2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

コーエーテクモ ソーシャルゲームに年齢区分ごとの課金制限機能を導入

 【05//2013】

コーエーテクモ、ソーシャルゲームに年齢区分ごとの課金制限機能を導入

 コーエーテクモホールディングスは12月5日、コーエーテクモグループが提供するオンラインゲームやソーシャルゲームにおいて、年齢区分ごとの課金制限機能を導入することを発表した。

 この制限機能は年度内にも導入し、現在配信中のオンラインゲームやソーシャルゲームなどを含め、、今後の新作タイトルについても、基本プレイ料金無料でアイテム課金制のビジネスモデルタイプのタイトルには原則導入する。

 具体的には、毎月1日から末日までの合計金額上限を15歳以下が5000円、16歳から19歳は2万円、20歳以上は限度額設定なしと設定。コーエーテクモゲームスの「GAMECITY」および「my GAMECITY」では個人ごとに上記の規制を設け、それ以外のプラットフォームに提供しているゲームに対して、上記よりもプラットフォーム側の規制が厳しい場合は、プラットフォーム側の規制に従うという。

 この施策の導入について同社では、社会的な問題となっている未成年者に対する課金に対して、消費者保護および各種法令遵守の観点により決定したとしている。



---
私の世代は、生まれた頃には既にビデオゲームが存在しているという世代の第一世代に入ると思います
ファミコン直撃世代で、ゲーセンも格ゲーを中心に賑わいがあったときに影響を受けた世代です
ですから、ゲームは大好きです

が、ゲームの悪い面も重々承知しています

はっきり言って、ゲームは何の生産性もないただの時間つぶしです
これが、生産性につながる人間は極々一部の人だけで、殆どの方が暇つぶし以外何者でもありません

また、はっきり言って、ゲームという特質上、射幸心を煽って半分中毒症状に陥らせているに過ぎません

ですから、課金として金をとるかどうかの違いであって、やってることは同じなんですよ
それがポケモンであってもモンハンであっても

ただし、私は、アイテム課金と呼ばれているもの、つまり、ゲーム内のデータを別途購入するような方法だけは反対です
これをやるともうゲームの意味が変わってしまうからです
追加データなのはいいですよ、ゲームを拡張するための料金ですから
ダメだと言ってるのは、金を払うことで特別な何かが手に入るというもの
ゲーム内部で使う経験値やお金も当然ダメです

こういう人間の射幸心につけ込んでビジネスをするという卑劣なマネをしなければいけないほど、ゲーム業界のビジネスが厳しい状況に立ち至っていることは十分理解しますが
だが、ゲーム業界だからこそゲームを裏切ってはいかんでしょ
ゲームとして射幸心を煽らなければいけないですが、その人間の弱みを利用するビジネスは裏切りです

私はやっぱりゲームにかかる金額はユーザー全員一定であるべきだと思います
ですから、ネトゲも月額・定額課金以外は認めません
それ以外の課金は許されない
ネトゲ歴が長い私が言うのもなんですが、ネトゲなんてそもそも中毒症状を維持させる事で成立してるようなもんですから
更に、これをアイテム課金など別の課金で金を取るなど言語道断

ビジネスとして回らないのは供給過多だから
再編して、ゲーム数を少なくして、品質を上げる方に注力して
一つのIPを大切にする方向に進みなさい、それしか今後まともなる方向性はありません

と、まぁ、こんな与太話は置いておいて
記事の話しですが、中学生以下は5000円、高校生から大学生は2万、成人は無限
なんかもう笑ってしまう設定ですね
私から言わせれば、18歳未満はネトゲ禁止です
ドワンゴがニコ生を健全な出会いの場にしたいとかトンデモをいってましたが、一緒です
健全にしたいなら、最低限、18歳未満は使用禁止です
社会的に責任が取れない間は、それだけ制限されて当然
今回のコエテクのこの決断も茶番としか言いようがありません
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks