2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

男性 の 鼻 が 女性 より 大きい 理由 を 解明?

 【20//2013】

男性の鼻が女性より大きい理由を解明?

アイオワ大学のチームによる最新の研究で、同じ体格で比べた場合、男性は女性よりも平均して約10%も鼻が大きいことが報告された。研究では、この鼻の大きさは、男性のほうが女性よりも体に占める筋肉の割合が高いため、必然的にそうなったとの考えを示している。

 鼻が大きければそれだけ多くの酸素を体内に送り込めるから、エネルギーを多く必要とする筋肉を成長させ維持するのに役立つと、今回の研究の主著者でアイオワ大学歯学部のネイサン・ホルトン(Nathan Holton)氏は説明する。

 鼻は顔の真ん中に鎮座しているものの、頭蓋骨の他の部分との関わりよりも、呼吸器系との関わりのほうが大きい点をホルトン氏は強調する。鼻は肺の“出先機関”として、酸素の循環を促して筋肉を成長させる役割を果たす。

◆男女差は思春期から

 ホルトン氏らのチームは、成長に関する研究に参加した3歳から20代半ばまでの男女38人の鼻の大きさとその成長を集計した。

 すると、性別によって鼻の大きさに違いが生じるのは11歳頃からだと分かった。これは思春期の始まりとほぼ同時期で、この頃から男性は筋肉、女性は脂肪が急激に増えるようになる。

 生理学分野のこれまでの研究によれば、思春期の体重増加のうち、男性では95%が筋肉によるものだが、女性ではこの比率は85%まで下がる。

「思春期以降、同じ体格で比べると男性のほうが鼻が大きい傾向が出てくる。これは男性のほうが体内の筋細胞の比率が高く、代謝が活発だからだ」とホルトン氏は言う。

 今回の被験者は全員が白人だったが、男女の身体的特徴の差異は普遍的なものと考えられるため、ほかの人種でも同様の傾向が得られると予想されるとホルトン氏は言う。

◆ネアンデルタール人と比べると

 長期的に見た場合、鼻の大きさを決める要素は性別だけではない。

 数十年にわたる研究によって、鼻の大きさと形状は気候によって変化する傾向があると明らかになっている。吸い込む空気の温度と湿度を上げるためと考えられる。

 また、現生人類とネアンデルタール人などの初期人類を比較した場合にも、同じように鼻の大きさに違いが見られると研究で指摘されている。

「研究では、現生人類に比べるとネアンデルタール人のほうが筋肉量が多いため、より多くの酸素を取り込む必要があったと考えられる」とホルトン氏は言う。

「初期人類と比べて現生人類の鼻が小型化していることに注目すれば、ボディマスの低下とも関連している可能性があることを今回の研究は示している」。


---
酸素吸入量と鼻の大きさですか
分からなくもないですね

ただ、性別より人種的な差の方が大きいですしね

勝手なイメージですが、寒い地域の欧米人というか、北欧の方の10代の女の子ってホント可愛いですよねぇ
ただ、それも続くのも20代前半までで、それ以降、なんか鼻が魔女みたいな感じになって一気に劣化しますよね

やっぱり総合的に日本人女性の方が美しいと思いますよ
世間のハーフブーム?はいつまで続くのでしょうか
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks