2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

AV 業界 (性産業) は本当に景気が悪いのか その2

 【21//2014】

「全てのジャンルはマニアが破壊する」


これは00年代に入った頃から、同じ言葉では無いにしろ似たようなニュアンスでネットではよく言われていた事で
このブログでもこのことは最初から言っていますし
世間的にも、今年の初めに、新日本プロレスの社長がまんまこの言葉をメディアに向けて言ったりしていて
ネットにおいてはかなり浸透してきてる言葉じゃないかと思います
よく代表的に言われるのが、格ゲーですかね
私もよく「格ゲーみたいになっちゃうぞ」と普段から言ったりしちゃいます


さて、以前、AV 業界 (性産業) は本当に景気が悪いのか というお題でゴチャゴチャ書きましたが
その続きではないのですが、また少しだけ似た話をと思いまして


先日、こんな番組を見ました


R18異業種討論会 アダルトコンテンツの危機を救え!!




なかなか面白いタイトルの番組だなと思いまして

実際のロフトのイベントは、1,2,3部とあって、放送は1,2部のみのようですが
それでも面白い話が聞けるかなと思って視聴してました


感想はと言うと、正直、期待はずれですかね

もしかしたら、3部は打って変わって有意義な討論があったのかもしれませんが
正直、放送されていた内容に関しては、お世辞にも良いとは言い難い内容でした

結局、「昔はよかったね」という話を中心に、「そうだねー」と言い合ってるだけで、討論も何も無く
最終的には、「時代が悪い」みたいな事しか言ってません
唯一まともな話をしていたのが、問屋さんの人ですかね
流石に物売りの現場の人ですから、まともな目線で話してました、それでも抑え気味だったでしょうけど

この番組に出ている人は、業界の人、つまり、マニア側の人です
視聴者もそういう側の人が多いでしょうし、現場のお客さんなんてそんな人ばかりでしょう
内容的には不満足でしたが、ある意味、これを見ればアダルトコンテンツが衰退している理由がわかると思います

「全てのジャンルはマニアが破壊する」

これを少し感じられるかもしれません


AVにも日本的な文化といいましょうか、様式美などもあってですね
良いところもたくさんあります
ですから、昔から残っている良い部分というのは当然残っていくべきですし、否定すべきものは一つもありません
しかしながら、時代自体を1ジャンルが作っていける事なんてありませんから
時代に適応していく必要はあります
そういうことを冷静に分析出来ないなら、衰退していくしかないでしょうね


今回のこのイベント自体も、まぁ、客はマニアしかいないんでしょうが
そのマニアが引くぐらいの討論をしないなら、全く意味は無いかなと

「全てのジャンルはマニアが破壊する」
という話に付随する話で私が書いていることは

「マニアの中だけでお金が回ったらおしまい」

というのがあって
つまり
マニアがマニアの声だけを聞いてマニアのためだけにものを作って
マニアがそれを買って、そのお金でまたマニアがものを作る
この循環に入ってしまったら、飯が食えるようになってしまったら、もうおしまいです
作り手もお金が回っているので、何も気がつきませんし
マニアも自分達にむけて作ってくれてるのでそれで満足してしまいます
当然批判も無いですし、マニアも持ち上げますから、作り手も勘違いしまくりです
ですが、どんなマニアでも年々人は少なくなっていくんです
だから、この循環に入ってしまったら、必ず、その世界は終わるんですね


結局、衰退は他のジャンルと同程度にはしているでしょうが、特別衰退している事はないです
しかしながら、こういった討論を見ていると、心配になってきますね





ちょっと面白かった発言

「AV専業女優(副業でキャバクラや風俗等々をやってない人)以外は、辞めてくれ。こっちに仕事が回ってこない」
「ネットが諸悪の根源。ネットがあるからビジネスが全部ダメになった。ネットなんて破壊してしまえ」

こんな発言聞いたら、笑うしかないでしょ
関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks