2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

宇宙望遠鏡 「ガイア」 打ち上げ成功、銀河系地図作製へ

 【20//2013】

宇宙望遠鏡「ガイア」打ち上げ成功、銀河系地図作製へ ESA (AFP=時事)

欧州宇宙機関(European Space Agency、ESA)は19日、天の川銀河(Milky Way)のこれまでで最も詳細な「地図」作製を目的とした高性能望遠鏡の打ち上げに成功した。望遠鏡は銀河の星10億個を検出し、地球の正確な位置を測定するという。

 ESAがインターネット中継で伝えたところによると、ソユーズSTB(Soyuz-STB)フレガートロケットに搭載されたガイア(Gaia)望遠鏡は、仏領ギアナ(French Guiana)のクールー(Kourou)にあるESAの宇宙基地から無事に打ち上げられたという。

 ガイア望遠鏡は打ち上げから42分後、4段ロケットの最終段から切り離された。ミッションの管制官によると、すべて順調に進んでいるという。

 7億4000万ユーロ(約1053億円)の費用が投じられ、欧州で作られた宇宙望遠鏡としては最も高性能なガイアは、銀河系内にある星の約1%に相当する星10億個の「天文学的全数調査」を行うことを目的としている。

 ミッションでは、最大70回の観測を繰り返し行う。観測で得られたデータは、星の距離、速度、方向、運動などを計算して銀河系の太陽系近傍の立体(3D)地図を制作するために提供される。

 観測対象とする星の数は、1990年代初めに運用されたヒッパルコス(Hipparcos)望遠鏡の約50倍になる予定。ヒッパルコスで得られたデータは、金字塔的な参照ガイドとして現在も多くの天文学者らに広く使用されている。


■「系外惑星」、「小惑星」、「超新星」の観測監視も

 またガイアは、われわれの太陽系の外側にある惑星、いわゆる「系外惑星」の探査も助けると考えられている。ガイアの寿命5年間の間に5万個ほどの系外惑星を発見できるかもしれないと天文学者らは期待している。

 ガイアは、惑星が星の前を横切る際に発生する光の「ゆらぎ」を測定して系外惑星を検出する。惑星の重力の影響で、望遠鏡に到達する星の光にわずかな「偏向」が生じ、「ゆらぎ」となる。

 また地球に脅威を及ぼす恐れのある小惑星の探査を助けるため火星と木星の間にある小惑星帯を観測するほか、リアルタイムで観測されることがめったにない「超新星」と呼ばれる遠方の星の爆発現象も常時監視する。

 総重量2.03トンのガイア望遠鏡について仏国立宇宙研究センター(CNES)は、「非常に高感度なので、1000キロ先の毛髪の直径に相当する距離も測定できる」とウェブサイトで述べている。

 ESAによると「ヒッパルコスが月面に立っている宇宙飛行士の身長に相当する角度を測定できたとすると、ガイアはその宇宙飛行士の親指の爪の長さを測ることが可能だ」という。

 ESAはガイアの「生データ」を解析するため、所属する施設30か所をつないでネットワークを構築し、約450人の人員を配置している。この中には、仏南西部トゥールーズ(Toulouse)のCNESの基地にあり、1秒間に6兆回の演算を行えるスーパーコンピューターも含まれている。

 ガイアで得られる膨大な量のデータを使用可能な地図やカタログに変換するには今後数年を要する見込みだという。




----------
星域の地図というのは、亜空間飛行する宇宙船にとって非常に重要であり
もしも、未知の空間やブラックホール、巨大ガス惑星などに突っ込んでしまった場合目も当てられない
未知の領域を飛ぶときは航路のスキャンを入念に行う必要があり
したがって、宇宙の地図作成というのは、極めて重要なのである


・・・というのは、深宇宙(ディープスペース)探査、飛行する時代になったら重要な話であって
未だ太陽系、いや、月の外へも出たことのない人類には、それほど重要か?といつも思うのである

> 7億4000万ユーロ(約1053億円)の費用が投じられ

1000億円ですか・・・
で、更に、今後の維持、解析、研究費など考えると倍ぐらいになるんじゃないですかね

確かに、これで新しい発見があり、そこから別の方向の研究が進む”かも”しれない
しかし、そのわずかな可能性のために1000億
高いのか安いのか

宇宙開発は是非推進していただきたいのですが、やっぱり、目標としてはディープスペース探査したいわけじゃないですか
だったら、今、遠くの星域を眺める事はベストではないですよ
国際宇宙ステーションでやってる研究が最低限ですね
その成果として、次は月面国際宇宙基地ですよ、次は、火星
同時に火星までの有人宇宙船の開発、そして、インパルス速度以上の光速飛行可能な航法の開発
ここまで来てやっと、太陽系外の宇宙域の地図をきちんと作らないとな・・・と、こういう順番じゃないですかね

今の内に月面国際宇宙基地の開発を世界的な共通認識としておかないと、チャイナあたりが必ず月の権利主張してきますよ
そのためにわざわざチャイナはこの前落としたわけですから
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks