2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

AVOPEN2016 閉幕 ・・・と反省会 その1

 【17//2016】

AV OPEN 2016 結果発表|AV OPEN 2016 OfficialSite



詳しくは↑の公式サイト参照


総合グランプリ 1.Moodyz
セル売上 1.Moodyz
配信売上 1.Moodyz
レンタル売上 1.Moodyz

女優部門 1.Moodyz 2.SODクリエイト 3.E-BODY
企画部門 1.ナチュラルハイ 2.kawaii* 3.グローリークエスト
バラエティ部門 1.BeFree 2.はじめ企画 3.DOC
素人部門 1.S1 2.DEEP'S 3.プレステージ
マニアフェチ部門 1.DANDY 2.MVG 3.OPPAI
ハード部門 1.REAL 2.ZIZ 3.サディスティックヴィレッジ
ドラマドキュメンタリー部門 1.アタッカーズ 2.FAプロ 3.ビビアン
人妻熟女部門 1.Madonna 2.Million 3.ホットエンターテインメント
乙女部門 1.プレステージ 2.ミニマム 3.キチックス

作品賞 1.Moodyz 2.SODクリエイト
女優賞 1.高橋しょう子
男優賞 1.田淵正浩
監督賞 1.真咲南朋
AVバロンドール 1.センタービレッジ

AVOPEN2016 フルコンプリートスペシャル 全87タイトル - アダルトDVD通販 - DMM.R18


AVOPEN2016 フルコンプリートスペシャル 全87タイトル - アダルトビデオ動画 - DMM.R18






全般的な話については、だいたい予想通りの結果、、、という事なんじゃないでしょうか
投票関係はどうなるかわからない部門もあったと思いますが
概ね、特にビックリするような結果でも無く

ただ、1位の結果はそういうものが多いかもしれないですが
2位以下の結果は、意外と頑張ったなぁって思うメーカーとかありましたね
必ずしも有名メーカーや大作が入賞するってわけでは無いということで
良い結果とも言えるんじゃないでしょうか
少なくとも、どの入賞したメーカーの作品も、受賞するに相応しいと思います

で、今回も総合グランプリはMoodyzということで
このブログでもまだ何も詳細が発表されていない5月の時点で
今年のAVOPENの注目はMoodyzの三連覇だと書いていましたが
結果、高橋しょう子という飛び道具というか、違うか、確定SRを持ってきて三連覇と相成りましたという形
これに関しては、もう仕方ないですよ
ブッキングした時点で(最初よくわからない状況でしたが結局専属契約でしたね)
Moodyz三連覇は決まってましたよね
何か煮え切らない気持ちを持つ人もいるでしょうけど
それも含めたメーカー同士の賞レースですからね
それが嫌ならまた初回のように
意味が伝わりにくい、制作費で部門を分けるって事にしますか?って話になりますし
ですから、そういう人も、流石だよねーぐらいで、、、ご納得・・・どうでしょうかね




さて、当たり障りのない話はこのくらいにして

今回のAVOPEN2016、この約4,5ヶ月間ですが
色々振り返って、次回以降のためにも、反省会というと大袈裟ですが
書いていこうと思います
前にも書いてるような、重複する話も出てきますが、そこはよしなに


そもそも、今回、確か、年明け早々?ぐらいに、AVOPENの公式アカウントが
今年開催できるかわからない的な事をツイートしたところからはじまってまして
その後、計画変更のようなつぶやきがあったり、話が振り出しに戻ったというようつぶやきがあったりと
無駄に?意味深なツイートがたまにされてまして
まぁ、見てる方としては、色々、大丈夫なんだろうか?と不安にさせる感じだったと思います
で、その後、しばらくして、開催に向けて着々と進んでるような感じが伝わってきたという感じ
4月ぐらいかな

これを見るに、少なくとも今年、もしかしたら、開催していなかったかもという状況だったのかもしれません


というのも、明らかに、今年、予算減ってるはず

去年、私的には若干批判気味に書いてた広報宣伝活動については
今回かなり削減されていたはずで、無駄なものは全部省いた感じでしたね
というか、必要最小限でした
まぁ、批判という程のものではなくて、かけるところにはきちんとかけていたのですが
もう何でもやっちゃえっていう感じで、あんまり効果が無さそうなところにも金かけてたんですよね
そういう点の指摘です
結果としては頑張ったおかげでかなりAVOPENの認知度は高くなったと思いますから、良かったんですが

で、今年は、そういう広報費の削減を見るだけで、ああ、今年厳しいんだろうなというのを感じました

昨年の広報宣伝活動にはかなりお金かけてましたからね
私の見立てでは少なくとも広報費だけで1000万単位でかかってたと思います
広告バスだけでも数百万かかってますからね
あと、ケンコバさんとか使ったり、雑誌タイアップ、番組もたくさん制作したりしてましたからね

ですから、今年、開催できるか不安がっていた所の一つには予算面があったのではないかと


ただ、広報、周知活動に関しては、既に、かなり知名度は上がってるはずで
去年、あれだけ頑張ったので、少なくとも、業界内と、AVファンの間での知名度は十分になったと思います
ですから、今後の課題としては、一般人へどれだけ、「自然な形で」アピールしていくか?という感じになっていて
これは、まぁ、今のご時世がご時世ですから、無理に頑張らなくとも、今は良いと思います

ということで、無理な広報活動は削減してもよかったと思います

個人的には、去年の関連番組が楽しすぎたので、今年1番組だけだったのが残念でならなかったです

どうしても女優ばかりに注目が集まってしまって
それはそれで良いのですが
やっぱり、作品を競ってるんですから
監督やプロデューサーにスポットが当たれば良いなという風には思う面もあって
そういう意味で、昨年の番組で監督が出てきて作品を語るっていうのが面白かったなと
来年はやって欲しいですね



あと、テクニカルな話として、2点注目すべき点があります

1つは、総合グランプリが純粋な売上のみとなって、投票は別部門になった事
もう一つは、レンタルも売上に入れた事


昨年から、というか、かなり前から、この手の賞レース関係について、何度も書いていた事なんですが
売上的な実質評価の部分と、投票的な部分の評価について
一様に並べて評価するのは難しいという話は何度も書いていて

また、全部の作品を横一列に1票ということになると、
全く別ジャンルのものを同一視して評価しないきゃいけないということで
よくよく考えてみると、本当によくわからないレギュレーションになっていました
昨年のAVOPEN、選ぶのに非常に悩んだのを覚えています

結果として、Moodyzだったので、ジャンル別のままの結果だったのですが
売上とは違う評価で、総合グランプリという一番上の賞が決まった可能性があったわけです

で、今回からは、基本的には、純粋に売上のみとなって
イベントを盛り上げる意味でもある投票については、別に部門を設ける
という事になったと

これは、良い方向なんじゃないかなぁと思います
ただ、女優とか男優は1位だけでも良いですが、監督さんは3位ぐらいまで表彰して欲しいかなぁと思うんですね
他の賞レースでは散々女優がフューチャーされているので
AVOPENは主に作品がフューチャーされるべきで
そうなると、もっと、監督が注目されるイベントであっても良いと思うのです

そしてやはり、全ジャンルを総じて1票というのはやっぱり選びづらいですよ
キョンシーと高橋しょう子を比べるんですか?って話で

投票を別にしたのは良いのですが、この点も次回は検討しなおす必要があるんじゃないかと



もう一点、レンタルが売上に集計されるようになった事

これは、前にも評価しましたが、良い事ですね
やはり、AVOPEN開催期間中に、レンタルしてたくさんの人に見て欲しいわけじゃないですか

で、毎年言ってる事に、抜ける抜けない問題っていうのがあって
面白いけど、流石に、抜けないよな~っていうのって、結構ありますよね
誰が、キョンシーAVで抜くのか?って話でね、いや、抜ける人いるかもしれませんが

だけど、見てみたい人って多いはずなんですよね

AV好きなら、まぁ、見てみようかなって思うかもしれませんが
そもそも、AVたまに見るよぐらいの人が、そんなセル買うか?って話なんですよね
買うならとりあえず高橋しょう子買うでしょ

抜けないAVに金を払う人って、AV好きだけですよ

でも、それだと、こういう大会を開いてる意味が無いわけですね
要するにAVマニアに向かってだけ作っているという事になりますから

そうじゃない層にも気軽に手にとって貰えるようにという意味でも
先行レンタルという形で、開催期間にレンタル売上も入れたのは、良い変更であると思います

普通のAVファンも手軽に見れるということで、レンタルがあったのは良かったと思います

あと、やっぱり、期間中にレンタル出来た方が良いじゃないですか

以前にも書いたことですが、結果がわかった後だと、もう熱が冷めてしまっていて
しばらくしてからレンタル開始されても微妙だったと思います
それよりも、開催中に借りれる状態にしておくということは、商機を逃さないという意味でも大きいと思います







関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks