2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

AV 業界 (性産業) は本当に景気が悪いのか

 【27//2014】

日本全体が不景気と言うこともあり、AV業界も引きずられるように景気が悪いようです
少なくとも業界側からの声が外野の我々にも頻繁に聞こえるようになってきました
もはや業界人の定番の自虐ネタのようです

一昔前なら専属単体1本で300~500はもらっていたと言われるギャラが
今や100~150、100未満もざらという状況、約1/3まで落ち込んでいます
バブル期は1本1000を越えていたと言いますから、いやはや・・・

AV業界だけじゃなくて、性産業全体を見ても調子が悪いようで
高級店よりも手軽な安価なものが多く流行ってきてるのもそういうことなのかなと思ったりします

金銭的な余裕が無い場合、必然的に優先順位をつけるもので
AVは恐らくかなり優先度は低くなるでしょう

よく違法アップロードがあるからだと、これが問題でAV業界が調子悪いのだという主張がありますが
影響がゼロだとは言いませんが、そこばかりに"逃げ"てしまうと、盲目的になってしまうのかなと思います
上記に書いたようにそもそも日本全体が不景気でありますから、他の業界も同様に厳しいのです

あと、音楽業界の失敗からよく学んでおく必要があると思います
90年代後半からMP3に代表されるように、音楽ソフトのデジタル化と配布が容易になってから
彼ら(音楽業界)がどんな行動を取り、結果、どういう経過を辿り、現在どうなっているかということを
私は少々音楽をかじっていましたので、当時から音楽の最前線の状況は良く承知しておりました
ですから、余計に彼らが取っていた行動に疑問をもっていましたね、ま、その話は別の機会に

ただし、いつの世も、性産業に対する需要は絶対的にあるわけですから
不景気は不景気なりに、金は回るはずです

風俗業界が安価なものが多く流行ってきているというのと同様にAV関係もそういう傾向があるのだと思います

DMMでも1円動画と言われる時間単位で課金して視聴するものがありますが
そういった、実用性とコストパフォーマンス重視のものが出てきました
ただし、現在最も代表的なものがFC2Liveでしょうね
一番は、無料視聴中に十分に対象の吟味が可能という所でしょうかね
基本的に納得済みで支払いするという所
あとは、殆どが素人(ただし、現役、元女優が混じっている時もありますし、風俗業の人も多い)という所で
リアリティを求めている人には受けが良いのだと思われます
何よりもあれ無修正ですからね

ということで、FC2Liveで一晩に50万以上も稼ぐような人も出てくるような状況になっていました
これじゃ、AVの平均的ギャラよりもはるかに上になってしまってます

この件一つとってみただけで、違法アップロードだけがAV業界が調子悪い原因とは言えないとわかるはずです
世の中には金を払う人はいると言うことですから
単純に見ても、FC2Live等々に客を取られているという見方もできます
無修正だと言うところは仕方ないとして、その他の点に関して何故アレが受けているのかを検討する価値はあるのではないでしょうか


ただ、先日事件がありましたね
FC2Liveでの逮捕の事件です


性行為ライブ配信で逮捕、「FC2なので大丈夫だと…」 「海外サーバーはセーフ」の大誤解
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140605-00000006-jct-soci&p=1


この件に関しては、ある意味組織的にやっていたのでパクられたんでしょうね
以前からこういうLiveチャット系のアダルトサイトに組織的に人を出しているところがあるのはわかっていましたが
私もまさかFC2でパクられる人がでるとは思ってませんでした
ただ、個人でやってる人を特定して現行犯で逮捕っていうのはなかなか厳しいでしょうね、実際問題
ずぶの素人がゲリラ的にやっているのを住所まで特定して現行犯逮捕っていうのはかなり厳しいでしょう
警察が海外と連携してIPまで特定できたとしても、そこから住所特定するまでに
最低2,3回の裁判所の令状を取り付ける必要がありますし、まさか、顔だけで特定はできないでしょう
というか、そもそも一個人で海外の捜査機関まで動かすことなんて考えにくいですね
有名人なら別ですけど、顔(恐らく公安などから住所も)ばれてますからね
今回警察が動いたのは組織的だったから、規模が大きかったということ
あとは、ブログ等々で身元が割れやすかったからということじゃないかと、それで現行犯逮捕もしやすかったと
つまり、普通に考えて、名無しの一般人が逮捕される確率は限りなく低いということですね
馬鹿みたいにブログやtwitterなどやって特定されるようなことをしていなければですが
ゼロではないのであくまでも覚悟がある人限定ですが
まぁ、この辺、こういう事に限らず、最近の人のネットに対する意識が低いですからねぇ・・・
平気で住所とか喋っちゃうでしょ・・・

一つ断っておきますが、逮捕される確率が低いからっていって私は別に犯罪を煽ってるわけではありませんよ
あくまでも事実を述べたまでです
もしも、どこの馬の骨とも分からない名無しの一般人を全て監視し、ゲリラ的に行われている放送を分析し、住所を特定し、現行犯逮捕が頻繁に行えたなら
日本の警察を賞賛すると同時に、某国の秘密警察並という事実にちょっと恐怖すると思います

今回の事でFC2がどのように今後を考えているのか、みなさん興味があると思います
私も興味があります、こういうFC2なんてやるような山師の考えはもの凄く興味がありますからね
山師の特徴は「金は稼げる時に稼ぐ、飛んだら潔く締めて、次を探す」です
FC2はまだまだいけるとふんでるはずです、法体制が変わるまでは
そもそもFC2自体は最終的には個人の責任に落とし込んでしまえばいくらでも逃げ口がありますからね

ただ、現在の所、この影響があってかわかりませんが、売り上げが半分以下ぐらいに落ちてはいるようです
まぁ、こんなことあるとちょっとみんな敬遠しちゃいますよね
ま、正直な話、こういうのはFC2だけじゃないのでね・・・海外にはいくらでも似たようなサイトがありますし

FC2的には、ついてしまった悪いイメージを払拭する事と、客(送り手も受け手も)を増やすことを考えているでしょうし
新しい方向も考えてるかもしれませんね

ま、これで行き場を失ったお金の一部でもAV業界に回ってくるなら良いんですがね


AVも含めた性産業にとってビジネスと同時に業務の健全化もしていかなければいけないと言うことは何度も書いています
現状の社会通念と法の間のギリギリの所で存在しているのだという認識は常にどこかで持っていなければいけません
法は時の権力者によってどうにでもなるものですが、社会通念の変化だけは何十年もかかるものです
未だに性産業への極端な偏見は残ったままですね

以前にも少し書いたことありますが、元々、こういった常識は西欧的な文化(宗教)から来ているものです
日本としては、昔から遊郭があったように、元々現在のような極端な偏見は無かったのです

【マジメに考える風俗と社会学】風俗は風流な文化だった!
http://www.dansen-web.com/article/detail/3593449/


上記記事の風流というのは極端な見方かもしれませんが、ただ、現状の社会通念がどうやって形作られているか?
といったことに対しての理解はしておくべきです

そういった上で業界の健全化を図りながら他の業界との区別をしながらも、極端な偏見を修正していく努力もしていかなければなりません

つまり、ビジネスだけに邁進せざるを得ないのはわかりますが、それだけでは不十分で、こういったことも常に念頭に置いておかなければ
客観的に見て、10年20年後にはどうなっているかわからない
そもそもビジネスとして存続できているかわかならい業界なんです

今年だけでも、沢井事件、流出事件、今回のFC2関係と嫌な話題が続いてますからね
そして、児ポ法改正と
恐らく、ここを突破口として、人権団体やフェミ団体、そしてそれをネタに飯を食っている連中が
性産業にまで手を広げるのは分かりきってますからね
B層中心に扇動はじめたらもう遅いでしょうね・・・動き出したら止まらないですから
今は、他の問題でいくらでも飯が食えてますから飛び火しないでしょうが
飯の食いぶちが減ったら、くるんじゃないでしょうかね
ああいった連中の動向には十分注意しておく必要があります


さて、こういう前提条件を確認した上で、
どうやって儲けていけばいいのだろうか?どうやったら売れるのだろうか?
という事でしょうが・・・
そんなことわかってるなら、私がメーカーかタレント事務所立ち上げてます(笑)

ただ、何かしら考えるきっかけになるネタになるかもということで以下ダラダラ書いておきます



メーカー視点の話

自分も似たような事書いてるのでなんですが、よくこんな感じで言う人がいると思います

AVはプロレスなんだ
マジでやってるわけないでしょ
カメラまわってるんだから素でやるはずがない
全部演技なんだよ

確かに正論ですが、本当にそれだけが正解なんでしょうか

ブログの最初から書いてる私の持論で「全てのジャンルはマニアが破壊する」というのがあります
玄人がこうあるべき、と言い出したら、そのジャンルは衰退します
これに例外はありません、どのジャンルもこういう末路を辿っています

ですから、AVはプロレスなんだという見方もあるよ、という提示は良いですが
「AVはプロレスであるべき」
なんて「価値観の押しつけ」をやってはいけません

いかにも企画的なものもあったり、ドキュメントっぽいものもあったり、ドラマっぽいのもあったり
何でもあって良いんですよ

最近よく「これは演技だ、演技じゃない」みたいな話が言われるようになりましたが
私なんかは正直「AVでそれを言っちゃぁ・・・」みたいな思いは無くは無いです
ただ、こういう事が多く言われるようになった事自体、既に、「AVはプロレスだ」で片付けられない、片付けてはいけない状況にあるのではないかと
個人的には「騙すなら上手く騙して」とは思いますがね

また、最近、草食系の人が多いと言われますが、玄人の方が肉食系の方が多いとすると
業界が市場を広げたい層であるそういった若い人達と感覚が合わなくなってる可能性は無いでしょうか
マニアが温いといって一刀両断しそうなものでも、もしかしたら草食系の人には丁度良いかもしれません

これが良い悪いっていうのは、技術的な面に関して行われても良いもので
性癖、価値観に対して行われるものでは無いですから

また、私は依然として売れる売れないは、究極的には知名度だと思っています
作り手が会心の出来だと思った作品が売れるのはAVマニアに対してだけで
それよりも、知名度の高い人の無難なものが売れるのが現状だと思います
そういった意味で、マスカッツ亡き後、そういう方向性に関して、業界としてのどう動いていくのか、大きな課題じゃないかと思います

今って、イベントという名のDVD販促活動をやるのが当たり前の状況ですが
まぁ、店舗もメーカーも売り上げのためにはこれしか方法が無いのかなぁとは思うのですが
本当にこれが最善の方法なのかというのはいつも疑問に思ってます
う~ん・・・代替案が浮かばないので何とも言えませんが
要するに何というか、いっそのこと入場券売れば良いんじゃないとか思ったりですね
結局、見切れないDVDはその場で売却してる人多いでしょ・・・う~ん・・・なんだろうか・・・
だからといって代替案も無くということで批判しても仕方ないのですが
で、何度も書いてますが、これ関東関西以外に住んでると殆ど関係無いんですよね
滅多に近くでそういうの無いですし、あったとしてもいけるかどうかはわからないですしね
そこら辺の、地方との格差っていうかね、というか、アキバとの格差というか(笑)
私はこの差を埋める何かがまだあると思っています
そこにもう少しビジネスチャンスがあるんじゃないかと
ネットを使えばいいのかというと単純にそうでもないでしょうし・・・しかし距離と時間を埋めるにはそれしかないのか・・・
とか色々思ったりします

ここ数年でネットを使った活動が増えてきましたよね
ニコ生、ユースト、最近は、FC2とかもあったりしますね
でも、問題は、実は生き残ってるのが少ないって事なんですよね
ユーストはもうかなり減りましたね、FC2はまだまだという感じ
ニコ生もこの3年ほどで急激に増えて、今も多くの女優さんやメーカーが利用していますが
実際問題、現時点でも生き残ってるのは少ないですよね
正直まともに使えるのは公式のいくつかの生放送のみという感じで
あとは一部事務所の放送などで頑張ってるところがある感じですね
ただ、それだと広がりがないというか、既存の層が集まってるだけですから
結局、色々参入してきたけど、採算合わずに撤退という感じで
問題はメーカーが効果を実感しにくいって事なんでしょうね
費用対効果が見えにくいというか
で、これは仕方ないことで、結局、ネットなんて暇な人が見てることが多いですから
暇な人っていうことはそれほど金を持っていないということで
ネットで人気があったとしても実際に跳ね返ってくるものが思ったより少ないんだと思います
ですから、結局、公式番組のような公式のコンテンツとして資金が出るようなものじゃないと
なかなかメーカー単独で何かやり続けるのは厳しいのだと思います
ですが、やっぱり、マスカッツも無い、かといって、現状は地上波にも出にくい
となると、ネットに頼るしか無く、この辺は業界全体で何か考えていく必要があるんじゃないかと思うんですよね
かといって、業界で何か自前で作ろうとしてもですね、実際は人が集まらないでしょうからね
この辺既存のものとの関わりというか、更には、その中でどうやって新規顧客を獲得していくかというね
結局、自前とかメーカーだけでやると既存の層しか集まらないですから
某メーカーなんて自前で用意したけど結局撤退しちゃいましたしね
この辺は十分に考える余地がありそうな気がします

あと、技術的な問題に関しては、かなり前に、ギャラや業界の構造的な問題として既に書いておりますので重複して書きませんが
要するに
ギャラに関しては、現状の出演料というやり方が良いのか、他の業界同様インセンティブにすべきなのかという話
構造的な問題というは、業界は本当に誰もどこにも金が無いのか?という話
これは、業界は山師が多いという事を考えると自然と納得できる話でもありますし
誰もが搾取する側に回りたいと思うのは当然ですね、という話です
商売なんで当たり前と言えばそうかもしれませんが
そういうことが根底にあるから今の業界がこういう状況になっているとも言えます、ギャラに関してもね
他にも業界の体質的な、内部的な問題に関してもことある毎にちょいちょい書いてますので省略



女優視点の話

以前も書いたように大規模な固定のファン層を構築できれば
辞めたくなるまで続けていけるでしょう
固定ファンで食っていけるだけの大きさが必要ですが
長くやってるベテランの女優さんなんかはそういう感じですね
吉沢明歩さん、つぼみさんなんかは良い例でしょうね
一つの理想的状況じゃないかなと思います
長く人気と売り上げを維持している人は、それだけキャラクターやファンが確立されてるという事なんでしょうね

ただ、一つ問題なのが
必ずファンは減っていくものという事です
どんなに熱狂的なファンであっても、いつかは一人二人・・・と脱落していきます
ですから、固定ファンを大事にしつつも、常に新規ファンの取り込みを意識しないといけません

ですが、新規ファンを取り込む際の問題として、ファンコミュニティの雰囲気も重要だと思います
常に、新規のファンウェルカムの雰囲気を作っておかないと、途中から入っていけないですよね
イベントも常に古参のファンが陣取って大きな顔してたら、新規のファンなんて増えないでしょう
女優自身も古参、新参の区別無く、かつ、古参を蔑ろにしないような雰囲気を作る必要はありますでしょうし
ファン自体も閉塞的な感じになってしまわないようにする事は重要な点でしょうね
たまに良い女優さんなのに囲ってるファンがもう引くほど狂信的で、端から見て可哀想だなぁと思う人とかいます
その一部の人達で全作品買い支えるっていうなら何も言いませんけど、可能だとしても誰も望んでないでしょうね

また、個人的には、やるからには最低限AVの勉強・・・というと大袈裟ですが、色々見て知識等々は得ておくべきだと思います
特に、先ほど、プロレスという話がありましたが、まさにそういう所もあって
本当にプライベートのエッチを見せられてもたぶんちょっと物足りないと思うんですよね、まぁそういうコンセプトの作品とかもありますけど
やっぱり、何の反応も無く、声も出さず、所謂マグロみたいなもの見ても興奮しない人多いと思います
プライベートならそれで問題無いんですけどね、やはり見せるものですから
そういう意味で、色々、自分の作品を見るのが恥ずかしいなら他の人でも良いので、色々見て勉強しておく必要はあると思います
できれば最初の内は自分のは全部見て色々振り返っておく必要はあるんじゃないかと思いますね
実際、自分のも含めてAV見ますっていう女優さんと、全く見ないっていう女優さんとでは雲泥の差がありますよ
全く予備知識無いと監督の演技指導にも限界があるでしょうから
現場で不自然に頑張る必要は無いでしょうけど、事前に知識を得ておくことは無駄では無いはず
たまに、ルックス良いのにそういう演技というか表現が出来なくて残念な結果で去っていく方とかいますからね

あと、最近引退した某有名女優さんが以前言ってた事で「みんな、外よりも中を開発しなさい」というのがあって
なるほどなと思ったことがあります
その女優さん曰く
「最近の子は最初から電マを使って外でイク事ばかりしてるが、電マみたいな刺激の強いものばかり使っててはダメ、ディルドなどでじっくり中でイクようにしないと」
ということらしいです
女じゃないのでよくわからないですが
まぁ、実際は挿入がメインなわけで、そういう事じゃないと良い表現ができないだろうなとは何となくわかります



で、関連?して、ちょっとこんな話でも・・・


先日引退した琥珀うたさんが以前こんな事を言っていました


○○(某国民的アイドルグループの元センター)に激似って事で売り出すときに凄く不安だった
激似って人で、生き残ってる人見たことある?
たぶんそれでブレークするだろうとは思っていたが、ブレークするって事は賞味期限も最初から決められてるって事だから
でも、特に何も言われてなかったが、やるからにはとことんやってやろうと思って
元々アイドルとか好きじゃなかったが、吐く程PVとか見て完コピしてやった
そして、撮影が終わっても同じ系の作品が続くんだろうなと思ったときに
これを好きっていうベクトルに自分を持って行けたら凄く楽しくなるんじゃないかなと思った
それで見方を変えるようにしたら、はまったんだよね
最初は好きじゃなかった、何がアイドルだよとか思ってたけどね

デビューしたての頃は現場が楽しかった
この現場の楽しみをどうやったら人よりも多く経験できるかなと考えて生きてきた
で、ある程度ぶんまわると、違うジャンルからのオファーがくるようになる
好きじゃない種類の現場の仕事がくる
基本的に、金額で仕事を選ぶことは無い、楽しそうだからやるって感じだけど
そういうオファーがくるって事は名前が売れたって事で嬉しかったが
そういうAVの現場以外の仕事が嫌で仕方なかった
好きな現場の仕事をコンスタントに続けていたかった
でも「がんばれ、見たい、期待しているよ」これが私をのせる言葉なんだよね
そういう言葉で自分で暗示をかけて自分でプレッシャーをかけるのが好きなんだよね

私がデビューした当時だったかな
○○(某有名現役AV女優A)ちゃんって凄く仲が良いんですけど
出会う前からうちの社長には、Aになれと言われていた
自分も今思ってるし
今凄く仲良いし、プライベートでも遊ぶし
凄く思う
キカタン女優があの子を目標にしてがんばってやれば
たぶんメーカー2周半ぐらいはできます
あの子になればね
私はAになりたかった、ずっと
で、そう思ってるうちに、出会うきっかけがあって、ひょんな事から仲良くなって
色々プライベートのこととか話したりとかしてるときに
あの子は
私は凄く不器用だから出来ないんだけど
プライベートでもAなの
VにプライベートのAがそのまま画面に出てるわけでは無い(24時間AV女優Aを演じきっている)
私は、そうなりたかった、たぶん
でも、不器用だし・・・
「あの子は不器用だから色んな人に誤解を与えてしまうけど、ホントはくそまじめだし」
みたいなことを言われてる動画があって
まぁ、その通りだなってあるんだけど
今は私ももしかしたらプライベートでも琥珀うたの時間が長いなのかなって思ってる

すぐにスイッチが切り替えられない自分が悔しい
今までは、家を出ることで琥珀うたのスイッチが入っていた
ありがたいことに売れてくると、ごちゃごちゃになってくる
琥珀うたというキャラクター像を作り上げたのは自分だけどね
根暗で人見知りで虐められてきたしメンタルも凄い弱いし
真逆の女の子になりたくて・・・
真逆のイメージが強いと思うけど、本来の自分はそうじゃないから
それをわけわかんないスイッチをごちゃごちゃしてるうちに、琥珀うたに本名の自分が浸食されてしまった
売れたのは、ありがたいことなんだけど、努力して運があったっていうのはあるけど
しんどいなと思うときがあるんだよね


折角なので余計な話も入ってますが(先日、引退の話を取り上げた時の補足ということで・・・)
注目するところは、某有名現役AV女優についての話です
まぁ、業界の先輩で凄く仲が良くてって時点で誰だかはすぐにわかると思います
フリーの所謂キカタン限定の話ですし、色々な状況によって変わってきますし
それだけが正解の方向性という訳では無いでしょうが
琥珀うたでさえ彼女を目標にして彼女になりたかったといっている事実は一つ考えてみる価値があるとは思います
好き嫌いは別として私も女優としての仕事は安定していて素晴らしいと思いますから
確かに24時間AV女優然としていますね、プロフェッショナルを感じます



さて、最近はこういうのもあるみたいです


性産業合同就職説明会 in早稲田
http://www.waseda-ad.com/news/seisyukatsu/



その昔、AV業界なんてそれこそどこの馬の骨とも分からないような人達ばかりだったという話をよく聞きますが
今じゃ、大卒で履歴書もって入ってくる時代のようです

ただし、一つだけ考えておく必要があることとして
別の業界の話ですが、日本のゲーム業界の状態を少し頭の片隅に置いておいても良いんじゃないかと思います
ゲーム業界の黎明期も、本当にゲームが好きな人や他の業界では大成しなかった
ある意味強烈にハングリーさとコンプレックスをもった人達が集まって、情熱だけで作ってました
それだけに世界からも賞賛され、日本のゲーム業界は発展していきました
しかし、途中で、バブルが過ぎて、会社も大きくなると、大卒の有名大学出身者ばかりをとるようになりました
そして、今は、そういう人達が中心になって作っています
結果、今の日本のゲーム業界はどうなったでしょうか
はっきり言って、ゲームとしては完全に海外に負けてますね

こういう状況から学んでおく必要はあると思います
大卒の人達がダメという事じゃなありませんよ、あくまでもそういう事一辺倒になってはダメだということで
何かを創造してくという作業は、私のように理屈一辺倒の人間ばかりじゃうまくいかないということかなと



ということで、最近、「AVが儲からない」「業界の未来は暗い」「ギャラが少ない」等々の話を良く聞くようになったので
ちょっとそういう話を切り口に思い浮かんだことをダラダラと書いてみました
結論は無いのですが
AVが儲からないって言う人には、どの業界もどのジャンルも今は昔みたいに儲かってないですよ
と言いたいですし
業界の未来は暗いと言う人には、少なくともダメになった業界や悪い方向に進んだ業界はたくさんあるのですから
そういう歴史から学んでおくことは必要ですよ
と言うことと
全く需要が無くなる事は無いジャンルと思えば、まだまだ未来は明るいと言えると思います

ただ、売れる売れないの話になると色々大変ですし、最終的には運もあります
格ゲーで言うと、運ゲーに持ち込むまでには技術的にやる事はきっちりやらないと、運ゲーにすら持ち込めません
そういった事はどの業界にも言えますけどね
やれるだけのことはやっておかないと、運ゲーになりませんから
関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks