2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

脚本における必然と偶然

 【22//2015】

脚本家ではありませんし、専門の訓練というか勉強もしてませんので
素人が勝手に言うことです、ですから全く的外れなことを書きます
ただ、作品というのはそういう素人が見るものですからね、一里ぐらいはあるんじゃないかと


自分が思う、というか、自分が好きな脚本って
全てが必然性の上に組み上がってる、もしくは、後々よくよく分析するときっちりとその必然性が描かれている
そんな脚本が好きなんですね

簡単に言うと、私が一番嫌いな脚本って、「トリックスター」的なるものが出てくる脚本なんですよ
トリックスターっていうのは要するに、物語をひっかきまわす、ちょっと突拍子もない行動を取る人物です
ご都合主義とはちょっと違います
ご都合主義と思えるような展開であっても、その展開になる理由がきっちりと描かれていれば
納得できるだけの説得力があれば、問題無いと思います

きっちりと物語を作る事が大変な場合、そういったキャラクターを入れておく、もしくは、
そういった性格のキャラクターを配置しておくことで、物語を増やしたり、進めたりします
これは、物語を考えるときに非常に楽なんですね

ですが、私はこの手法が出てくると、もの凄くがっかりするんです

あり得ないだろ?っていう行動を取る人が出てくるじゃないですか、映画でもドラマでも見てると
ああいうの見るとホントにがっかりするんですよね

「それ、偶然そんな突拍子もないような行動を取る人がいたから、物語が出来てるだけじゃね」

っていう


基本人間どんな人でもとっさに出る行動とか言動は変わらないものですよ
訓練を受けてる人なら、訓練を受けてる人なりの行動も変わらないです

例えば、具体的に言うと、突然、何かに襲われて、そこへ主人公が助けに入る
普通、襲われた人は、その場から逃げる、もしくは、十分安全な位置に隠れるでしょ
これは、訓練を受けてるとか関係なく、誰もが全員そうだと思います
その場にぼっ立ちして見てるなんてあり得ないです、襲われて恐怖を感じてるはずですから
で、最悪なのが、ぼーっとしてる間に再度人質に取られたりなんなりして
また新たなシーンが続くという感じ
安易な方法は子供を使うって手です、子供なら急に登場させて急に変な行動とっても許されるだろうっていうやつです
最悪ですね

映画やドラマなら一瞬で終わる所でも、実際は長時間経過しているはずで
その間、登場人物同士が当たり前の会話、最低限の情報共有をしているのは当然で
全く話が通じていない、意思疎通が出来ていないなんて事はありえないのですが
ドラマ部分だけ切り取って必要最低限の意思疎通が出来ていないという事にして
話が進むというやり方

こういうのを見せられると本当に見る気を無くすんですよね
リアリティが必要の無い、考える必要のない、そういうものだというなら、それで構わないのですが
でも、今ってどんなジャンルの作品もある程度のリアリティと論理性が必要で
誰が見てもある程度納得せざるを得ないクオリティに作り込む事が求められる時代だと思います

世の中、偶然はあります
ですから、偶然が重なって物語が出来ていくこともあるでしょう
サイコパス、コミュ障の人や、本当に変わった人も偶然いるかもしれません
でも、四六時中ずっと頭おかしい人なんていないでしょ、登場人物全員そんなわけないでしょ
人間、足下取っ払われたら、そんな些末な個々の差異なんて出てこないんですよ

私は偶然は信用できないんですよね
本当の偶然なんて万に一つしか無く、世の中の様々な事は必然の上に成り立っていると思ってます
末端の様々な小さな、ミクロな出来事には偶然がたくさんあるかもしれません
しかし、大枠の、マクロな出来事は偶然ではなく、必然で成り立っている
・・・なんか量子っぽいね
いや、量子っぽいっていうのは言い得て妙かも知れないです
世界も量子的に見ると同じっていうね

話はちょっとずれましたが、人がわざわざ創作している物語であるにも関わらず
偶然に頼ったような脚本は本当に嫌いです
物語が自然に、すっと、入ってこないんですよね、引っかかるんですよね、いちいち
必然でくみ上げられないような脚本家は、ああ、この人、物語を構築する力が無いんだなぁという風に見てしまいます

物語全体の構成は良いのに、脚本がホントに残念っていうものがありますね
あれですかね、映画やドラマだとやはり盛り上げるようなシーンを無理矢理にでも作らないといけないからなんですかね
それこそ、何分おき、ドラマだと1話毎に何回とかそういうノルマとかね
で、苦肉の策で、不自然な脚本を書いてしまうと・・・という風に思わざるを得ないです
あと、言い訳として、それをある意味この脚本家の”味”みたいな事言い出すのもちょっとどうかなと思ったりもします


・・・と、現場の脚本家の苦労も考えずに適当な事書き散らしてみました
関連記事
スポンサーサイト

Category: サブカル

Theme: ひとりごと

Genre: 日記

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks