2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

「ファン」 ~過去と現在の状況比較~

 【24//2013】

ファンってなんでしょうかねぇ
ファンの種類にも色々あって

芸術や音楽、作品に関するファン
物質的、技術的、学術的なものに関するファン
スポーツファン
人物に対するファン

だいたいこんな感じで分類できるんじゃないでしょうか?

昔と違うところは、どういったジャンルであっても
コミュニケーション手段が増えたことと、幅がものすごく増えたこと
そして、それに対する接触手段が増えたことで
個々の規模は縮小したところでしょう
昔は、情報は、TVか新聞、雑誌しかなく、既存のメディアの範囲内で踊らされていたわけで
更に、個人で特殊なファンをやっていても、コミュニケーション手段も無いため
黙々と一人で活動するなんていう感じだったはずです
ネットの普及によりそれぞれが集まる事ができるようになり、コミュニティ形成が容易になりましたね

ですが、その分、それぞれの規模が縮小したことは言うまでもないと思います
一番割を食ったのは、既存のジャンルでしょうね
特に、お金がかかる自動車等々のジャンルは一気に衰退していきましたね
こういうのは基本メディアが煽っていた事と、趣味の幅が限定された状況であったので
自然と本質的にそれほど興味が無くてもそっちの方向へ引っ張られていたという事になります
今は、選択肢の広がりに加え、みなさん時間が無いですから
時間とお金の奪い合いになっているわけです
送り手側もいつまでも売れないだとか嘆いてる暇あったら現実を直視すべきかと思います

さて、ファンというのは、選択肢が限定され業界やメディアから操作されていた時代から
受け手が選択して、独自にコミュニティを形成する時代になっており
結果として、全体としては広く、しかしながら、個々を見ると依然として深い状況ではあります
ただ、ネット技術のおかげで、一時期言われているような蛸壺化とは違う様相になっていますね
当然、ファン内部で閉じてはいますし、一部を取ってみるとそのように見えるかもしれませんが
非常に横のつながりもあって、行き来自由な状況であり
送り手側も、積極的に別ジャンルとのコラボでファン層の拡大を考えていますね
メディアでおかしな報道のされ方をされているジャンルもありますが、少々意図的なものを感じます
関連記事
スポンサーサイト

Category: サブカル

Theme: ひとりごと

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks