2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

AV女優はロックである ~売れることの困難さと偏見との間で~ その2

 【12//2016】

(続き)



さて、ここまでは、売れる、売れているAV女優という話をする、前提条件の話でしたが、
では、売れる女優って何だろう?という、答えの無い話にうつります


色んな設定や売り込みの女優さんが毎月たくさんデビューされています
毎月20~30人程度だとすると、年に300人前後ということになります

ですが、私の個人的な趣味を出来るだけ排除して、この女優さんは売れるだろうなと
太鼓判を押せる新人女優さんは、年に、片手、多くても両手で数えられるぐらいしかいません

そして、これは、私だけじゃなくて、新人女優をよくチェックしてる人ならわかると思いますが
その予想は、ほぼほぼ外れていないはずです
因みに、私は、この3年ぐらいで外したのはほんの数人です
外したというと横柄ですね、想定外や予想外といった感じ
ただ、それも理屈もわかっています、基本的にはVや表面上からは予想できない要素です
だいたい年間ランキングを見ると予想通りの人が名前を連ねています

色んな難しいことを考えなくても、毎月新人チェックしてる人は、だいたい予想つくはずなんですよね


売れる女優なんて答えなんて無いんですが
売れるための重要な要素は、3つあって

1 顔
2 スタイル(体)
3 ギャップ

だと思っています
3つとも揃ってなくとも少なくとも1つ、出来れば2つ以上何か突出してる必要があると思います
たぶん、メーカーもほとんどのユーザーもそう思ってるんじゃないでしょうか


常日頃から、メーカーはどんなAV女優が売れるのか?という事をホントに四六時中考えていると思います
そして、様々な企画、設定、演出などを考えに考え抜いて、そして、日々作品が出来ていると思います
ですから、そういう様々な試行錯誤で売れていくこともたくさんあると思います
(ある意味、芸能界と同じようにメーカーのごり押し的なものがあったり
あとは、営業力といったメーカーの力みたいなものがあったりしますが
それらは全員に適用できる一般的な話にはし難いので除外します)

ですが、結局は、上記3つに集約”されてしまう”んじゃないかと思うんですね
正直、作品の出来不出来なんて、ある程度のクオリティであれば、どのメーカーも大差ないですよ
新人女優が売れるかどうかに関して、そこまで重要なファクターでは無いと思います


そして、現実は、顔と体で半分以上決まると言っても良いのではないでしょうか
ギャップは、なかなかパケ写の煽りを読むだけじゃわからないですからね

しかも、デビュー作でその先が決まってしまうと言っても過言ではありません
デビュー作が爆死しても、その後、多少盛り返して何とか頑張っていける女優さんもいますが
ほとんどの場合は、徐々に売れていく女優さんって、ホントに数える程しかいないと思います

ですから、やれることがあるならデビュー時にやっておいた方が良いと思います
設定の作り込みや、プロモーションは当然のこと
見た目に関しても、あまり大規模工事良くないと思いますが
どうしてもの人は後からやってもマイナスになるだけですので

ただ、例えば、あまりにも歯並びが悪いなら歯の矯正ぐらいはした方が良いでしょうし
肌が汚い人は、皮膚科いって治した方が良いでしょうしね
特にお尻が汚いとバックからのアングルで萎える人もいると思うので、治した方が良いと思います
あとは、乳首の色とかね
キャラ設定に合わずあまりに黒いなら、色素薄くする塗り薬とかあると思うので、そういうの試してみるとかね
こういう工事の範疇にあまり当てはまらないものでやった方が良いものはデビュー前にやった方が良いとは思います
ただし、お金がかかるのでそれだけ覚悟が必要ですが

整形外科に関して、個人的にはあまり賛成できません
デビュー前、売れるかどうかもわからない時期に借金抱え込む事になりますし
今、ナチュラルなもの、天然ものが好まれる時代なので、いかにもみたいな顔って言うほど支持されにくいです
ただ、みんなが言うほど、AV女優みんなやってるみたいな事では、全く無いと思いますよ
普通、顔を弄るとか、よっぽど覚悟無いと今時の子はみんな怖くてしませんて
確かに、アイプチ等々はやってる人いると思いますが、その程度です
少し前は流行で涙袋にヒアル注入も流行りましたが、もう廃れましたね
世の中すぐに何でも整形認定してしまう人種がいますが、
髪型やメイク、痩せたり太ったり、カメラの映り方や、カラコンの有り無しで、
誤解してると思います
あと、20代で、成長期前後だと、顎の関節とか中心に骨格が少し変わったりする人もいるので
多少人相が変わってしまう場合もありますから
歯の矯正なんてするとかなり人相かわりますよ

整形全般に関しての私の考えは決まっていて
上記に書いた通り、やるならデビュー前にやって欲しいです
要するに、騙すなら徹底的に騙してくれって話なんです
途中とかやめて欲しいし、バレるような事もして欲しくないです
ある意味、バレるような不自然な整形は絶体に反対です
で、結局、元が良くないと整形するにも限界がありますし、やりすぎると明らかに不自然ですから
不自然だと逆に売れないです、昨今でも不自然過ぎて売れなかった人とか何人もいます



私が新人をチェックする時は、まず、新人の新作パケ写見て、ぐっと来るかどうか
パケ写は、修正が多いのはわかるのですが、修正してあるにもかかわらず
目にとまらない、心に引っかからない場合は、正直、動画見ても厳しい場合が多いです
で、次に、サンプルを見て、動いてる状態で確認するという感じです

ほとんどの人がこんな感じじゃないかなと思います

演技だとか、技術的な所も重要なのですが
多くの女優さんは、基本、長くやってれば、それなりにみんな身につくものですから
新人の頃はそれほど重要な要素だとは思っていません
ただ、AV的な技術力は殆どの女優さんがそれなりになんとかなりますが
ぶっちゃけ、演技力に関しては、下手な人は何年たっても下手ですし
元々、特別優れている人自体がそれほどいませんから
最初からはそれほど重要な要素にはならないです
演技は慣れと本人の意識や努力次第なところもありますから



で、最後、ギャップなんですが

ギャップが大事であるという事は自明の理ですね

ここには設定という意味も入ってきます
設定ってキャラ設定ですが、それはつまり、ギャップを生み出すための設定なんですね
例えば、前職が○○っていうのは、それとAV女優というギャップを生み出すための設定です
元芸能人とかもそうですね、あれは、ギャップなんです

売れるAV女優で大事なことは、ギャップを意識する事だと思っています

見たまんま、肩書きまんま、誰が見てもわかる
その通りの事をしても、あまりウケはよくないです
そういうのも良い時はありますが、そればっかりというのは、やはり難しいと思います
だって、風俗嬢がAVデビュー!って肩書き、見かけないでしょ?そういうことなんです

ブログやtwitterでの発言一つとってもギャップや設定っていうのを意識すべきだと思っています

AV女優という存在自体が既に現実とのギャップであると言えますからね

最近は、デビュー時の設定やプロモーションが凄く凝っているのが目立ちます
それだけ、メーカーが一人一人の女優に対して真剣に取り組んでいるとの表れでもあり、良いことだとは思います

ある意味、メーカーは、これのために日々努力していると言っても過言では無いでしょう
メーカーが出来ることは、ここですから
そのために、例えば、有名人をスカウトしたり、色んな設定を考えたり、様々な事をするわけです

ただ、これもやるなら、徹底的にやって欲しいんですよね
誰が見てもバレるような設定はやめていただきたいです、拘って欲しい

あと、ギャップとは関係ないですが、変なメーカーのごり押しとかもよくよく考えた方が良いでしょうね
今まで書いてるとおり、新人女優の真贋は、メーカーも凄いと思いますが、ユーザーもかなり正確ですからね
ごり押しで売ろうと思っても、そう簡単にはいかないです
因みに、ここ数年でごり押しが成功したのは私が知ってる範囲では1名しかいません
あとはごり押し失敗してます




顔が良いのは当然、スタイルも良くなければいけないが
痩せすぎてもダメ、しかし、太っていてはダメ

よく、多少むっちりしていた方が良いって言われますけど
元から痩せ気味な人は別として、殆どの人は気にしなかったら太ります
つまり、常に、気を遣わないとあっという間にオーバーしちゃうんですね、ホントに大変だと思います
基本的に、元々デブ専という女優さん以外で、太って売れた女優さんはほぼいないです
基本、太ると当初のイメージもなくなっていきますし、そうなると、Vの企画の範囲も狭まります
結局、最後は、だいたい緊縛ものとかだけ(肉感がある方が縛ると映えるので)になり、仕事のオファーが少なくなっていく
というのがパターンです
いつもSNSとか見てて思うのですが、「太ったかも?」的な事を言うとファンはみんな
「大丈夫だよ!」「むっちりしてた方が良い」
とか言うんですよね
ファンとしては良く思われたいのがあるから、そう言うのもわかるんですが
これを真に受けて徐々に後戻りできないように巨大化していってしまう人が多数です
3ヶ月後、最新作が出始めると着実に売上落ちていきます
AVは見るものですからね
現実はもの凄い残酷です


痩せるというよりも、締まるって言った方が適確かもしれません
単に体重落とすだけだと全体的に脂肪が減るだけで、おっぱいまで小さくなる可能性があります
基本的に、フェイスラインとウエストさえシュッと引き締まっていれば、他はむちむちで寧ろ良いでしょうね

ちょっと話それますが、以前にも書いたことがありますが、生物学的な事を言うと
男性が女性の引き締まったウェストに性的興奮を覚えるのは、本能的な衝動なんですね
何故かというと、妊娠してないと本能的にわかると、それはセックス対象になるからなんです
また、何故、お尻や、おっぱいに性的興奮を覚えるかというのも理由があって
人類がまだ四足歩行をしていた時は、女性器は後ろからしか見えません、おっぱいも隠れてしまっています
なので、女性にとって、女性器そのものか、それにともなって見えるお尻が唯一のセックスアピールだったんですね
その後、二足歩行になったら、女性器は隠れてしまいます
それで、その代わりに、おっぱいがセックスアピールの一つになったと言われています
女性ホルモンが活発になると、お尻やおっぱいが大きくなるのもの関係してるでしょう
女性側の受け入れがOKであるという意味として男性が本能的に理解するからなんですね
このように、おっぱいとお尻が女性らしい肉付きになる事って、男性の本能への訴求力は理性では抗えないんです
男性がおっぱい、ウェスト、お尻に興奮を覚えるのは、ちゃんとした理由があるんですね

話がそれましたが、
逆にいくら体重を落としたとしても、顔や腹がだらしないと、痩せた意味がありません
昔、Hitomiさんがどうやっておっぱいの脂肪を落とさずにダイエットするかに、かなり試行錯誤されてたと思います
普通に体重落とすだけだと余計な部分まで落ちてしまうんですね
おっぱいを動かすとダメかもと言うことで、運動するときは胸にサラシを巻いて
おっぱい動かさないようにしてたとか言ってましたね

もう、アスリートですよ、マジで
長年スタイル維持してる女優さんとかマジ凄いと思います


更に、裸になるので、体の隅々まで気を遣わなければいけないので、肌のケアは全身になります
やはり肌が汚いと萎えちゃう人も出てきますので

しかも、体が資本の商売なので、常に、健康管理にも気を遣わなければいけない
撮影前には体調万全にしておかないといけませんから

また、昨今は、イベントやSNS等々ファンとふれあう機会がもの凄く多く
そういう対応一つとっても適切な行動を取れなければなりません
ファンがどうしても18歳以上ということで、年齢層が高いため、それ相応の大人の態度が必要になってきます

極めつけは、マスカッツの影響で、タレント的な能力も求められてきて
更には、歌って踊ってと・・・

これだけの事、普通の今時の女の子なら、ストレスで爆発しちゃいますよね
まぁ、たまに本当に爆発しちゃってる人いますけどね
(SNSはそれも含めて捌けるくらい精神的にタフじゃないと、誰でもやれば良いという事じゃないと私は思います)


正直言って、そこらの女優やタレントよりも、AV女優の方が女として圧倒的に総合力が高いですよ
これは間違いないです

某事務所では、事務所に入ってきた子に言うアドバイスとして
「いい女になれ(意識しろ)」
というのを聞いたことがあります
色んなタイプの人がいて、設定、売り出し方、性格、、、多種多様な人がいるでしょうが
共通して言えることは、いい女じゃないと売れないという事なんだろうと思います
それは、見た目だけじゃなくてね、全てにおいて、男から見ていい女じゃないと売れないということでしょう
男から見て「あぁ、いい女だなぁ」って思う人は、いつまでも仕事があるって話なんだろうと思います
男性から見てっていうのが重要だと思うんですよね
女性から見て可愛かったとしても、男性から見るとそうでも無いという事が多いですからね


(続く)
関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks