2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

AVOPEN2015 閉幕 その1 ~授賞式終了 雑感、その他

 【23//2015】





グランプリ
1位 バコバコバスツアー2015(Moodyz)
2位 エスワン七姉妹と同棲ハーレム性活(エスワン)
3位 100人×中出し2015(本中)
4位 石原莉奈がギャルでコスって中出しお宅訪問(BeeFree)
5位 新妻とその大家族がエロすぎたからおもくそ子作り(ZUKKON/BAKKON)

企画部門
1位 バコバコバスツアー2015(Moodyz)
2位 100人×中出し2015(本中)
3位 新人デビュー100発なかだし(プレステージ)

女優部門
1位 エスワン七姉妹と同棲ハーレム性活(エスワン)
2位 香澄はるか AV Debut(SOD)
3位 解禁SSS-BODY 真正中出し 美竹すず(E-BODY)

マニア・フェチ部門
1位 絶対服従トランスサークル(プレステージ)
2位 マゾBODYオークション(クリスタル映像)
3位 女子校生文化祭模擬店 ちら見せオナサポ喫茶SP(アロマ企画)

素人部門
1位 女子大生限定マジックミラー号(DEEP'S)
2位 日本で一番チャラい巨乳黒ギャルと危険日中出しオフ会(OPPAI)
3位 ナンパ連れ込みSEX(綜実社)

乙女部門
1位 なかだし学級崩壊(プレステージ)
2位 北海道発あのアイドルグループ元メンバーが電撃転職! 美幸あかり(キャンディ)
3位 足立共同区営団地 日焼け少女わいせつ映像(I.B.WORKS)

SM・ハード部門
1位 小向美奈子in…(ドリームチケット)
2位 田舎のお嬢様学校の女子高生をさらってレイプ(サディスティックヴィレッジ)
3位 鬼イカセ 佐倉絆(REAL)

熟女部門
1位 1000年に一人の人妻 水原梨花(Madonna)
2位 夫に内緒で他人棒SEX AV OPEN特別編(コスモス映像)
3位 夜這い村 デラックス版(オルガ)

配信売上賞
1位 バコバコバスツアー2015(Moodyz)
2位 小向美奈子in…(ドリームチケット)
3位 香澄はるか AV Debut(SOD)



詳しくは公式HPを見てもらうとして、ざっとテキストだけ並べてみました

グランプリや企画、女優部門に関しては、下馬評通りといった感じでしょうか
やはりバコバスは強かったですね、3部門で1位とはいやはや・・・
ただ、私的には裏バコも含めてのバコバスですので、裏バコも早く見たいのですが
今年、裏バコ発売遅いですねぇ・・・年明け?かな?
でも、年明けって毎年、バコキャンの発売だと思いますが・・・今年バコキャン無し???
個人的には、バコキャンの方がまだ抜けると思いますし、何より内容がぶっ飛んでると思ってます笑
MOODYZファン感謝祭 バコバコ中出しキャンプ2015 超ハイテンション種付け子作り大乱交SP

うらバコバコ中出しキャンプ2015~補欠者救済?強襲!!太古の森の子種狩り一族~



プレステージが3部門で入賞してる点は素晴らしい、きっちり部門を見極めてやりきった感があると思います
内容も売れ線のなかだしやハード系のものでした、確実に狙ってきたなという印象を受けます

全体的に見ても中出しというのはもう既に当たり前のようになってきてますね

注目点としては、石原莉奈さんの人気でしょうかね
グランプリは人気投票なので、基本的に、作品というよりも、出演女優のファンが投票してる事が多いと思われますが
他は競演もので票を稼いでいるものが多い中、単体でグランプリに入賞してるあたり人気の高さがうかがえます
また、最近はずっとアタッカーズ作品ばかりだったので、ファンには新鮮だったという事もあるように思えます

あと、エスワンがなんとか面目躍如といったところですかね
去年は相手が悪かったんですよ
そんな中で、女優部門と配信部門で入賞した新人の香澄はるかさんはかなり健闘したと思います
アイポケはマスカッツに入った新人の吉澤友貴さんでしたが、美竹すずさんの方が上でしたね
残念、アイポケのマニフェストは気になっていたのですが

ただ、やはり全体的に見ても、競演ものがどれも上位を占める傾向があるんですよね
単体ものはどうしても購入層が減ってしまいますからね
ですから、そんな中でも単体もので入賞してる作品は価値が高いです
この辺、業界の利益構造のいびつさが見え隠れしているように感じなくもないです

一概には言えませんが、企画、女優部門とそれ以外の部門では売り上げにかなり差があるんじゃないかと思われます
投票なので微妙ですが、グランプリには企画と女優部門からしか入ってませんからね
ただ、例えそうであったとしても、その他の部門が作品として劣っていたという事ではなく
寧ろ、ある意味、そのジャンルに真剣に特化して作り込んでいた印象を受けます

あと、短期決戦ということもあって、配信はそれほど伸びていないんじゃないかと思います
どうせなら、セルで買うって人が多いんじゃないかと

あとは、例のマニフェスト関連ですが、あまり面白いものの達成はなさそうですね
マニフェストの意味がイマイチ浸透していなかったからでしょうから
来年からはもうちょっと手の込んだ公約を各メーカーにしてもらうと楽しくなるんじゃないでしょうかね
美がメーカー名変えるっていうのは、元々変えたかったという感じがしますし
その他はあまり特筆すべき感じはなさそうです
SODがS1のオフィス掃除にいくってやつですが、折角なら、それで企画もの一本撮ったらどうですかね
双方で掃除する、させるで何かコラボ作品一本ずつ撮ったら良いのに・・・っていうか私ならそうしますけどね

個人的にあまり興味のない部門の入賞作に関しては、コメントしようがないのですが
興味はなかったけど、サンプルを見て気になっていたものが多いです
やはり企画内容だけでも惹きつける何かがあったという事なのでしょうか

まぁ、受賞関連に関してはこんな感じでしょうか
ほぼ下馬評通り、予想通りって感じですからね、それほど特筆すべき事はない気がします

受賞部門を多く作ったのは良いことです
一応、入賞すればそれなりに箔がつきますからね
狭い業界とはいえそういう肩書きみたいのって重要ですから

今年の結果が今後、そして来年のAVOPENにどういう影響を与えていくのか楽しみです


因みに、公式HPでアンケートを取っています
今回のAVOPENについての感想や意見などお持ちの方は直接ぶつけてみてはいかがでしょうか?

AVOPEN2015閉幕!~次回に向けてのアンケートにご協力ください~



2に続く

関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks