2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

AV女優 増加傾向の身バレ・個人情報晒し その対策はあるのか part6

 【10//2016】

やっぱり、人間、枠がないといくらでも突き抜けちゃうんですよね

昔、パソコン通信時代は、当時もおかしい人はたくさんいましたが
それでも、皆ある程度節度を持って、意識して参加してましたよ
私はほぼROM専でしたが、そういう印象を持っています
それがインターネットが普及してからはもうカオスになる一方です
特に、一般人が誰でもネットを使うようになってからは酷い
悪貨は良貨を駆逐するですね
インターネットも当初はまだマシだったんですよ
2chも実は当初はまだマシだったんですよ、ホントに
自由ではあったが、ある程度、道徳的に越えてはいけない一線みたいなものはあったんですよ
全部じゃないにしてもある程度はね
要するに、面白いことをしたくて集まってるので、
今のように単に馴れ合いたくてとか、憂さ晴らしとかそういう目的で集まってるわけじゃなかったので
おかしな事に対してはきっちりノーという感じだったんです、私の印象ですけどね
ただ、そういう状況も色んな人が入ってきて崩壊し、今の2chは今やどこもなんだかわからない状況です
これほど「悪貨は良貨を駆逐する」が見える場所はありません

結局、何でもルールで縛ると息がつまりますし、かといって自由を履き違えると無法地帯になって収拾がつかない
一番重要なのは、そこにいる人のリテラシーなんですよね、民度が高くないとダメという事かなと
どこまでやって良いのか、、、そういう事が暗黙の了解として誰もが理解できる状況になるまでは
残念ながら見せしめでも何でも良いので、ルールで縛るしかないのかもしれません
喧嘩はやって良いですよ、でも、死ぬまで殴り続けたらダメでしょ
今のネット社会は死ぬまで殴り続けちゃうような、一線がわからない人が多いということです
リアルで考えたら、そんな人キチガイでしょ?
キチガイが多いと思うとネットって怖いですよ、みんな気楽に使ってますが



さて、余計な話が多かったですが、これはAV業界だけじゃなくて、今のネット社会の問題だと思います

最低限として、事前の対策と、事務所の教育やケアが重要です
また、過去の色々なネットの炎上例などから対策を学んでおくことが、本当に大切です
過去から学ばない人ほど愚かな事はありません
あとは、何か法的な例が出てきたら良いのですが
業界としては、まだまだ、そこまでは力を入れる余裕が無いのでしょうか
無くとも、やる気のある弁護士が出てきて、このカオスなネット社会に一石を投じてくれると良いなと思います
言葉は悪いですが、見せしめが無いとね、まずは第一号の生け贄が必要かと


最後に、事務所の教育と言うことで別件で述べておきたい事があります

まず、最近、無修正作品を公言する女優が出てきているという点です
法的には今のところ大丈夫なんだと思いますが、昨今の京○府警をはじめ、こういった人達の関連の動きを見るに
何を難癖つけて女優にまで手を出すかわかりません
昔、一回無修正関連の会社が潰された時はかなり無理筋な理由だったような気がしますし
何が起こるかわかりませんよ
ですから、少なくとも、女優自身は基本的に知らぬ存ぜぬという態度を取っておいた方が賢明だと思います
ツイッター等々で何か公言してしまうとそれも通じなくなってしまいますから

もう一つ、著作権関連の話、以前も一度書いたことがあります
業界は著作関連の啓蒙活動は続けるべきで、続けないと意味が無いと思います
ただし、業界のフロントマン、つまり、表に出る、個人を特定できる人
例えば、女優さん、マネージャー、メーカー広報、メーカープロデューサー、監督・・・
こういう、業界の矢面で活動している人達に関しては
著作権関連について何か発言するときは非常に慎重に行うようにした方がよいです
何故ならば
「私は、他人の権利を犯したことは"絶体に"ありません」
と言い切れる人は殆どいないからです
当然、私もです
日々、ネットを利用しているなら、厳密に考えると、どこかで確実に犯しています
ようつべやニコニコを見てるなら殆どの人がどこかで他人の権利を犯してるはずです
気がついていないか、些細な事だからと見逃してもらっているだけで
つまり、誰しもがこの件に関しては、確実に忸怩たるものを持っているはずなんです
ま、だからこそ啓蒙活動によってリテラシーをあげる事が重要なのですが
で、何故、フロントマンが危ないかというと、最近ツイッターやブログやってる人が殆どでしょ
そういう人なら、特にツイッターですが、
どこかで他人の権利を侵していると思われる発言をしている可能性が高いからです
そういう発言が掘り起こされてしまってからでは遅いです
「自分の権利は守れと言いつつ、おまえは他人の権利を侵しているじゃないか!」
これを言われてしまってはもうおしまいです、手が付けられません
これの話って実は凄いデリケートな話なんですよ
フロントマンが言うには非常に独善的で一方的な話に受け取られる可能性が高いのです
まぁ、揚げ足を取られると言っても良いですが
ただし、意見を求められる事もあるでしょう
そういったときにどういう応対をするのがベストなのか・・・そういったことも教育の一つです



話が色んな方向に飛びまくって長くなってしまいました
長くなりすぎて、まとめようもないのですが
駄文をここまで全部読んでくれたような暇で奇特な人なら
ポイント毎に言いたいことは伝わったと思うので、それで良いです

個人的には今のご時世、事務所にこういったことを教育する専任の人が必要ではないかと思います
こんな技術的な事でね、儲けが失敗するって馬鹿らしいじゃないですか
ただでさえ、売れるかどうかなんて時の運なんですから
技術で対応出来るところは全て対応した上で、そこからが運の勝負でしょうよ

AV女優になったからには、やれるところまでやりきって、納得いくところまでやりきって
それで引退していって欲しいんですよね
中途半端に、どこかで事件やミスが原因でフェードアウトしていくような状況っていうのは
どんな女優さんでも見ていて気持ちの良いものではありませんから
技術的に対応できるものは対応して欲しいのです





おわり
関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks