2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

橘梨紗 AV復帰!? その2

 【24//2014】

どうやらパチ屋のイベントは無事行われたようです

詳しい話などはブログに書いてる人もいらっしゃるようですので、興味ある人は検索してみてください

昼から3カ所回る
MCがいて基本的にはトークなど無かったが
店内回ってうってる人と写真とったりと、撮影タイムがあったり、普通のパチ屋営業だった模様
本人は最初緊張していたが、徐々にノリノリになってきて、ご機嫌だった模様
パチ屋営業って基本何喋っていても店内が五月蠅いのであまり聞き取れないんでしょうけどね
最初、司会の人が「今日限り」と言っていたのだが次の店舗に行くときには「次回は」的な話をしていたとのこと
また、客から「復帰するの?」との質問があった時は、司会の人が「復帰はありません」と何度も言っていたとのこと

個人的には、復帰に向けて動くのかどうかは、実際にこのイベントが開催されるのかどうかだと思ってましたので
開催されたということは、何らかの動きが本人と周囲にあるということだと考えます

前回と重複の話もありますが
パチ屋のイベントは代理店か事務所が受けないと始まらないので、現在、どこかの事務所に所属していると考えられる
名前をそのまま使っていることから、引き続きAV事務所にいる
もしくは、大手AV事務所が引き取って、前事務所から全権利を買い取った
弱小事務所では違約金等々払いきる余裕が無いから
引退して一年以上たって、パチ屋のイベントだけのために表舞台に戻ってくるとは考えにくい
一切表舞台に出なかったのはそれ相応の理由があるはずで、たかが一日のために出てくる理由が無い
司会は今日限りと言ったり次回は~的な事を言ったりしてるということは、その辺は結構適当だと思われる
しかしながら、復帰に関してはずっと否定するということは、
これに関しては関係者からレクチャーを受けて明確に否定するように言われているということかと
つまり、今後、何らかの仕事はしていくが、まだ、ハッキリAV復帰に関しては明言出来ないという事だと思われる
ただし、AV復帰が全くあり得ないならば、何故今もAV事務所にいるのかという疑問が出てくる
復帰に否定的な可能性としてあり得る話は、ほしのあすかの例に近い可能性はある
本人は歌を歌っていたいので、引退しても引き続き事務所にいてタレント活動をしていきたい
今更、他の一般事務所が権利も含めて色々処理してくれるところは皆無だから
ただ、この場合、本人が明確に歌を歌いたいからAVもやったという経緯があったからで
橘さんの場合は、全くその兆候は無かった
そういうタレント活動的な意志があるなら、最初からバリバリその方向でデビューしたはず
ですから、少なくとも、今回急に表舞台に戻ってくるような理由に繋がるものは無かったと思います
今、現在、AV事務所にいる理由は、AV復帰以外に考えにくいんじゃないかと思います

逆に、AV復帰しないのに、何故今更こんなこまいイベントをやったのか?という最大の疑問が出てくるんですね

たった一日3店舗回ったところでいくら入ってくるんだろうかと
事務所と折半したとしたら本人に入ってくる収入なんて微々たるもんでしょ、ちょっと海外旅行にいったら消えますよ
本人が承諾したということは、本人がまた表舞台に戻ってきたいという意志があるということで
事務所は、表舞台に戻したいという意図があるということです
復帰を否定したのは、実は、もう色々決まってて公式に情報解禁されるまではハッキリとしたことは言えないか、
もしくは、まだ契約交渉の途中で何も言えないか
または、本人と事務所からの今後仕事してくつもりですよというメーカーへのアピールであり
偶然、事務所に来ていたパチ屋からのオファーを利用した形なので、今の状況を濁しておきたいということかと
今でも人気がありますよという事は重要で、メーカーに対する強烈なアピールになりますから
ギャラ交渉では重要ですからね
つまり、実は、ファンが復帰への期待を大きくすることがギャラアップへと繋がるんですね(←これ重要)
実績は十分ですが、問題は2年近く空いてるので、今復帰しても売り上げどうなのよ?という不安がありますから
それを後押しするのはファンの期待の声だけなんですよねぇ、他に基準が無いので

私は、もし、もう話が進んでいるのなら
年内か年明け発表、デビューした月と同じ2月に2年ぶりに復帰
今から話が進むなら、来年の春から夏ぐらい、引退から2年ぶりに復帰
こんな感じで見てます
ええ、勿論、感ですが、なんか丁度区切りよくて良いでしょ

因みに、SODとはかなりgdgdな感じで終わりましたから
今回もし復帰するとするとなると本人も含めて双方が相当かっちりとした意志と契約になるんじゃないかと


ということで、私も変に期待せずに、何となく朗報を待つことします
関連記事
スポンサーサイト

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks