2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

AV女優 増加傾向の身バレ・個人情報晒し その対策はあるのか part4

 【10//2016】

もう一つの違う方向の話として


昨年、パラダイスTVの恒例イベントとなったおっぱい募金に関連して
ある人権系の女性弁護士がおっぱい募金を辞めさせようという署名活動をしたという話題がありました
結局、あまり賛同は得られていなかったとはいえ、そういう話があったと
で、他にも、昨今は何人か事務所関係のトラブルでAV女優が弁護士と組んで事務所を訴えるというのがありました

私、今までに何度も書いてるのですが、いよいよ本格的になってきたなという印象を受けます

何かというと「ビジネス人権屋」がAV関連にちょっかいを出してきたという事です

特にN○Kがニュースとして突如取り上げた時に、ネット上に一斉に工作的なスレや話題がざーっと出てきたときなどは
N○Kも一枚噛んでやってきてるなと、皮膚感覚としてわかりました
まぁ、N○Kは過去もいかがわしいNPOと組んでいかがわしい放送を垂れ流していましたけどね

彼ら、彼女らは、基本的に、本当に女性の権利がどうだとか思っていないと感じます
それはそれらの普段の主義主張や行動を見れば、矛盾だらけで一目瞭然です
つまり、金儲けのために、対象の女性を利用しているだけなんですね
今は、弁護士は仕事が無くて大変という状況ですから、儲かるなら何でも良いわけです

で、それはそれでどう活動しようが自由ですから、かまわないのですが

問題は、こういう人達の中に、確実に
「思想、信念として、AVが許せない」
という人達が存在してるというところです
所謂フェミニズム系の女性団体とかがそうですね

因みに、こういう人達は背後関係を調べれば、殆どが繋がっています
フェミ系、人権系、、、こういう人達は思想信念が似ていますので
調べるとほぼ同じお仲間だとわかります

それはおいておいて、これらの最終目標は、恐らく
「AV業界を潰したい」「社会的に抹殺したい」
これでしょう
それしかありません
実は、AV女優を攻撃している人達は殆どはこの手の人達が多いんじゃないかと私は感じています
ネットじゃ性別はわかりませんからね
AV、AV女優の存在そのものが許せないというタイプです、そんな思想なら致し方ないとは思います

よって、前から私が書いてるとおり、業界としてはこういった輩に注意し
どう対処していくか、内部に入り込まれた場合を想定してどのような対策を考えていくのか
前も書きましたが、そのうち、そういった人達に唆され、そういう人達と組んで
敢えて混乱を巻き起こす業界人も出てくるかもしれません
こういった事に関していまのうちから十分に検討していく必要があるんじゃないかと思います


ですが、今言っている、本当に思想信念として、何を賭してでも成し遂げたい
つまり、自分のアイデンティティを保つためにもどうしてもAVを潰したい
こう思ってる人は、一部だと思います
殆どの弁護士や団体は、そんなことよりも、新しい金儲けがしたいだけでしょう
で、たまたま、そういう人達の周辺にいると金の匂いがするから連んでるだけで

ですから、逆にそういった人達に提案したい

そんなマイナス思考の人達と連んでも何も得しませんよと
そんなことよりも、今、こうやって起きているこういう業界の問題について携わった方が金になりますよと

これは、AV業界だけの話では無いんですね

昨今、リベンジポルノなんてのも流行ってますよね
ネット私刑なんて目的で個人による晒し行為なんてのもよくありますよね
自業自得ですがベッ○ーの件もある意味ネットから出たものとして分類はできるでしょう

昨今のこういう事は、ネット社会の抱える一つの問題だと思います

こういったことに一石を投じた弁護士として名をはせるのも良いんじゃないでしょうか

いくら一見匿名性が高いネットとはいえ、あまりにも酷い、一線を越えた無責任な事に対しては
それ相応の責任がありますよと知らしめる事が重要だと考えます

重箱の隅をつつくような事でも良いんですよ
そういった無茶な行為をした人を特定し、訴えるまで持っていけば十分です
結果が出ようがでまいがどうでも良いです
(まぁ、でもその後の事考えると勝訴する必要はあるかな・・・もしくは和解金を取るところまで)
正直、よほど慣れた人でも無い限り裁判があるだけで精神的に苦痛ですから

そういう人達の迷惑行為で仕事に影響が出るなら、営業妨害でしょうしね
本人が精神的苦痛と言えば何でも通るはずです
難癖ならいくらでもつけられるでしょう

依頼した事務所や女優を秘匿したまま裏で粛々と進め、もしも一定の成果が出たら
成果だけ公表すれば良いんです
あとは、DMM等々協力してくれそうなメディアでちょこっと記事にしてもらえば終了です

業界的には今後問題が発生するたびに、実績のある先生にお願いするでしょうね



つづく
関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks