2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

DMMアダルトアワード2017 最優秀女優賞 ノミネート女優発表 (&雑感と愚痴と選挙活動と苦言と裏話と)

 【05//2017】






名前 明日花キララ あべみかこ 市川まさみ 椎名そら
生年月日 1988年10月2日 28歳 1994年2月21日 22歳 1991年7月10日 25歳 1995年7月12日 21歳
AVデビュー 2007年12月21日(10年目) 2012年6月20日(5年目) 2015年1月8日(2年目) 2015年10月25日(2年目)
身長 165cm 158cm 162cm 155cm
BWH B90cm W58cm H83cm B82cm W57cm H83cm B81cm W61cm H91cm B88cm W56cm H83cm
出身地 東京都 東京都 東京都 愛知県
趣味/特技 食べること、ブリッジ ピアノ スノボー -
専属メーカー エスワン - SOD -
所属事務所 ディアズ アルシェ ティーパワーズ ディクレア
blog -
twitter
フォロワー 324800(2010/05/21~) 27600(2014/09/08~) 40900(2016/02/01~) 46200(2015/09/18~)
作品数(dmm登録) 303 195 20 126

名前 白石茉莉奈 園田みおん 辻本杏 三上悠亜
生年月日 1986年8月10日 30歳 1994年11月11日 22歳 1993年12月13日 23歳 1993年8月16日 23歳
AVデビュー 2013年6月6日(4年目) 2015年8月7日(2年目) 2014年3月13日(3年目) 2015年6月1日(2年目)
身長 154cm 150cm 155cm 159cm
BWH B90cm W60cm H90cm B90cm W58cm H88cm B82cm W57cm H80cm B83cm W57cm H88cm
出身地 東京都 神奈川県 栃木県 愛知県
趣味/特技 料理、ゴルフ、高校野球観戦 アニメ・カラオケ お菓子作り、読書、アニメ鑑賞、卵焼き、服作り 空をみること、散歩、フラフープ、なわとび
専属メーカー SOD プレステージ エスワン エスワン
所属事務所 バンビプロモーション RIL C-more -
blog
twitter
フォロワー 146400(2013/01/03~) 37800(2015/04/16~) 43100(2014/03/10~) 125500(2015/10/30~)
作品数(dmm登録) 56 36 51 14

名前 水野朝陽 桃乃木かな
生年月日 1990年11月12日 26歳 1996年12月24日 20歳
AVデビュー 2013年2月13日(4年目) 2015年2月19日(2年目)
身長 165cm 153cm
BWH B90cm W58cm H88cm B89cm W58cm H83cm
出身地 東京都 東京都
趣味/特技 料理・バスケ・弓道・水泳 カラオケ、ピアノ、バレーボール、大食い
専属メーカー - アイデアポケット
所属事務所 C-more ライフプロモーション
blog
twitter
フォロワー 57100(2014/10/03~) 78200(2015/09/25~)
作品数(dmm登録) 572 25




















先週に引き続き、最優秀女優賞のノミネートも発表されました

普通に誰もが思うことは
マスカッツ多いなぁ
ですよね

これはまぁね

で、私の印象は
今年も辞退者が多いなぁ
去年新人だった子が去年よりも多いなぁ
です

そもそも熟女は最初から除外されてます
で、前回優勝者もプレゼンターなので除外されます
その他当然引退者も除外されます

それでも今年も多いなぁという印象ですね
もう何回も出たくないという人もいるとは思います

因みに昨年?も言いましたが、
近年ずっとランキングトップの波多野結衣さんですが
もう大きな賞レースには出ないようです、本人がもうスカパーでお腹いっぱいのようです
他にもそういう女優さんは何人もいます

したがって、仕方ない面はありますので
今年は、こういうラインナップという事で良いんじゃないでしょうか


あと、上記の表の各プロフを見て、ん?って思う人もいるでしょうが
これであってるんで・・・ええ、まぁ、みなまではいいません




で、ざっと見た感じだと、本命三上悠亜、対抗明日花キララかなぁとは思うのですが
本命というか、もう、たぶん三上悠亜さんだとは思いますけどね
明日花キララさんが初回にノミネートされていて
その時は、2位にもなれなかったというか
もっと順位は低かったと思います
ですから、実際、明日花キララさんがこういうのに強いのか?と言われれば
実はそんなに強くないのかもしれないです
フォロワー数は圧倒的なんですがね

そこで、新人賞の時と同じように各候補者それぞれ
ノミネートに関する感想や決意等々をツイートした際の、
それに対するtwitter上でのファンの反応をチェックしてみました


名前,リプ,リツイート,イイネ(2/4時点)

明日花キララ,68,190,1153
あべみかこ,15,39,160
市川まさみ,-,-,-
椎名そら,32,59,241
白石茉莉奈,45,79,341
園田みおん,28,34,164
辻本杏,45,18,193
三上悠亜,34,156,801
水野朝陽,15,21,156
桃乃木かな,68,46,278


市川さんがまだですが
これを見る限り、明日花キララさんがトップです
明日花キララ、三上悠亜、白石茉莉奈、桃乃木かな
の順ですかね

ただ、3年前の時もそうなんですが、twitter上では明日花キララさん人気なんですけど
実際、投票となるとそうでも無いんですよね
ですから、ここら辺が読めないんですよねぇ

そうだとしても、まぁ、実績も考えると
三上悠亜さん、明日花キララさんで1,2位という感じじゃないでしょうか
はたまた、第三勢力が現れるのか
結果が楽しみですね


因みに、このブログを過去見たことあるなら何となくわかると思いますが
私、好き嫌いは別として、見た目だけに関して言えば、AV女優的には
園田さんとか水野さんとか三上さんとかのタイプのAV女優さんが好きです
明日花キララさんはもうお腹いっぱいになってるので

この中では最近は園田さんが頑張ってるなぁという印象ですかね
園田さんって背丈ちっちゃいんですよね、JULIAさんよりちっちゃい
ほぼほぼミニマムです
で、私よく身長を気にするのは、
私自身がかなりデカイので身長が低い女性は子供に見えてしまうというのがあるのですが
それは実際に付き合うわけでも無いので別としても、
良い体をしていて身長が低いと
どうしても全体の印象が悪くなるんですよね、ずんぐりむっくりというか
なので、JULIAさん並に極限まで仕上げないと、身長が低い人は
全体のバランスという意味での印象があまりよろしくない
ロリ売りの人はそれでも構わないんですけどね
で、去年ぐらいから、プレステ移籍して少したったぐらいからでしょうか
心機一転なのか、かなり体搾ってらっしゃいますよね
その成果が出て、最近は、見違えるようにスッキリして見えるようになりました
立ち姿も綺麗です
そういう意味で、ノミネートという目に見える結果が出てよかったですね
twitterでもかなり喜んでらっしゃいました

そんなこんなで
今年の女優賞は、何となく結果が見えてるような気がしますが
女優賞に関しては、2位まで表彰されますからね
どんな順位になるか、蓋を開けてみるまで全くわからないですね











さて、新人賞、女優賞のノミネートが全て発表されましたが

総評的な話でもしていきましょうかね

以下、非常に長い話が続きますので、色んな事に興味がある人だけ読んでください
後になって、無駄話に付き合わされたと憤慨しちゃう人はやめておきましょう

でも、そこらの提灯記事を読むくらいならぜんぜんマシだと思います







まず、軽くちょっと愚痴っぽい話ですが

なんて言いましょうか・・・
このブログでは、
昨今の賞レースでの企画単体の強さという話は、少なくとも3年以上前から言っていますし
去年のアワード終了後に、来年は専属にチャンスがあるという話とかはしてますしね
素人の後追い記事ばかりですよ
プロならプロらしく、独自の新しい視点で執筆活動したらどうなんでしょうか
まぁ、素人は黙ってろと言われそうなので黙っておきますけど
なんだろう・・・黙ってるけど、一応気がついてるからね?という話です
プロは権利権利と主張しますが、今のところ私は主張しませんから






次に、投票に関しての話

スカパーとごっちゃにしてる女優さんもいるとは思いますが

たぶん、殆どの人が、DMMアカウントは1個しか持ってないと思うので
一発勝負ですよ、一人一票しかありません

ですから、投票した後に、やっぱ違う人に投票しておけば良かったと思っても遅いわけです
つまり、DMMアダルトアワードで何が大事かと言うと
スタートダッシュ
です

AV女優ファンはDDも多いので、とにかかく、最初に投票させたもん勝ちです
最初の2週間ぐらいでほぼほぼ態勢は決していると思われます
ですから、やれることがあるなら、投票が開始される前にやっておいた方が良いです

昨今は、1位になったらということで、公約を掲げる人が多いですね
魅力的な公約を掲げると投票するキッカケになるかもしれません

で、投票期間中盤以降は、
既に、投票する気がある既存のAV女優ファンは殆どが投票済みだったりすると思うので
そこに再度お願いしてもあまり効果は無いです
ですから、そこからは新規の掘り起こしです
そういうところから1票でも掘り起こしできれば御の字ですね

そういう感じで、スカパーとは全く戦略も違いますから
スカパーは既存のファンにどうやって確実に毎日投票行動に向かわせるかが重要ですからね

そして、最後に、会場投票
全部で2000票近くありますから、ファンの行動力が試されますね

あと、新人賞の女優さんのファンだけど、女優賞は誰でも良いとか、その逆とか
そういう人からの票とかも馬鹿に出来ませんよね
特に会場投票とかは最後の最後ですからね
ですから、投票期間が終わっても、授賞式が終わるまでは、気が抜けませんね
そういった意味でマスカッツ票って意外と馬鹿にできないと思います
マスカッツファンは誰か特定のファンでも、
片方はその人でもう片方の票はマスカッツメンバーにいれるでしょうから







次に、ノミネートの選考の話

何度か書いてる話です

今年は選考のレギュレーションがはじめて2年連続で安定しまして
昨年と同じレギュレーションでした

これは、第一回目から色々と書いてることで
単純に売上だけで見てしまった場合、企画ばかりになってしまうと
それは、企画は専属に比べて作品量が莫大ですからね
単純に総合するとどうしても企画単体ばかりがノミネートされてしまうと

このブログでもこの件に関しては、最初から問題提起をしていて
ですから、このブログでのランキング集計をするときは
ポイントレートなどを導入して、どうにか公平な基準はないかと思って書いてるわけです

で、近年選考基準がかわって、新人は、上位3作品の売り上げ合計
女優賞は、上位6作品の売り上げ合計
というように変わりました

どう変わるかというと、
どんなにたくさん作品を出していても、
その中で売上が多かった3作品ないしは、6作品しか売上がカウントされないという事です

これで、単純に企画単体がノミネートされやすいという状況は無くなりました
ある意味、私がやっているポイントレートに近い感じのものになると思います

ただし、これはこれで問題があるんですよね

というのも、ヒット作が6作品あれば後は駄作でも良いということになりますよね
大ヒットではなくとも、中ヒットぐらいをコンスタントに出す女優さんは
評価(ノミネート)されないということになります

つまり、多作家よりも佳作家の方が優れているという判断になってしまうと

スクライドのストレイトクーガーと逆の話です
クーガーは、速さこそが全てであるので
月刊漫画家よりも週刊漫画家、週間よりも日刊漫画家の方が優れていると言っていますが
その逆ですよね
月刊漫画家が優れているという事ですから

これはこれで、実は、
営業力のある大きなメーカーが有利という話になってしまうんですね
更に言うと、
新人需要の延長で2年目の女優が選ばれやすいという状況も出てきています

個人的には前から言ってるように、昨今は、企画が強すぎるんで
そろそろ揺り戻しじゃないですけど、専属が勝つ流れでも良いんじゃないかと思いますが

実際は、そういう上記のような問題提起も可能である
という話です

ただ、どんなルールにしても色んな角度からの文句は言えるんでね
まぁ、このレギュレーションで2年連続でやったならば、
来年からもこれでいくと決めても良いかもですね







次に、ノミネートに対する各女優さんについての話

もう4回目となって、流石に権威という意味ではスカパーには及ばないですが
規模や影響力に関しては、スカパーを越えてる大会になりました

私は、当初から
続けることに意味があり、続けることで
大会の権威や新しい意味が出てくる
途中で辞めてしまえば、それは、誰の記憶からも忘れ去られてしまい
無かったも同然となってしまう
多くの人が関わった空間の積み重ね、その時間の積み重ねこそが何にもまさる価値となる
そう言っていました

そういう意味で、
のべ1万人以上、実質、年間3000人はいると思われるAV女優の中で、トップ20人に選ばれる
特に、売上という、誤魔化しのききようのない実力・実績として選ばれるというのは
いかに狭き門であるかということで
今や、ノミネートされるだけでも凄いという状況になりつつあります

ですから、みんな、ノミネートされただけで喜んでいますし
やるからには、賞が欲しいと言っていますよね


そんな中、今回、一人気になる人がいます

凰かなめさん
彼女、何を思ってか、1週間経過した今になっても、一回もこの件については触れません
メーカーは当然触れているんですが、本人は一切何も言いません
必ず、メーカーと事務所と本人には事前に通達されていて
意思確認した上で、ノミネートとなっているはずなんですがね
ただ、いつも通りツイッターは更新してますし、つべも更新してるんです

何か考えがあるんでしょうか?
それとも興味が無い?
忙しすぎ?
授賞式には出るけど、積極的にやる気は無いということでしょうか



そもそも、スカパーも含めて、何故、こういう大会が開かれるのか?

それは、業界全体の、振興と発展に寄与するためです

要するに、みんなで業界を盛り上げていきましょうということです

だから、みんな協力して、盛り上げてるんですね
メーカーも事務所も関係なく、結果はどうあれ
業界をあげて、こういう大会を盛り上げるんです

参加する女優さんは、いわば、プロとして呼ばれてるわけです
タダで参加したり賞もらえるわけじゃありません
賞をもらったり、大きな舞台に立たせてもらう変わりに
参加女優さんは、メーカーや事務所と同様に、大会趣旨にそって
大会を、業界を盛り上げる義務を負っているんです

これは、大人の話なんです、ビジネスなんです
ギブアンドテイクなわけです

ガキの使いじゃないんですから、いい大人が
子供みたいな事言っても誰も賛同なんてしてくれません

今回はたまたまそういうやる気なさそうな人が
凰かなめさんだけでしたので、名前をあげさせていただきましたが
毎回、どんな大会でも一人ぐらいは、こういう人います
斜に構えているというか、照れてるのだろうか
もしくは、1位になれないなら、がんばるだけ無駄といった間違った悟り方をしている
まだまだ精神的に子供なのか、そして子供であることを良しと開き直ってしまっているのか
とにかく、そういう人が、どんな大会でも毎回一人ぐらいはいます


例えば、今回、女優賞にノミネートされた園田みおんさんは
去年、新人賞にノミネートされなかったことが悔しかった、あの日は一人泣いた
何が自分に足りなかったのか、そう考えて今日まで頑張ってきた
だから今回ノミネートされて嬉しい
そう書いてます

園田さんだけじゃないですね、他の多くの女優さんがそれぞれ
当日のスピーチなんかも、自分の女優人生を振り返りつつ、各々がその思いを語っておられます

斜に構えている人は、こういう真剣な同業者を馬鹿にしてるんでしょうか?

今回だけの話をしてるわけじゃありません
過去、そしてこれからの全てのノミネートされる女優さんに向けて書いてます

AV女優というのは、それぞれが相当な覚悟を持って飛び込んでくる職業です
それだけに、そこでの評価というのは、非常に重く
そして、そのために、みな真剣なわけです
みな人生をかけて仕事をしているわけです
にも関わらず、この業界で真に成功できる人は、ほんの一握りです
こんな職業って、他にありますか

だからこそ、AVファンっていうのは、それぞれ好き嫌いはあったとしても
全ての女優さんをリスペクトし、支えてあげたい、応援してあげたいと思うわけです


もしもやる気が無いのなら、ノミネートを承諾しなければ良いだけです
パブの関係等々で、ノミネートを辞退してる人なんてたくさんいるんですから

過去にもスカパーでノミネート後に辞退した人いらっしゃいました
私なんかが二度もノミネートされるくらいなら、
他の人に大きな舞台にあがるチャンスをあげてくださいと
辞退された女優さんがいましたよ
別に先例を作る訳じゃないですから、構わないと思います


勘違いして欲しくないのですが、
凰かなめさんだけに言ってるわけじゃありませんから
たまたま今回目についたので、ついでに色々話を書いてるに過ぎません
まだ、投票開始まで時間ありますしね
もしかしたら壮大な計画があって、そのために準備してるのかも知れませんしね

ただ、他にやることがあって、賞レースなんてかまってられないと
忙しいので、他の事で精一杯ですと
そういうことなら、それで良いと思います
人それぞれ考え方があるでしょうし
AV業界に来るのは、何も成功するだけが目的じゃなくて
まぁ、単純に言えば、稼ぐためだけに来てる人も大勢いますからね
そういう人にとっては賞レースなんてどうでも良い話でしょうから

ただ、それならそれで、辞退したらどうでしょうか?って話です
その席が欲しくて泣いてる女優さんは山ほどいるんですから
協力する余裕が無いなら、他にやる気のある人にその席を譲ってあげてくださいと

それが大人の真っ当な対応であり、一生懸命裏方で汗をかいている
業界に対しての礼儀でもあると思います

少なくとも私は、AVに対して、真摯に取り組む女優さん、メーカーを応援したいです










最後に、前回言ってた、DMMはガチの勝負だよっていう話



去年も「どーせ、マスカッツ勢が取るんだろ?」的な事いう人多かったですが
全然違ったでしょ?


で、ちょっと例というか、ガチの勝負なんだよっていうのがわかるお話をしたいと思います
色々細かな事やあやふやな事を言うよりも、
こういう話をした方がすんなり納得いくと思いますので



昨年、1位大槻ひびき、2位AIKAという結果でしたね

AIKAさんはMoodyzから全面サポートされてました
Moodyz=CAですから、つまり、CAが直接推している候補でした

それに対して大槻ひびきさんは、特に、どこが推しているというわけでもなく
強いて言えば、AVOPENで作品を出品することもあって、KMPが推してはいましたね

この状況を見るだけで、もしも、ガチの勝負じゃないとすると
AIKAさんが勝ってるはずです

本気で推してなかったんじゃないの?という人もいると思いますが
CAがガチでAIKAを推していた、総力挙げて推していたというのがわかる話としまして


ノミネートが発表されてから、各候補者は色々なところに出て行ってアピールするわけです
当然、ネットの生放送なんかも利用するわけです

Moodyzは、2015年までムームーTVという形で、
ニコニコ生放送の公式アダルト生放送番組の制作に協力していました
同じく、ムームーTVは月に一度の放送なので、その他の週は
みんなのおもちゃというタイトルで、同様の番組を制作していました
みんなのおもちゃは完全にドワンゴ主導の番組です
で、このムームーTVとみんなのおもちゃのMCをずっと勤めていたのが
最近たまにDMMニュースでも登場されていますが、元さくらんぼブービーのカジさんです
この番組は、今考えると、もの凄い生放送番組です
なんせ、一番凄い頃は、生放送でAV女優が潮吹いてましたからね

その後、2015年に双方の番組が終了するわけです
終了後は、カジさんは独自のチャンネルを持って活動されるのですが
放送終了後も、このカジさんの生放送にMoodyzの専属女優をゲストで派遣するなど
カジさんとMoodyzの関係は今なお、強く、そして継続している状況です
カジさんは、Moodyzの忘年会に常連で呼ばれていますからね、AV関係者でも無いのに

で、ここで一つ問題になってくるのは、ムームーTVに対して
みんなのおもちゃという番組です
ムームーTVは月に1度の放送ですが、残り3週はみんなのおもちゃを放送していました
つまり、みんなのおもちゃの方が圧倒的に放送回数が多いんですね
で、みんなのおもちゃに関しては、ドワンゴが主導で制作しているのですが
まぁ、話し出すと色々あるんですが、とにかく大変だったんですね
女優さん一人呼ぶのにも大変です
だいだい毎週4人程度呼んでいます
毎週4人のAV女優さんを呼ぶって大変ですよ
その時に、初期からずっとこのみんなのおもちゃという番組を支えてくれていたのが
AV事務所のティーパワーズなんです

当時は、ネット番組なんてどこの事務所も見向きもしないですよ
ムームーTVはMoodyzが呼んでくれるので、女優さんは喜んででてくれますよ
女優のギャラはMoodyz持ちですから、ある程度保証されてたと思います
でも、どのメーカーも絡んでいない番組、しかも畑違いのプロデューサーが仕切ってると
しかもそんなにギャラも良くない
そんな当時特にならない、どこの事務所もお断りな状況でありながら
ティーパワーズだけは、最初から、心意気だけで付き合ってくれていたんですね

それからは、名物マネージャーの今泉氏と番組プロデューサー、そしてMCカジさんの連携です
とにかく、あまり予算も無いので、グロスで
ネット番組に出ても良い女優さんを、毎週4人用意する
キカタンの新人で出ても良いならデビュー前でも出演してもらうような感じです
毎週同じだと飽きられちゃうんで、当時在籍していたパブOKなキカタン総動員です
ある意味大手の事務所で人材豊富だったから可能だったとも言えます
そういうドタバタな状況をなんとかカジさんが回していく、そういう状況が3年以上続いていました
その中でも、大槻ひびきさんは最多出演の女優さんで
番組の性質上、何度も存続が危ない状況になったりしていたのですが
その大変な時期にも大槻さんは毎週のように出演し、番組を支えてくれたんですね
ですから、番組終了する頃には、ドワンゴが協力して、
大槻ひびきさんのチャンネルを制作したりしてましたよね、その後の成瀬心美さんのもね
やはり、ドワンゴ側もそれだけティーパワーズには恩を感じてるわけです
当然、カジさんと大槻さん並びにティーパワーズとの縁は切っても切れない状況です
現在もカジさんの生放送にティーパワーズは定期的に女優さんを出しています

さて、この状況で
DMMアダルトアワード2016に大槻ひびきさんがノミネートされるわけです
大槻ひびきさんが、過去、スカパーにノミネートされ、負けて、どん底になっていた状況も
今回並々ならぬ決意でいることも
当然、カジさんは見てきているし、よく知っています

カジさんは、立場上、表立っては言えませんが
大槻ひびきに勝って欲しいと心底思っていたことでしょう

この関係性や状況というのは、CAはよく知っています

その上で、カジさんに
CAとしては、今年はAIKAを勝たせたい、AIKAを応援してやってくれ
とカジさんの番組で応援するように強いるのです

カジさんは、当然、Moodyzとの関係もありますので、断る理由もないので
自分の番組にゲストでAIKAさんを呼び
DMMアダルトアワード2016は、少なくとも表面上はAIKAさんを推すような形になります

後日、やはり、大槻さんはちょっとショックだったと語っています
事情はわかるけどそれはさ~みたいなね
この辺は、今泉氏も事情はよく理解して了解していたと思います

さあ、ここまでして、個人との関係性を一瞬であってもギクシャクさせてまで
CAはAIKAさんを勝たせようとしていたのです
一緒に、何年も長く仕事していた人に対してです

そこまで本気になって取りにいったのに、結果は、2位です
まぁ、実際は、一番組に出たからと言って結果がかわるようなもんじゃないんですけどね

本当に、裏工作みたいな、結果が最初から決まっているような出来レースだったならば
AIKAさんが勝っていますよ
個々の友好関係を壊そうとしてまで取らせようとしたのですから

まぁ、ちょっと表現が直接的すぎましたね
お互い大人なので、アワード終了後は、
特に問題なく元の状況に戻っている事は強調しておきますね

ただ、CAがそこまでやっても取れない物を、誰が、強制的に取らせることができるのか?
という話です


さて、ここまで読んでも、ガチじゃないと思う人は、私以上に天の邪鬼でひねくれ者だと思います笑
たぶん、そういう人は何を言っても信じないと思いますので、説得は無理ですね笑







以上、長文にお付き合いくださってありがとうございました
良き暇つぶしになっていれば幸いです










関連記事

Category: ニュース

Theme: AV

Genre: アイドル・芸能

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks