2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

iPS 細胞作製法 の 「ほぼ全部」 国内での新たな特許を取得 -京都大

 【21//2013】

京都大、国内での新たな特許を取得 iPS細胞作製法の「ほぼ全部」 (産経新聞)

 京都大iPS細胞研究所は20日、皮膚細胞などに遺伝子を加えて人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作製する技術について、国内で新たな特許を取得したと発表した。どの遺伝子を使うかを問わなくなることによって、より広い範囲をカバーできるという。

 同研究所知財管理室の高尾幸成室長は「今回の特許には、現段階でiPS細胞を作製する方法のほとんど全てが含まれる」としている。特許の権利期間は平成38年12月まで。

 新しい特許は、皮膚細胞などに加える遺伝子の種類や、加える際の技術にかかわらず、知的財産の範囲に含まれる。京都大は21年3月に出願し特許庁から2回却下されたが、内容を修正するなどして認められた。

 京都大は、特定の企業などが営利目的で特許を独占することを防いでiPS細胞の研究を促進するため、知的財産の確保を進めている。これまでiPS細胞の基本的な技術について、国内では5件の特許を取得しているが、いずれも遺伝子の種類を特定したもので、米国や欧州などでも、同様の限定的な特許しか取得できていないという。


-----------
素晴らしい
何のために国家が国民に対して教育を行うのかを考えれば当然のこと
他の日本の大学はよくよく考えなさい
誰もが企業と連んで金儲けにしか興味が無いでは無いか
学生はさしずめ自分の金儲けの作業員としか見てないだろ?・・・反論できる教授陣がどれだけいるだろうか

やはり今は京大だなぁ、当分は日本最高学府に君臨し続けるだろ
それに引き替え東の都のところは・・・
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks