2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スカパー!アダルト放送大賞2016 結果発表

 【04//2016】




女優賞
初美沙希

新人女優賞
松岡ちな

熟女女優賞
成宮いろは

作品賞
好評につきシリーズ第二弾!新人・初美沙希デビュー ~ちゃんとした“デビュー作品”がなかった私にとって、これが本当のRe「デビュー作」~

アダルト流行語大賞
エロメン

東京スポーツ賞 小島みなみ
夕刊フジ賞 初美沙希
週刊大衆賞 加山なつこ
サイゾー賞 桜井あゆ
FLASH賞 松岡ちな

スカパー!オンデマンドアダルト賞
初美沙希






受賞された女優さんとそのファンの皆さんおめでとうございます

ファンの努力がものを言う賞レースでもありますので
ファンの皆さんがおめでとうという感覚が強いです

特に今年は投票方式が変わりまして
今まで以上にかなり手間がかかる投票だったと思います
それだけに、余計にファンの人の努力っていうのは大きかったのではないでしょうか













さて

毎度色々小さい技術的トラブルはあるのですが
今回は、当日、突然の、ノミネート女優二人が欠席という事で
運営が相当大変だったんじゃないかと思います

小島みなみさんはインフルということで、まぁ、インフルは簡単には防げないんでねぇ・・・
こればっかりは仕方ないんじゃないでしょうか
まぁ、強いて言うなら、事務所はこういう大きな仕事の2週間前ぐらいから
外に出るイベント等々は控えるようにした方が良いかもしれませんね
出来る限りリスクを減らした方が良いでしょうから
ただし、体調不良に関しては擁護しようがありません
体調管理も仕事のうちとはいう言い方は冷たいかもしれませんが・・・
ただ、こういうのってメチャクチャ緊張すると思うし、プレッシャーもあるし
逃げ出したくなる事もあり、それで精神的にまいってしまって体調不良にもなるでしょう

これはDMMアダルトアワードにも言えるんですけど
賞を受賞することが全てじゃないわけですよ
賞が1つということは、残りの人は何も受賞できないわけで
じゃ、残りの人は意味が無いのか?というとそうではなくて
そもそも、こういう賞レースがある意味というのは
「業界、関係各所を盛り上げるため」
なんですね
残りの人に意味はない、価値は無いと思ってる方は非常に選民意識が強い人なんじゃないでしょうか
受賞するしないは関係なく
呼ばれた人は皆それを達成する仕事を全うしなければいけないという事です
「盛り上げるために呼ばれ、運が良ければ何か受賞するかもしれない」
という事であることは、前提として受け止めておかなければいけないです
「何か貰えたらラッキー、よっしゃ!これ営業に利用したろ!」ぐらいの気持ちで良いんですよ
店舗周りで挨拶行くでしょ?メーカーイベントで販促活動するでしょ?PRでメディアに出るでしょ?
それと同じですよ
少なくともプロとしてやってるなら、最低限のこの前提は心に置いておく必要があるんじゃないでしょうか
そうすれば、もう少しこういう賞レースに余裕を持って参加出来るんじゃないでしょうか
なかなか割り切るのは難しいと思いますし、本音はそういうわけにもいかないと思いますが
こういう風に前もってきっちり論理的に気持ちを整理しておくと、意外と楽に乗り切れると思います
自信をもって言えることは
どんなものでもノミネートされただけで、私のような名無しの馬鹿なおっさんよりも生きてる価値があります
もしも受賞者しか世の中価値が無いと思うならば、私なんかとっくの昔に処刑されていますよ笑

あと、技術的な話のついでに言うと、公式Twitterよりも、DMMニュースTwitterの方が情報早かった笑






受賞者に関しては一般的にはどういった印象なんでしょうかね


初美沙希さんは3度目の正直で、ファンも3回目ですしね
これで取れなかったら本当にちょっとね、非常にコメントがしづらいという状況になってたと思います
というか、今まで2度以上ノミネートされてる人は初美沙希さんしかいないわけで
ある意味スカパー!アダルトの慣例を崩していった感はある人なんですよね
で、ハッキリ言ってしまえば、ある意味、運営の苦慮の結果として慣例を崩してノミネートされていった所はあるはです
無いとは言えないでしょ、やはり、毎年ノミネート選考には非常に苦慮してるはずですからね
特に近年、CAとの関係上色々ノミネートに苦しんでる感はありありでしたから
で、それに協力してきた功労者という意味では、この結果に、誰も異論できないと思います


ただ、一つ、触れずにはいられない事としては、
下馬評が高かった小島みなみさん欠席の件
欠席になってご本人が一番残念に思ってるでしょうけど
これが結果に影響を及ぼした"可能性は"否定できないですよね
しかし、私は、例えそうであったとしても
それについては非難出来ません、寧ろ仕方なしと思います
上記にも記したように、これはイベント、興行ですから
基本的に賞として「業界の振興と発展に・・・」という所は欠かせないわけで
主役が欠席じゃどうにもこうにもならんでしょ、発表の瞬間、手渡す瞬間がクライマックスなのに
私が運営でもそういう決断をします
そういう事実は全く無いのですが、例えそうであっても一定の理解はできるという話です

それとは別として小島みなみさんは色々と公約を掲げていたりと頑張ってるように見えたのですが
賞とは縁がない人なんでしょうかね、運が無いと言えばそれまでですが


あとは、桜井あゆさんはこれで引退のようですね
ただ、今後については、本当に桜井あゆ自体を辞めてしまうのか
ある程度タレント活動的な事を続けるのか(前例として同事務所の成瀬ここみさんの事もあります)
こういうのはイマイチよくわかっていないですね
何度か色々見聞きしましたが、その都度考えが変わっているようですし
ただ、個人的にはキャラクターとしてAV業界には必要なんじゃないかと思うんですけどね
これでおしまいって事にしてしまうには勿体ないなという気がします
本当に辞めてしまうと今後の展開も何も可能性も全て潰してしまうことになりますから
周りは何か、ご本人のメンツが立つような方向で撤回させるように差し向けられないものでしょうかね
一番の問題は性格的に撤回できないという事だけでしょうから
撤回しやすい理屈を考えてあげてください、本人も決して本心から辞めたいと思ってないでしょうから
あとは周りの対応次第じゃないかと




毎年徐々に規模や話題性の縮小感が否めないのは事実では無いでしょうか
何とか各メディアに支えられて続けていますが
どうしてもDMMアダルトアワードが出来て以来、差別化も含めて難しい状況になっていると思います
しかし、DMMには無い歴史がありますから、何とか、今後も、うーん・・・
DMMは対象が全女優ですからね、その辺困らないわけです
しかし、まぁ、放送網の都合で、スカパー!でCA系でのる人少ないわけでね
この件に関しては毎年書いてるような気がしますが
もうちょっと戦略的に人気女優を引っ張る作業をしていかないといけないですよね
ここら辺は裏でごそごそっとCAと握っても良いと思いますよ、まぁ昨年から徐々にそんな感じではありますが
人気女優を放送網にのせる代わりにノミネート保証するとかね
その辺は、DMMと違ってノミネートは各放送局推薦という形を取ってるんですから、結構自由で構わないわけで
業界全体の事を考えるなら、DMMで受賞出来なかった人とか、まだ出てない人とかね、そういう人を拾えれば
業界的にも良いんじゃないかなぁと思ったりします
被るよりも全体としては話題性を増やした方が良いですから

うまく双方でバランスが取れれば良いんですけど




関連記事
スポンサーサイト

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks