2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

DMMアダルトアワード2015 結果発表 と 雑感、その他

 【05//2015】

DMM.R18アダルトアワード 公式ページ





会場行ったこと無いのでどんな雰囲気かわからなかったのですが
すごいね
金かかってる笑

いやぁ、これがんばってますよ、イベント運営は
去年もこのくらいだったのでしょうから
いやはや、今時こんなバブリーな感じ・・・素晴らしい

アーティストのステージに関して、視聴者は不満を言ってる人多かったですが
私は、それぞれ楽しかったですよ、自分が普段見ない人ばかりでしたし
こいうのって、あれですよ、現場は楽しいんですよ、たぶん
モニター越しだとちょっと醒めちゃうでしょうけど









さて、結果が発表されました




最優秀女優賞
湊莉久

優勝女優賞
白石茉莉奈

最優秀新人賞
天使もえ

特別賞
希志あいの

話題賞
さくらゆら

スペシャルプレゼンター賞(水道橋博士)
東凜

メディア賞
小島みなみ

作品賞
通販部門   R18 ガチ5本番! 城田理加
配信部門   桃谷エリカがご奉仕しちゃう 超最新やみつきエステ
レンタル部門 現役女子大生!! 照れカワ、ふんわり18歳 AVデビュー!! 初川みなみ







まずは、受賞された女優の皆様、おめでとうございます
この受賞を機に、AV業界への貢献と今後の益々のご活躍を期待しております
受賞に届かなかった女優さんもまた来年この場にたてるよう頑張ってください




さて、この結果、AVファンはどう見るのか、各女優さんのファンはどう見るのか


新人賞ですが、ノミネート発表後にあったスカパー大賞の方でも受賞された天使さん
これは、やっぱり事前のスカパーの投票というものがありましたし
ファン投票という事も考えると、スカパー投票の流れそのままという感じなんでしょうか
それと、どうでしょう、メディアの露出も含めて、そういったファン層の広さも決め手だと思います
やっぱり、知ってるかどうかというのは、非常に大きなファクターになりますからね
新人でパブ全開だったのはこの人くらい?かな?
いつもこういった投票形式のもので感じるのは、パブリックの範囲がどうなってるのかという所が気になります
特に新人の場合、ベテランと違って、そこら辺微妙な人が多いですから
あと、実は、DMMニュースの記事で、既にスカパーと合わせて二冠達成確実であるかのような”ニュアンス”の記事があがってましてね
チラっと拝見したとき「あぁ・・・そういう事なのかな」と思ったりしてました
他の女優さんのインタビューも数多くあったのですが、この人だけちょっと書き方がフライング気味だったので・・・
ま、勘ぐり過ぎるのは私の悪い癖ですね


作品賞ですが、通販部門に小向美奈子と宇都宮しをんを使えないので、こういう事になるんだと思います
配信とレンタルは公式発表そのままですね
まぁ、かといって、このMUTEKI作品は、実際はこけたんですけどね笑
来月、例の三上さんのが発売されますから、営業的にそういうことでしょう
この辺は、DMMですから、それほど文句は無いでしょ? 言いたいことはある人はいると思いますけど笑


話題賞はちょっとよくわからなかったですね
さくらゆらさんは何も悪くないのですが、うーん
去年も言いましたが、AV業界って話題ってなるとあまり良いものって少ないですよね
皆、「小向だろ?」って思ってたでしょうし
ですから、参加者の中で誰か・・・?って選ぶとすると、そして、なるべく多くの人に何かあげようとすると・・・
っていうね
これも、良いじゃないですか、折角参加したならなるべくたくさんの女優さんに何かあげたいじゃないですか


メディア賞は、雑誌の人が色々空気を読んで決めたんですかね、よくわからないですが
まぁ、これも、たくさんの女優さんに(ry


スペシャルプレゼンター賞は、水道橋博士の基準がよくわからないですが
まあ、いいとこついてくるなぁとは思いました
個人的な接点があるならその人っていう選び方もあるかもしれませんが、ないでしょうしね
あと、何故、博士はあんなに緊張気味でしかも滑りまくってたんでしょうかね


特別賞って、あれですよね、こういう事なんですよ
なんで?とかですね、言ったらいかんのです
長年がんばってる希志あいのさんに、何かあげたいでしょ、ね?

・・・え?引退?まじすか、ああ、きっしーだけはずっとやってると思ってたのになぁ
というか、事前に発表しないのって偉いなぁ・・・引退宣言してたらもっとブーストあっただろうに・・・


優秀女優賞の白石茉莉奈さん、人気ありますね
賞レース関係で、必ず受賞、入賞されてますからねぇ、本当にこういうの強いですね


そして、最後、最優秀女優賞の湊莉久さん
引退されるということで、良い記念になったんじゃないでしょうか
こういうのになると、企画単体はホント強い



全体としてですが・・・

投票がガチ過ぎるなぁ・・・笑
もう、そういう言葉しか出てきません笑

ま、このアワードはそれが売りですからね、それで良いんです

色々、文句の一つも言いたくなる人もいるでしょう

でも、その他の賞で多少バランス取ってると思いますけど・・・勘弁してくださいっていう感じで

実際問題、DVD購入者の投票だったら、また違った結果になったかもしれません

でも、無料で投票できる以上、やっぱり企画単体の投票って強いですよ、ええ
専属って結局、その女優のファンだけになっちゃいますので
実際問題、一人当たり金を一番落としてくれてるのは、専属女優のファンなんでしょうが
企画単体だと、色んなメーカー、色んなジャンルに出ていますので
女優縛りのファンじゃない人への知名度も高いんですよね

来年以降も、企画単体が投票系は強いっていうのは続くんでしょうか


とりあえず、以上がざっと各賞に関する雑感です(※Live配信見ながら書いてました)




後は、色々細かい話


○アーティストの選定
出てくれた人達は何も悪くないのですが、AVで歌ってる人も多いですし
ノミネートされていない人とかもいますから、そういう人でも、1つぐらい入れても良いんじゃないでしょうかね
あと、この前、ニコ生ではじめてみましたが、バーレスク東京のA-Queenの方がよっぽど、この場に合ってたと思います
是非、次回、ゲストに検討していただきたい
バーレスク東京とAV女優は、凄く合うと思います


○中間発表が無くなった事
これは、よかったですね
去年の時点で辞めた方が良いと書いてました
バンドワゴン効果やアンダードッグ効果が出てしまいますから
まぁ、リアル選挙の時にもやる各メディアの世論調査もはっきり言ってダメだと思いますけどね
そういうわけで、やらなかったことで、最後まで、どうなるだろう・・・?ってみなさん思えたはずで
全員、もしかしたら自分かも?とか思うことで、女優さんの緊張感も出てきましたから
無くして正解です


○LIVE配信の決定について
これも去年の開催前からLive配信してよと言ってましたが
何とか実現してくれました
無料で誰でも見られるようにしてあって、良い心意気だと思います
来年もやっていただきたいですね


○会場投票の影響力
全投票数が明らかにされていないのでなんとも言えませんが
会場はざっと見る限り、500~1000ぐらい?
まぁ、1000人近くはいたんじゃないでしょうか
この1000票っていうのがどのくらいの影響があるのかちょっとよくわからないですね
当然、当日を盛り上げるために今回やってみたんでしょうが
それを考えるとこういうやり方も良いんじゃないでしょうかね

ただ、DMMユーザーの9割は物理的に当日会場にいけない人だと思いますから、その辺ちょっと「良いのかな?」という気はします
あとですね・・・
17:50までに現地の人は投票してくださいっていうのがあって
新人賞の発表が18:30前?ぐらいでしたので、18:00から集計して、事前の発表準備も考えると18:15には集計は終わってる必要があって
そんな速攻で1000票近い票を”正確に”集計出来たんでしょうかね?という、もの凄い疑問が・・・笑
リアルの選挙管理委員とかの集計のプロとかじゃないでしょうしね
この辺は触れない方が良いかもね・・・
もしかしたら投票したと同時にリアルタイムで集計してたのかもしれませんし、現地知らないので何とも言えないです


○小島みなみと所属事務所マインズの努力
今回、残念ながら女優賞は受賞できなかった小島みなみさんですが、まぁ、だからメディア賞の受賞があったのかも・・・?とか思っちゃいますが
色んな意味で一番頑張ってたような気がします
一番最初に気になったのは、アワードの女優の紹介動画です
基本的にみんなアワードの事務局の人がそれぞれ撮影したものをアワードの紹介動画としてアップされていました
ですから、当然、ようつべのアカウントもDMMアワードのアカウントでアップされていました
ですが、小島みなみさんだけ、事務所が撮影して、事務所が特別に編集して、事務所のアカウントでアップされていました

私これを見てから、あれ?って思い始めてちょっと注目して見てたんですね
そうしたら、急にツイキャスをはじめてファンとの交流を多く行ったり
ニコ生の番組にスポットで出たりして、知名度アップを狙ったりですね
当然、ツイッター等々の告知などは他の女優さんと同じようにやってるのですが
それ以外の部分っていいますか、事務所も固定のファン以外のファンを獲得しようと、ニコ生に営業いったりですね
それこそ、紹介動画を自前で作ってアピールしたりですね
本人もツイキャスはじめるなどファンとの距離を縮めようとしたりですね
私は一番”具体的な”努力をされてたと感じました
まぁ一応賞もらいましたけど、それじゃなかったでしょうし
それが一番良い形で報われなかった事に関しては悔しいでしょうね
ちょっと気になるのは、紗倉まなさんは二冠、上原亜衣さんは去年受賞
ということで、マインズ三羽烏で小島みなみさんだけ賞とは無縁という状況にモチベが下がらないか心配です
ファンの方はフォローしてあげてください



○ノミネート者の選考基準
これは、正直、うーん・・・言いたいことは結構以前の記事で書いてるので改めて言うことでもないのですが

今回、実質、売り上げ上位の人は、出てないんですよね

詳しくは過去の記事を参照してください

DMMアダルトアワード2015 最優秀新人女優賞 ノミネート女優発表 まとめ
DMMアダルトアワード2015 最優秀女優賞 ノミネート女優発表 まとめ
DMMアダルトアワード2015 各ノミネート者を予想してみる ver.2.0
AV女優 2014年 総合ランキング ver.2.0 (※DMM発表データより独自集計)
DMMアダルトアワード2015 各ノミネート者を予想してみる
AV女優 2014年 総合ランキング (※DMM売り上げデータより、独自集計) 1位上原亜衣、2位波多野結衣 が 他を圧倒



上位6位まで出てないんですよ
1位の上原亜衣さんはプレゼンターということで仕方ないとしても
これじゃ、言っちゃ悪いですが、誰が受賞してもなんか物足りないというか

JULIAさんが7位で、吉沢さんが8位
湊莉久さんは12位です

新人だと、初川みなみさんが19位でトップ、次がさくらゆらさんの34位で、天使もえさんは63位です

あくまでも14年の結果ですが、アワードは14年の結果の賞レースですから



で、もう少し突っ込んだ話を書くと

そもそも、今回、ノミネートに企画単体が一人だけっていうのは、みんな、
どこかのメーカー専属が優勝して欲しい
ってあったと思います、正直な話ね
だって、アワードに協力してるのは単体メーカーですから
できれば、どこかのメーカーに直接恩恵あって欲しいと思うのは理解できます

しかし結果は今回も企画単体、しかも、もう引退されるっていう

で、もう一ついうなら、何故、売り上げ上位の人が出られないのか?という所です

上原亜衣さんはプレゼンターで仕方ないとして

(何故かわかりませんが)企画単体枠が一つしかないなら、何故、波多野結衣さんじゃ無かったのか?という所
私のDMMランキングをまとめた集計だと、上原亜衣と波多野結衣が圧倒的な1位2位でしたから、非常に疑問です
何か予定が入ってたのかな?とも思いましたが、何ヶ月も前にずらせないような仕事が入ってるはずが無いです

ただ、一つ言えることは、DMMは、海外からも投票可能なんですね
たぶん、波多野さんがノミネートされてたら、その時点で優勝確定してたでしょう
スカパーの投票でわかった国内投票だけでも上原亜衣さんに勝つだけの得票率
そして、台湾を中心とした海外での人気
そう考えると、今、波多野結衣さんがノミネートされてたらその時点で優勝確定してたでしょうね
ということは、それもあって敢えてノミネートから外されたのではないかと思うんですよ

で、ここから、敢えて”悪く”勘ぐると、やっぱり
「今年も企画単体が取ってしまう」という事を避けたかったんじゃないんですかね?
という事です

しかも、企画単体ということで言うと
4位の桜井あゆさんもノミネートから外されています、今日特に仕事は入ってないと思います
これも変ですね、ミリオン専属になったからかなぁというのは一つ理由として考えられますが、
トップマーシャルとして敢えて断る理由も無いでしょうし、外されたとしか思えないんですよね
同率4位の椎名ゆなさんは引退してるので仕方ないですね
11位の風間ゆみさんは、まぁ、熟女枠ということで除外されたのかなと思います
で、12位の湊莉久さんに白羽の矢が立ったというか、引退記念と言うこともあってノミネートしたというか
ただ、逆にそれがブーストになっちゃいましたかね

で、専属だと、鈴村あいりさんがある意味トップで3位なんですよ
ただ、鈴村あいりさんはこういうのは絶体出ませんからね、これはもう仕方ないでしょう、本人が人前に出たくないんですから
6位のつぼみさんは、ご自身も前からおっしゃってますが、こういうの興味ないみたいですね、あまり拘りが無いというか
ファンも特に拘ってないのでしょう

10人ノミネートされるのですが、10位までに入ってるのは、JULIAさんと吉沢明歩さんだけです

こういう状況ですから、ノミネートに対して最初から”物足りない”と取られても仕方ないと思います

ここでやっぱり指摘しておきたいのは、13年デビュー組が軒並み賞レースに出ない事です
今回ノミネート除外された3人がもしもノミネートされていたら史上最も苛烈な賞レースとなっていたでしょう
13年デビューということは去年の新人賞にも言えるということです、去年も少々物足りなかったと思います
まだちょっと書きためてて、なかなか上手くまとまらないのですが、そのうちこの13年デビュー組について何か書こうかなと思ってます
ある意味14年の売り上げはこの13年デビュー組が引っ張っていたという感があります
14年だけじゃないですね、13年、14年はまさにそうだったと思います
14年に関しては、上原亜衣さんと波多野結衣さんが突出してたと思いますが、それ以外だとやっぱりこの13年デビュー組が目立ちます


ただ、全部、色々な諸事情があってこういうノミネートになってるというのは重々理解できるのですが
やっぱりね、引退とかそういうのではなくて除外されてしまっている事に関してはやっぱり疑問を呈さずにはいられません

この選考基準に関しては、”検索結果”等といういくらでも弄ることが可能な基準をいれるのではなく
出来る限り納得のいく、ガチな選考基準にしてもらいたいものです




さて、まぁ、もう終わったことですし、この辺で良いでしょう
終わったから、言いたいこと書きました

基本的には、イベントとしては成功したと思ってますし
イベント運営側も去年から色々改善してるのは見ててわかります
ライブ配信した事で、次回現地いってみたいと思った人も多いでしょう

そういった意味でアワード運営、事務局の努力は賞賛したいと思います、お疲れ様でした
また来年楽しませてください、期待してます

私このアワードはファンのためというよりも、AV女優のためにあると思ってます
どうしても色んな意味で精神的にキツイ仕事ですから
何とかモチベーションの一つにでもなればなぁと思って、みてます





最後に、

私は、専属女優のファンがある意味、業界の最低限の利益を出してくれてると思うんですね
見込みやすい利益を出してくれてるのは、専属女優のイベントに足を運んでいる熱狂的なファンと
毎月定期的にDVDを購入してくれるファンなんだと思います
企画単体だと、なかなか企画内容でばらつきありますからね

だから、近年、こういった賞レースでなかなか専属女優が勝てない事に少々不満がある人も多いでしょう

ですが、一番やりきれないのは、本人だと思います
まぁ、愚痴るのはやめて、女優さんをフォローしてあげてください







(最後まで読んだ人へ・・・よくこんな無駄に長い駄文を最後まで読みましたね・・・偉いよあんた・・・ありがとう、何に対してかわからないけど)

関連記事
スポンサーサイト

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks