2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

週刊新潮 & 日刊ゲンダイ 「グラビアアイドル 安齋らら は AV女優 宇都宮しをん」

 【28//2014】


【ワイド】夏至の白昼夢
(7)グラビアアイドル「安齋らら」はAV女優「宇都宮しをん」で金返せ!

日刊ゲンダイ 瓜二つ…Jカップ人気グラドルとAV女優に「同一人物」疑惑
http://nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/151362



な、な、なんだってー!
そんなばかなー!
しんじないぞー!
ゲンダイなんて騒ぎたいだけの煽りカスじゃないか!
うああああああああ!
おとなはきたない、もうなにもしんじられない!






まぁ、茶番はこのくらいにして

一応、公式にはノーコメントで誰も何もいってませんので
私もそれを尊重しようかなと
両雑誌とも真相はわからないということになってますし
私は女優自身を支持してるだけですので
周囲がそういう戦略ならそれに最後まで表向きはのっかっていこうかなと
ということでここではこれからもすっとぼけを続けます



さて、、、
確かに、謎のままフェードアウトなのか、それともどこかのタイミングでネタばらしをやるのかと思ってましたが

何で今更?と、誰もが思うはず

ネットを全く見ない、活用しないという人って今どのくらいいるのかというね
ですから、はっきり言って40~50代以上のネットを使わない層、新潮を読むような層に対して
もしくは、本当にあまり感心が無く調べもしなかった層に対しての効果しかないですよね

そうであったとしても、何で今更?なんですよね

週プレの最初の号が出たときから分かってた話で
何故このタイミングなのかと
本当にすっぱ抜くなら、週プレの写真集が出る前とか、週プレが特集組んでる時にやるでしょと

まぁ、要するにこれはCAが書かせてるんですなぁ、どちらも

写真集が発売されて売り上げ好調のようですが、どうせならもう一押し欲しいと

あと、実は、AVOPEN2014(7/1~)開催がすぐそこまで来ているんですね
店舗の状況がまだ不透明なので何とも言えませんが
DMMの予約状況を見ると、どうやら小向美奈子がトップのようなんですね
今のところDMMの予約に限っては、話題性もあってかそういう状況のようです
ということで、CA的にはどっちでも良いんでしょうけど、こちらもテコ入れが欲しいという感じじゃないかと

だって、タイミングがAVOPEN開催の直前なんてね、ちょっと出来すぎてるでしょ
気になった人がビデオ屋にいくと当然AVOEPNの特集の棚があって、そこの最新作を手にするに決まってますからね

昨日も書いてますが、DMMの予約状況からもわかると思いますが、結局、知名度なんですよ、残念ながら
話題に上らないとダメなんですねぇ

ということで、写真集で終わりかなと思われましたが、まだまだ引っ張るようです

ですが、一回、週刊紙で書かれちゃってますから
流石に次に何かあるとすると新しい展開じゃないと難しいかもですね


因みにゲンダイの業界関係者らしきコメントにある、やる気云々の下りは論理的じゃないですね、絶体とは言いませんが
そもそもグラビアの撮影が始まったのが12月、つまり企画されはじめたのが遅くとも11月
周囲が本人のそういう状況を気がかりになるとするとその前の9月とか10月からということになる
何故ならば、スタッフが合うのは月一の撮影であり、それがスタッフで問題になったとするとその前の月の撮影からそういった兆候が本人に無いと辻褄が合わないからです
よって、デビューして間もない、撮影も3本目ぐらいで、既にやる気がなくなったという事になります
ちょっと考えにくいですね、1年以上たった後なら分かりますけどね
ん~、しかもですね、9月、10月なんて、デビュー作が発売されたばかりで
周囲もどれだけ人気が出るかなんて読めてない時期ですからね
そういう新人に対していきなり手をうってるなんてちょっとね、いくらCAでもそこまで動きが速くないでしょ
私が言っているように、最初売れるか読めなかったが、2作目、3作目あたりのブレイクを見て
今後の売り方の対策を検討し、生まれたのがこの戦略だという読みの方がよっぽど説得力あります
ちょうど、11月が3作目で、2作目の高評価と引き続き3作目も売り上げ好調を考えるとそのタイミングで今後の売り出しを検討はじめたと考えるのが自然だと思いますがね
ということで、論理的に破綻してる噂はちょっと間抜けというか、ライターとしてどうよというね・・・
ああ!なるほど!と思うような話かかないと
ただ、後半の「あれこれ“謎”をちりばめた方がAVも写真集も売れる。どんな逸材でも、話題性がないと売れない時代です。業界もいろいろ大変なんですよ」という部分は正解ですけどね、そのためのグラビア活動ですから
というか、昔、元週刊文春の編集長が言ってましたが
最近の若い記者はネットからネタ拾ってくるんだ言って嘆いてましたね、自分でネタを稼がないって
その愚痴が効いてるのか、最近の文春はスクープが多いんでしょうけどねぇ
ま、提灯記事だからこの程度で良いんでしょうけどね



AVOPENは、勝手な予想だと、DMMのを見る限り、ムー、S1、IPで1位、2位、3位のどれかかなぁと
IP入れたのは、所謂、地上波のドラマのキャスティングと同じ考えでして
ドラマキャスティングするときに誰をキャスティングするかっていうと
欲しいと思ってる視聴率を想定して、役者のもってる視聴率を足し算していくでしょ
そういった意味で、足し算すると、ムーとS1に迫るぐらいはあるだろうなって単純に思った次第です
いや全然わかんないですけどね
まぁ、実際は、特典無しの店舗売り上げってどんな感じになるのかイマイチわからないですから
あと、やっぱ特典何にも無いと、売り上げ落ちるのね(笑)いつでも買えると思っちゃうからね、しかたないね
関連記事
スポンサーサイト

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks