2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

ニュートリノ 太陽系外起源 南極観測所で28個検出

 【22//2013】

太陽系外起源のニュートリノ、南極観測所で28個検出

太陽系外から飛来した高エネルギーの素粒子「ニュートリノ」が南極にある極寒の観測所で観測され、希少な新しい情報が得られたとの研究報告が21日、米科学誌サイエンス(Science)に掲載された。

 論文の共著者の1人、米メリーランド大学(University of Maryland)のカラ・ホフマン(Kara Hoffman)教授(物理学)によると、この幽霊のような粒子は至る所に存在し、毎秒数十億個ものニュートリノがわれわれの体を通り抜けているという。

 だがわれわれの銀河系の最果て、あるいはさらに遠くのニュートリノが観測されることは極めて珍しく、専門家らによると、このような質量がゼロに近い高エネルギーの宇宙線は、超新星、ブラックホール、パルサーなどの宇宙の極限的現象により発生した可能性があるという。

 宇宙空間から飛来したニュートリノの検出は1987年に初めて観測して以来、史上2回目。しかも今回観測したニュートリノが持つエネルギーは前回のものより約100万倍高いという。

 南極の地下にある世界最大のニュートリノ観測所「アイスキューブ(IceCube)」の主任研究員で、米ウィスコンシン大学(University of Wisconsin)のフランシス・ハルツェン(Francis Halzen)教授(物理学)は「これは、非常に高エネルギーのニュートリノが太陽系外から飛来していることを示す最初の兆候だ」と述べ、また「これは天文学の新しい時代の夜明けだ」と続けた。

 1987年に観測されたニュートリノは、大マゼラン雲(Large Magellanic Cloud)で発生した超新星に関係していたが、今回検出されたニュートリノがどのような種類の事象で発生したかは不明だ。

 今回の検出は、12か国が共同で南極の氷の中に建設した粒子検出器のアイスキューブにより、2010年5月から2012年5月の間に収集されたデータを調べた結果、高エネルギーニュートリノ28個を捉えていたことが分かったというもの。

 アイスキューブ広報担当でスウェーデンのウプサラ大学(Uppsala University)のオルガ・ボトナー(Olga Botner)氏は「われわれは現在、この観測の意義を高めること、そしてこの信号が何を意味しており、どこから来ているのかを理解することに懸命に取り組んでいる」と述べている。


---
この観測所、昔、ヒストリーチャンネルか何かで見ましたね
成果が上がらなそうで、焦ってる感じが見受けられましたが
ようやく成果が出たのでしょうか
まぁ、でも、当時は、ニュートリノは光よりも早いかも!と言われてた頃で注目度も高かったですが
結局、ニュートリノは光とあまり変わらないんじゃないって話しになって・・・現状はよくわからないですね

それを体現するように、最後に
「われわれは現在、この観測の意義を高めること、そしてこの信号が何を意味しており、どこから来ているのかを理解することに懸命に取り組んでいる」
と書かれています

確かにね、観測の意義がね・・・
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks