2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

神の目 みずがめ座に浮かぶ白色矮星

 【05//2013】

みずがめ座に浮かぶ“神の目”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131105-00000001-natiogeog-sctch

みずがめ座の方向、およそ700光年先の螺旋状星雲、NGC 7293。数年前に“神の目”と見立てられ、一躍注目を集めた。米ナショナル ジオグラフィックサイト「Your Shot」への投稿作品(10月29日)。

 惑星状星雲の一種で、終末期を迎えた恒星がガスやちりを放出、中心に残った白色矮星の紫外線に照らされている。

 現役の頃の恒星は、太陽と同程度の大きさだったと考えられている。




こういうの見るとスタートレックしたいなと思いますよね
まぁ、宇宙探査なんてそんな夢みたいなものでは無いでしょうけどね

深宇宙探査なんて、何百年後でしょうねぇ
移動方法とそれに見合う食事をはじめとする生活の諸問題が解決されないとねぇ
直ぐに、ワープを初めとする移動方法について議論されがちですが
私は現実問題として、長期間の生活方法の方が気になりますね
どう考えてもまずは、レプリケーター(もしくは、タンパク質再配列)のようなものが開発されない限り宇宙での長期滞在は不可能でしょうね
それこそ、スターゲイトのようなゲイト移動でも発明されない限り
しかし、ゲイト移動だとトレックしないんですよね、目的地に一瞬で着いちゃいますから
やっぱ、レプリケーターだよなぁ、、、、レプリケーターと反物質炉が実現したら、エネルギーと食料という人類の争いの種のうち8割方が解決されるんですけどねぇ
地球市民とか平和とか自由とか主張する方々はまずこういった分野の技術に対する投資を熱心にすべきですね
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks