いますよ

こういう賞的なものって権威が全てじゃないですか、続けないと権威なんて出てこないですよね
で、今更、10年続いてるもの以上の賞を作れって言っても作れないですから
それが、こじんまりとしたものに落ちていくのは、業界的にもあまり良くないと思いますしね
来年以降また盛り上がっていくと良いですね



しかしまぁ、やっぱり峰岸ふじこは凄かった
まさか、ドレスじゃなくて、花魁の格好してくるとは・・・笑
できれば、もう一声はっちゃけて欲しかったですが、流石に、スタッフから釘を刺されましたかね?笑
あと、しみけんの場違い感が凄かった・・・いるのかなぁ男優賞って
関連記事

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る