2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スタートレック TVシリーズ 個人的評価 ~TNG~

 【25//2013】

次は、TNG

日本では、新スタートレックと言った方が馴染み深いですね
恐らく、現在世界中のトレッキー達が最も好きなシリーズがTNGになるのではないでしょうか
私の場合リアルタイム(当然、日本での吹き替え放送の事ですが)で見てた記憶はあまり無いんですよね
チラっと見て「ああ、小さい頃に見てた(宇宙大作戦の)やつね」ぐらいで
ですから、きちんと見たのは、SFにしっかりと興味を持ち始めてからです
まぁ、そもそも170話を越える番組を見ようと思うにはそれなりの覚悟とモチベーションが必要ですから
このシリーズで特筆すべきは、このTNGが土台となって、DS9とVOYが作られたという所です
もっと言うならば、TNGの世界観が今あるスタートレックの世界観の基礎となっているという事です
ですから、スタートレックの世界で、TOSが原案なら、TNGは原作という位置にあたると思います

TNGは非常にSF的な話が多く、SF好きにはたまらないものがあります
以降の世の中にあるあらゆるSF的な作品の元ネタが数多くここにあると言っても良いでしょう
これ自体も元ネタを辿れば色々あるでしょうが、これだけ明確に映像化したという意味で価値はあると思います
基本一話完結で、全体として流れている話しは、Qとの関係、クリンゴン、カーデシア、そしてボーグのみになります
TNGは、Qに始まり、Qによってボーグとの接触が誘発され、ボーグとの抗争があり、間に、クリンゴンやカーデシアの話があり、最後また、Qで終わるという形になっています
これらの間に、様々な一話完結のSF話が入り、ロミュランや移民、ベイジョーの話などが入ると言うわけです

個人的には、Qを中心に、狂言回しのように使いながら、全てが転がっていくギミックは評価しています
また、SF的な話とどうしても避けては通れないキャラ紹介や世界観紹介な話しが多く、なかなか盛り上がらない状態が続き
苦戦している中で、ボーグという、スタートレック史上最高のキャラクターを出し、作品全体の方向性をガラっと変えた事は最大の評価と言えます
前にも書きましたが、リックバーマンも言ってますが、当初のロッデンベリーの理想的な構想の中では
なかなか物語が作りづらいという状況があったようです
世界(宇宙)は様々な混沌とカオスの状態であってこそ、物語が生じるわけで
理想的な状況では生じにくく、また、視聴者も飽きてしまいます
そこで「世の中そんなに甘くない」とばかりにQがボーグと引き合わせるわけです
ある意味、ロッデンベリーの構想からは、ボーグという発想は出てこないと思うのです
相容れない、圧倒的な存在ですから、ロッデンベリー的な思想の中だけでは扱いに困る事になっていたと思います
この数年後ロッデンベリーが亡くなる事を考えると、この頃にはもう現場での影響力はかなり小さくなっていたのでは無いかと想像します
特に、ウルフ359の後、常に冷静で完璧に振る舞ってきたピカードが、非常に脆い所を晒すわけですが
この辺が「流れ変わったな」と思わせる所でしょう
明らかに、これ以前と以降では、それぞれのキャラクターや物語が一変しています
この方向性へ舵を切った事を一番評価したいです
この変化が無ければ、恐らく私は好きにはなっていないでしょう

ということで、TNGの評価としては、今あるスタトレの世界観を構築したという所と
少し浮ついていたような設定や世界観に厚みを持たした事に大きな評価をしたいと思います
強いて言うならば、エンタープライズは当時の艦隊のエリート中のエリートばかりが乗っており
結局、その域から脱せずにいたということ、つまり、全員優秀すぎるんですね、SF的と言えばSF的なのですが
要するに未来の人間は優れているものばかりであるという妄想です
その集大成がウェスリーのはずですが、逆に、スタッフの名前を冠してるキャラを意図的に完璧なキャラクターにしたというメタ的な事で非難され、ああいうオチを付けられてしまいましたね
あと、あまりにもファンがTNGを信仰しすぎていているところでしょうかね、TOSにも言えますが
ここら辺から徐々に私が常々言っていることなんですが「あらゆるものは、ファンが育て上げ、ファンが破壊する」状態に徐々になりつつあったようです
関連記事
スポンサーサイト

Category: スタートレック

Theme: スタートレック

Genre: テレビ・ラジオ

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks