2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

NASA 太陽系探査バーチャル研究所のリサーチ・チームを発表

 【08//2013】

NASA、太陽系探査バーチャル研究所のリサーチ・チームを発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131108-00000026-rps-sctch

米航空研究所(NASA)は11月5日、宇宙科学と有人宇宙探査を研究する「太陽系探査バーチャル研究所(SSERVI)」で活動する9つのリサーチ・チームを発表した。

[関連写真]

SSERVIは月、地球近傍小惑星、火星の衛星(フォボスとダイモス)、宇宙空間に関する研究に取り組むバーチャル研究所。拠点はエイムズ研究センター(カリフォルニア州)。前身は2008年設立の月科学研究所。

各チームの代表は、サウスウエスト・リサーチ・インスティテュート、セントラルフロリダ大学、ジョンズ・ホプキンス大学応用物理研究所、NASAゴダード宇宙飛行センター、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校、エイムズ研究センター、コロラド大学、月惑星研究所、ブラウン大学に所属している。

SSERVIは、全チーム総額で年間1200万ドル(約11億8000万円)を5年間支給する。




> 月、地球近傍小惑星、火星の衛星(フォボスとダイモス)、宇宙空間に関する研究
どのくらいの研究をするんでしょうね
あと、バーチャル研究所ってどういうことだ・・・
恐らく、仮想って意味じゃなくて、横断的なって感じだと思うんですが
色んな所からメンバーが来てると言うことで、そういった意味でのバーチャルなんだと思います

まぁねぇ、火星探査ばっかり言ってても仕方ないですから、月と宇宙空間に関する研究は積極的に進めていただきたいです
ただ、研究費年間12億ですかぁ・・・んー、多いのか少ないのか・・・まぁ、研究レベルだからこんなものなのかなぁ
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks