2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

冬季うつ病 眠い・無気力・やたら食欲旺盛

 【22//2013】

眠い・無気力・やたら食欲旺盛……「冬季うつ病」予防には日光浴を! (All About)

■うつ病にも“シーズン限定”のものがある!

 毎年、冬になると気分がうつうつしてすぐれない……
 春になると治るのに、どうして冬だけ極端に気分が落ち込むのだろう……

 うつ病のなかにも、ある一定のシーズンにだけ症状が現れるものがあります。これが「季節性うつ病」と呼ばれるものです。このうつ病の特徴は、そのシーズンが終わると症状が回復し、もとの状態に戻れることです。

 季節性うつ病のほとんどは、秋から冬にかけて症状の現れる「冬季うつ病」です。夏に現れる「夏季うつ病」もありますが、前者に比べれば少ないものです。

 では、なぜ冬季なのでしょう? ひとつには日照が関係していると考えられています。冬は、他の季節に比べて日照時間が短くなります。特に、緯度の高い地方では極端に日照時間が短くなるため、このうつ病にかかる人の割合も増えます。

■冬季うつ病の代表的な症状とは?

・無気力感に襲われる
・睡眠時間が長くなり、眠くてたまらない
・とにかく食べたい(とくに炭水化物)
・体重の増加が著しい

といったものが、冬季うつ病の代表的な症状です。

 実際、冬季うつ病ではない人でも、冬にはいつもよりたっぷり眠りたくなったり、多めに食べたくなったりしますよね。これは、冬という厳しい季節に立ち向かうため、体がいつもより休息を必要としたり、エネルギーを蓄えようとするためです。

 しかし、上記4つの症状が明らかに強い場合には、冬季うつ病の可能性もあります。


■心身の健康には「もっと光を!」

 冬季うつ病の治療法には、「高照度光療法」というものが有効だと考えられています。これは、2,200~3,500ルクスの強い蛍光灯の光を、1日15分~2時間程度浴びる治療法です。これにより、ホルモンの分泌や体温のリズムを整えていくことができます。また、あわせて抗うつ薬の投与も行います。

 光を必要とするのは、植物だけではないのです。人間も光をある程度浴びないと、心身の健康に影響します。日頃から昼夜が逆転した生活を送っている人、また、日中もカーテンを閉めて薄暗い中で過ごすことが多いという人も、“光不足”にならないようくれぐれもご用心ください。


----------
こういうのも鬱病っていうのだろうか・・・?


ま、それはさておき、注目したいのは

冬にはいつもよりたっぷり眠りたくなったり、多めに食べたくなったりしますよね。これは、冬という厳しい季節に立ち向かうため、体がいつもより休息を必要としたり、エネルギーを蓄えようとする

やっぱり、冬眠するんじゃないか!

半分冗談だと思ってましたが、冬眠じゃないにしろ、やっぱり寒くなるとそういう準備しようとするんですねぇ

ということで、治すには「もっと光を!」ということらしいです
ただ、冬に日光浴ってねぇ、、、光をあびなさいっていうならわかりますが
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks