2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

安齋らら 『異次元。』 早くも「今年のMVP裸体」が決定しました!(週刊プレイボーイ 2014No.5 より)

 【22//2014】




今回で2号連続での掲載

今回の表紙の煽りは

早くも「今年のMVP裸体」が決定しました!
独占 神の乳・安齋らら


中吊り広告も真ん中で比較的扱いが良いです
いやもうMVP決定ですよ、ええ、決定で良いです


グラビアが見たければ本誌見てくださいということで
以下、煽り文等抜粋


2号連続、独占NUDE革命。
裸の彼女に会えるのは、週刊プレイボーイだけ!!!
安齋らら『異次元。』

誰も知らない。
でも誰もが絶句してしまうほどの肉体美。
新年合併号のグラビアデビューに引き続き、今号は特大8ページ掲載!

この肉体を語る言葉は、やっぱり見つからない。

超フィギア。
生ある肉体に宿りし、神々しいエロスの輝き。

奇跡はまだ、始まったばかり。

安齋らら
その名前のほかに、彼女のプロフィールは一切、明らかにされていません。



「裸の彼女に会えるのは、週刊プレイボーイだけ!!!」
この部分良いですね
同じ集英社のジャンプの「○○先生の漫画が読めるのはジャンプだけ!」的な感じで(笑)
「超フィギア」っていうのもまぁまぁかな
確かに私もこの前漫画に出てきそうな感じと書いてますからね
それを端的に表すと超フィギアというのもあながち悪くはなさそう

ここでわかるのはプレイボーイ的にはとりあえず
シークレット状態でプレミア感出したまま紙面を作っていこうという事ですね

グラビアとして「単にAV女優が出てるだけ」というのではいくら良い女でも紙面をもたすには
それこそマスカッツレベルの知名度が最低限必要でしょうからね

ゼロから作って行くとなるとこのやり方はベストかどうかはわかりませんが、ベターでしょうね

週刊プレイボーイの購入層ってどうなのかわかりませんが
恐らく10代から20代前半だと思いますので、ターゲットとしても良さそうですね
紙面の内容的には、グラビア以外だとあまり見る価値は正直無いですからね
読むにしてもその程度の層には丁度良いくらいの内容でしょう
普通の人なら、ぷって笑ってしまうような事しか書かれてませんから
って、折角売り出していただいてる出版社様を批判するような話はやめましょう

まぁ、色んな意味で今のところベターな感じという事でしょうか
本当にこのやり方で知名度があがると良いなぁと思います
素材は完璧ですから、後はきっかけだけです


因みに、ヤフーニュースにも記事がありました

グラビア界に降臨した“神の乳”を持つオンナ、安齋らら (週プレNEWS)
(元記事)http://wpb.shueisha.co.jp/2014/01/21/24440/



「もう40年近くグラビアの仕事をやってますが、これだけの逸材は初めて。彼女こそ“神の乳を持つオンナ”といっても言い過ぎではないでしょう!」

そう熱く語るのは、『月刊シリーズ』をはじめ数々のグラビアや写真集を手がけてきたプロデューサーのイワタ氏。そんな百戦錬磨のグラビアのプロが絶賛する新人が、安齋ららだ。

現在、『週刊プレイボーイ』に2号連続でヌードグラビアが掲載中。名前以外、一切の情報が明かされていないミステリアスな存在だ。

たとえるなら超精密に細工されたフィギュアのような美貌と肉体。それとは不釣り合いな、無欲で生々しいエロスの空気がそこはかとなく漂う。過去に巨乳と呼ばれるアイドルは数多く登場したが、安齋ららはその誰とも違う唯一無二の神々しさを放っている。

イワタ氏が続ける。

「その穏やかな表情を眺めていると、慈愛に満ちていて、何でも受け入れてくれそうな雰囲気があるんです。昔、山口百恵を『菩薩』であると評した作家がいましたが、まさしく彼女は拝みたくなる神のような存在です」

『週刊プレイボーイ』の撮影はすでに2回ほど終了。スタジオや部屋など、場所を変えて行われたが、撮影を重ねる度にスタッフたちは彼女に魅了されていったという。

「とにかく勘が鋭いんです。最小限の指示で、次々と見事な姿を見せていく。シャッターを押す度に感度が上がっていく感じです。カメラマンやヘア&メイクなど超一流のスタッフを配していますが、全員レギュラーの仕事を飛ばしてでも参加したいと言ってくれる。彼女の姿を見届けるためなら、何でもやりたい頑張りたいって熱い気持ちになるんです」(イワタ氏)

『週刊プレイボーイ』では大反響につき、来週・再来週とさらに2号連続、合計4号連続でグラビアを掲載することを緊急決定。デビューしたばかりの新人としては異例中の異例だ。

何から何までグラビア界の常識を越えていく“神の乳を持つオンナ”、安齋らら。伝説はいま始まったばかりだ。




よく分かりませんが、このプロデューサーの人、まるで、ファンと同じような目線で語ってますね
私がインタビューを受けても似たような事言いそうです
「菩薩のような」と言ってますが、前に書きましたが本人って凄くおっとりとした感じなんですよね
たぶん、その優しい感じが周囲にそういう感じを持たせるんじゃないかなと思います
もう一つ「勘が鋭い」っていう部分ですが、これも前に書きましたが、彼女本当に万能なんですよ
これまで色んな設定の作品がありましたが、全部こなしています、しかも、こちらの予想以上に
恐らく、監督の演出などもよく理解して演技できるんだろうなと思います

ですから、ファンの真贋は流石だと思いますね
私もデビュー作の時はどうかなと思いましたが、2作目で確信しましたし
この雑誌のプロデューサーが言うまでもなく、逸材です

あと、4週連続でグラビア掲載のようですね
ということは、来週(No.6)も再来週(No.7)も掲載されるということですね
力が入ってますね
いや、ホントこれくらいの気合いが入ったマーケティングを当初から期待してましたよ、○○(メーカー)さん
まぁ、ファンの反応など見て手応えを感じ確信を持った時期から逆算すると
最速で頑張ってるんでしょうけどね(笑)

あとは我々としては状況がどう推移していくかを見守るだけですね

因みに私はAV女優としての彼女が好きですし、それこそが魅力を最大限活かせる場だと思っています
スタイル維持さえ細心の注意を払えば10年は第一線でやれると思っています
10年と言っても月1本ならたかだか120本ですからね
キカタンなら2年で余裕でクリアしそうな本数です
そのくらい出さないと勿体ないです、それこそ神の罰が下ります

いや、みなさん、一回見てくださいよ、ホントいい女ですから
最近ようやくデビュー作から順番にレンタルも開始されましたからね、騙されたと思って見てください
最新作まで順に全部見ることをお勧めします


で、誰なんだよ?という方がいると思いますが
私は公式が発表するか、ある程度話題が風化するまで書くつもりはありません
っていうか、わざわざ検索して、こんなしょうもないチラ裏blogにうっかり迷い込んでくるような人は
どうせ検索してる時点でわかってるでしょうから
私はしばらくはあくまでもそこについては黙っておきます
関連記事
スポンサーサイト

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks