2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

iPS から 腎組織 = 立体構造、世界初 ―熊本大

 【13//2013】

iPSから腎組織=立体構造、世界初―熊本大 (時事通信)

 体のさまざまな組織になる能力を持つヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、「糸球体」などの立体的な腎臓組織を作ることに世界で初めて成功したと、熊本大の西中村隆一教授の研究チームが発表した。西中村教授は「腎臓の作製や、腎臓病の仕組みの解明につながることが期待される」と話している。論文は12日付の米科学誌セル・ステムセルに掲載された。
 研究チームによると、血液から老廃物をこし取り尿を作る腎臓のうち、老廃物をこし取る糸球体と、体に必要な成分を再び吸収する「尿細管」の作製に成功した。組織の大きさは約2ミリ。尿を作る機能は確認できないが、組織の形が再現され、腎臓特有のたんぱく質が作り出されているという。 
 研究チームは、胎児の腎臓ができる際の環境を再現するため、iPS細胞にたんぱく質など5種類の化合物を添加。iPS細胞を下半身のもとになる体軸幹細胞にした上で、腎臓の細胞になる前の前駆細胞を経て、腎臓組織に変えた。
 京都大のチームも1月、尿細管を作製したと発表したが、糸球体も含めた立体構造はできていなかった。
 腎臓は機能が悪化すると回復が難しく、人工透析や移植が必要になる。透析は患者の負担が大きく、移植は提供者が不足しているため再生医療に期待がかかるが、腎臓は構造が複雑で他の臓器よりさらに作製が難しいとみられている。



----------
iPSの話題は好きです
ホントにワクワクするような話ばかりです
今回は腎臓
腎臓以外と大変なんですよねぇ
昔、同じ現場の先輩が人工透析やってて日々大変そうだったんですよねぇ
腎臓って他の部位に比べると皆結構適当に見てますからねぇ

よく潮吹きのために撮影前に大量に水分とったり、酷いと利尿剤飲んでまで云々って都市伝説まで聞きますが
いくら水とはいえ、急に大量に飲むのは腎臓に負担かけてダメですよ、体を大事にしてください
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks