2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

AV OPEN 2014 結果発表

 【14//2014】





グランプリ -無差別級-

ムーディーズ

ぶっかけ中出しアナルFUCK!小向美奈子





スーパーヘビー級

第1位 ムーディーズ

ぶっかけ中出しアナルFUCK!小向美奈子



第2位 エスワン ナンバーワンスタイル

迫力映像V 乳・尻・結合が目前に迫る徹底アングル 宇都宮しをん


第3位 アイデアポケット

BEACHY VENUS 希志あいの 希島あいり 希美まゆ




ヘビー級

第1位 本中

100人×中出し 上原亜衣


第2位 プレステージ

なかだしキャンプ


第3位 DANDY

野性の王国 特別編 アフリカ原住民と生中出しをヤる




ミドル級

第1位 ディープス

顔出し!女子大生限定 マジックミラー号


第2位 溜池ゴロー

結婚5年目 27歳 人妻タレント 決意の限界着エロ 東 凛



第3位 アロマ企画

小悪魔JK 大胆パンチラコレクション Special 大人数挑発バージョン




配信売上賞

本中

100人×中出し 上原亜衣





特別賞

SOD 20周年記念BOX

AVファンを熱狂させた伝説企画を、豪華S級女優競演で全編完全撮りおろし!ソフト・オン・デマンド おかげさまで、もうすぐ20周年記念作品



公式の結果発表ページはこちら
http://www.av-open.jp/result/






ついに結果が発表されました

以前、AVOPEN開始直後にこんな事書いてました

> AVOPENは、勝手な予想だと、DMMのを見る限り、ムー、S1、IPで1位、2位、3位のどれかかなぁと
> IP入れたのは、所謂、地上波のドラマのキャスティングと同じ考えでして
> ドラマキャスティングするときに誰をキャスティングするかっていうと
> 欲しいと思ってる視聴率を想定して、役者のもってる視聴率を足し算していくでしょ
> そういった意味で、足し算すると、ムーとS1に迫るぐらいはあるだろうなって単純に思った次第です

ということで、無差別とスーパーヘビー級に関しては、完全に予想通りでしたねぇ

一応、小向さんは、辞める流れは無くなったようです笑

2位の宇都宮しをんにダブルスコアということで
いかに、小向美奈子とBNAの話題性が凄かったかと言うことでしょう
殆どの作品が1ヶ月ぐらいの好調維持だったにも関わらず
小向美奈子は2ヶ月もってましたからね

また、やはり「AVは女優次第」という事が改めて証明された形でしょう


ヘビー級に関しては、まぁ、ネームバリュー的にも上原亜衣が取るのは皆予想していたでしょうね
2位と3位も含めて、全部、「中出しもの」という所が注目点だと思います
2位のプレステージはキャストが多いという要素、キャンプという野外ものという要素だと思います
3位は、DANDYさんの名物企画という点でしょうね


ミドル級に関しては、さっぱり見当もつきませんでしたが
毎度お馴染みMM号、熟女もの、パンチラ(フェチ)ものということで
企画系の鉄板ものが売れたと言うことではないでしょうか
ただ、一つ言うなら、2位の溜池ゴローの作品は、イメージビデオですからね、一応
ん・・・まぁ、いいのか、絡みが無い作品は他にもありますしね


で、当初、7年(5年)で何が変わったか?的な煽りもありましたが
結局、何も変わっていないという事なんじゃないでしょうか

企画でもそれぞれ鉄板ものが売れ、結局、女優の質が作品の売り上げに影響する
やはり、作り手としては、内容とかそういう所に拘りがあると思いますが
なんというか、現実は、そういうところなのかなぁと思うと、微妙な気持ちがしますが

ただ、私的には、そうはいっても、裏方がきっちりとした仕事
まさに職人のようにきっちりとした仕事ができないと、売り物にすらならないと思いますから
そこは作り手の技量が問われるところだと思ってます

ですが、現実は、例えば、奇をてらったような企画や、アーティスティックなものは
わかる人にはわかるという、そういった範囲のみに売れるのであって
全体としては、難しいということなんでしょうね
まぁ、売れる事と作品の評価はまた違いますけどね

ただ、それ言い出すとすね、状況が先鋭化していって、全体としては良くない方向に行くと思いますので
マニアが思う評価が絶対的な価値にならないように気をつけないといけないんですけどねぇ



で、最後、一つだけ気になることと言えば

SODですかね

「負けたらDMMに身売り」は冗談であったとしても

高橋がなり
「元芸能人がセックスしているだけのAVが、俺の監修した作品よりも人気があるという結果が出るのならば、もう俺が出る幕はない」

とまで発言しておいて、結局、小向美奈子だったという

この辺、どうするつもりなんでしょうねぇ
無かったことにするんでしょうか

現在もSODスターとしては、元芸能人とかそういうのにやはり力入れてますよね
確かに、企画内容とか見ると、他のメーカーよりも一つひねりが入ってるなとは感じますが
それなら、ネームバリューや話題性に頼らない女優で成功すべきじゃないかと
別に一つ一つの作品を批判するつもりとかなくて
それぞれ見るとやはり作り込んでるなと感じるものが多いんですよ
ただ、全体としては、言ってることと、やってることがちぐはぐというか
20周年作品の中でも強調されていましたが、SODは企画だと断言してるわけで
私は、どこかで、ここら辺の事情に関して、決着付けるべきなんじゃないかと思うのですが
がなりさんが認めないのか、それとも、わかってて、もう既にプロレスとしてそういう発言をしてるのか

どこかできっちり総括された方が良いと思います
関連記事
スポンサーサイト

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks