2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

退屈 の 研究

 【22//2013】

退屈しない退屈の研究

“退屈”がなかなか面白いものだとご存知だろうか。といっても、研究者が興味を示しているのは、自分が退屈することではなく、人がどんな種類の退屈を味わっているのかだが。??

 最新研究によると、退屈には5つのタイプがあるという。これまで考えられていたよりも1つ多い数だ。その中には、穏やかで快い退屈もあれば、うつ状態に似たものまである。

 ドイツのコンスタンツにあるコンスタンツ大学およびスイスにあるトゥルガウ教育大学のトーマス・ゲッツ(Thomas Goetz)氏率いる研究チームは、大学生と高校生から2週間、1日複数回にわたってリアルタイムデータを収集した。その結果、退屈は誰もが経験するというだけでなく(研究に参加した学生全員がある程度の退屈を感じていた)、他よりありふれた感情であることが明らかになった。「退屈は、学生たちが最も頻繁に、最も強く感じている感情だ」と、ゲッツ氏は電子メールでの取材に対して述べている。「その強さは、喜びや不安、怒りをはるかに上回る」。

 研究に参加した学生は、自分が退屈しているかどうかと、自らの肯定的または否定的な感情について質問に答え、自分が感じている落ち着き、または落ち着きのなさを評価した。そのデータから、研究チームは退屈の5つのタイプを特定した。さらに、退屈には個性があることも明らかになった。「人によって、感じる退屈の種類は決まっている傾向にある」とゲッツ氏は述べる。すなわち、退屈は個々人の性格に結びついている可能性があるのだ。

 あなたの感じる退屈は、以下のどのタイプだろうか?

【 無関心型の退屈 】これは快いタイプの退屈だとゲッツ氏は述べる。例えば、とても長い1日を過ごしている学生の場合。「授業に出る。疲れている。授業は退屈だ。しかし、この退屈は非常にくつろいだ、むしろ好ましいものに感じられる。むろん退屈には変わりないが、退屈することを楽しんでいる状態だ」。そのほか、くだらないリアリティ番組を観ながら、カウチでぼんやり過ごしているときなどが、無関心型の退屈(indifferent boredom)の例だ。

【 調整型の退屈 】あなたは取り留めもない考えごとをするタイプだろうか? 新しいアイデアに関心はあるが、実際に立ち上がって行動するほどの意欲はないのなら、それは調整型の退屈(calibrating boredom)だ。ゲッツ氏いわく、「空想にふけることに似ているが、新しい活動を積極的に探し求めてはいない」状態だ。

【 探索型の退屈 】「なぜそんなことをしたのか」と問われ、「退屈だったから」と答えた経験があるのなら、あなたが感じたのはおそらく探索型の退屈(searching boredom)だ。このタイプの退屈を感じる人は、もっと面白いことを見つけたいという意欲が強い。それが友達にテキストメッセージを送るといった無害な行動につながることもあるが、場合によっては暴力や危険の伴う行為を引き起こすこともあると、ゲッツ氏は述べる。「しかし一方で、探索型の退屈は、非常に創造的でポジティブな行動につながることもある。何らかのアクションを生み出す大きなチャンスだ」。

【 反応型の退屈 】つまらない講義や終わらない会議から抜け出せない? それは反応型の退屈(reactant boredom)かもしれない。立ち上がって教室や会議室から出ていくなど、周囲の状況を変えられない場合、その退屈は、何かほかのことをしたいという欲求のほかに、落ち着きのなさや攻撃性を伴う可能性がある。「退屈していて、その状況から抜け出せないとなると、そこに攻撃的な感情が生じることになる」とゲッツ氏は述べる。

【 無感動型の退屈 】このタイプの退屈は、研究チームを驚かせた。他のタイプは、ゲッツ氏が参加した2006年の研究で既に特定されていたが、この無感動型の退屈(apathetic boredom)は今回の研究において発見されたもので、意欲の欠如を伴う、非常に不快なタイプの退屈だ。うつ状態に似ているとみられ、他の種類の退屈に比べて悪い結果をもたらす可能性がある。

「無感動型の退屈は、人の心理学的健康に悪影響を及ぼすと考えられる」とゲッツ氏は述べる。

 他にも退屈の種類はあるのだろうか? 「もうこれ以上の種類はないと思うが、まだわからない」とゲッツ氏は述べている。



---
そこそこ面白い読み物

まぁ、そもそも「退屈」って何よって話がありますけどね

具体的に退屈という表現を意識したことってあまり無いんですよね
もうちょっと細分化した、具体的に、ツマラナイ とかそういう意識が先にくるような気がします
いの一番に退屈という言葉が出てこないというか

逆に、現代人て忙しすぎて、退屈と思うことが少ないような
退屈と思うくらいなら他の事をするみたいな

そういう意味で退屈って何?っていう研究は面白いのかも
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks