2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

AV女優考察 ~2013年デビュー組 編~ 白石茉莉奈、桜井あゆ、橘梨紗、鈴村あいり、RION

 【10//2017】

この糞ブログでは、ことある毎に「2013年デビュー組」というワードをさりげなく使っています
今までほとんど説明もしていないので「???」という感じだと思います

そこで、2013年デビュー組も、約4年、人によってはもう5年目に突入ということで
何故2013年にデビューした人達を特別に呼称して書いてるのか?ということを説明しておこうかなと思います

と言っても、当然ながら、全員では無くて一部の人達のみです

実は、この2013年というのは、エポックメイキングな女優さんが多くデビューした年だったのです

当然、毎年、色んな女優さんがデビューされ、人気女優へと駆け上がっています
毎年のように、女優さんのレベルが上がってきていますが
エポックメイキングな女優さんっていうと、あまりいないです

つまり、単純に可愛くなったとか、単純にもの凄い有名人がAV業界にきたとか
そういう、所謂、ブラッシュアップ的なレベルアップは、毎年行われているのですが
エポックメイキングと言う意味の区別が出来る感じではありません

だからといって、他の女優さんが劣っているとかそういう事ではなくて
あくまでも、分類上とか、今までにないとか、画期的なとか
明らかに今までとは違うという意味での区別が出来る女優さんという意味です

そういう人材が2013年に集中して複数人登場したという意味で
私は、それらの女優さんを総称して、「2013年デビュー組」と呼んでいます




まず、2013年っていうのがどういう年だったのか説明しておく必要があると思います

2013年は、ある意味、焦燥からスタートしてるんですね

というのも、2013年春に、恵比寿マスカッツの解散が決まっていたからなんです

私は発表されてからしばらく非常に微妙な気分で過ごしていて
もうAV見るのやめようかなぁとか思ってるくらいでした
なんか色々思い出すからね

実際私なんてこのブログをはじめたときはAVの話は絶体に書かないつもりではじめてましたし
当初は、AVに対してカマトトぶってましたからね、あまりよく知らないですけどーみたいな笑

それくらい、マスカッツ解散はショックだったわけですよ
うすうすわかっていたとしても現実を突きつけられるとショックですよ

個人的な事は別としても、AV業界的にも、
マスカッツ解散して、今後どうしていこうか?的な事になってたはずです
マスカッツ解散後はまた新しい流れを作って行かなきゃいけないみたいな
また新しい潮流を作らねばならないと

2013年とはそういう状況で始まったのです



そんな中、一体どういう新人女優が出てきたのか?

例として代表的な5人を、私の独断と偏見を交えながら紹介していきます











<白石茉莉奈>


芸能人 白石茉莉奈 AV Debut - アダルトビデオ動画 - DMM.R18



元芸能人で人妻という異色のキャラでデビューしたのですが
この人が特筆すべきなのは、人妻、子持ちキャラにもかかわらず
所謂アイドルAV女優として売れていったという点です
しかも、明らかにデビュー時よりも太っています(のはずです)
にも関わらず売れ続けたという
この2つの特筆すべき状況だけで、かなりエポックメイキングな存在であると言えると思います
似たキャラクターの女優が存在しないという点でも極めてユニークな存在です
また、比較的賞レース関係もコンスタントに入賞しており
その人柄もあってか、幅広いファンを着実に獲得しています

三十路だったと思いますが、今ではマスカッツで歌って踊ってと
まさか子持ちの人妻だと思わないでしょう

そもそも熟女・人妻というジャンルは普遍的なジャンルとはいえ
全体としては大きなジャンルですが、個々に関しては
所謂、他の若手の新人女優と比べると、ニッチであると言えると思います
それが、熟女系しかも、人妻子持ちというガッチガチのど真ん中にもかかわらず
ここまで幅広い支持を得たというのは一つ大きな注目点です

この女優さんに関しては今後どういう風になっていくんだろうという所に興味があります
だいたい長くやってる女優さんは、熟女系に移行していくもんですが
そもそも人妻、子持ちであって、もう30歳ですからね
普通に今の基準だと既に熟女系です
そうなると、今後もずっとこのままいくのか?
あと、いつまでSODStarなのか?
そういう点がどういう風になっていくのかが気になる人でもあります

いそうで似たようなキャラの人がいないんですよね、これが


白石茉莉奈 タマらなく四六時中シャブリたがる卑猥なオクチ - アダルトビデオ動画 - DMM.R18











<桜井あゆ>


私、せつないんです…人妻 桜井あゆ 24歳 - アダルトビデオ動画 - DMM.R18



以前、引退時に一度色々語ってますので、重複する話も出てきますがご了承を


この人は要するに、
昨今キカタンブームがありましたが、そのキカタンブームの最後尾できて、
キカタンに求められる全てを持ち合わせた女優さんでした
ですから、エポックメイキングという意味ではちょっと違うかもしれませんが

この人の特筆すべき点は、自己プロデュース力、もしくは、自己実現のための強い信念です
ここまで強烈な個性を持ったAV女優は今までそうそういなかったんじゃないでしょうか
内心は同じくらいの気持ちの人がいたとは思いますが
ここまで自分で自分をプロデュース、作り上げて、更にそれを公言し、実行する
そんな強烈な個性と行動力を持ってる人はいませんでした

素人系としてデビューした当初から話題でした、メチャクチャ美人で、エロいと
普通に考えれば、まぁ、どこかの専属でしょうね
しかし、敢えて、キカタンで行くんですね
キャラクターやイメージも自分で作り上げていくんです
よく言われる逸話みたいなのがたくさんあるじゃないですか、経験人数2万とか
ああいうのも自分で作って、
普通、昔の話とか言われたくないものですが、それも自己アピールだということで、
寧ろ、昔の知り合いとかにもお願いして、そういう風に宣伝してくれと言ってたようです

また、事務所が大手で多数のタレントを抱えているので
事務所の人に知ってもらわないと仕事が取れないと思ったらしく
事務所に入った当初は、必要もないのに事務所に行っては、マネージャー陣に覚えてもらおうと
ご飯に誘ったりしていたようです

有名な話に、キカタンになって最初の頃、競演ものの現場で、朝、他の先輩女優さんに会うなり
新人の女優が「私、(AV業界で)てっぺん取るんで」と言った、という話があります

普通、言いますか?よほど自信があったとしても、普通は言いませんよね
しかも、この話、公に暴露されるまでは誰も知らない事です
リップサービス的にメディアで言う人はいても、関係者にだけ言うとか、あり得ないですよね
でも、桜井あゆは、言っちゃうんですよ

しかも、何でもあけすけ無く話すので
終いには、家族の写真を公開するわ、通ってた学校を公開するわ
もう、何でもありの状態でした

で、アナルとスカ以外はほぼNG無しで、撮影しまくり、1年半後には、もう200本を越える作品を出します
このペースは、上原亜衣の全盛期よりも多いかもしれません
しかしながら、本人のキャラや性格的なものあって、あまり幅広いファンがつかなかったこともあって
残念ながら賞レース関係では思ったような結果が出ず
当初の目標のてっぺんは取ることは最後まで敵わなかったのですが


先輩!元カレ!同級生の友達!桜井あゆが地元の知ってる人達とガチでセックス 桜井あゆ - アダルトビデオ動画 - DMM.R18



で、凄い点は、これら全部、自分で考えて自分をプロデュースしていったという点です

例えば、よく日本のAV女優と北米のAV女優はこの点が違うと言われていて
日本のAV女優は、基本的に、全部、事務所やメーカーがやってくれて、ある意味至れり尽くせりの状況です
これは、AV業界だけじゃなくて、普通の芸能界でも言えることなんですね
ですが、北米だと、自分でプロデュース出来ないと仕事取れません、全部自分でやらないといけません
ですから、日本のAV女優が外国に単身で乗り込んでも成功しないと言われる理由がここにあるんですね
昨今ではまりかさん等が話題になりましたが、ホント例がありません
そんなにバイタリティ溢れる日本人ってごく少数ですからね

これほど自己プロデュース力があり、自分で、自分を作っていける女優さんっていうのは
今も昔もいなかったんじゃないですかね
誰もが、客観的かつ戦略的なプロデュース能力があるわけじゃありませんし
基本的には事務所やメーカーの提案や相談をしながらっていうのが普通でしょうから
それをそういうの無しで、全部、自分で自分を作り上げていって、成功したという点で
エポックメイキングな存在であったと言えると思います

当然、AV女優としての力量や、その類い希なタレント力
そして、急にミリガでアイドルやれと言われてもやりきれるその適応力

これだけのポテンシャルと、自己プロデュース力を兼ね備えた
非常に能力の高い女優さんであったと思います
所謂、昨今のキカタンブーム、所謂AV芸人的なものの最終形態といって良いと言えます

ただし、引退時にはあまり書きませんでしたが
引退直前から引退して現在に至るまでの状況を見ると
ちょっと、桜井あゆとしては、かっこ悪い状況になってるなぁと思います
スカパーとれなかったことじゃありません
それは桜井あゆじゃないだろ的な、そんな桜井あゆは見たくなかった的な
結局、1年後引退すると決まってから、実はずっと迷走してるんですね
その迷走が引退して今もなお続いていると思います
まぁ、この辺は、今も別業界で頑張ってらっしゃるので野暮な事は多くは語らないことにします

一概には言えませんが、
AV女優は、AV女優であるときが一番輝いてるんだなぁと改めて感じます
桜井さんはやれるだけやったとは思いますけど
どんな人も、折角覚悟を持って業界に飛び込んだなら、その一番輝けるときに、
悔いの残らぬよう頑張って欲しいなと思います


愛しさと切なさと…涙我慢して 桜井あゆベスト4時間 - アダルトビデオ動画 - DMM.R18


ちっぱくてもいいじゃない。あゆっぺだもの! 桜井あゆ16時間 - アダルトビデオ動画 - DMM.R18












<橘梨紗>


マスカッツ解散へのカウントダウンが始まり
焦燥ではじまった2013年のAV業界ですが、ある意味をそれを吹き飛ばす人が現れます

それが、橘梨紗でした

AV debut 橘梨紗 - アダルトビデオ動画 - DMM.R18



この人の特筆すべき点は、

AV女優は、肩書きだけで売れる時代では無くなった
ということを明確にした、証明した

という点です
これ以降、橘梨紗レベルのルックスを持ってないと、いくら肩書きが良かろうが(大きく)売れない時代になりました

つまり、いつも書いてますが
元芸能人(アイドル)という肩書きは、ブースト値であって、元が良くなければ、正統なブーストがかからない

橘梨紗は一応国民的アイドル出身という事になっていますが
たぶん、この肩書きが無くても売れてます
それだけの素材でした
肩書きって言っても有名でも何でもなくて、研究生ですからね
SODもそれをわかってて、肩書き自体にあまり期待できないので、敢えてそういう風な煽りにしませんでした

ですから、これ以降、元芸能人で売れるか売れないかの指標は、橘梨紗が一つの目安になったと思います

橘梨紗レベルのルックス、体があるかどうか

このレベルにないと、ハッキリ言って、元芸能人という肩書きがあっても大きく売れません
事実、売れてません

三上悠亜と高橋しょう子はこれをクリアしたから、もしくは近いレベルにあったから売れたのです

例に出して申し訳ないのですが、その後、同じ肩書きで1作だけ出した人とかいましたが
思ったように売れませんでした、知名度は、はるかに高かったのに
結局、体がガリガリでエロいとは遠かったんですね
また、他にもいらっしゃいましたが、ちょっとルックスが落ちるんですね
そういう様々な要因があって、結局、昨年の三上悠亜が出てくるまでずっと
ある意味成功とはいえない状況でした

三上悠亜のMUTEKIデビューが発表された時に
「AV向きの体をしている」「この子は売れるから本格的にAVデビューした方が良い」
と書きましたが
やっぱりね、可愛いだけじゃなくて、体がAV女優向きってあるんですね
ただ、高橋しょう子さんもそうですが、三上悠亜さんも、この二人が今までの元芸能人達と
全員とは言いませんが、少し違うのは、もの凄いAVにやる気があるって所です
エロに積極的で、特に、三上悠亜は今のところ撮影がほぼほぼ全力で好感が持てます
まぁ、心配なのはその気持ちが一過性じゃなければという点ですけどね
どんな女優さんでも長くやってると気持ちがダウンするっていうのは定期的にありますからね

ちょっと話を繋げると、同じ2013年デビューした希島あいりさんがいますが
ある意味、元マスカッツで当時は一応グラドル?なのかな?
で、マスカッツ解散後、デビューですから
ある意味、同じ系統ではあるんですけどね、元芸能人です
この人は、可愛いですが、体がスレンダー系なのでちょっとそこら辺は厳しいのですが
それでも、元マスカッツで可愛いとなれば売れて然るべきなんですけどね
他の女優さんに比べれば十分に売れてるんですが
ただ、恐らく、周囲も本人も理想通りの売れ行きじゃなかったはずです
そうじゃなければ、アタに移籍しないでしょうから
希島あいりさんは、今はわかりませんが、少なくともアイポケ時代は、あんまりエロに興味は無かったんですね
恐らく、周囲も、可愛いのでAV出れば売れるんじゃないかと思っていたんじゃないでしょうか
ただね、エロに興味がないとやっぱりマグロになっちゃうんですよ
で、更に、普段もオナニーすらしないみたいなのを見たことありますから、それだと更に辛いですよね

何度か書いてる事ですが、晶エリーさんがよく言ってたことで
AV女優は普段からディルドやバイブでオナニーして、自分で中を開発しろと言っていて
自分で普段から気持ちよくならないと、本番で入れられても気持ちよい表現なんてできるわけないという事でしょう
電マは刺激が強すぎるから使うなとも言っていて、撮影で電マに対して鈍感になってしまうからという事みたいです
晶エリーさんは敏感で電マ当てられただけですぐ潮吹いてましたからね
あんまりセックスにも興味がない、で、普段もオナニーすらしないだと
それが作品からも視聴者に伝わってしまいますよ
希島あいりさんに関しては、最初から少なくとも今ぐらいのやる気があれば結果は変わっていただろうと思います
別にスレンダーでも良いんですよ、同じ事務所の希志あいのは、かなりガリガリですけど、エロいですよ
恐らく自分でも自覚しているからその他の部分で努力してるんだと思います
ユーザーが何を求めているのか、表情、声、見せ方、、、全部わかってやってます、きっしーは頭良いからね
近くに良いお手本があったのに

ということで、最近じゃ、三上悠亜さんや高橋しょう子さんレベルでも
作品に対するモチベーションも高く、どうやってエロく見せるかを考えてる時代になってきており
益々、ハードルがあがってるんですね
もう、脱げば金になる時代なんて戻ってこないのかもしれません


で、話を戻すと、橘梨紗は、結構、敏感で反応もよく
本当に、今後が楽しみな女優さんでした
それだけに5本で引退とは残念でなりません

恐らく、あのまま現役を続けていたならば、今のAV業界の様相は違ったものになっていたでしょう
この損失は業界にとって大きかったと思います

AV女優レベル、特に元芸能人に関するレベルを一段階上げてしまった、

橘梨紗とは、そういう女優さんです



今戻ってきても余裕で通用すると思うんだよなぁ・・・
一昨年のパチ営業の時はもしかしたら・・・と期待もしたんですがねぇ・・・
こんな極上の女性がそこらに埋もれてると思うと勿体ない話です


引退 橘梨紗 - アダルトビデオ動画 - DMM.R18



LEGEND 橘梨紗 - アダルトビデオ動画 - DMM.R18















<鈴村あいり>


プレステージ夏祭り2013 日焼け美少女。 鈴村あいり - アダルトビデオ動画 - DMM.R18



プレステ史上最も売れた女優と言われる鈴村あいり
最初は、そこまでじゃなかったのですが、ある意味口コミで広まるかの如く
徐々にファンを獲得し、今や、プレステの屋台骨を支えるどころか
鈴村あいり無しじゃやっていけないレベルの女優になりました

彼女、正直、超可愛いというタイプの女優さんでは無いです、ファンの人ごめんなさい
十分に可愛いけど、超可愛い!スーパー美少女!っていう事でファンになった人は少ないと思います


すっぴん。 鈴村あいり - アダルトビデオ動画 - DMM.R18



魅力は、絡んだ時にエロい女に豹変する、そのギャップです

普段はコミュ症全開の伏せ目がちで、最近はマシになりましたが
インタビューですら、ろくに答えられないくらい、内向的な感じです
それが、一度、スイッチが入ると、ヤバイです
たぶん、男優さんもその豹変ぶりにこの子ヤバイと思ってるのではないでしょうか

つまり、AV業界の、とにかくルックスや肩書き重視できた流れとは全く違う流れです
全然違う方向なんですよね

しかも、あまりイベントもやりません、当初はやってましたが、今や年に1,2回です
当然そういうファンサービスも苦手ですから
これも最近のAV女優とは違う流れですよね
今はファンサービスしまくって、とにかくDVD売らないとっていう時代ですから

昨今のAV女優とは全く違う方向で売れている、しかもプレステで一番売れてる女優

昔、
「何故、鈴村あいりが売れているのか?これを各メーカーは真剣に考えた方が良い」
と書きました
これはつまり、単に、ルックスが良ければ良い、肩書きがあれば良いという状況に対して言った事なんですが
確かに、鈴村さんも十分に可愛いんですよ
ですが、恐らく、このギャップの魅力が無ければ、まぁ、6~12本で終了してたでしょう



鈴村あいりとしたい10のこと 夢のオナサポ4時間SP - アダルトビデオ動画 - DMM.R18




ただ、そんな鈴村さんも既に4年、今後もこの感じで行くのかどうか
この辺の見極めが難しいように感じます

徐々にコミュ症も改善されています、本当に徐々にですが

しかし、流石に、同じ事をやっていたら、徐々に落ちてくるのは仕方ない話で
今後のプロモーションをどうしていくのか?
メーカーも事務所も頭悩ませてる点じゃないかと思います
本人が嫌がることをさせるわけにもいかず、しかし、このままの調子で続けるのも不安だしと

で、流石に流石に、最初に比べれば、話せるようになってきてますし
ある意味普通になってきてるんですよね、徐々にですが
だとすると、そこら辺が一般のAV女優さんレベルにはなるとすると
逆に、ギャップが小さくなるということで
じゃ、今のままいてくださいと言っても、人間、必ず日々成長するものですから
しかしながら、ファン層は、古参>>>>>新規なのは明白であって
古参は何を求めているのか?も重要な点であって
今後のことも考えると、舵取りが難しい感じになってると思います


今、ブログやらツイッターは全て放置で、インスタグラムを新たにはじめてるんですよね

鈴村あいりさん(@suzumuraairi) Instagram写真と動画

メーカーがツイートしてるので本物です
昔、写真に興味あるといっていたので、じゃ、インスタグラムならどう?と言われたのだと思いますが
これもいつまで続くんでしょうか
メーカーの雰囲気的には、あの手この手で何とか鈴村さんに頑張ってもらおうという方向な気がしますが・・・


現状維持が一番なのか?
それとも
何か自分を変えていく方向で新しい鈴村あいりを見せていくのが良いのか?
難しすぎる判断なので、無責任にどっちが良いなんて言えないですね



鈴村あいり なまなかだし - アダルトビデオ動画 - DMM.R18



ボクを好き過ぎるボクだけの従順ペット 2 鈴村あいり - アダルトビデオ動画 - DMM.R18














<RION(宇都宮しをん)>


マスカッツも解散、橘梨紗も急に引退
おいおいおいおい・・・ってなってる頃
2013年後半にデカイ弾が飛んできました

私は正直おっぱい好きですが、巨乳までは良いのですが
爆乳までになると正直あんまり好みではありませんでした
まぁ、殆どの場合そこまで大きいと、他の部分も大きかったりしますしね
で、その他も色々劣る傾向にありますから
例外はJULIAさんだけで他はちょっと・・・という感じでした
ただ、JULIAさんは背丈がちっちゃいんですよね

で、そんな私の固定概念を覆す人が現れます

宇都宮しをん、後のRIONです


新人NO.1STYLE 宇都宮しをんAVデビュー - アダルトビデオ動画 - DMM.R18




この人に関しては、第一印象で「ヤバイぞこれ」と思いましたね
たぶん、多くの人がそう思ったことでしょう
そして、1作目、2作目と見ていき、確信しましたね
これはとんでもないぞと

恐らく、何となくですが、ハーフかクウォーターなんじゃないかと思いますが
それでも、スタイルが日本人離れしてますよね
というか、欧米人でもこんなスタイルの人いないでしょ



おっぱいの大きさに対しての、手足等の細さというか、スタイルの良さが飛び抜けている
水泳やってたらしいのですが、そのせいか、肩幅が広いので、おっぱいの付き方が凄く綺麗です

まさに絵に描いたような体型です

で、まぁ、メチャクチャ美少女とか美人とか、そこまでじゃないですが
十分過ぎるほど可愛いと


これ今後業界牽引する一人だぞと、誰もが思ったはずです

業界的な影響で言うと、巨乳系の女優が困ったことになりましたね
つまり、今までは、おっぱいが大きければ、比較的一定レベル売れてました
ただ、彼女が出てきてからは、最低限とは言いませんが
ここまでのレベルをユーザーが知ってしまったので
出来るならこのレベルをユーザーが求めるようになってしまったと
ですから、これ以降、本当はもっと売れても良かったのに・・・
という巨乳系の新人女優さん多かったと思います
この巨乳系のAV女優のハードルを挙げてしまった影響は今も続いていると思います



で、デビュー以来、知る人ぞ知るという大人気女優だったのですが
その後っていうのは、ご存じの通り、非常に活動がふらつきまして


まず、デビュー3ヶ月ぐらいで、安齋らら名義でのグラビア活動がありましたね
このデビュー3ヶ月後っていうのがわかりやすいタイミングなのですが
つまり、デビュー前からの状況だけでは確信は持てないですが
流石に、2作目後、3作目までの予約状況など見ると
流石に関係者も絶対的な確信を持てたはずですからね

これ、普通に見るとわけがわからんですよね、何故こんなことするのか
恐らくは、苦肉の策じゃないかとは思うんです

というのも、本人はパブ禁だと
当初は完全パブ禁でしたね
だから、メディアにも出ませんでしたね、パケ写すら
店舗やネットで調べるとお店にはあるんだけど
ある意味AV見る人しか知らない存在です
ただ、それだけで終わらすにはあまりにも勿体ないが
プロモーションが全く打てないと
で、そこで、名前も変えて素性も不明にして、ヌードグラビアで
間接的に知名度を上げるのはどうだろうか?と考えたのでは無いかと思うんですね
今時、そんな別名使ったところで、バレバレだというのは関係者もわかってたと思います
ですから、色んな条件の間を縫ってのプロモーションだったのでは無いかと、私は見ています
事実、AV側から見ると意味不明な活動ではあったのですが
グラビア見てAV見たと言う人も多かったはずで、効果はあったと思います
写真集売れましたしね


交わる体液、濃密セックス 宇都宮しをん - アダルトビデオ動画 - DMM.R18



セクシーチャンネル 宇都宮しをん - アダルトビデオ動画 - DMM.R18




で、その後も完全パブ禁状態は続きますが、何とか順調にいくのですが
デビュー1年で突然の活動休止
しかし、最後に出たDVDは卒業や引退的な感じは全くなく、普通に今後も続く感じ
不可解なのが、メーカーも事務所も誰も、引退だとは言わないという点
淡々とベスト盤を出す、しかも2回も出すんですよね
で、普通なら、契約切れた女優さんで、ベスト盤の発売も終わったら、メーカーHPに掲載とかしないんですが
ずっと掲載しっぱなしなんですよね
これは、つまりは、メーカーとしては、今でも所属してますよというか、そういう意思表示であると

ただ、このよくわからない、状況が不明な状態が、1年続くんです


宇都宮しをん エスワン12時間コンプリートBEST - アダルトビデオ動画 - DMM.R18





で、一昨年、休止から1年たって、急に、復活するんですね
しかも、名前をRIONに変えて



新人NO.1STYLE AVデビュー RION - アダルトビデオ動画 - DMM.R18



当時、このパケ写を発見した時はビックリしましたよ
いつも通り、新作のパケ写をチェックしてたら
「おや?」と
どっかで見たような・・・
というか、この変態的な体って、新人って言ってるけど、あの子しかいないよなと・・・
で、パケ裏見て、確信しましたよ
リアルで声が出ちゃいましたよ「まじかーーー」って

なんで、すぐ気がついたかというと
その日って、実は、普通に宇都宮しをんが活動を続けていたら
2周年の日だったんです
2013年9/7デビューですから、2015年9/7は2周年だったんですね
発売は10/7ですが、新作情報は1ヶ月前に出ますから
ですから、実は、結構、しみじみした気持ちでいたんですね
ああ、順調に活動してれば2周年かぁと
だから、パケ写見たときの衝撃というか
朝、しみじみした感じでいたから、余計にですよ、夢かな?と

RIONに変えたのは、事務所が変わったから以外に理由はありません
AV女優の肖像権に関しては、ちょっとややこしいので、説明面倒なんでやめときますが
ま、とにかく、AV女優は事務所が変わるとほぼほぼ芸名が変わると思ってください
でも、別に、普通の芸能界も同じですよね
事務所を変えた理由は何かはわかりません、今更余計な詮索はやめましょう

で、その後、昨年秋で丸3年、実働2年の4年目に突入という感じです

因みに、一応、名前変えて再デビューみたいな形を取ったので、体裁上、新人扱いみたいな事になりましたが
復帰1作目の一番最初のコーナーで、前のデビュー作のパケ写を監督がもってきて
顔の横に昔のパケを並べて「似てませんか?」みたいな茶番をわざわざ収録してるんですよね

つまりは、復帰まで、1年、色々あったと思うんです
ただ、事務所変えるぐらいですから、色んな事があったでしょうが
結果としては、ほぼ円満で復帰できたという事をアピールするために
その最初のコーナーでの茶番であったと思うんですね、問題があるならそんなことできませんから
この辺は正確に状況を見て判断すべきであると思っています

ただ、どこかで、同一人物であると認める方向でやらないと
今後、色々活動していく上で、面倒だと思うんですよね
そこら辺の整合性というか、対応の仕方?スタンス?
そういうのをきっちり決めておいた方が今後のためには良いと思っています
一応、復帰作でああいう形にしているので、笑ってすませる程度のことにはできると思いますが


で、やっぱり、一番勿体ないなぁと思うのは、大事な2年目を棒に振ったという事ですね
AV女優の1年って、その後の人生の10年分に匹敵するほど、大事なもんですよ
それを棒に振ったっていうのはね、厳しい話です

ユーザーの目からは4年目に見えるのに、実績は1年少ないと
これはやっぱり不利になってると思います

ですから、まぁ、4年目ともなると、この業界、もうベテランの域ですよ

ただ、途中休止が入ってますので、ある意味、今年で2年目ぐらいの感じなはずです
これがちょっと大変かなと思う点です

その差を埋めていかないと今後厳しいかなぁと思ったりします

既に固定ファンもいますし、最近は、イベントもやるようになりましたので
そりゃ今後も売れると思うんですね

ただね、私、出てきたときに、これは「ポスト麻美ゆま」になるかもと思ったんですね
やっぱりね、ああいうことで引退されて、誰もがポスト麻美ゆまを求めていて
で、そうなるだけの素材だと思ったんですね

やっぱり、周囲は、そこまでの域を期待するわけですよ
普通に売れてるレベルじゃ満足できないと思うんですね

本人は当初完全にパブ禁にするぐらいで、未だにイベントもあまりしませんから
あんまり積極的な性格でも無いのかもしれませんが
やっぱり、持って生まれた、誰にもマネのできないものを持ってるんですから
それを宝の持ち腐れにしないためにも、やはり、限界以上に頑張って欲しいと思うんですね
絶体、後々、後悔しますよ、もっとやれたはずだと


で、今後の課題は、やはり4年目相応のAV女優力をつける事だと思うんですね

例として、JULIAさんをあげたいと思います
JULIAさんも巨乳で有名ですが、もの凄いスタイルも良いですよね、体も凄い綺麗です
本当はおいくつなのかわかりませんが、年々徐々に劣化はするでしょうが
それを最小限に抑えるために、自分に投資してると思います
そして、作品を作る事への拘り、プロとしての意識の高さです
どうしても、パーフェクトボディと呼ばれるその体ばかりに注目がいきますが
JULIAさんって、たぶん、あんなに巨乳じゃなくても、売れてると思います
つまり、自分の持ってるものに甘んじていないんですよ
先ほど、希志あいのについて、
「体はエロく無いが、きっしーはエロい。
何故ならば、ユーザーが何を求めているか、表情や声、見せ方など全てわかってやっている。」
というような事を書きましたが、
JULIAさんは、あれだけのものを持っていながら、それに甘えていないんですね
JULIAさんもきっしーと同じように、全部わかってやっていると思われます

ですから、なかなか同じタイプの女優さんていないかもしれませんが
JULIAさんらを見習って、AV女優としてもう一段階実力をつけていく必要があると思います
麻美ゆまさんも非常にAV女優力が高かったですよ
その一流AV女優のレベルに達せるように、努力していく必要があると思います
JULIAさんもデビュー直後は全然ダメで、やっぱり勉強して努力したと言ってましたからね

まずは、そこまで思うほどの意識の変化が必要でしょう

もう一つ、最近大丈夫なのですが、ちょっと気になったのは
復帰後一時期ちょっと太った時期がありましてね、若干ですけどね
ホントに、この超人的なスタイルが唯一無二の存在たらしめてるんですから
気をつけないと
最近は、ジムにも通ってるようで、一応体調管理しているようなので安心してますが

あと、AVとは直接関係ないかもですが
最近は、イベントも少しだけですがやるようになって
twitterもはじめて、あんまり更新しないので三日坊主の気がしてますが、
まぁ、これからは色々ファンサービスもやっていこうという感じなんでしょうけど
あまり得意じゃないんでしょうけど、そこら辺の対応も含めて
やはり所謂タレント力的なものも、今後、付けていく必要があるでしょうね
こればっかりは場数踏んで、色んな種類の仕事していかないとダメでしょうけど

ただ、確か少なくとも夏ぐらいまではまだ関西在住だったはずで、それ以降は何の証拠も無いので今は知らないですが
東京に来ないとなかなか細かい仕事も手軽に出来ないというのもあるでしょうけどね

でも最近のAV女優はそういう色んな事を求められますから
私は復活後の状況を見ると、今後は更に積極的に活動していく方向でいくしかないのかなぁという気がしてます
今までのプレミア感と良い感じで折り合い付けながらね

今年一年が勝負の年、重要な年になるんじゃないでしょうか
現状維持で過ごしてしまうと誰も得しない結果になるんじゃないかと危惧しています


1ヵ月間セックスもオナニーも禁止されムラムラ全開でアドレナリン爆発!痙攣しまくり性欲剥き出しFUCK RION - アダルトビデオ動画 - DMM.R18


完全緊縛されて無理やり犯された巨乳女子大生 RION - アダルトビデオ動画 - DMM.R18














以上が、所謂、2013年デビュー組として、私が呼称してる主な人達になります

一部引退済みの人もいますが、それぞれ非常に特徴的な女優さんばかりです
まさに、AV女優としてAV史の中でエポックメイキングな人達であると言えると思います

ただ、私自身もマスカッツ解散を紛らわすために、新しい何かを求めてるような
そういう気持ちでAVを見てる時期でもありまして
そういう事が影響して、何か特別な思い入れがある可能性は否定はできないとは思います

まぁ、2013年デビューで他にも売れた人はたくさんいるんですけどね
例えば、桃谷エリカ、成宮ルリ、逢田みなみ、緒川りお・・・
その他、たくさんいらっしゃるんですが
単に、可愛いとか、売れてる売れてないとか、そういう事ではなくて
非常にユニークな特別な存在、もしくは、その後に大きく影響を与えた人
そういう人は、毎年、1人いるかいないか、そういう確率なのですが
この2013年という年は複数登場したということで、特別な年であったと思います






アホみたいな長文、よくぞここまで気力が続きましたね
ここまで読むような暇な人の時間つぶしになってくれてたら、幸いです

因みに、今回、AV女優考察と大袈裟なタイトルを付けてますが、
単に書いてる内容に合う良いタイトルが浮かばなかっただけです
続きがあるわけではありません、たぶん




関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks