2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

AV女優 増加傾向の身バレ・個人情報晒し その対策はあるのか part5

 【10//2016】

ここ最近の手口としては、これは別にAVに限ったことでは無いのですが
所謂、ソースロンダリングを使って晒す、攻撃するというやり方です
まぁ、誰もが知る有名タレントとかなら、週刊誌とかにネタを持ち込めば週刊誌側が情報源の秘匿ということで守ってくれるかもしれませんが
あまりネタの価値が無かったり、嘘であったり、個人でやる分にはそうはいきません

ですから、ソースロンダリングをして、情報源を有耶無耶にしつつ、話題だけを広めて、既成事実化していくというやり方です
よく使われるのが、2chやその他のSNS関連を利用して、最初に出所を無理矢理作り、
それをグーグルなどの検索結果のサジェスト汚染やまとめサイトなどを利用して情報を拡散し、既成事実化すると
これで、情報源を秘匿し、更に、情報源の確かさなどを全部曖昧にしたまま、目的を達成することができます
最近は、ソースすら無く、ただひたすら連呼するだけで既成事実化しようという、何とも杜撰なやり方をとる人も多くいます

嘘も百回つけばなんとやらで、これは現在のネット利用者の多くが
自分でソースを確認し、自分で判断しないようになってしまってることを利用したものです
要するに、TVで言ってたからと鵜呑みにしたり、新聞を見出しだけ見て内容を読まずにその気になってるようなものですね
まぁ、今の日本の新聞は内容もまともなものはそもそも少ないですが

こういった場合は、実は、一次の情報発生源さえわかれば特定は可能だと思います
まぁ、その情報源を特定するためには、結構なハードルがありますが
ですから、弁護士等々の出番なんですね

torの可能性がありますが、どこかで尻尾を出してしまうこともあるでしょう
何故ならば、工作するにはそれ相応のタイムリーで大量な活動が求められますが、torだけで全てをまかなうのは大変です
そもそも雑誌にも見向きもされないような人物を陥れるためにtorを使ってる時点で
その人物の必死さ怪しさと情報源の確かさは疑わずにはいられないでしょう

まぁ、それはおいておいて
そういったネット上の身元を開示させるための法的根拠、実績を作ってしまえば後は右にならえでいくらでも対応は可能かと

問題は依頼主を秘匿したまま粛々と進められるかですね
この辺は人権だなんだと難癖付ければいくらでも可能じゃないでしょうか、そういうのお得意でしょうし
騒ぎにするのも問題ですから、事務的に粛々と目的だけ達成する感じが重要かと
騒ぎにした時点で、逆効果になりますから


因みに最近、こんなニュースがありました


ツイッター削除命令相次ぐ - 共同通信
http://this.kiji.is/49279840582696961


短文投稿サイト「ツイッター」で、本人に成り済ました何者かにみだらな写真を投稿されたり、中傷する書き込みをされたりした人の申し立てを受け、運営する米ツイッターに、裁判所が投稿削除や発信者の情報開示を命じる仮処分を決定したケースが、過去2年間に全国で少なくとも26件あることが15日、関係者への取材で分かった。
ツイッターの投稿による名誉毀損での仮処分命令が相次いでいると明らかになったのは初めて。
悪質な「つぶやき」に対する同種の申し立てはほかにもあり、命令は今後も続く可能性がある。


この辺のニュースというか、今の流れっていうのはあまり知られていませんね
これはツイッターの話ですが、他人を陥れるために、情報源を偽装する目的でアカウントを乗っ取り成りすましたというケース
まぁ、ここら辺をとっかかりに拡大解釈していけば、
無茶な人達、無責任な人達を、どうにかする方法が出てくるかもしれません

司法的には、そういう事に対して、少なくとも「問題である」と認識しているという事ですからね

SNS関係は右にならえでしょうね

日本なら後は2chですかね、ただ、2chはひろゆきが逃げて責任者が変わりましたからね
今の責任者はこの辺に関して、特に法的なものに関しては敏感です
というよりも面倒な事に関わりたくないといった感じです
最近だと個人情報関連は結構対応してると思います
根拠さえあればいくらでも情報提供すると言ってたはずです
勘違いしてる人が多いですが、2chは完全な匿名では無いんですよ
匿名なのは、真っ当にルール通り利用している人のみです
そして、利用ルールには、個人情報を晒したり、不法な事を行っても良いとは書いてありません


こういった色んな事を総合して、何とか法的根拠を構築できないものかと
まぁ、最近は、所謂「ネットに強い弁護士」的な先生もいるようですが
このネット社会の問題について、真に強い弁護士先生が出てくると
少しは、この混沌としたネットもよくなるんじゃないかと


つづく
関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks