2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

大物AV女優 の 流出騒動 あれこれ (2014/05)

 【06//2014】

基本的にはこういうのはあまり話題にしないのですが
まぁ偶然流れを全部見ていたので


2014年、GW中にかなりの数の大物AV女優の流出が相次いだ事はご存じの方も多いかと思います
色んなところで拡散されてましたからね

個人的には、まぁ、私も所詮ゲス野郎ですので
「うわああああ!」ってなもんで興味津々で見ていたのですが
そんな個人のアホみたいな感想を書いても仕方ないので客観的な話でも
あくまでも個人のゲスな思いは別としてね、聖人ぶるつもりは全くありませんので


まず、そもそもの発端は、流出業者の宣伝からはじまりました
事の発端になったAV板の裏関係のスレに、業者がURLを張って宣伝にきたんです
ただ、その時は、いかにも怪しいURLですし、そのリンクを踏むことすらちょっと躊躇う感じでした
確かに、そのサイト自体には、それっぽいものが掲載されているのですが非常に怪しく
皆、スルー気味でした

そこで、次の日、業者が、一般人を装って、流出動画のキャプチャ画像をいくつかアップするという宣伝方法に切り替えました
これで本物だと確信した住人はこの時点で大騒ぎでした
ただ、まぁ、その怪しいところから購入しなければならないので
誰か人柱で購入するのを待つか、それが転載されるのを待つかという感じで
一旦は収束しかけてましたし、この時点で騒いでいるのは元々のスレ住人のみでした

ところが、ここで某所にその流出動画がアップされた頃から状況が変わり始めます
あらゆる所に転載され、他のコミュニティにも拡散され、あっという間に動画と共に拡散されていきました
ネット上ではちょっとした祭状態でしたね、やっぱみんなエロには弱いのです
そういえばこの数日前に嫌儲が同じくエロ画像に釣られてウィルスファイルを開いてしまい被害にあってましたね
情強を自称する嫌儲でも結局エロには勝てないわけです、ハニートラップって古典的ですがいかに強力かわかりますね

さて、ここで、更に、状況が一変します
ここまでは、所謂他の流出騒動と特に変わりないのですが
ある人が、今回の流出動画のお礼と称して、アップし始めます
どれも今までの流出ものとは違い、AVではありません
どれもパケ撮りか何か、スチール撮りでスタッフが撮影した動画です
こんなレアなものがアップされたことで大騒ぎになります
色んな所から人が集まってきて、もはや裏AVを語るスレではなく
単にその人がアップする動画が欲しい人で騒いでるという状況です
こんなに勢いがあったのはAV板史上はじめてかもしれません

一応、現在の所、もう新しいものを出すつもりはないようですので
状況は収束していくようには思います
が、当分は、スレが元のように機能することは無いんじゃないですかね
そもそもあの板ではファイルのやりとりに関する話題はLR違反なんですがね
残念ながらこの気配じゃ数ヶ月は荒れたままでしょう

以上が、今回の騒動の流れです
特に変わったことは無いですが、後半は今までとは違う方向のものが起こってました


一応、今回、流出したAVは以下の女優です

JULIA、瑠川リナ、佳山三花、春菜はな、麻美ゆま

基本的に
商品ジャンル情報:3D
http://www.s1s1s1.com/works/-/list/=/article=genre/id=74/

にある、3D作品のものが流出しています
また、JULIAに関しては
3D×JULIA 完璧なボディと超立体映像
http://www.rookie-av.jp/works/-/detail/=/cid=rki111/

別メーカーですが、同じく3D作品のもが流出しています
実は、JULIAに関してだけは、昨年一回同じものが流出しております
が、その時は、流出業者がサイトを立ち上げて2,3日でサイトは潰されています

動画自体は3Dではありませんし、恐らく3D編集過程のもので
SD以下の画質のものです、VHS程度の画質しかありません


また、スチール撮りが漏れてしまったのは以下の女優です

並木優、希志あいの、水谷心音(藤崎りお)、大橋未久、みひろ、羽田あい

どれも数分程度で、見えていると言っても、フルヌードの個撮程度ですが
画質はかなり綺麗ですし、よくあるAV作品の流出という事ではありませんので、衝撃度はこちらが大きかったです


さて、上記のことで分かることは、まずAVについては
・どれも2011年制作の3D作品である
・どれもCA系の内部メーカーの作品である
という事がわかります
ということは、もしかしたら同じ3Dが作られた西條るりや吉沢明歩もこれからあるかもしれません
スチール撮りに関してですが
これは色んなメーカーの撮影が混じっていますね
ファンの方ならどの作品か特定できるでしょうけど、ちょっと私には全部特定するのは無理です


AV作品の流出に関して
まぁ、そもそも流出なんて滅多に起こるものではありません
通常、映像は厳重に管理されていますし、基本、こういう処理するメーカーは
昔からある老舗というか信頼あるいくつかの会社に委託しているでしょうし
もし問題が起これば企業としては死活問題ですからね、まぁ、最近はあまり聞かないです
そもそもこんな事、法的にも少々まずいでしょうからね
公の株式会社としては儲け度返しで考えなければいけないものです
では、何故、今回流出してしまったのか、色々と陰謀なりを言うのは簡単ですけど
あくまでも想像ですが、3D作品というのが一つの着眼点だと思う人は私だけではないでしょう
3D作品ってもう殆ど作られてないですし、実は、その2011年の一時期に作られて以降、全く作られていません
要するに、世間がちょっと3Dブームだったから作ってみたという感じですね
で、制作段階で問題になるのは、3D化をどうするのか?という所です
撮影自体は、ある程度の知識と機材があれば可能でしょうが
いかせんそれを3Dソフト化する経験がなかったのでは無いかと
当然ですね、今までは、編集して、後は、モザイク屋に委託するという感じだったでしょうから
3Dソフト化を委託する企業を探さなければいけません
ただ、流行ものですので、それほどやってる所は多くなかったでしょうから、選定はなかなか大変だったとは思います
で、新規の取引先に委託したと
この新規の取引先の作業途中でコピーが取られたのではないかということは、想像するのは容易です
(ただし、業者のサイトにはそれ以外の作品もありますので、そこから別の既存企業にたどり着くかもしれませんけど)
逆に言うと、こういう新しい作業が起こらない限り、流出って今はあまり起こらないのでしょうね
全部CAの内部メーカーで同時期に制作されたものということで
恐らく関連する全作品同じ会社に委託していたのではないでしょうか
これに関しては、今までと違うビジネスということでその点に関しては、難しい状況であったとは思いますが
どう言い訳しようが、企業の選定と管理、並びに作業プロセスの監視等々
当時の管理者、関係者の監督、管理能力不足が問われてもしかたありません
CAは、当時の検証と問題点の摘出、並びに、今後の再発防止策など十分に検討、議論し
メーカー横断で徹底すべきですね

次に、スチール撮りに関してですが
漏らした人は、同一人物、もしくは、同一会社かなと
そもそもスチール撮りも専門の制作会社が多いですしね
これに関してはよくある作品の流出とはちょっと違います
今までの映像管理では防げなかった事案になりますね
個人が漏らしていますから
メーカーがきちんと検証すれば、誰が漏らしたか?は特定することも可能でしょう
ただし、スチール撮りですから、色んな人が出入りしてますからね、検証は大変でしょうけど
結構、色んな時期の撮影に携わっているようですから、かなり顔が知れている人じゃないでしょうか
まぁ、まず、メーカーがやることは特定と事情聴取ですね
そして、今後は、作品の映像データだけではなく、
こういった現場に持ち込まれる機材のデータに関してもどうやって管理するかについても検討すべきでしょうね

ということで、今回の事でメーカーがまずやらなければいけないことは
当然、流出元の特定は大事ですが、今後の再発防止が重要ですね
特にCA系は関連メーカーが多く、激しく影響が大きいですから
検討した対策は、横断的に全メーカーで共有されるべきかと


最初に書いた通り、聖人ぶるつもりはありませんし、騒いでる間は私もゲスな顔して見てはいたでしょうが
そういう事とは別としてね
まぁ、客観的な話をすれば、嬉しい反面、状況としてはあまり好ましいとは言えません

まず、スチール撮りのものは別としても、基本流出系って
業界に金が回ってこないでしょ
これだけであまり支持しにくいですね
普通の海外販売の裏系は、少なくとも女優と事務所や関連会社には金が回ってきますから
それだけでも流出系は業界の衰退に荷担しているという見方ができます
また、こういう事は、女優、事務所、メーカーの信頼関係を損なう可能性もあります
そうなっては、良い作品も作られにくくなるでしょう、これも良い影響とは言えませんね
更に、こんな事が起こってしまったら、女優さんの中には嫌になって引退を考えてしまう人も出てくるかもしれません
それこそもう業界の損失ですね
願わくば今回の事でそんなことを考える女優さんが出てこない事を祈ります

で、つまり、喜んでるのは流出業者と、我々のようなゲス野郎のみという事です
ただでさえ、今、金の周りが悪く、苦しい業界でこんな事は百害あって一利なしですよ
我々のようなゲス野郎は、次もっとこい!と思ってしまうのですが
まぁ、客観的になって落ち着いて考えてみると、願ってしまうのは仕方ないですが
実際に起こってしまうと、複雑な心境になるはずです、少なくともAVが好きな人はね


まぁ、かなりの量ですが、一旦拡散してしまったものはどうにもなりませんね
恐らく業者は他の3Dのももってるとは思いますが、さてさて続きはあるのかないのか
来て欲しいと思いつつも、無い方が良いなと思ったりと、微妙な心境です
半分来て欲しいと思うところが、所詮私はゲス野郎という事です
関連記事
スポンサーサイト

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks