2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

森林 消失 地図

 【16//2013】

世界の森林消失地図、衛星データから

 地球観測衛星ランドサットのデータから、今世紀になって消失した森林が急拡大している現状が明らかになった。

 減少が止まらない様子は、地球観測衛星ランドサットのデータから明確に見て取れる。

 そのペースは、今世紀に入ってから再生面積を大幅に上回っている。

 2001~2012年の増加分は80万平方キロに達したが、消失した230万平方キロを埋め合わせるにはまるで足りない。

 11月14日に「Science」誌オンライン版に発表された今回の地図は、森林消失の世界的な状況を関係者に提供している。同時に、森林伐採が人や動物にもたらす環境コストも示している。


---
さて、森林消失とか聞くと直ぐに、人間が伐採と見る人が多いと思いますが、まぁ、建築等々の木材として使われたり、パルプとして使われたりする分はまだたいした量じゃないですよね
他の要因が多いです

あとね、エコとか言って、紙使わないようにとか、再生紙だとか言って、よく砂漠化していく映像とか見せられますが
砂漠化とか云々は、主に、暖かい地域、つまり、広葉樹です
広葉樹は建築などの大きな木材として使われます
紙などのパルプの原料は、針葉樹、つまり、寒い地域の木が使われます
広葉樹に比べて針葉樹は比較的再生が進んでいますね
ですから、純粋なパルプ用途としての針葉樹の利用はある意味循環してると言えます
他には、割り箸、爪楊枝がもったいない云々という話しがありますが
あんなの全部製材したときに出る切れ端で作られてますからね・・・切れ端の木材に何か良い用途があれば別ですがねぇ
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks