2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ALSOK 話す声から本人確認を行う話者認識技術の新アルゴリズムを開発

 【26//2013】

ALSOK、話す声から本人確認を行う話者認識技術の新アルゴリズムを開発

ALSOKは11月26日、人の話す声から誰が話しているかを認識して本人確認を行う、バイオメトリクス認証の1つである話者認識技術において、独自のアルゴリズムを開発したと発表した。

本人確認の手段として、暗証番号やIDカードなどが広く利用されている。これらは、暗証番号を忘れたり、IDカードを持っていないといった場合に、サービスを利用できないという不便さがある。これに対し、バイオメトリクス認証では、指紋や顔、静脈、虹彩などの身体的な特徴によって個人を特定するため、暗証番号を覚える、IDカードを持ち歩くといったことが必要なくなる。利便性が高く、高精度な本人確認の手段として期待されているが、課題もある。

今回、話者認識技術において、個人差に対応して、安定した認識精度を得る独自のアルゴリズムを開発した。これにより、子供から高齢者まで、年齢によらず高い認識精度を実現している。また、従来技術では、大量の音声を用いて登録者を学習していたため、登録作業に多くの手間と時間を要していたが、同技術では少ない音声データで登録が完了する。さらに、直近の話した声でデータベースを自動的に更新し、常に最新の声質に対応する独自技術を開発した。そのため、年齢とともに変化する声質にも対応できるという。

ALSOKでは、今後2年以内の実用化を目指し、研究開発を進めていくとコメントしている。


---
認証した最新の音声データにリアルタイムにアップデートしていくことが、最新のアルゴリズム?
この程度、普通にやってるんじゃないの?

ん~・・・この手の認証技術が進まないのは何故なのかわかる気がする

因みに、音声認証って、例えばですが
家についてたとしますよね
家の前で喋るのは気が引けるというか
周りに誰もいなければ良いのですが、近所の人が見てる時に家の前で喋るのはちょっとね・・・
些細なことですけどねぇ
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks