2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

AV女優らしいAV女優

 【24//2014】

ブログの当初から言ってますが、ここは私のチラ裏であって、小学生並みの感想文であり
文章を書くことでストレス発散をしているのです
・・・ということをたまにはことわっておかないといけませんよね


SOD以降といいましょうか、企画もの、フェチもの等々、あらゆる種類のAVが作り続けられ
今や日本のAVはある種の文化にまでなっていると思います

私も一通り色んな種類のAVを、たくさんじゃないですけど、人並みには見てきていて
自分のこと書くのは少々恥ずかしいですが
それこそ、フェチものにはまったときもありますし、企画ものばかり見てた時期もありますし
素人ものが好きだった時期もあります
90年代からネットが世界的に普及し、無修正のものも簡単に見られるようになって
無修正ものじゃないと物足りないと思うような時期もありました

ただ、どんなAVのジャンルを見ようが、結局、女優の質で9割方出来が決まってしまうんですよね
出来というか、作品の点数って言いますか、評価といいますか

AVは企画内容が全てだと言う人もいると思いますが
じゃ、それをよりよい女優で撮れば、更によくなるんじゃね?と思うんですよ
いろんなジャンルのAVを見てきて、それぞれはまって、変遷してきた結果自分が最終的に辿り着いたのは
やっぱり「AVは女優の質が全て」って事なんです
ただし、素人もの以外ですけど・・・
(実際本当に1回限りで素人が出てくれているものは極一部でしょうし、盗撮なりなんなりが本物ならそれ犯罪ですから・・・)

女優さえよければ、多少企画がダメでも、カメラが悪くても、監督の演出が糞でも、何とか絵が”もつ”んですよ

ただ、まぁ、この感覚が、今、蔓延ってる、単に毎月毎月同じシリーズものを女優を変えて出すだけの
はんこつくってるようなAVが量産されるという原因でもあるんですが
この量産システムに頼ってるメーカーの諸事情も十分に理解は出来るのですが
せめて、大枠の企画内容は同じでも良いですが、その女優毎に工夫を凝らして欲しいんですよね
たまに、女優以外全く同じっていうのも見受けられますからね


話を戻しますが
じゃ、女優の質って何かと言われれば
ルックス6~7割、演技(リアクション)2~3割、その他1割って感じですかね
つまり、もう、ルックスがよければあとはどうにでもなるというか
最悪、演技はあとから慣れていけば、ついていってくれればそれでよいというか
あまりはっきり言うとなんか元も子もないですが、見た目がかなりの部分を占めるのは事実ですよね
しかしながら、演技やリアクションが悪いと先が短い場合が多いのも事実ですが・・・

ただ、どういう感じが、綺麗だとか可愛いだとかエロイだとか感じるかは人それぞれですからね
その上で売れる女優というは、その感覚が最大公約数である場合という事ですね
ですから、時代性も入ってくるんですね、その時代の流行のルックスというかね

因みに、前に書いたかもしれませんが、
殆どの”流行の”ルックスなんて、マスコミが作り上げて大衆を扇動してるだけです
世の中、自分の感覚だけでものの善し悪しを判断出来てる人はどのくらいいるんでしょうかね?
非常に少ないのではないでしょうか
映画やドラマ、漫画、アニメ、女優やタレント・・・こういうもの皆全てそうです
例えば、全く事前の情報無しに映画を一人で見て、自信と根拠を持って評価や善し悪しを判断できる人どれだけいますか?
メディアや世間の煽りに全く影響を受けずに判断出来てる人がどのくらいいますかね
例えば、ア○雪を、全く事前情報無しに、家で一人でDVDを見たとしたら、どのくらいの人が絶賛したでしょうかね
どのくらいの人が作劇ではなく、歌がよかったなんて回答をするんでしょうか
私もそうです、他人の意見に影響を受けます
ですから、AVに関しても極力見る前に他人の評価を見ないようにしてます
映画やドラマやアニメや漫画もそうです・・・まぁ、性格が天の邪鬼なのはそんな所からもきてるんでしょうけど
で、見た後に、他人の意見も交えて評価を再構築するという感じですね、新たな発見もありますから
ただ、世間の人全員がそんな、ある意味、捻くれた見方をする事はありえないですよね
どっちが良いか悪いかなんてわからないですが
なんでしょうかね・・・人間って、世間って、そんなもんだという事です
ですが、ビジネスをする上では、そういう認識は素養としてもっている必要はあると思います

ということで、その上で、メーカーとしては、時代や世間の流行を正確に読み取って
それと合致する女優をどれだけ確保できるかが重要な仕事の一つなんだろうと思います

ただ、それは世間的に売れる女優ということで、当然、個々の好みと違うという事は多々あるでしょうけど...


DMMが配信してるメーカーの提灯記事があります

月刊DMM編集長が語る「S1の原点回帰と新人に期待!」
http://news.dmm.co.jp/article/895026/


提灯記事なんで、普段はあまり気にするようなニュースサイトでもないのですが
そうだとしても、この記事だけは、よくわかる話でした

私、基本的には、「THE AV女優」って感じの女優が好きなんですよ
上記の記事にもありますが、一時期、というか、今でもそうでしょうけど
ロリっぽいものが流行った時期があったと思いますが、ああいうの全然ダメなんですよ
つまり、幼いのはちょっとダメなんですね
やっぱり、エロイ体してるのが良いんですよ

こういうのはたぶん私のエロ履歴が関係してるんでしょうねぇ
恥ずかしいので根掘り葉掘り書きませんが、今振り返ってみるとそんな気がもの凄く強くします笑
初めて見たエロ漫画、初めて見たポルノ雑誌、初めて見たAV・・・
こういうの全部追っていくと、私が好きな女優とかも、かなり納得出来るんですよ
かなりこういう体験が自分の趣向というものに影響を与えてるなと

前に書きましたが、
貧乳好き(貧乳がダメだとは言ってませんよ、それはそれで魅力的ですし、他にカバーするだけの魅力があれば良いだけですから)
って、文化的な、二次的な感覚で、本能的な感覚では無いんですね
やっぱりね、乳と尻が大きくて(セックスアピール)、
締まるところは締まってる(一説によればウエストが締まってるということは、経産婦では無いと本能的に感じるからだとか)
方が良いんですよ

ということで、昨今、「THE AV女優」って感じの子が増えてきて良い傾向だなぁと思ってます
どうしても日本人は、痩せ型であったり、幼児体型だったりする人が多いので
必然的にそういった感じの女優は少なくなりがちです

正直、今、AV業界を代表するような「THE AV女優」が少ないんじゃないかと
「AV女優といえば?」と聞かれ、誰もがいの一番に名前が挙がってくるような
これが業界全体が何となくフラフラしてる一要因なんじゃないですかね

今年の賞関係もAVOPENのスーパーヘビーは別としてもみんなフリーばかりで、専属は影を潜めていました
個々の女優のレベルとしては決して引けを取っていないにも関わらずです
つまり、フリーの契約に縛られない身軽さが、多種多様な仕事を可能にし、ファンを多く獲得してるということなんでしょうけど
誤解を恐れずに言えば、”その程度”のことで評価が覆ってしまうという事なんじゃないかと
その差を覆すほどの女優が出てこない、という事であるとも言えるんじゃないでしょうか

この先、時代を代表するような、AV史に残るような、そんなAV女優が出てくるんでしょうか
関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

Theme: ひとりごと

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks