2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

ビジネス人権屋 性産業に目を付けはじめる

 【23//2014】

AV出演を強要される被害が続出~ 女子大生が続々食い物になっています。安易に勧誘にのらず早めに相談を(伊藤 和子)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/itokazuko/20140816-00038321/


※本文は、元記事を参照してください


さて、以前からずっと主張してきた、こういった輩が性産業に目を付けるのは時間の問題ですよ
という話ですが、いよいよといった感じがしてきました
予想よりちょっと早いですが
児ポ関連の時から予感はしてました、これを機にやってくるだろうなと
児ポどうのこうのというわけじゃなく、彼らはこれで様子見してるわけですよ、世間のね
これに関してどういう風に社会が動いていくのかというね
で、結局、訳のわからない改正に動いて、政治も社会もそれで良しとなっている
一部のネットの声とか関係ないですからね

で、この伊藤という人が書いてる記事は、はっきり言って、2ちゃんの落書きをコピペしたの?っていうレベルです

人間同士がやってる商売ですからね、業界問わず色んな事はあるでしょうし
今はともかく、業界の黎明期には色んな事があったでしょう
世の中理路整然と正義や理性だけで全て片付く世界じゃないって事は日々生活してて嫌と言うほどわかるでしょ
人間なら日々、怒ったり泣いたり笑ったり、嫉妬したり憎んだり、時には復讐心に燃えたりすることが人間ってもんです
そんな欠陥にも思える生命体が人間というもので、その欠陥のある人間同士が集まればどんなところにも問題が発生するんです

こういった輩は、こういう一部の現象を、さも全体であるかのように世論形成して、ビジネスしていくような連中です

因みに、この伊藤とかいう人の肩書きはこちら


伊藤 和子
弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長
1994年に弁護士登録。女性、子どもの権利、えん罪事件など、人権問題に関わって活動。米国留学後の2006年、国境を越えて世界の人権問題に取り組む日本発の国際人権NGO・ヒューマンライツ・ナウを立ち上げ、事務局長として国内外で現在進行形の人権侵害の解決を求めて活動中。同時に、弁護士として、女性をはじめ、権利の実現を求める市民の法的問題の解決のために日々活動している。ミモザの森法律事務所(東京)代表。


この人のブログ等々を見てみましょう、非常に香ばしいですし、どういう人間かよくわかります

更に、このヒューマンライツ・ナウとかいう団体に名を連ねてる連中をググってみてください
いかにもな連中ばかりが集まっています、やはり同じ穴の狢です

こういった連中が本気で人権など考えてると思いますか?
人権と金なら、金を脊髄反射で選ぶような人種でしょうよ
金が欲しいから至る所に火を付けまくって、消化剤や消火活動で金を稼ごうとしてるわけです
差別利権はある程度やり口が決まっているので先行きの見通しが立てやすいんでしょうね
まるで世界中で紛争を起こしてる金融マフィアのようです、根が同じですから思考が似るわけですが




正直、最近は一般の芸能界よりも真面目だと思いますけどね
まぁ、業種が業種だけに色眼鏡でしか見られないでしょうけどね
今でも一部おかしな話も伝え聞こえてきたりすることはありますが
最近はかなり業界内の意識が変わってきてることは事実です


「性産業」4社が早稲田で就職説明会
http://careerconnection.jp/biz/studycom/content_1629.html



この4社に関しては実際にこういった事をやってますし、業界の健全化に前向きだという印象をうけます
特に、SODは寄付等々社会貢献にも積極的だったりします
確か、大金を児童関連の基金に寄付したが、世間体から表向き寄付リストから削除されたりしましたね
そういうの関係なく寄付したり、社会貢献に積極的だったりするんですよね
たしか、こういう業界だからこそ、そういった社会貢献のような事に積極的であるべきとかなんとか
他にもAIDS関連だったり関連する事項に関しては皆積極的ですね

非常に正しいことで、以前から主張してるように、業界は一切の隙を見せたらいけないんですよ
敢えて目立つようなことをする必要はありません、常に隙を見せないようにしていたらいいんです
当然、政治的な面も含めて様々な方向での根回しは常に必要ですが
業界内部の本気の自浄作用というのは必要で
もし何か問題が発生したらきっちり内部で自浄できる状況と雰囲気の醸成が必要なんですね
人間のやることです、どんなに頑張っても必ず綻びや問題が発生しますから


ただし、最近、一般的にも暴露ブーム?でしょ
馬鹿が意気揚々と内情暴露して、一時の承認と若干の収入を得ることで、気持ちよくなってる例のやつです

これ性産業にも言えるんですよね
ネタにしやすいですからね

この前、AV女優の給与暴露みたいな番組ありましたが
あの馬鹿構成作家が関わってる時点で全部台本で信用する点など微塵も無いですし
実際、適当な金額やまつわるエピソードを語ってるんでしょう
もうね、こういう一つ一つが大衆におかしなイメージを付けていくことになるんですよ
一番組ぐらいという話じゃないです、積み重ねなんですよ
どうせ何かやるなら良い話しろと、面白いから何でも良いっていう安定した業界じゃ無いでしょ
折角、マスカッツがある程度認知度をあげ業界のイメージアップをやってきたのに台無しです
マスカッツに関する問題は以前書きましたがそれは内的な問題ですからね、外向けの話ではないです

前にも書きましたが、
何か問題があって主張したい業界人、ライターなどの関係者や、元業界人の人
もし何か言いたいなら、その問題解決や業界の発展のために、最後まで責任持ってくださいよ
中途半端に、一時の金や名声のために、世話になってる業界を売り飛ばすような事はやめましょうや
ビジネス人権屋と同じですよ

普段から意気揚々と内情を喋って気持ちよくなってるような業界人はどうしようもない
最近は、ブログ、ツイッター、ツイキャス等々で何でも言ってしまうでしょ
喋るにしても、もっと気を遣って慎重に言葉を選びなさいよ

何を言っても悪く取ろうとする人はいるんですから(これ重要)


ちょっと話はそれましたが、とにかく
ビジネス人権屋が手を出してきた
ということを重々認識しておいた方がよいです
こんな事ぐらいたいしたこと無いと思ってるでしょうが
こういう輩は、こういうことを積み重ねながら各方面に人権という大義名分を振りかざして根回ししていくんです
気がついたときには遅いです


この煽りにのっかってもいけません、巻き込まれて被害を拡大させるだけですし、相手の思うつぼです
やれることは、内部で粛々と準備をしていくことだけです
そのうち必ず内部でマッチポンプに加わる人間が出てくるはずです
そんな人間が出てきても平気な状況の構築を
関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks