2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

2ch騒動 Jim vs ひろゆき

 【05//2014】

現2ch管理者、ひろゆき氏に反論 「何ら違法性ない」「法的対応を検討」 (ITmedia ニュース)


一応、ふれざるを得ないのでふれておきますが
なんというかあまり興味が無いというか・・・
これ騒いだところで何か起こるか?っていう印象しか無いんですよね

もともと2chの発生自体があめぞうの利用者をのっとったというか
詳しくはあめぞうのwikiでも見ればいいのですが
まぁ、みんなしょうがなく2chを利用するようになったわけです
で、その中でまた住人によって新たな文化が生まれたりしていったわけですね

ひろゆきはそもそもネット山師の先駆けみたいな存在で
枠を作って扇動するのが上手いというか、そういうタイプの人間だと私は勝手に見ています
おかげで今の彼の資産は数十億だという風な噂もあります

ですから、彼自信が先進的な何かをやってきた、もしくは、先進的な感覚をもっていたという事ではなく
状況を見て、何が儲かるか?を分析して実行する能力があったという見方が正しいと思っています

で、そもそも、今回、何が発端かというと、明らかに「転載禁止」ですよね
乗っ取ったというのは、私はギミックに使ってるに過ぎないと思いますよ

だって、ひろゆきってもう2chと関係無いんでしょ?
もし、今でもひろゆきとその取り巻きが2chに対して責任があるなら
前回の●流出事件で関連会社に賠償金を数十億払わないといけないでしょうから
知らぬ存ぜぬで終わらせたわけでしょ?関係ありませんと、今の管理者はJimですということで

ですから、「乗っ取り」というのは、抗議するためのきっかけにしか過ぎないように感じるんですよね
それ言い出したら、都合悪い展開になるかもしれないでしょうからね
いくら資産があるとはいえ、数十億の賠償金払ったらスッカラカンでしょうから


ということで、今回の注目点は「転載禁止」だと思います

●流出騒動の時に、重要な点として、まとめアフィブログの存在がありました
アフィブログには、●は必要だったわけです
ちょっと話が飛躍しすぎてますが、まぁ、何度も同じ話し書くの面倒なので・・・
とにかく、転載禁止で一番打撃を受けたのは、まとめアフィブログですよね

また、昨今のネット状況で一番猛威をふるっていた、影響があったのはまとめブログだと思っています
逆に言うと、まとめブログの流れ一つで、ネットの流れも誘導できる状況でもあったと思います

そして、まとめアフィブログの中には、実は、企業が絡んでいた例があります
ゲーム関連で有名なアフィブログには某企業が絡んでいたことは有名ですね
で、ネット対策会社の中にはアフィブログのバックについていた例もあったわけです

ここでもう一つの視点として、根拠もない憶測に過ぎませんが
広告代理店等々のネット戦略がここ数年うまくいっているという事があります
一時期、ネットによって業務が立ちゆかなくなり、対抗しようにも既存のメディア戦略・扇動が全く通じない時期が続きました
それがここ数年、功を奏するようになってきました
既存メディア戦略とネット戦略のMixで、また大衆を扇動する事が可能になってきたわけです

私はこの大衆扇動の急先鋒がまとめアフィブログであったのでは無いかと感じています

何の証拠無いので、勝ってな推測で話しますが
私が電通なら、大手のアフィブログを買収してますね
そして、転載禁止になったら必死に抵抗するでしょう
そのためにいくら時間と労力と金をかけたかわかりませんからね
この状況を打開するために、いかなる手も使いますよ
私なら、ひろゆきを抱き込んでますね

この辺に関しては何の根拠もない話ですけどね
私がメディア側の人間ならそういう状況を構築しててもおかしくないと感じるもので
私が思うくらいなら普通に皆やってそうじゃないかと

で、旧体制はひろゆきに関係無いとはいえ、事実上影響下にあったでしょうし、収入もあったでしょう
まとめアフィビジネスが活性すればするほど●が売れますので、ある意味まとめアフィが存在しないと旧体制側も困るわけです
●流出騒動まではこれで非常に上手く回っていたんだと思います

まぁ、この辺の持ちつ持たれつの関係は当初から指摘さててましたよね


最初に、誘導先を作った上で発表してる時点で色々察しがつくとは思います
自分に正当性があるなら、そんな事やらないでしょ
あめぞうの時と同じようにやれると踏んでいるんだと思いますが
今の2ch利用者がそれを支持するかなぁという風に感じます
そもそも転載禁止は基本的には利用者の意志で決まったわけですからね
転載禁止が決まったときに、アフィブロガーがオープン2chに誘導しようとして
2日程度で失敗してましたからね、明らかに中にいる人がアフィブロガーばかりというね
結局、この誘導がうまくいかないから、ひろゆきが乗り出してきたという事じゃないですかね
ひろゆきが言い出せばみんなついてくるんじゃないかと、過去の事例実績もありますから

ただ、思惑通りに事が進むようには到底思えないんですけどね
しきりに告訴すると言ってるようですが
例え法的にひろゆき側が正しかったとしても
転載禁止じゃなければ誰もついて行かないと思いますけどねぇ
逆にいうと、Jimが支持されてる理由が、転載禁止処置だけですから
もしも、純粋にひろゆき側がユーザーだけ取り戻そうとしているなら
現状のユーザーの希望を全て飲む形で運営方針など発表する必要がありますね
正し、●流出もあって旧運営側の杜撰さは露呈しているわけで
それを考えると現状支持しにくい状況には変わりないと感じるのですが、どうでしょうかね
利用者としては、誰が運営していようが、快適に使えれば何だって良いわけですから
関連記事
スポンサーサイト

Category: サブカル

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks