2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ソニー って消え去るの?

 【21//2014】

消え去るのはソニーか それとも“延命経営”か
http://diamond.jp/articles/-/51894



この記事ではまぁ現状の経営に問題があるような事を主張しているんですが
平井CEOがトップになったからどうという話では無いんですよね

知ってる人は知ってるというか、ソニーって平井がトップであろうかなかろうが関係無いんですよ
元々こういう会社なんです
あ、まぁ、元々という言い方はちょっと語弊がありますね
私が知ってるだけでも10年ぐらい前から、恐らく20年近く前からはこんな状況だったんですね

所謂ものづくりをしていたのは、80年代まで(のよう)です
90年代からのソニーというのは、所謂、開発メーカーというよりも、単なる商社になってしまっていました(ようです)
殆ど自社では開発を行っておらず、基本的に、企画だけして後は外部に丸投げという感じですね
だから、技術力なんて殆どありません、あっても子会社か請負ばかりです
しかも、ちょっとイマイチな社員の方も多かったですね
端的に言えば、プライドは高く、もの凄くお高くとまっているが、仕事が出来無い
こんな感じです

例えば、私の直接知っているだけでもこんな話があります
ソニーが先導したある規格がありまして、その規格の商品を作る事がありました
まぁ、当然、色々契約を交わして、そのためのロイヤリティーや技術料なども払い
いざ、開発という所で、衝撃的な事がありました
なんと、自分達が作った規格にも関わらず、仕様書が無いんです
びっくりするでしょ、無いんですよ
聞いたら、まだ作ってないと
じゃ、どうするの?って聞くと、仕様書できるまでは、テストしながら動作見て確認してくれと
普通考えられませんよね
でも、本当なんです
色々テストしてだいたいチップの仕様が把握できた頃に仕様書が送られてきましたが
素人が書いたような単純なものが送られてきました

また、こんな話もあります
みなさん、たぶんもう忘れていると思いますが、PSXなる、PS2に録画機能がついたものがあったのを覚えていますでしょうか
確か、社運をかけた起死回生の製品的な位置づけにもかかわらず、全く売れずに、あっという間に消えていった製品です
知り合いがその商品開発チームに配属になりました
開発は大変だという話を聞いていましたが、一応、社運がかかっていると言うことでやりがいも感じているようでした
しかしながら、結局、誰もが思ったでしょう
「こんなもん、誰が買うねん」
というように、全く売れずにあっという間に消え去りました
ここで誰もが思う事でしょう、開発チームは上から言われたものを何とか形にして送り出しただけ
問題は、こんなもの作ろうと指示した人達ですよね
こんな判断をした人間
ですが、上層部は責任を取らず、なんと、開発チームに責任を取らせたようです
因みに、その知り合いは、それが要因かどうかは定かではありませんが、その後解雇され、あまりのショックだったのか、消息不明になりました

もう一つ、有名な話に、ソニータイマーっていうのがありますね
これ都市伝説という見方もできますが、本当なんですよ、実際そうだと言い切れます
製品を開発する場合、ハードウェアの耐性というものを部品毎にチェックします
ある共通の製品のワークショップの際、お互いのスペックを持ち寄る事があり
その時に、個々の部品の耐久度も記入されていたのですが
なんと、ソニーの製品の耐久度は、他社のものよりも一桁足りないのです
要するに、例えば、普通の技術者なら1万回の耐久度がなければ製品としての信頼性は無いだろうと考えるとします
ちょっと厳しい企業なら2万や3万という厳しい基準の所もあります
ですが、ソニーはそれを千や二千程度の安物を使っているんですね
まぁ、他社の事ですのでそこまで口を出すことはありませんが
ここで確信しましたね、ああ、やっぱりねと
因みに、先輩などに聞くと、昔かららしいですね
つまり、そこで原価を削って、浮いた金をブランドイメージやマーケティングに金を使って売るという戦略です
真面目にものづくりしている所にとっては正直歯がゆさしかないでしょうね
自分達は真面目に作っていても、大衆はイメージとマーケティング戦略だけで、ソニーの方を買ってしまうのですから

更には、ゲーム関連での様々な悪質なマーケティング手法、セガをはじめ過去に色々ありましたね
ゲートキーパー事件や、昨今でもアフィブログと連携していた事がバレていますね

正直、表も裏も色々な事を実体験も含めて知っている人は、ソニーを支持できる訳が無いんですよね
どんなに良い物を作っていたとしても

技術力もない、すぐ壊れる、社内政治は腐っている、悪質なマーケティング手法
これだけ揃っていて、どう支持しろというのかと
経営手腕とか、そういうこと全然関係ないんですよ
因みに、こういう事に関して、社内で意見すると、出世に響くようです
人事も、基本イエスマンしか取らないようですね、変に意気込みがある人は切られるようです

私は、もうソニーは救いようがないところまで来ていると思います
それこそ腐ったものを全部吐き出して、一から出直す気でも無い限りね
でも、辛辣な事を言うような人は社内には入れたくないでしょう、アドバイザーであったとしても
結局、彼らにあるのは出世と保身だけですからね
会社なんてどうでも良い訳です

ソニーが再生するには、既存の社員全員総入れ替えする気概が無い限り無理だと感じます
既に問題意識がある社員はやめてしまっていますし
かといって、新しい人材でまともな問題意識があるような人間は、腐った人事によって採用されないからです
結果、腐った既存社員と腐った人事が気に入った腐った新規人材が集まるだけです


ただ、ここで、ソニー自身が
「ソニーって消え去るの?」
っていう新聞広告を出したらちょっとセンスを感じますが(笑)
まぁ、フラグでしかありませんよね(笑)
関連記事
スポンサーサイト

Category: 時事

Theme: 気になったニュース

Genre: ニュース

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks