2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

トリウム原発 という第3の選択肢は、原子力政策を変えるか

 【05//2013】

「トリウム原発」という第3の選択肢は、原子力政策を変えるか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131105-00000004-wordleaf-sctch

原発に関する議論の多くは原発推進か脱原発の二者択一なのですが、第三の道を模索する動きもあります。それはトリウムという元素を使ったより安全な原発を作るという選択です。



利点は
・埋蔵量が多い
・廃棄物が少ない
・核兵器への転用が困難
・安全性の高い原子炉が作りやすい
・メルトダウンしにくい

という感じです
実は、私も原発事故があってから存在をしった口です
当時は、まだ、トリウム原発の第一人者の古川和男先生がまだご健在で、ネットの動画でお話を聞いてびっくりしたものです
なぜ、こんなに利点が多いのに研究が進んでいないかと言いますと
簡単に言えば、核兵器転用が出来ないからです
日本は核兵器を持っていませんが、やろうと思えばいつでも核兵器製造はできますよ?という事が重要ですから
まぁ、ただ、核を扱う技術と研究はトリウム原発でも出来ると思いますので
新たな技術への研究はやるべきですね

正直、リスクリターンを考えるべきですよね
原発反対とかバカも休み休み言えと
例えば、スタトレでは、反物質エネルギーを使ったエネルギーが使われています
反物質は非常に危険な物質ですから、今の原発なんてカスみたいなものです
ですが、地球全体のエネルギーはある一カ所で生み出される反物質エネルギーを全世界に配っている状態です
おかげで、誰もが自由にエネルギーがどこでもいくらでも使える状態になっており
そのおかげで地球上でエネルギーに関する争いはおきません
どうですかね、たぶん、この施設、もしも本当に大爆発でも起きれば、大陸ごと吹っ飛ぶかも知れませんが使っています
まぁ、事故の可能性なんてほぼ無いんでしょう、宇宙から直撃でもされない限り
それでも、シールドなど常に張ってあると思いますから、地球ごと破壊されるような事でも無い限り事故は起こりえないとは思いますが
私が言いたいのは、どこまでいってもエネルギーはハイリスクハイリターンです
それをハイリターンの可能性があるからといって何もしない、後退するならばもう、これ以上人類の成長は無いでしょう
今、エネルギー開発に関して、原子力エネルギーが最先端なら、それを追求すべきです
当然、安全に関する事を十二分に配慮すべきですがね
でも、何十万年前の断層とかで云々と騒いでるのはちょっともう頭おかしいとしかいえません
申し訳ないですが、1万年、いや1000年後ですら、原発はもう使っていないと思いますよ
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks