2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

宇宙戦艦ヤマト2199 その感想は・・・

 【02//2013】

続き


絶望・・・圧倒的な絶望、虚無感、脱力感・・・

普通はディティールなども気になりますから実際見てみないと分からないものですが
今回私が気にしていたのは、物語としての全体のクオリティです
したがって、話しのあらすじだけで十分なんですね
現在まで所々問題はあっても最後どういう手法を使っても良いのでうまく纏まっていればそれでよかったのです
最初から細部の表現などのディティールはそれほど拘ってはいません、当然、細部に拘って作ることは良いことですがね

ですが、そういった希望は木っ端微塵に打ち砕かれてしまいました
今までの行き当たりばったりな脚本と設定はついにまとめきられておらず
唖然とするような展開の連続、挙げ句の果てに陳腐で意味不明な最後
これじゃない感というか、ヤマト好きならどうしてそんな話しになるの?的な印象でしょうか
話しが纏まっていないだけにとどまらず、その斜め上を行くと申しましょうか
これ以上書くと私自身がネタバレになるので言えませんが・・・
うーん、、、、今の若い人はこんな陳腐な話しで満足するんでしょうか
それは昔アニメは子供が見るものと決めつけバカにして作ってた大人達と同じではないでしょうかね

なんでこんな事になったのでしょうか
実際の所は、関係者からの話しが出てこなければわからないのかもしれません
既に関係者がポロっと不満を漏らしているようで、肯定しつつポロっとね
ただ、今のクリエーターの印象は、仕事が細分化されていることもあって
ディティールばかり気にしているという印象を受けます
ディティールは重要ですがそれは物語に受け手を引き込むための加速装置に過ぎないと思うのです
ディティールが最重要だったら、古いフィルムは全て糞ですかね
古い映画、アニメ、マンガは、見れたモンじゃない、見る価値もないんでしょうか
確かに、絵は綺麗な方がいいでしょうし、ディティールはリアルの方がいいでしょう
SFをやるなら、現実の最先端科学からある程度納得のいく設定でなければいけないでしょう
でも、それは作品として、物語として纏まっていてこそ、そのディティールがホントに力を持つのではないでしょうか?
出渕氏もやはりそういった種類のクリエーターだったという事ではないでしょうか
どうやら当初は庵野氏に依頼しようとしたが新エヴァで忙しいということで出渕氏がやることになったようですが
正直、私は庵野氏であったとしてもあまりうまくいかなかったのでは無いかと思います
庵野氏も同じ種類のクリエーターじゃないかと感じてますので
ただ、出渕氏よりは全然マシなものになったでしょうね、私もここまで絶望することもなかったかもしれませんね
私は富野由悠季氏のファンなのですが、富野さんだったらこの状況を纏めてくれたかもしれないなぁと感じます
まぁ、関わることはありえないでしょうが
10年ほど前に、唐沢俊一氏だったような気がしますが、言っていたことに
「物語を纏めるという作業が一番大変だ」
というのがあります
つまり、みなさん細部の仕事に対して賞賛を送る人が多いですが、ホントは
プロジェクトを、スタッフを、ストーリーを、演出を、音楽を、役者を、全てまとめ上げて大河の流れにし
一つのうねりと成して物語を形成し、作品とする
この作業が一番大変なんだと
そういう話しをしていたと記憶しています
その頃からやはりそういう予兆はあったのでは無いかと思います
私もそういう思いがあります、ですから、富野さんタイプのクリエーターが好きなんですね
富野さんが本格的に富野さんを受け継ぐ人を教育する場を作らなかったのが未だに悔やまれるのですが
世間的には、先日長編ものから引退を表明した宮崎駿氏が評価されるのでしょうが
日本のクリエーター業界にとってホントの宝は富野さんだと思っています(富野さんについてはどこかでお話したい)
あと、この最後の纏め方ってTV放映に配慮したって事は無いんですかねぇ
ネット局がTBSでしょ?勘ぐりたくもなりますが・・・
つまり、お花畑な話しにしないとこういう作品は放送できないと・・・考えすぎですかねぇ
でも、TBSですからねぇ・・・スポンサーが首つっこむのは常なんですが
まぁ、根拠もない邪な話しはやめておきましょう

さて、まぁ、終わってしまったことは仕方ないのですが
この2199を成功させて、ヤマトビジネスで10年食っていこうと思っていた人達はどうするのでしょうかね
まさか、無理矢理、大好評っていう事にして、続編作ろうとするんでしょうか・・・
悪夢でしか無いような・・・
それならもう2199を否定して作り直した方がマシのような
でも、あり得ないですね
あとは、TV放映を見届けて私のヤマト2199は終わりにしようと思います

エンタメ業界は、何故、皆、爆死へと自ら進むのか・・・
関連記事
スポンサーサイト

Category: サブカル

Theme: 宇宙戦艦ヤマト2199

Genre: アニメ・コミック

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks