2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

恵比寿★マスカッツ マッコイ斎藤「ヘタクソな生歌に人間味がある」

 【07//2017】

恵比寿★マスカッツの名物ディレクター「ヘタクソな生歌に人間味がある」





久しぶりにマッコイさんが真面目にマスカッツを語っていたので

なんか、よくプロ野球の監督がやるやり方で、直接選手に言うんじゃなくて
マスコミを通じて遠回しに考えてることを選手に伝えるみたいな感じですね


夏目がクソつまらないというのは可哀想w
言いたいことはわかりますけどね、夏目は最初からなんかこなれてる感がね
夏目のこなれてる感がちょっと嫌だなっていう感覚はわからなくもないです
裏を返せばそれだけ期待してるって事なんでしょう

でも、今はまだしも、当初はこなれてる人すらいなくて
困ってたはずだと思います
今や別に夏目じゃなくてもとりあえずこなせる人が多くなったから
そういう事も言えるんじゃないかと
最初は酷すぎて見てらんなかったはずですよ
何とか形になってきたから言える事でもあるでしょうね

あと、明日花キララは性格や素行が悪いんじゃなくて
19?からこの世界にいますからね
単に、世間知らずなだけだと思いますよ
だから、リーダーとして、とか、わからないというよりも、知らないんですよ
何にも知らないんです、ただそういう事なだけかと
中身は良い奴だと思いますけどね


で、その他は、要するに、昔から言ってる
マスカッツはチームプレイなんだという話なんですけどね
他もだいたい昔から言ってる話が殆どで

これは、向上委員会でも、天才明石家さんまが言った名言ですが
「笑いはお互い様」
笑いは持ちつ持たれつ、お互い様やないか
って話に似てますね



ただ、この部分

> 国民的アイドルと違ってボロを出すのがマスカッツなんです。
> 私生活丸出しの歌詞やヘタクソな生歌などもそうですが、人間味を見せて笑ってもらう。
> そこで勝負をしないでどこで勝つのか。


凄いよくわかる話なんですが
ヘタクソで良いってわけは無いと思います
というのも、昔と違って、今や、他のアイドルグループとも競ってるわけですよ

で、私はギャップが大事だと思ってまして
普段馬鹿な事やってるけど、アイドルやってるときはちゃんとやれてて凄いっていうのが良いと思ってるんです
そのギャップがこのグループの強みであると思ってるんです

だから、「普段馬鹿な事やってるけど、やっぱり、歌ってもその程度か」って思われては
これ以上ファンの拡大は難しいんじゃないかと思います

実際に
「やっぱりこの程度だよね」
的な感想はよく目にします
「まぁ、AV女優がやってるんだから、こんなもんだよね」
こういう感想が多いですよ、今や

初代は、最初だから何やっても絶賛されたっていうのは、そうでしょうけど
今や、そういう評価のされ方をされてるって事です
ある意味昔はAV女優がアイドルやってるだけでよかったわけですが
今や違うのでは無いかと

ですから、同じ事ではダメなんじゃないかと
したがって、私は、ヘタクソじゃダメだと思います
「おお!スゲーじゃん!」って言わせないとダメなんじゃないかと
AV女優が一生懸命やってアイドルとして輝くからみんな惹きつけられるんじゃないかと

AV女優とアイドル、そして笑い
そういうギャップを意識することも重要であると私は考えます


もう8年?9年前と同じ事をやっていても・・・
同じような感覚でいるのは、良いことでは無いと思います

運営が批判されるところは、そういうところなんじゃないかと

時代は流れていて、客の感覚も変わってきているでしょ


感覚的なものなので伝わりにくいんですが

よくお笑い芸人は頭がよいって言われるじゃないですか
つまり、本当に頭が悪い人間はお笑いはできない
他人を笑かすことはできない、それは笑わせてるんじゃなくて笑われてるだけだと

例えば、芸人として基本的な事がたくさんあると思うんですけど
そういうことをきちんと出来てないと、
トークにしてもコントにしても、うまくいかないわけです
他の芸人と絡んでも面白くならないわけです

要するに、アイドルとして色んな基本的な事がきちんと出来てる、理解できてて
その上で、何かボロが出る、がむしゃらにやる、一生懸命やるから面白味が出てくるんじゃないかと

ですから、私は、アイドルとして決してヘタクソで良いなんて思わないですね
アイドルとしても基本的な事はあるんじゃないかと

今の世の中どんなジャンルも洗練化していっていて、求められる最低限があがってるんですよね
だから、何でもプリミティブなら良いというわけでは無いと思います





あと、注目したいのがこの部分

> 初代が5年かけて立った舞浜アンフィシアター(初代マスカッツが13年4月に解散コンサートを行った千葉県浦安市のホール)という最高の舞台に2年で立つことです。



2年って、もうすぐなんですよ
今年の秋、10月で2年

うーん・・・全国ツアーが終わって、すぐですけど
まぁ、今年の10月は無理なような・・・

そもそも、今、キャパ500~1000?ぐらいの箱で完売しないですよね
ツアー最終日とかは完売してるようですけど

今の状況で舞浜でやるとなると大変じゃないですかね
下手したら某グループみたいな事になりかねないんじゃないかと


で、2年って所です

急に2年っていうある意味、区切りみたいな事を言い出してるんですよね
まぁ、普通に考えると2年っていう数字に何の脈絡も無いですよね

これは、ちょっと色々勘ぐってしまいます

もしかして、所謂、リーダーが2年周期っていう初代の慣例があるじゃないですか
あれと、舞浜は解散、卒業というイメージと
なんか色々重なって見えてしまいます

つまり、何とか、2年ぐらいで、舞浜でやって一つ区切りを作ろうとしてるんじゃないかと

ただ、舞浜でやるのが終わりじゃなくて、そこからはじまるとも言ってます

わざわざ明日花キララに舞浜目標を言わせて、更に記事でも引き合いに出してます


この状況でイメージするのが
私が以前から主張してる話で
要するに、マスカッツを持続的なコンテンツにすべきだという話をイメージするんですね
そして、マスカッツは出入りが多いので、年中出入りしてるのはイメージが良くないので
だったら、3月とか卒業シーズンに、まとめて卒業っていう形を取るって言うのはどうだろうか?という話
あと、持続的なコンテンツにするには、誰かに頼ったグループにするんじゃなくて(初代は一期生ありき)
常に次世代のタレント育成も視野に入れた活動、つまり、中心人物をローテしていく

こういう事と、上記の記事の話を組み合わせて考えると、もしかしたら、

きっちり2年は今年10月ですが、
ちょっと時期的に中途半端だし3000人も人が集まるかわからないので
例えば、来年の3月に区切りのコンサートを舞浜でやって
そこで例えばリーダー交代だとか、卒業する人は卒業だとかやって
区切りの時期を春に作る、毎年やるかどうかは別として
で、4月からは新規メンバーを迎えて再スタート、番組もリニューアル

グループとしてこういう流れを作ろうとしてるのではないかと、
この記事を読んだとき、頭に過ぎりましたよ

まさか、2年で幕引きしようとしてるんじゃないと思いたいですが・・・






最後に、ちょっと気になるのが

> そもそも初代の活動はすべてが初めてだから何をやっても称賛されました。2代目はその土台ありきだから、何でも比べられて否定される。これは大変だと思いますよ。

いや、その比べられる事への大変さは、マッコイさんはじめスタッフにも向けられてると思うんですけどね
ちょっと人ごとみたいに言ってて、そういう言い方辞めて欲しい気がする
何の気無しに言ったんだと思いますけど






DMM.com [独占無料配信!『マスカットナイト』] バラエティ動画




DMM.com [恵比寿★マスカッツ/喜怒愛楽(A盤)] CD通販




DMM.com [恵比寿★マスカッツ/喜怒愛楽(B盤)] CD通販




DMM.com [恵比寿★マスカッツ/喜怒愛楽(C盤)] CD通販












関連記事
スポンサーサイト

Category: マスカッツ

Theme: 恵比寿★マスカッツ

Genre: アイドル・芸能

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

すごいですね
マスカッツの記事色々読ませていただきましたけど、
ほとんど全て共感できます。

Posted at 16:12:30 2017/05/20 by yo

Comments

Re: タイトルなし

> すごいですね
> マスカッツの記事色々読ませていただきましたけど、
> ほとんど全て共感できます。

十人十色、千差万別なんて言いますが
人間、考えることはみんな同じって事なんですね

Posted at 20:23:52 2017/05/22 by ossnpm

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks